何度も。

テーマ:

豆太が小学5年生のころ、お友達の「好き」と、恋の「好き」はどう違うか?って話になって、彼はこんなことを言っていました。



「何度会っても恥ずかしいのが、恋だよ」



ひゃー(///∇//)



久しぶりにそんなことを思い出しているのはね…

お母さん、たぶん今…



恋してるんだと思うから…顔文字




なんだろうね、もう8年も好きなのに。


いまだに


相葉ちゃんに会うたび(っていうか一方的に見るだけ)照れちゃうの。

なんなら、

前よりもっと照れちゃうの。



「ますますカッコよくなった」って、ホントにずーーーーっと言い続けてるんだけど、これ、いったいどこまでいくんだろう。



ファンになったばかりのころみたいに、掲載記事のある雑誌を手当りしだい買うこともなくなって、コンサートやイベントに申し込みすらできないときでも「そういうこともあるか」と納得できるようになって。

自分なりのペースで応援できるポジションをみつけて、落ち着いたなーと思い始めてるのに。


やっぱりね、

ドキドキするの。


完全に「妄想乙女脳」になっちゃうの。


メルセデス・ベンツ(smart)のCM、最後に運転席の窓から笑顔をのぞかせてなんか言ってる(←「メルセデス・ベンツから」とおっしゃっています)とこなんて、



「お待たせ」



としか聞こえないの!(≧▽≦)ハート



私はねぇ~、巻き髪で白いシフォンスカート履いて、家の前で待ってるんだ。

この日のために買ったおニューのハンドバッグ持ってね。

きゃー、恥ずかしい、恥ずかしい。

何度想像しても恥ずかしい。恋だ、恋。



私きっと、ちょっと前の和久井映見ちゃんのドラマみたいに、突然記憶喪失になって相葉ちゃんのことすべて忘れてしまったとしても、やっぱり相葉ちゃんを見たら、あらためて恋すると思う。


「この人、あなたの大好きだった人だよ、ファンクラブにも入ってるし、この人の名前をタイトルにしたブログもやってたよ」とか、そんな前情報が何ひとつなくても。


あの笑顔も、細長い四肢も、踊っているときの身体の動かし方も、バラエティでのちょっとしたヒトコトも、幻想的といっていいくらい美しい表情の写真も、見た瞬間、好きにならずにいられないと思う。


記憶が全部あったって、何度も何度も「初恋」みたいな気持ちが味わえるんだもの、相葉雅紀はほんとうにすごいなあ。



ちなみに、中学一年生になった豆太に「恋ってどんなこと?」と訊いてみたら、顔をそむけて「まだしたことないから、わかんない」だって。

あんな名言吐いておいて忘れてるらしいけど、隠したって無駄だよ笑う



ところで、相葉ちゃんにドラマでやってほしい役として、ファンからは「チャラいのやって、悪いの黒いのやって」という声が絶対に多いのに、全面的に「やさしくてちょっと気弱でひたむき」なキャラばかりだったのは、大人の事情があるのかもしれませんね。「小学校の先生」も圧倒的支持を得ているはずなんだけど、それもなんか難しいことがあるのか。

だとしたら、もうその方向でいいので、ぜひ近いうちにやってほしい役が。


それは、


美容師。はさみ



前々から嵐友さんにはそんな話をしていたんだけど、昨日、しやがれで相葉ちゃんが女の子の髪の毛をさっとつまんでいる指づかいを見て確信したわー。


これなら、むしろチャラくなくてもいい。まじめで一生懸命なキャラでいいから、今のこのビジュアルでオシャレさんな役をやってほしいのよ。残してほしいのよ、今のスタイリッシュな相葉雅紀を。



まあでも、実際やってもらえなくても、自分で勝手にイメージして楽しめるのもファンのお得なところだね。

美容師の相葉ちゃんなんて、実在するかのようにリアルだもの。

想像した瞬間に私、メンバーズカード持ってるわ。すでにスタンプいっぱい押されてるわ。



さーて、妄想乙女は相葉美容師のいるサロンに行ってきましょうかね~走る音符



ハッ!衝撃



相葉ちゃんに白髪染めカラーリングしてもらうとか…

それはちょっとセツナイ…。.・ω・.。


相葉ちゃんのサロンを予約する前に、違うとこで染めてからにします~ダッシュ





AD

今年も七夕が近づいてまいりました。七夕


1


2010年から始まったこの企画、

今年で7回目となります。


7回目の、7月7日の七夕企画。



なんかすっごく、叶いそう…!星



お星さま!

地上でみんな日々をがんばってるよ、ほんとだよ。

だからどうぞどうぞ、お力をお貸しくださいませ流れ星




2


お願いごと、この短冊に書くつもりで

コメント欄にお好きなだけ書いてくださいね~。


嵐のことでも、嵐のことじゃなくても

なんでもいいですよ!


おひとりいくつでも、何回でもいいですよ!



願いよ、届け~

シャラシャラポン゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆





AD

「世界一難しい恋」最終回

テーマ:

よ………………






よかったぁああああ~o(;△;)o





もうーっ、最後までハラハラしたよー。.・´Д`・.。

先週の予告で大野君が「ふたりは、これでよかったんですよね」みたいな意味深なこと言ってて、最終回はじまったらけっこう序盤でうまくいっちゃって、「こんなに早くにハッピーになっちゃったってことは…ってことは…どんでん返しが~!?汗」って、どきどきしてました。



まあでも、いろいろあったけどよかったね。

うんうん、よかったよかった(゚ーÅ)


無事にめでたしめでたしとわかってから振り返ると、あのしりとりチューのとことか、キッチンでうれしそうに「みそスープ!」って笑ってる大野くんとか、安心してかわいいと思えるよ。


零治が子供っぽく無邪気になってるときの、美咲の穏やかさがいいよね。だってあんなにはしゃいでる零治の姿見たら、たいがいの女は「やだーー、かわいいーーー(≧▽≦)ハートってなっちゃうじゃん。悶絶だよ。

それなのに、美咲はどんなにラブリーな零治を目の当たりにしても



えへ



くらいの感じでさー。ろくに見てもいないときもあるよね。でも絶対、心で「まあ、かわいいこと」って思ってるの。そういう感じが零治にはいいんだろうね。

なんか、最終回を見ていてつくづく、本当にお似合いのふたりだなと思いました。


ラストの言い合いのシーン、美咲のオトナな対応がすごかったな。リアルに「いさなみしほ」さんってこういう女性なのかもと思わされました。

このふたりは、ずーっとこんなスタンスで、おじいちゃんおばあちゃんになっていくんだろうな…とほのぼの想像できて、よかった。

美咲さん、鮫島零治をこれからもよろしくお願いします。ぺこり



それにしても、美咲は聡明だし、村沖もうっとりするくらい成熟してるし、あんまり出てこなかったけど中村アンさん(の役)も、あの和田さんが元カノ→ワイフとして選んだくらいだから相当な器のような気がするの。なんか、このドラマって、いい女ばっかり。そしてちょっとダメで可愛らしい男ばっかり(^-^;


嵐主演のドラマだから女性視聴者が多いことを意識していたはずだけど、なんていうか「男のメルヘン」みたいなところが感じられて、だから「感情移入」というよりは「最前列でがっつり応援!」みたいな気持ちで楽しく観られたんだなと思います。

チューも素敵だったけど、寝てるときに手をつないだのが好きだなあ。ハート



村沖も誰かと幸せになってほしい…と思っていたけど、恋愛ドラマだから見てる私も恋愛脳になってしまっただけで、恋人ができることだけが「幸せ」ではないね。

尊敬できる上司に信頼されながら、誇りをもって仕事ができる、女性としても魅力的な村沖はとても幸せだと思いました。

(最後のほうで、「えっ、三浦くんと?」とも思ったけど。これはこれで意外に合うし。)



そして翔ちゃんの登場で、「あー、ザ・嵐のドラマだなー」という感じがとても良かったです。

毎週、ドラマのエンディングで「I seek」がかかると、嵐がみんなして大野君(というか零治)を応援しているみたいでうれしかったの。


水曜の夜のお楽しみを、どうもありがとうバラ

そろそろ相葉ちゃんのドラマも見たいなー、待ってるよー音符









AD