ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「エニシア」 市川武史の奮闘記

買い手に売り手や作り手の想いが伝わる「温かな消費」を創造していきます。また「買い手」が温かな気持ちになり、その空気感が家族や友人などに波及していくような温かな社会をお客様と共創します。


テーマ:
Facebookに流れている情報を見ていると、「今」「すぐ目の前で」起きていること、行っていることを臨場感溢れる文章と写真で伝えている情報がたくさん流れています。

今すぐ、簡単に情報を届けることができるのはFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの大きなメリットですが、そこにはリスクも潜んでいます。

例えば、「家族で海外に1週間旅行に行っています」という情報をアップすることで、1週間家が留守になっていることが分かってしまう可能性があるからです。

それ以外にも、仕事においては、「今、XXXに出張中です!」と書いたりすると、「XXXさんに今は連絡をしない方が良いかな…」とお客様が感じてしまい、お客様が遠慮して連絡を控えてしまい、リスクとは異なりますが、機会損失に繋がってしまう可能性があります。


それ以外にも以前にこんな話をお客様から伺いました。

そのお客様がある会社の担当者に仕事の依頼をされたそうです。

ところが、その担当者の方からは「繁忙期で仕事がたくさん入っているため、納期に3週間程度頂けますか?」と言われて、繁忙期であれば仕方がないと思い、そのお客様は了承されたそうです。

そして、数日後に、Facebookを見ていたところ、その担当者が、有休を取って楽しそうに旅行で遊んでいるところを見て、「有休取って、平日に4日も休むくらいならこちらの仕事を優先してくれよ・・・」と思われたそうです。

仕事を優先するべきか、有休を優先するべきかの議論ではなくて、情報を触れたお客様がそのように嫌な思いをされることもあり、経営上のリスクになり得るというお話です。



Facebookは、友人が「いいね!」を押すと、その人の友人にもその情報が伝わり、自分自身が思っている以上にどんどん拡散していき、色々な人の目に触れます。

それこそが、ソーシャルメディアのメリットであり、楽しい部分ではありますが、情報が伝わると言うことはそれ相応のリスクがあるということもきちんと認識をしておく必要があります。


それでは、どうしたらいいのでしょうか。すごくシンプルです。

お分かりですよね?

そう、少し時間をずらして「先日、XXXに参加しました。XXXを体験してすごく良かったです」と記事を投稿すれば良いだけです。

記事を投稿するタイミングと公開範囲を気をつけるだけで、かなりリスクは減らせます。

せっかく情報をこんなに簡単に発信が出来て、人と人と繋がることが出来るツールがあるので、「リスクがあるから使わない」ではなく「リスクをしっかりとコントロール」して活用できると良いですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は午前中にお客様とお話をしておりました。

「ブログ」「メルマガ」「お客様に出す葉書」の重要性は分かる、でも継続できないけどどうしたらいいのか。

というご相談でした。

そもそも、本当にやる必要があるのかないのか。

もしなんとなくやっていてやる必要がないのであれば、思い切ってやめてしまって他の優先事項が高いことがあればそちらに経営資源である時間を投下した方が良いと思います。

(私はやる価値はあると思っていますが)もしやると判断されたのであれば、「時間があったらやる」では継続できないので、予定に組み込む必要があります。


つまりキーワードは「習慣化」です。


基本的には人は無意識のうちに楽な方へ楽な方へ進もうと思ってしまいます。
きちんと予定の中に組み込んでしまって習慣化してしまうところまで落とし込まないとなかなか継続は出来ません。

時間がある時にやるので、ブログ、メルマガを書くことが特別なことになってしまい億劫になってしまいます。

そのため、逆説的になってしまいますが、ブログ、メルマガを書くということを 【習慣化】してしまうしかありません。

プロのアスリートの話を聞いていると、毎日毎日、同じような事を繰り返し行うことで習慣化しているという話を聞きます。

たとえ話があまり身近ではないのでピンとこないですね。

歯を磨くことと同じです。あなたも歯を磨くことは習慣化されていて、たまに磨かないときがあると気持ち悪くなりますよね。

ブログやメルマガも同じですよ。予定を立てて3ヶ月間、6ヶ月間きちんと出来れば、その後はきちんと継続できると思います。


でも、ブログやメルマガ、葉書を出す意味を忘れてはいきません。

・なんでブログやメルマガを書くのか・
・葉書を出す目的は何か
・ブログやメルマガを通じてどんな風にお客様のお役に立ちたいのか


こんなことを考えながら頑張ってみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、IT見直し本舗の市川武史です。


IT見直し本舗とは、どこに聞けば良いのか分からないことを中立的な立場から解決する、中小企業の「ITブレーン」サービスです。


今日は「メールマガジン(メルマガ)の発行」についてお客様からご相談を頂く内容にてご紹介をさせて頂きます。

「メールマガジン(メルマガ)の発行」についてお客様から最初にご相談頂くことは、

  • 誰が書くの?本当に書けるの?
  • 定期的に発行できるのだろうか?ネタが続くのだろうか

ということです。


以前までは定期的に発行することをお客様にお勧めしていました。今も基本的には定期的に発行することをお勧めしています。


それは定期的に発行することを宣言することで、

  • 日々の自分たちの仕事を見つめ直すことが出来る
  • 意識して情報を探すようになる(アンテナが高くなる)
  • 不定期よりも定期にしておいた方が「送る」ことが習慣化される

などが上げられます。


でも、「今日はどうしてもネタがない」という日も必ずあります。

ブログを毎日、メールレターを週3回に更新している私もかなりしんどい時があります(笑)


そういう時のブログやメールレターの内容を見るとかなりひどい。自分で読んでみて、「ひどい」と思うということは、読んでくださっている方の時間泥棒になっている可能性が高いです。


また、逆に私が購読しているメルマガで毎日配信されてくるメルマガがあるのですが、最近は毎回ゴミ箱に直行しているメルマガもあります。


最初は面白くて読んでいたのですが、最近はつまらなくなってきていて読まなくなりました。


(あくまでも定期的な配信をお勧めしていますが)そのようなことを考えると「余裕をもった定期配信」「不定期」でもいいのではないかと思っています。


内容やテーマが充実していないメールマガジンを無理矢理頑張って配信しても、発行する側(経営者もスタッフも)も読者も不幸になるだけです。


そんな状態で配信するくらいであれば、たまにでも役に立つ情報をお送りする方がいいのではないかと考えています。



--------------------------------------

文責

●IT見直し本舗(株式会社 エニシア)

代表 市川武史


〒492-8143 愛知県稲沢市駅前3丁目3-8
電話:0587-96-6375
Fax :0587-96-6376


当社では制作やリニューアルの売り込みはせず、
絶対的中立な立場からお客様の課題に対して
ご助言をさせて頂いております。


▼社内で制作をしているホームページのアドバイス
▼ホームページ運用方法&制作会社の選び方
▼メールマガジンの企画・運営


お問い合わせは、フォームからのお問い合わせが
簡単です。

https://pro.form-mailer.jp/fms/7fcbb17c39775
--------------------------------------

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。