ホームページ改善、ITでお悩みのことなら「エニシア」 市川武史の奮闘記

買い手に売り手や作り手の想いが伝わる「温かな消費」を創造していきます。また「買い手」が温かな気持ちになり、その空気感が家族や友人などに波及していくような温かな社会をお客様と共創します。


テーマ:
そういえば、先日、会社の人と真清田神社の近くにある鰻屋、辰悦さんに行ってきました!

いつも鰻を食べに行くときは岐阜県関市の辻屋さんまで行ってきますが、辰悦もおいしくてお勧めです!

誰か一緒に行きませんか?(笑)

http://www.u-shinetsu.jp/

photo:01





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

何かあると自分以外の環境や人に責任を押しつけ、自分が関係ないような発言をしているときがある。愚痴を言っているような時ですね。


でも、愚痴を言ったりしていると、いつまでたっても成長をしないし、愚痴を言っている自分自身が嫌になってモチベーションが低くなってくる。これをずっと繰り返していると本当にデフレスパイラルのように抜け出せない。


それよりも理想の自分や実現したいことを言葉として発信して、小さなステップでも良いので積極的に行動を起こしていくことが大切だと思う。


ネガティブな言葉を利用するのは止めよう!

明日からの誓い(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アートディレクターの水谷さんがデザインをされた「ともに生きる」を本屋で見つけて購入。

本の中で脳科学者の茂木さんと水谷さんが仰っていたことにすごく共感した。

■茂木さん

「受難」と「情熱」じゃ英語ではパッション。苦しいことがあればあるほど、情熱もかき立てられる。生きる情熱とは、苦しいからこそ生まれてくる物なのかもしれない。


■水谷さん

「絶望が大きいほど、それに比例して希望も大きくなる」ということ。何もかも失った人たちだからこそ、百の絶望の後には、逆の希望があるともいえる。


暗闇が分かっているからこそ光が見える、人の心の暗闇というのは決して人をマイナス方向にもっていく要素ではなくて、それをどう受け止めて行動に移していくのかが大切。暗闇を知っている人は、利他の心で継続的にエネルギーを持ち続けることができるんじゃないかと思う。
photo:01





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回投稿した記事に関して、いつも勉強会でお世話になっているベルテンポの高萩さんが勉強会で仰っていたことをメルマガでもわかりやすくかかれていたので以下、引用させていただきます。

たしかに、「作為のない仕事」って大切ですよね。誕生日には某レンタルDVDショップや色んなお店からDMが届くけど本当に祝ってくれている会社なんていない(笑)

でも、中にはすごく心を込めて手書きで葉書をくださる方がいる。決して、そこには割引クーポンなどの特典はついていないんだけど、お店につい遊びに行きたくなってしまう。それは感情的なつながりができるからだと思う。

決して作為性が悪いとは思わないし、必要なケースもあるとは思うけど、基本的にはお客様のことを想い、信頼をひとつひとつ積み上げていくことが結果的にはお客様を安心させ、多くのお客様に指示されることにつながるんじゃないかなと感じました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●作為のない仕事

今月初め、
神様に日頃の試練へのお礼を言いに出雲へ向かいました。

ありがたいことに、今回も大勢のお客様に企画を支持して頂いて
大盛況の旅となりました。

神様にイチゴン申し上げたいお客様が多かったのかも知れません。


旅の最後に、私はお客様にいつもいつも聴く質問があります。
その「いつもの」質問を、帰りの出雲からの飛行機で、
隣の席になったお客様に伺いました。

当社に愛着を持って、いつも旅行して下さるお客様です。


「当社が他の会社と圧倒的に違うと感じられることは何ですか?」


お客様はちょっと考えてから、こうおっしゃって下さいました。


「あのね、ベルテンポさんには『作為』がないわよね。
 作為がないって、今の時代、とても大切なことだと思うわ。」



作為がないことが強み。


自社の強みを自分たちスタッフでどんなに議論しても、
この「作為がない」と言うキーワードは出て来ません。

私たちが悩んでいることの答えは、お客様が当たり前のように
感じて下さっていることを、改めて思いました。


このお客様が下さったキーワード。
「作為」を改めて考えてみます。

作為と言うのは、サービス提供者側が予めこうして欲しいと
お客様の意志や都合と関係なく流れを作ることです。

旅行会社で言うと、
お客様が別に行きたくもないお土産屋さんに連れて行かれたり、
時間帯の悪い飛行機や電車を、供給側の都合で決定されたりすることです。

お客様想いじゃないと言ってしまえばそれまでですが、
そこには何らかの「作為」があります。

そしてその「作為」はほとんどの場合、お客様には開示されません。


私は先週が誕生日だったのですが、
あちらこちらから

「お誕生日おめでとうございます!」

のダイレクトメールが怒濤のごとく届きました。


 今月は30%引き!
 来店したら粗品プレゼント!
 デザート1品プレゼント!!


これほどまでに多くのお店や会社さんが、私の誕生日をお祝いして
くれているのかと思うと、すべてのDMに反応して上げないと、

と、
別に思ったりはしません。

なぜなら、そこには作為を感じるからです。


本当にお誕生日を祝ってくれているなら、
「お店に来い」なんてケチなこと言わないで、
デザートを宅配で送ってくれれば良いだけです。

(う~ん、最近性格が悪くなって来た。いや前からか)



作為と書いて「下心」と読む、なんて言うのはいかがでしょう。



大きな会社さんは資本力がありますから、
何をやっても良いと思います。

一定の確率でハガキを持ってお金を使いに来て下さるお客様は
いらっしゃいます。

ただ、小さな会社は


「100%お客様の気持ちだけを考えて」仕事をして置いた方が
良い結果が生まれるのではないかと考えています。


作為にまみれた資本主義経済型テクニックや商魂に、
敬愛、友愛の精神文化を持つ日本人は疲れています。


だからこそ、作為のないサービスに人は「ほっとする」のだと思います。


作為にまみれた心を洗うサービス。


そんなサービスをされている方が日本中にいます。

私のその端くれとなれるよう、日々精進します。



<近江商人十訓その4>

・資金の少なきを憂うなかれ。信用の足らざるを憂うべし


 信用とは、ブランド力も必要かも知れませんが、
 「この会社に任せれば安心」と言う、信頼に尽きるはず。

 お客様をダマさない、裏切らない、ウソをつかない。
 テクニックで心理操作しようと試みない。
 何でも正直に本当のことを言ってくれる、と言ったような
 些細な「信用」の積み重ねなのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は本当にショックなことがあった。

百貨店をぶらっと覗きに行ったら、以前に結婚式のために買ったネクタイがセール品として3割引で販売されていた。

購入したときにはすごく店員さんに相談して、色々なネクタイの中から「これが一番良い!」と思って購入したものだったたけに本当にショック。。。

こういう値引きってお客さんへの裏切り行為だと思うんですよね。その売値をサービスを提供している人たち自身が否定しているようなもので消費者側からしてみれば不信感につながるし余計にモノを買わなくなると思うんだよなぁ…。

目の前の売上げは一時的にあがると思うけど、全体的な流れで見るとモノを売れなくする流れを自分たちでつくっていると思う。
高いから売れないんじゃないと思う。

その売値の価値を感じることができないから買わないんだと思う。僕は旅行にしても、飲食店にしても、大体利用する施設というのは決まっている。それはサービスを提供している人たちがどういう想いで仕事をしているのか(サービスの軸)がすごく分かっているから。何かこちら側が困った時にきちんと対応をしてくれることも分かっているから。

だからこそ、その価格を僕自身は認めているし、その人たちを応援するために喜んでその金額を支払いたいと思う。

その軸の部分を伝えずに、セールばかりをしていると消費者は余計にものを購入したくなくなるんじゃないかなと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は午前中に健康診断の再検査のために病院に行ってきて、その後は友達とご飯を食べてきました。

ご飯を食べた後に急にかき氷が食べたくなって、友達に「かき氷を食べたい!」と言ったらおいしいかき氷を知っていると言うことで、栄の丸栄、6階にある「甘味処 古今茶家」に行ってきました!

抹茶部分が本当の抹茶で甘さ控えめで本当においしかった!

でも、白玉とアイスクリームはいらないかも…。特にかき氷にアリスクリームは体が冷えてしまってしんどい(苦笑)

甘味処「古今茶屋」

近くに行かれる方はぜひ行ってみてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山崎亮さんの「コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる」を読了。

以下、読書メモ。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

何か社会的な問題に取り組むときには2種類のアプローチ方法がある。

1.困っていることををモノのデザインで解決しようとする方法。例えば、アフリカの水道が整備されていない村に対して、手で押して転がすことのできるローラー状のタンクをデザインすること。水瓶を頭の上に乗せて運ぶよりも多くの水を短時間で運ぶことができる。

2.一方、課題を解決するためにコミュニティの力を高めるようなデザインを提供するというアプローチがある。
同じくアフリカの村で、子供たちが回転遊具で遊ぶことによって地下水が上空のタンクに貯められて、蛇口をひねると水が出てくるという仕組みをデザインした例がある。
これは子供のコミュニティが集まって遊ぶことを促すデザインであり、これによって水が手に入るようになるという解決方法。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あまり更新頻度は多くないけど、ずっとブログは更新し続けている。
だから、自分の少し前の状況、数年前の状況がどうだったのかが読んでみるとよく分かる。

今年の2月くらいは仕事で言うと売り上げがなくて、今期はどうしようか本当に真剣に悩んでいた。

テレビに出演して、色々な人との深いつながりができていて、仕事の流れも何となくできているのに売り上げ見込みが全然できない。そんなことに悩んでいた。

そこから半年経過がして…。

会社の決算が1月なんだけど、5月を残している状態で今期の売り上げ見込みはたっている状態で残りはすべて上積みになっていく状態。

あの時に悩んでいたけど、信じていたことを続けていてよかったと思う。結果が出ていないと、良いこともあきらめてしまう人が多いけど、やっぱり結果が出るまで信じて行動し続けてみることって必要だなと思う。
もちろん、改善していかないといけない部分もあるとは思うんだけど。

人の成長曲線は右肩上がりではなく、上がったり下がったりしていく中でティッピングポイントが生まれるんだと思う。

■多くの人が考える「人の成長曲線」

成長曲線


■「実際の人の成長曲線」

成長曲線

今年は特にお客様からのご紹介や学生時代にお世話になった方からのお仕事の割合が多くて、「売上げは結果」なんだということを感じた。目的ではなくて結果。お客様にいかに貢献できて、満足して頂けたかの結果。

迷いが生じると売上げ自体を目的にした方が良いんじゃないかと考えてしまうが、売上げが下がっているには、何か原因があるわけであって、軸を変えたらいけないと思った。

何となく、以前の自分のブログを読んでいてそんなことを感じた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は時間があまりないこともあって、ビジネス書に関しては同時に色々な本を読むことが多くなってきているがこれは意外にお勧めですよ。

同じテーマに関して、本によって意見が違っていることもあるし、逆に深掘りしていることもあって「あ、これはあの本で書いてあることだ。こういうことだったんだ」と他の本で腑に落ちることもある。

ちなみに今読んでいる本は、

・コミュニティデザイン(山崎亮氏)
・ストーリービジョンが経営を変える(酒井光雄氏) ※2回目
・価格の決定権を持つ経営(酒井光雄氏)

お盆休みで何とか全部読みたいな。他にも読みたい本が大量にたまっているし。。。


コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる/山崎 亮

ストーリービジョンが経営を変える/酒井 光雄

価格の決定権を持つ経営/酒井 光雄





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。