紅白司会に思うこと

テーマ:

「Are You Happy?」のアルバム感想を書こうと思っていたんだけど、こちらを先に。

(結論だけ言っておくと、イイです!好きです!大好きです!)



紅白の司会が決まって、相葉ちゃんの公式コメントを読んで私が最初に思ったのは、


相葉ちゃんは、このオファーを受けると決めたときに、

いろんな覚悟をしたんだろうなぁ、


ということです。



それは、単に「紅白の司会業が大変」ってことだけじゃなくて(もちろんそれもあるけど)、それにまつわるモロモロを、ぜんぶ引き受けるってことだと思う。


大役に抜擢されて、表舞台に立つことで、賞賛も声援もある。


その一方で、あーだこーだと批判してくる輩がいる。絶対いる。

本人のことだけじゃなくて、大きな組織のいざこざを勝手に絡めてきたり、別の人と比べたがったり、根拠なく好き勝手なこと言うやつら。


いやだよね、面倒くさいよね。

相葉ちゃんのことだから、誰かに迷惑かけるかもって心配になっちゃうこともあるだろうし。



そもそも、紅白単独司会は相葉ちゃんが望むことなんだろうか?


紅白でピン司会を担うこと自体は、今の彼にはそれだけの実力があると私は思う。

ただ、そこにくっついてまとわりついてくることで相葉ちゃんが傷つけられてしまうのはイヤだなと、それは少し心配でした。


でも相葉ちゃんは、やるって決めたんだよね。

「あの時にやればよかったって後悔したくない」って。


「やらなかった後悔」は、時間がたつほどに大きく膨らんで、なかなか消えないって知ってるんだね…。


強いよ。

相葉ちゃん。


どんなに大きな仕事がきてもちっとも緊張しないで、能力以上の成果を出せる人もいる。

でも相葉ちゃんは一晩悩んじゃう人なんだよね。

NHKでの実績を積み上げて結果を残してるけど、紅白単独司会は自己評価にまだ追いついてなかったんだろう。

ものすごいプレッシャーを抱えながらの決断だよね。


だからやっぱり強いよ。



こわがらない人より、こわいのに向かっていく人のほうが何倍も強い。



そう考えたら、単独司会をやりたいと彼が思っていたかどうかは別として、「人気商売」であるアイドルの相葉ちゃんが、たくさんの人に愛されて、信頼されて、選ばれたことは、やっぱり本人にとって大変に喜ばしいのだと思いました。

プレッシャーを上回る至福を、相葉ちゃんがちゃんと味わっているといいな……って、きっと味わってるよね。おめでとうのメール、うれしかったって言ってたもんね。



私はきっと、相葉ちゃんのことを、「カッコイイ」とか「好き」というのとはまた違うところで、「指標」みたいに思ってるかもしれない。(そういうの、「好き」っていうのか)

彼ならどうするだろう?

あのとき、どう思ってたんだろう?

自分が何か思い悩むときに、少しだけ考える。


もちろん想像の域でしかなくて、本当の本当のことはわからないけどね。



でもね、これだけは知ってるよ。


何かと私たちファンをハラハラさせる相葉ちゃんだけど、

ミラクルきらきら起こしちゃうのも相葉ちゃんなんだよなぁ。

ってこと。



だから、いろんな意味で心配なんかいらないんだと思う。

前述した「モロモロ」にも、彼は絶対に負けない。

今はそう信じられる気がする。


まじめで手を抜かない相葉ちゃんだから、きっといい司会をすると思う。

それに、他の4人が見守ってるって想像すると、それだけでなんだかあたたかな気持ちになります。

やだなあ、もう涙が出ちゃう(゚ーÅ)



これも素人の単なる妄想だけど、相葉ちゃんが今回抜擢されたのって、「NHKのお仕事をやったから」「国民的アイドルだから」っていうのもあるけど、きっとスタッフさんたちが相葉ちゃんを大好きなんだと思う。

相葉ちゃんと仕事した人って、ほんとにみんな相葉ちゃんのこと好きになっちゃうもん。

人間的にってことはもちろん、彼の「プロ意識」に打たれるんだろうし、「また一緒に仕事したい」って思わせる人。

そういうことが大きな仕事につながっていくんだろうな。

ところで、「相葉ちゃんの司会」というと、昔土曜日にやってたGRAを思い出します(^-^)

ピン司会、そんな前からやってたんじゃ~ん!


大晦日の夜、茶の間でコタツに入りながら、みかん食べながら、

紅白を「楽しみたい」って心から思います。


身体にだけは、くれぐれも気をつけて!

ファイティンにこおんぷ


AD

あさイチ

テーマ:

ちょっと時間がたってしまいましたが、あさイチ。


相葉ちゃんが「ゲスト」の位置にいるの、好きだなあ。

おもてなしされる側の相葉ちゃん。

質問をいっぱいされる相葉ちゃん。

イノッチのさりげないリードが、この上ない安心感で。


有働さんは、タイプの男性がゲストに来るとすごくわかりやすいんだけど(笑)、彼女はどちらかというとシブめの大人好みかな。相葉ちゃんのことは「弟(イノッチ)の可愛い後輩」としてほほえましく見守っているという感じもすごく良かった。


そんな有働さんも、ナイショ話にはデレってましたね~いひひ

「久しぶりに殿方にナイショ話してもらったハート①」って満面の笑みでつぶやいてらっしゃって、そういうお姉さん発言もまた、オトナだなと思いました。



ニノちゃんも相葉ちゃんのことを「謎です」ってコメント登場してくれて、ニノでさえ謎なのに、私たちファンに相葉ちゃんのことがわかるわけないじゃないのー!

もう、相葉ちゃんを好きでいるっていうのは、永久に出口の見つからない迷宮ですよ、ラビリンスですよ。だから抜けられないのよねぇ……(/ω\)ハート

抜けなくていいんだけどさ。ずっとぐるぐるさまよってていいんだけどさ。



そしてそして、

相葉ちゃんを語る寺尾さまが!!


うわあああああああん、かっこいいよ・°・(ノД`)・°・

ちょっとほんとうに、かっこいい。

「ようこそ、わが家へ」のときより、またさらにかっこよくなってらっしゃる。


初恋の人がこんなに素敵に年を重ねていくのを見ることができるなんて、私って幸せ者だなあじーん

寺尾さん,ずっと俳優としてご活躍してくださってありがとう。テレビに出続けててくださってありがとう。

相葉ちゃんのことをたくさんほめてくださって、先輩としての助言をくださってありがとう。

相葉ちゃんにギターをプレゼントしてくださってありがとう。

相葉ちゃんが「るびー」って何度も言ってるのがかわいくてかわいくて。「るびー」って。



あとね、話が前後するけど、けっこう序盤でテンション上がったのが、2012年の相葉ちゃん。


かわいーーーーい(≧▽≦)ハート


こ、こんなにかわいかったっけ。

2012年っていつよ!? 2012年だよ!!


実は私、このときのあさイチを見逃しているのですが、どうやら2012年の1月下旬放映だったらしいので、何してたころだっけと、ちょっと自分のブログを振り返ってみました。

ふむふむ、「ワイルド・アット・ハート」の予約してたあたりね。

そして4月から三毛猫ホームズか。

4年前って……最近の気もするけど、振り返ってみるとけっこう昔なのね。



さらにさかのぼって、2006年の相葉ちゃん映像も……。

もうね、涙出てくるね。かわいいとかいう言葉を超えてるよ、無言でにぎりこぶし作ってやり場のない感情に耐えるしかないよ、あああああ、いとおしい。なんていとおしい。

「ぼく、曲、作れる気がするんですよ、いいものが。伝えたいことがいっぱいあるから」といきまいている23歳の自分に、


「やめよやめよ、おねがいっ、やめてください」ハズカチィ


と、照れまくる相葉雅紀、33歳。

こういうの、







ですわ!!!!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:きゃー



照れる相葉ちゃん。これ以上ラブリーな生き物を地球上で探すことができるだろうか、いや、できまい。


さらにこのあとイノッチにいろいろツッコまれて、はずかしさのあまり



くるんっうずまき



って椅子座ったまま回転しちゃったりして、くるんって!!

「はぁ~~~(///∇//)」とか言っちゃってさぁ。

なにそれ、もーーー!!嬉しい


あー、イケメンな相葉ちゃんも、優しい相葉ちゃんも、黒い相葉ちゃんも好きだけど、大好きだけど、恥ずかしさをもてあましている相葉ちゃんをたまに見たい。ギブミー、あいば羞恥プレイ。



そのあと、イノッチとお互いに「家に遊びにきて」みたいな話になって、個人的にちょっと萌えた。

私、瀬戸朝香ちゃんと同郷なんですよ。知り合いとかじゃないけど。デビューするときに「〇〇中(私の出身校じゃなくて近くの中学)の子、化粧品のCMに出るんだって~」って噂になったの。それからずーっと応援しているので、イノッチは家に帰ると朝香ちゃんがいるんだな~と思うとなんだか幸せな気持ちになるのです。
今はお子さんもいて、そこに相葉ちゃんが「こんにちはー」って遊びに行くなんて、想像するだけで胸いっぱいですよ(゚ーÅ)



最後に、「ハマっているもの」に「海外ドラマ」というのがあって、時間の都合でそこにはノータッチだったんだけど、なんのドラマなんだろう?

私、あんまり海外ドラマ見ないんだけど(唯一欠かさず見てたのは「アリー・マイラブ」だけ)、「ダウントン・アビー」は大好きで、もしそうだったら嬉しいなあなんて。でも相葉ちゃんっぽくはないかな。


プレミアムトークは、ゲストさんが最後までいて映画コーナーでコメントしたりすることもあるんだけど、次のお仕事が待っている相葉ちゃんはトークのあとばいばい。たくさん働いてるね。

それでもぎゅぎゅっとすごく中身の濃い時間で、うれしかったです。



年末に向けて、またお仕事忙しいんだろうな。

身体に気をつけて、時には「楽ちん」もして、ずっとかわいく素敵で、そして元気でいてねクローバー





AD

季節はめぐるから

テーマ:

10月に入りましたね。



h



近所の街路樹の櫻が、いい感じに「にのあいカラー」で。


思わず立ち止まりました。



雨続きの日々、ちょこちょこと挟まれる晴れの日。


秋は足が速くて、きっとあっというまに変わってしまう景色。

もしかしたら、今日しか見られないかもしれないこの姿。



どの葉っぱにもちゃんと葉脈があって、水も養分も根っこから贈られてきて、太陽の光も、見えないけど不可欠な酸素も、腕を広げるようにして受け取ってる。ありがとう、って。



毎日毎日が、この葉っぱの一枚一枚のように思えて。


葉がつく場所によって、日によって、時間によって、条件は違うけどね。

ビルの陰になっちゃうことも、あるけどね。

虫に食われちゃうことも、あるけどね。



それでも、


うえのほーう


したのほーう


どの日もちゃんと、生きてるよ。

調子はどうだいって訊かれたら、いいときも、そうでないときも、あるのが正直なところだけど、元気はつらつな日ばかりだったらきっと、うっかり忘れちゃう気持ちがある。

落ち込んでるときにしか芽生えない感情も、たいせつにしていきたいって、思うんだ。



昔から、

花もステキだけど、やっぱり葉っぱが好きだな。


落ち葉さえ、なんだか愛しい。








ブログやTwitterや、そのほかいろいろ、

読んでくれて、ありがとうね。

つながってくれて、ほんとうに、ありがとう。






がんばる双葉



AD