史跡へ行こう!ブログ

全国の史跡中心の紹介ブログです。
国宝,重文建造物や現存木造塔婆が多いですが、
一風変わった史跡や風景も掲載していければと思います。
写真撮影に関して気になることがあった場合
コメントしてます。


テーマ:
明王院。
山号は中道山。真言宗大覚寺派の寺院。
元は「常福寺」という寺院。
大同2年(807年)空海の開基と伝わる。
本尊の木造十一面観音立像も平安時代前期にさかのぼる作。
江戸時代に福山初代藩主水野勝成が福山城を築くと、
裏鬼門鎮守のため祈願所と定められ、3代藩主勝貞の時、
城下からこの地に明王院を移し現在に至る。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院十王堂
十王堂。
境内の入口付近に建つ。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院山門01
山門へ続く階段。
本堂、五重塔はこの上。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院山門02
山門。
慶長19年(1614年)建立。
県指定文化財。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院本堂01
本堂。
東向きに建つ。
和様を基調とし禅宗様と大仏様を交えた折衷様。
元応3年(1321年)建立。
国宝。

$史跡へ行こう!ブログ-明王院本堂02
本堂内部の厨子に本尊十一面観音立像を納める。
本尊は秘仏(33年に1回開帳)で国重要文化財。
内部外陣の輪垂木天井は黄檗宗の寺院には見られるものの
中世のものでは珍しい手法らしい。
(黄檗宗は江戸時代に開かれた宗派。)


$史跡へ行こう!ブログ-明王院五重塔01
五重塔。
本堂左に東向きに建つ。
純和様。
貞和4年(1348年)建立。
高さ29.14m。
国宝。

$史跡へ行こう!ブログ-明王院五重塔02
初層内部は極彩色壁画と装飾文様で彩られている。
本尊大日如来坐像、脇侍不動明王坐像と愛染明王坐像を安置。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院愛宕神社鳥居
五重塔脇からのびる愛宕神社の参道。

愛宕神社は明王院の鎮守社であったが、
明治の神仏分離により現在は明王院と隣接する
草戸稲荷神社に属しているらしい。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院鐘楼
鐘楼。
正保4年(1647年)建立。
市指定文化財。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院書院01 $史跡へ行こう!ブログ-明王院書院02
書院。
元和7年(1621年)建立。
県指定文化財。


$史跡へ行こう!ブログ-明王院庫裏
庫裏。
書院と同じく元和7年(1621年)建立。
県指定文化財。



所在地  広島県福山市草戸町1473
境内自由
駐車場  有(無料)





PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード