グラデーションカラースケール®が使えるようになるパーソナルカラースクールJPFCA 認定資格 神戸/大阪/和歌山/東京/札幌

グラデーションカラースケール®とPFCカラーチャートは、三次元の色空間に従って作りました。本来の色の成り立ちに沿ったパーソナルカラーを提供しませんか?タイプ分類するパーソナルカラーの疑問が解決!どんなパーソナルカラーにも対応できます。

パーソナルファッションカラー研究所は、
2014年10月 一般社団法人日本パーソナルファッションカラーリスト協会として
新体制でスタートしました。

http://jpfca.com

特許取得のグラデーションカラースケール®で診断する納得のパーソナルカラーPFCメソッドの普及と、会員の豊かな人生への貢献を目的として、協会を設立しました。

グラデーションカラースケール®のみの販売は承っておりません。
認定講座を受講し、認定基準に合格した会員だけが、グラデーションカラースケール®を使用できます。

これからパーソナルカラーの勉強を始める人、すでにプロとして活躍中の人、スキルにあったコースで認定講座をご用意しています。

認定講師になれば、認定講座の開催で受講料の一部を報酬として受け取ることができます。


個人診断、企業研修、インテリア建築物、商品開発などのカラーコンサルティングも受付けております。

お問合せは、info@jpfca.com から お願いします。
NEW !
テーマ:
グラデーションカラースケール®を使った

納得のパーソナルカラーを研究しております、


クリックJPFCA(社)日本パーソナルファッションカラーリスト協会

なかがわ やすこ です。



{795078C7-21DE-4B37-B108-6B19077D70CF}



グラデーションカラースケール®を作ったワケを

先日から書いています。

今回で5回目になります。

サラ~ッと書き流すつもりが(^^;

どうにも、明日まで続きそうです。。。


このシリーズ、始めてお読みいただく方は

過去記事からご覧ください。

クリックvol.1 

クリックvol.2

クリックvol.3

クリックvol.4



で、

やっぱり、


基本のキ!!だったということなんです。


なんでも、行き詰った時には

一旦 基本にかえってみるといいと思います。


基本をしっかり!

昔から どこでもよく聞いてきた言葉です。



さて、私が パーソナルカラー診断の前に

お客様にしていた説明とは、

PCCS表色系で三属性の説明と

パーソナルカラーの見つけ方です。

基本ですから、結局今でも同じです。

違うのは、今では

グラデーションカラースケール®
を使うところです。




では、、、、


色を「春」とか「夏」とか

タイプに分ける以前に、

色には三属性と言われる

たった3つの属性があります。

その三属性とは

・色相

・明度

・彩度

です。


パーソナルカラーの分野では、

色相は 特に赤や青といった色味よりも

ベースカラーの偏りを指します。

ベースカラーの偏りとは、

例えばピンクという色の場合

ベースカラーは

サーモンピンクのようなイエローベースから

紫陽花のようなブルーベースにかけて

変化していきます。


強いイエローベースが


徐々に黄みを失っていき、


やがて


今度は


徐々に青みを増していきます。

この中間には、

イエローベースともブルーベースとも言い難い色が存在します。

この部分が似合う人にとったら、

両方のベースカラーのグループ

例えば 冬と春に似合う色があったりします。


このようにベースカラーはグラデーション状に変化していきます。

この変化の中で、

どの辺りが お似合いになるのか

見つけていきましょう。



次に、明度ですが、

明度とは

色の明るさ、暗さをいいます。

一番明るい色とは白で、

一番暗い色は黒です。

白から黒への変化の途中には

グレーがあります。

グレーは白とほとんど見分けがつかないほど明るいグレーから、

同じく黒と見分けがつき難いほど暗いグレーまで

ベースカラーと同じくグラデーション状に変化しています。
{8E703185-9105-46B5-A426-17C1EBA0F199}


この明るさの度合いもパーソナルカラーを見つけるためには

重要なポイントになります。

明度は、白、グレー、黒(これらは無彩色といいます)のみの属性ではなく、

赤や緑にもある属性です。

赤の明るい色は、ピンクになります。

うすいピンクは真っ赤よりも

明度が高い といいます。



また、彩度とは、

簡単に言うと

色の地味・派手のような感覚です。

一般に混じり気の感じられない

鮮やかな澄んだ色を

原色と呼んだりしていますが、

色彩の世界では それを純色を呼んでいます。

この純色に 

さきほどの無彩色(白・グレー・黒)を

少し混ぜると、

色は鮮やかさを

少し失います。

もっと混ぜると、

その色は 鮮やかさを

もっと失います。

鮮やかな純色に無彩色を混ぜれば混ぜるほど、

色は鮮やかさを失っていき、

彩度が低くなっていくのです。
{27E38867-9FAA-4857-BBFC-F09134F61C25}


つまり、純色は 最高彩度と言えます。


ベースカラーも

明度も

彩度も

自然な色空間では

グラデーション状に変化しているのです。


あと、診断の精度を高めるために、

清んだクリアな色か

穏やかな濁り感のある色、

どちらの方が似合いやすいかも

見ていきます。


その中で それぞれの属性の


どこが似合うのか、

それとも どこから どこまで似合うのか

ドレープと言う色布を使って

見つけていきましょう!






と、こんな感じです。

簡単に端折ったのですが、

長くなって しまいました(*_*)



この パーソナルカラーの見つけ方の基本のキ!!

に返った結果、


★ドレープが

   一枚一色でなくたって

 いいじゃない!!


★ドレープが

   長くったって

 いいじゃない!!


というところに行きつき、

長きに亘る 私のモヤモヤが晴れた瞬間でもありました。

懐かしい 世田谷での、ある日でした。




to be continuedはっぱ





風見鶏神戸より、愛をこめてハート

   なかがわ やすこ



6月4、5日、日本色彩学会全国大会でグラデーションカラースケール®を用いた好印象色の提案方法を発表します。 
 LINK毎日新聞掲載記事

 
LINK体験セミナー 

色について知りたい方、認定講座の前に説明が聞きたい方に。

LINK
認定講座案内
 JPFCA認定講座の仕組みは こちらから お読みください。

 

 
LINK企業・団体様へのサービス
社内研修、お得意様向けセミナー、イベント、執筆等

  


LINK
個人様へのサービス

外見力を高め、ビジネスやコミュニケーション力もアップしたい方に
   



PFCメソッドは、特許庁において「特許第5319003号」として、グラデーションカラースケール®だけでなく、その診断方法が認められています。
グラデーションカラースケール®、診断方法、カラーチャート、テキスト等全てに知的財産権がございます。 色やサイズ、素材を変えた模倣品、診断方法等、権利侵害にならないように、ご注意ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)