ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「エニシア」 市川武史の奮闘記

買い手に売り手や作り手の想いが伝わる「温かな消費」を創造していきます。また「買い手」が温かな気持ちになり、その空気感が家族や友人などに波及していくような温かな社会をお客様と共創します。


テーマ:
本日は伊良湖岬の方から蒲郡、そして、常滑を回ってきました。
菜の花が咲いているところもあり、春の訪れを感じます。

大アサリのかき揚げ丼を食べ、菜の花を目で、鼻で楽しみ、そして焼き物を見て、すごくリラックスできました。

また明日から頑張ります。

旅行 旅行 旅行 旅行 旅行 旅行 旅行

旅行
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、あるラーメン屋さんに行って味噌ラーメンを食べました。

結構な頻度で行くラーメン屋さんで長年にわたり行っているので、しっかりと味は覚えており、少し期間があくと無性に食べたくなります。

そして、このお店に行って毎回迷うのが味噌ラーメンにするか、味噌チャーシューにするか、すごく悩みます。



味噌ラーメンは600円、味噌チャーシューにすると1000円。



この400円の開き、悩みませんか?大衆的すぎますか?(笑)

たまにのことだと気にしないのですが、結構な頻度なので、今日はどちらにしようかなと少し迷ってしまいます。



また、金額以上に悩むのが味噌チャーシューにはすごく分厚いチャーシューが6,7枚のっていて、いつも食べきれません。最後の方は残すのが勿体ないので、頑張ってチャーシューを食べることになり、食べ終わった後には、「あー、ちょっと気持ちわるい…」という状態になってしまいます。


そんなこともあり、いつもどちらにするのか迷っていました。


6,7枚も要らないんだけど、2枚程度だけ入っていたら嬉しいな~と思っていたんです。


ところが久しぶりにお店に行って味噌ラーメンを頼んでみると、なんと、味噌ラーメンにチャーシュー2枚!しかも金額据え置き。

「おぉ、良くなっている!」と思いながら食べてみると麺が明らかに以前と変わっていて美味しくなくなっていました…。


勝手な予想ですが、おそらく味噌ラーメンにもチャーシューを少しのせて欲しいという要望が結構多かったんだと思います。そこで、金額を据え置きにするために、麺を変えてコストダウンした分でチャーシューをのせたんじゃないかなと思います。


でも、麺はそこまで高くないですよね。麺を変えてもコストダウンできるのでしょうか。チャーシューが一番原価としては高いと思います。


私の希望としては、700円~800円に値上げをしてもらっていいので、チャーシューを2,3枚のせて、以前の麺に変えて欲しいです、笑。

こういうバランスって本当に難しいですよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
-----------------------------------------

私たちは、温かなメッセージと
コミュニケーションの創造を
通して、人と人との想いを繋いで
いく会社です。

役立つ仕事術をお届けする
エニシアのメールマガジン【エニマグ】

第301号~見えない仕事に誇りを感じている~
2015.2.11

◇◆---------------------------------------------◆◇

 こんにちは、
 エニシアの市川武史です。

 今日は建国記念日ですね!
 皆様はお休みでしょうか。

 私は午前中はのんびりと散歩を
 しながら喫茶店でお茶をしながら
 午後はのんびりと事務所で本を
 読んだり仕事をしています。

 素敵な一日にしてくださいね!

◇◆---------------------------------------------◆◇

★イベントのお知らせ★


 お世話になっている方から面白そうな
 イベントを教えて頂きましたのでご紹介
 させて頂きます。


 「『なぜか売れる』の公式 」や
 「ひつまぶしとスマホは、同じ原理で
 できている」
 などの著書を書かれている理央周さんや、

 ホームページを構築・運営をしていく
 際の考え方などについて講演などを
 されているネットイヤーグループの
 坂本貴史さんが名古屋で講演をされるとのこと。



 理央周さんの著書は私も読んだことが
 あります。マーケティングについて
 書かれておりますが、ホームページや
 ITのことなどを知らなくてもとても
 分かりやすいです。


 「IT、マーケティング、うーん、
 難しそうだけど、今後必要だよな~、
 でもやっぱり難しそう…」


 となかなか一歩踏み出すことが
 出来ない経営者の方や広報に携わって
 いる方にお勧めです。


 残り数席しか残っていないようですが
 面白そうなので告知させて頂きました!

 ご興味ある方はぜひ!

 お申し込み・詳細はこちらから
 http://goo.gl/pxNKGa


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

■見えない仕事に誇りを感じている


 昨日は、名古屋商工会議所若鯱会
 SBI研究会様からご相談を頂き、
 ベルテンポ・トラベル・アンド
 コンサルタンツの代表、高萩徳宗様に
 勉強会の講師をお願いしておりました。


 その様子や内容をブログにアップ
 しておりますのでぜひご覧ください。


 自分の仕事に誇りを持つということ
 http://goo.gl/qONj37


 昨日、お話を頂いた内容を頭の中で
 まとめながらテレビを見ていたら
 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
 「清掃のプロ」というテーマでふたりの
 清掃のプロが紹介されていました。


 プロフェッショナル 仕事の流儀
 「清掃のプロ」スペシャル
 http://goo.gl/yGWu9r


 その中で、紹介をされていた
 羽田空港の清掃をされている方が
 こんなことをお話しされていました。


 ---------------
 最初は清掃は社会の底辺の仕事だと
 思っていました。

 (現在は)私の仕事はただ掃除をする
 だけではなくて、心をこめて清掃する、
 清掃の「職人」。
 すごく誇りを持っています。

 自分の名前が残らなくても良いし、
 目立つことがなくても良くて、お客様に
 気持ちよく使って頂ければそれで良い。
 ---------------


 というお話をされていました。


 高萩様の講演ではよく「サービスの軸方」
 というお話をされますが、そのことと
 同じ事をテレビに出演をされている方も
 話されていました。


 高萩様のブログ:裏方ではなく軸方。
 http://goo.gl/1ksKai


 以前に見たCMの中でこんなことを
 江口洋介さんが仰っていました。

 キリン ファイア KIRIN FIRE CM 心に火を
 http://goo.gl/R728Lq


 ---------------
 父さんはホームランを打たない。
 ゴールネットも揺らさない。
 でも仕事にはバントをする人が必要だ。
 パスを出す人が必要だ。
 父さんは見えない仕事に誇りを感じている。
 ---------------

 わざわざ声を大にして言うことでもない
 ですが誇りを大切にしたいなと思います。


本日も最後までお読み頂きまして
誠に有難うございました。


==========================
★メルマガバックナンバーはこちらから

http://tinyurl.com/mvfcnnm

==========================
★お問い合わせ・ご相談はこちらから

よく頂くご質問や費用について
http://tinyurl.com/bm9dfna

お問い合わせは、フォームからの
お問い合わせが簡単です。
http://tinyurl.com/cqwl3y8

==========================

★ブログ更新

動画を使って臨場感を伝えよう。
http://goo.gl/LJlev0

雪雪雪。
http://goo.gl/iASdoU

==========================

~編集後記~

今年に入ってからはメールレターは
毎週月曜日に発行しようと思って
いましたが今日は臨時号としてお送りさせて
頂きました!

==========================

■エニシア・メールレター「役立つ仕事術」■

発 行 日 : 毎週月曜日
     (休刊 : 年末年始)
発行開始日 : 2013年1月31日

~メールレターの購読・配信停止はこちらから~
購読停止 : http://tinyurl.com/avymfj9
購読 : http://tinyurl.com/ocfkreg



┌◆ 株式会社 エニシア 市川武史
|~Be the change you wish to see in the world!
├──────────────────────┐
  〒492-8143 愛知県稲沢市駅前3丁目3-8
  TEL:0587-96-6375 FAX:0587-96-6376
  携帯:090- 7047-7160
  E-mail:ichikawa@enixia.co.jp
  URL:http://www.enixia.co.jp
  Blog:http://ameblo.jp/stp
└──────────────────────┘

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は、名古屋商工会議所若鯱会SBI研究会様からご相談を頂き、コーディネーター役として講師の方にご講演のお願いをしておりました。

今回お願いをしたのは、ベルテンポ・トラベル・アンドコンサルタンツ の代表、高萩徳宗様です。


高萩徳宗様


愛知県でも何度か高萩様の講演を主催させて頂くお手伝いをさせて頂いており、そのセミナーにSBIのリーダーをつとめている方が参加してくださったのがご縁で今回、高萩様に講師をお願いしました。

私は何度聞いても「うんうん」「なるほど」とうなずくのは、「サービスの軸と輪」の話と「サイレントマジョリティとノイジーマイノリティ」のお話です。


サービスの軸とは、絶対に外してはいけないサービスの核の部分です。例えば、鉄道会社でいうと、安心してご利用頂けるように保線をすること、無事故であること、快適であること、また定刻通り利用できること。


それ自体、普段、意識をすることはないですが、絶対に外してはいけないこと。

私が独立をする時に書き出したサービスの軸にはこんなことが書いてありました。


●機密情報の漏えい防止
・お客様にとって何が機密情報になるのかを確認する。
・プロジェクト中、プロジェクト後の機密情報の取り扱い方法を決めて、お客様に説明する。
・プロジェクト進行過程で利用する素材の肖像権、著作権や特定商取引法などの法律の順守。


●納期を順守すること
・提案期間を含めてスケジュールを制作して、お客様と認識の摺合せを行うこと。
・プロジェクトが進む過程で全体のスケジュールのどこにいるのかを明確にする。
・納期が予定より遅れる場合は前もってお客様にお伝えして、理由と今後の対策を説明する。


●お客様のイメージ通りの(お客様の目的を達成する)商品づくり
・お客様とプロジェクトの目的と目指すゴールを共有して明文化する。
・仕事の工程を明確にする。
・難しい用語を使わずに分かりやすい用語をつかう。
・メールで説明のメールをお送りした際には、フォローの電話を入れて確認を行う。
・最終的なプロジェクトの品質確認。
・どの工程でどのような費用がかかるのかを明確にする。専門家ではないお客様のために具体的に明示する。
・お見積もりには何の金額が含まれているのかをきちんとお客様にお伝えする。



書いてあること自体はそんなに珍しいことではないですよね?

おそらくどの業界におきかえてみてもサービスの軸というのは基本的には変わらないはずです。


「売り上げが上がらない」というと、どうしても「どうしたら集客できるのか」という話に陥ってしまいますが、目の前にいるお客様のことを考えて、リピートをして頂けない場合は「どうしてリピートをして頂けないのか」「サービスの軸に穴があいていないのか」ということから考えないといけないなと思いました。


サービスの未来への方向性というお話。


第一段階(顧客不在)は上下関係、第二段階(顧客満足)は一方向型、第三段階(顧客価値創造)は双方向型というお話。


少し話が脱線してしまいますが、今日、お昼ご飯を食べながらテレビを見ていたら、「プロフェッショナル 仕事の流儀」で「清掃のプロ」というテーマ で清掃のプロが紹介されていました。


番組の中で羽田空港の清掃をされている方の話がとても印象に残っています。

「私の仕事はただ掃除をするだけではなくて、心をこめて清掃する、清掃の職人。すごく誇りを持っています」

「私たちがきちんと綺麗にしていると、お客様もポイ捨てをしづらくなります。そして、そんなお客様の姿を見ると私はもっと綺麗にしたいと思うようになります」

ということ。

番組内で紹介されていた女性の方は、仕事をやり始めた時には掃除をしていて「どうぞ」とお客様に声をかけても、誰も声をかけてくれることはなかったのに、心を込めて仕事をするようになってから、「綺麗ですね」「ご苦労様」と声をかけられるようになったということです。


昨日のセミナーで高萩様がお話をされていたことと通じます。


当社のサービスの想い、旗は何なのか、改めてきちんと考えたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年の後半くらいから「サイレントマジョリティ、ノイジー・マイノリティ」と「お仕事のご依頼方法」についてすごく考えています。

「サイレントマジョリティ、ノイジー・マイノリティ」は私が創業前からお世話になっており尊敬をしているベルテンポ・トラベル の高萩徳宗さんから教えて頂いていたことです。

この考えを初めて教えて頂いたのはもう4、5年くらい前になると思います。

簡単にお伝えすると、商品やサービスに対して意見を述べる人、つまり声高な少数派(ノイジー・マイノリティ)はごく一部であり、大半の人は「物言わぬ」消費者=サイレント・マジョリティであるということです。

そして、ノイジー・マイノリティの対応にエネルギーを注ぎすぎていて、物言わぬサイレント・マジョリティへの対応がおろそかになっていないか、ということです。

どちらのお客様についてもサポートが疎かになったり、ご不安を感じさせることがないようきちんとしていきたいと思います。


それからお仕事のご依頼をする時には、自分の思いを上から一方的に伝えたり、「仕事を依頼してやってるんだから…」という思いではなく、ゴールに向けてパートナーとしてご一緒に進めていくという思いをもっと大切にしたいなと思いました。

自分自身のメールを読み返していると、忙しい時にはそんな言い回しや表現のメールがあり、自分で読んでいてもなんとなく嫌だなと思ったんです。

独りよがりな認識や誤解から心のどこかに慢心が生まれ、それが言葉の端々にそれが表れていたんだと思います。


一社員だった時には上司や先輩、周りの人が言ってくれるのですが、独立をしてからは言ってくれる人はいません。
おそらく世の中の多くの経営者はそういうことを言ってくれる人が周りにはなかなかいない、もしくは遠ざけてしまうのではないかと思います。


だからこそ、もっとなんで創業をしたいのかということをもっと自分自身に問いかけないといけないなと思っています。

今日のブログはオチはないのですが、心の在り方やバランスを考えないといけないなと感じています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。