ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「エニシア」 市川武史の奮闘記

買い手に売り手や作り手の想いが伝わる「温かな消費」を創造していきます。また「買い手」が温かな気持ちになり、その空気感が家族や友人などに波及していくような温かな社会をお客様と共創します。


テーマ:
あっという間に1週間が過ぎてしまいましたね。

今週は湿度が上がったり、暑くなったり、涼しくなったり、体がかなりぐったり・・・。
まずはこの疲れをしっかりととってから来週に臨みたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ニュース「ZERO」を見ていて、被災者が集える「みんなの家」が紹介されていました。
津波により被災し、立ち枯れした気仙杉を使って建設された集会所とのことです。


ニュースを見ていて、気になったことは、避難所から仮設住宅に移動して、そこでコミュニティが壊れてしまって、孤独状態になってしまっている人がとても多いということ。

被災地の状況はどんどん変わっていくし、これからはアミューズメントというか、「笑顔」「繋がる空間」が必要だなと感じました。

今、お任せ頂いている仕事もそこに繋がるので、その意味をしっかりと心に留めて仕事をしようと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
会社員時代はすごく押しが弱くて、プレゼンをして最後に「これを実行したら上手くいきますよね?」と言われた時に、考え抜いて提案をしたことにも関わらず、最後の最後に弱気な発言をしてしまい、お客様の意志決定を遅くしてしまっていたことがありました。


自信過剰や、押し売りをするとお客様に嫌われてしまうけど、お客様が迷っている時や弱気になっている時には、自信を持って推し進めることも大切だなと感じています。


尊敬している人から創業をする前に「いい顔をしなくてもいいから、プロとしての覚悟を持った仕事をしなさい。時には非情になれ。小さくなるな」というアドバイスを頂きました。

時には非情に徹することをもいとわない捨てる覚悟を持つこと、それは決して愛情を捨てると言うことではなく、自らが嫌われることがあっても最終的に結果ですべてを見せること。世界を動かしてきた人が語る「プロとしての仕事」、当たり前のことなんだけど、すごく難しい。


一歩でもこの方に近づきたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ、名古屋の方も梅雨入りしましたね。
弊社の事務所でも今日の夕方から雨が降り始めました。

そういえば、昨日、日曜日に開催した「売れるサービスの仕組み勉強会」にご参加頂いた方からこんなメールを頂きました。


----
昨日は、たいへんお世話になりました。
また、会場設定、参加者の手配などお疲れさまでした。

市川様のご配慮で有意義なセミナーを受ける事が出来ました。
----

主催者の立場からすると参加者の方にとって最大限有意義な時間にして、会社などに戻った時にひとつでも行動に移して頂けるようなお手伝いをすることは当たり前のことだと思っておりますが、このようなメールを頂けるととても嬉しいです。


日頃、御礼をきちんとお伝えすることが出来ているか、頂いたメールを拝読しながら自分の行動を振り返っていました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝の日経朝刊に以前にお逢いしたグランマ の「未来を変えるデザイン展」が掲載されていました。
最近、昔の仲間やご縁を頂いた方が書籍を出版されたり、テレビにご出演をされたりして、その活躍ぶりにめちゃくちゃ刺激を頂いています。


以前に新聞で、各国のデザイナーの年収に比べて日本のデザイナーの年収が低いという記事が掲載されていましたが、(実際にはどうか分かりませんので、どなたか分かれば教えてください)、今朝の朝刊に通じる部分があるかもしれません。


▼2013年5月26日 日経朝刊 春秋より引用
--------------
辞書でデザインを引くと設計、図案、意匠とある。モノや記号の形や色の話と思われがちだが、米国などでは無形のものを生み出すことも指す。
日本でもデザイン経営、社会デザイン、コミュニティーデザインなど、用法が広がってきた。モノではなくシステムやサービスの提供に目を向ける企業の動きと軌を一にする。
--------------

デザインっていわゆるアート、形や色に携わることだと思っていて、実際にデザイナー自身が【机上でMacを触って綺麗なものをつくることがデザイン】と自分で仕事の領域を決めてしまっていることがすごく多い。

でも、デザインは社会でまだ満たされていない部分の設計をしていくこと、人と人とを繋いでいくこと、人の心に火を付ける文章を書くこと、すべてがデザイン。

そこの部分に携わらずに、クライアントからくる相談を綺麗なグラフィックに落とし込んでいくだけでは年収が上がらないですよね。

そして、デザインは、私もそうだし、経営者も、営業も、総務も、経理もすべての人の仕事において必要な要素だと感じています。



【中小企業向け】ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「IT見直し本舗」市川武史の奮闘記-未来を変えるデザイン展



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は高萩徳宗氏の【売れるサービスの仕組み勉強会】を開催致しました。昨年、4月、11月に開催して今回で3回目の開催です。


今回は初めてご参加頂いた方が多数いらっしゃいましたので「サービスの軸」「サービスの輪」を復習の意味も含めてもう一度ご説明をさせて頂きました。


また、「サービスの軸」をしっかりと守るための、「チームとしてベクトルを合わせるための考え方」についても合わせてお話をさせて頂きました。


チームで仕事をしていたところから会社を創業してひとりで仕事をするようになり、すごく感じることがあります。以前はホームページ制作会社の営業をしていたので、制作やデザイナーの方と仕事を進める上でぶつかることがよくありました。


私、温和だと思われる事が多いのですが、実を言うと、フラストレーションが限度を超えると、年に1回くらい爆発することがあります・・・。会社員時代には年上の方に汚い言葉を使い、ぶつかっていたことがたまにありました。
ぶつかっていたと言うよりも私がわがまま言い放題だったと思います。本当に申し訳ありませんでした。


また営業をしている時には、安心して営業できるように経費の精算をすぐに行ってくれる総務の人や請求書の発行・配送を行ってくださる経理の人がいることを頭では分かっていましたが、すべてが“当たり前”のように進んでいるので、仕組みで動いていることへの感謝の気持ちが薄かったような気がします。


本日は顧客満足というゴールを目指して、仲間「社内顧客」に対して良いパスを出すことが大切という話をさせて頂きました。

ノイジー・マイノリティ(口うるさい少数派)にあまりエネルギーをかけずにご対応をする方法について話をふれたところで今回の勉強会は終了させて頂きました。


懇談会は「売れるサービスの仕組み 実行編」となりました。
まさか初めて選んだお店であんなことが起きるとは・・・。

どんなことが起きたのか知りたい方はぜひお聞きください。
福岡、大阪、東京からご参加頂いた方もいらっしゃり誠に感謝しております。


9月8日(日)、11月3日(日) にも今回の続きを開催していく予定なのでぜひご参加くださいませ。


売れるサービスの仕組み勉強会について



【中小企業向け】ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「IT見直し本舗」市川武史の奮闘記-売れるサービスの仕組み勉強会 【中小企業向け】ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「IT見直し本舗」市川武史の奮闘記-売れるサービスの仕組み勉強会



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ、明日「売れるサービスの仕組み勉強会」を開催致します。
昨年は4月と11月に開催致しましたが今年は初めての開催です。

皆さまとお逢いできること、心より楽しみにしております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、配信したメールレターの内容をご紹介させて頂きたいと思います。
Facebookを利用している方は、思いがけないところでトラブルに巻き込まれる可能性があるので、ぜひ設定を見直してください。




■Facebookのタグ付けで起きるトラブル
 

 知人のFacebookのやり取りを
 見ていると、

 「タグ付けしないでって言ったじゃん!」

 という書き込みが今まで何件かありました。


 皆さん、「写真にタグ付けされました」
 という画面を見たことがありませんか?

 
 投稿した写真や近況に、関連する
 人物のFacebookユーザー名をひも
 付けることをタグ付けといいます。

 
 勝手にタグ付けをされてしまって、
 困ってしまうことがよくあります。


 例えば、奥様には仕事で帰りが遅く
 なると嘘を言ってきたのに、

 友人が一緒にご飯を食べている
 写真をタグ付けしてしまい、嘘がばれて
 しまうなんてことも起こります。


■プライバシーを守る方法

 
 私も最近までは設定を変更して
 おりませんでしたが、他のユーザー
 にタグ付けをされた場合の公開範囲を
 決めておくことが可能です。


 1.Facebookの右上から、アカウント設定

 2.タイムラインとタグ付け設定

 3.他のユーザーによって追加された
  タグやタグの提案の管理

 
 にて設定を変更することが可能なので
 気になっている方は見直してください。


 結婚式などのイベントの際には、ご本人
 から

 「タグ付け禁止だからね~~」
 
 ということを言われる時代になりました。


 自分はあまり利用をしていないと
 思っていても、思わぬところで
 トラブルに巻き込まれるかも
 しれませんので、プライバシーの
 管理はきちんとしておきたいですね。

 
 本日も最後までお読み頂きまして
 誠に有難うございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週お客様とお話をしていたところ、お取引がある会社の営業マンとFacebookと繋がっているんだけど気になることがあり、少し不満を感じているということをお聞きしました。


その営業マンの人に資料とお見積もりの提出をお願いしているんだけど期日を過ぎてもなかなか提出してもらえない。

忙しいのかなと思い遠慮してずっと待っていてもなかなか連絡がなく、ふとFacebookを見たら、その会社内の懇親会の写真がアップされており、見た瞬間に「それよりも先にやることがあるんじゃないの」と怒りを感じたようです。


Facebookに何も考えず色々な写真をアップしている方が多いですが、仕事関係の人と友達になっている場合には、自分自身や会社の見え方を気をつけておかないとイメージダウンに繋がりかねないですよね。


私もそこまで考えてアップしていなかったので気をつけます。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。