週刊ストーリーランド元作家&アドバイザー 本貴田英工 ぴったりのブログ

「 ぴったりのブログ を見るかどうかは、お客様の考え次第でございます……お客様に ぴったりのブログ という意味でございます」

NEW !
テーマ:

パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI)

パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]

本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表

読者の感想(オスマン大好きさん より)

「なんつっても、一番のお気に入りは、オスマン・ピレスですね。佐々山将史同様に暗黒面に落ちていきながら、オスマンは踏みとどまるんです。この辺り読んでいて、彼の心の葛藤が苦しくなります。愛する妻ミシャサと意見で対立しながらも、愛し合う二人の思いが切ないですよ。ジーンときます。ただこの先に待っているんですよね。オスマンが、拳を振り上げて、雄たけびをひとつ上げるシーンがもうもうもう爽快です。あたしも思わず興奮してひとり拳を上げました」

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

最近のヒット作というと、みなさんは何を思い浮かべるでしょう。

 

『君の名は。』でしょうか。それとも、『この世界の片隅に』でしょうか。あるいは、『聲の形』がいいって方もいますよね。

 

 

 

もちろん、人それぞれじゃないの、と言ってしまったら元も子もないでしょうが、このところ、ちまたで話題になるのが、アニメなんですよね。

 

とにもかくにも、映画の観客動員数、DVDの売れ行き、ネットで飛び交う賛否を知るにつけ、アニメーションがここまで評価される時代がついに来たかと実感します。

 

また百貨店の催事場が、絵画展では客入りが悪いので、アニメイベントに白羽の矢を立てるケースがでてきているらしいが、

サブ・カルチャーという扱いになりがちだったアニメーションが、ついに サブ でなくなる日が訪れたって話ですね。

 

 

 

思うに、日本のアニメが、かつてのジブリ一人勝ちではなく、深夜アニメ枠も含めて、優れたクリエーター輩出の黄金期に入ったともいえます。

 

それに対して、テレビドラマは低迷期に落ちてしまったようですね。象徴的なのが、ドラマのフジの凋落でしょう。ついに、亀山さんが社長辞任に至り、この迷走は止まる気配がありません。

 

おそらく、作品そのものを観れば、明らかなことですが、一方はデジタル技術を駆使し、革新的な作品を追い求めています。

 

かたやもう一方は、トレンディドラマ全盛期のオマージュとでも呼べばよいのか、時代錯誤のにおいがします。

 

 

 

これは実に致命的なことですが、まさか、アニメのキャラクターの方が、芝居ができるんですよね。実写のドラマの役者が負けてしまうって、ありえないことが現実に起こっています。

 

なぜ、ここまで差が開いたかというと、

 

その理由は、制作過程の歴史の変遷にあると、私は考えます。

 

この辺りにつきましては、明日詳しく語らせてください。

 

 

ちなみに、『怪物レヴィアタンには水の場所を~パウロの宿命~』では、50年近く前の雰囲気が感じられるように、あえて、当時のカルチャーを描写しました。

 

 

折しも、学生運動が強まる時代に、漫画人気に火がつくんですね。時代の最先端をいく思想や哲学なんかが、盛り込まれていて、人生に影響を与えるような奥深い作品がありました。とはいえ、私が生まれる以前のことでして、くさぐさ取材して、描写したわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それが今や、漫画もまた、アニメーションにひとしく、デジタル技術が取り入れられて描かれる時代なんですね。

 

かつては「そんなのばかり見ていたら、頭が悪くなるよ」、なんて大人たちから差別されてきたものが、今や押しも押されぬ、日本の文化の中心であり、世界から称賛されるほどです。

 

 

それにしたって、漫画もアニメもどちらも偉大な文化として成長し、今じゃ、クールジャパンのシンボルとして祀り上げられるのですから、わからないものですよ。

 

という辺りで、おしまいです。

 

本日もありがとうございました。

 

また明日、よろしくお願いします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。