2017-04-02 22:15:54

サンドアート × 演劇 × 音楽「セロが見た世界」神戸港開港150周年記念

テーマ:ブログ

第五回サンドアートパフォーマンス集団SILT単独公演 in 神戸

神戸港開港150周年記念

Experimental Sand Art Performance Theater

サンドアート X 演劇 X 音楽

「セロが見た世界」

------ それはまるで、演劇のようなサンドアート物語。

 

 

日程/2017年8月5日

 

会場/葺合文化センター(大ホール)

〒651-0068 神戸市中央区旗塚通4丁目4番1号

 

 

あらすじ

港とコーヒーの街、神戸。

この街に住むセロ奏者、セロ職人、老人、子供、女。

一本のセロの元で交錯する五人の人々の群像劇。

 

 

演出・脚本

船本恵太

 

 

 

 

出演者

 

●サンドアート

サンドアートパフォーマンス集団SILT

船本恵太、夜乃雛月、横田沙夜、朝

 

 

 

●(特別ゲスト)セロ奏者

青月泰山

 

 

3歳よりセロを弾き始めクラシックを中心とした
演奏会・オーケストラで数多く演奏する。

大学では哲学/芸術美学を専攻し
文章や詩、広告のコピーライトなど、セロと同じくらい言葉も得意とする。
また、その東洋的で中性的な容姿と、日本人離れしたスタイルをかわれ
京都在住時はモデルも兼業し、ショー・スチールをメインに活動した。

音楽に留まらないそれらの活動の中で、写真/映画/舞台/服飾/絵画/美術/哲学/広告など様々なジャンルの表現者と活動の場を共にしセロの持つ可能性をさら広げている。
2006年上京、2010年都内にセロや弦楽器レコーディングに特化したスタジオを設立。 

近年は映画音楽・CMへの楽曲提供及びレコーディングや
神戸オルゴールブランドによるオリジナル楽曲のオルゴール制作、
京都東山花灯路(国宝知恩院三門前)でのサンドアートパフォーマンス集団SILTとのアートコラボレーション、
矢沢永吉、椎名林檎をはじめとするのメジャーアーティストのサポート、
ミュージックステーション、紅白歌合戦などへの参加、
永井健一との絵画と音楽のコラボレーション、
KASHIWA Daisukeのバンドサポートでのカザフスタン・台湾公演も話題になる。

 

公式サイト

http://www.seigetusha.net/index.html

 

 

●ピアニスト

河内 仁志

 

 

兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て京都市立芸術大学音楽学部卒業。Ecole Normale musique de Parisにて研鑽を積む。第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門高校の部第1位全国大会出場。第75回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。併せて野村賞、井口賞、河合賞受賞。第12回モノーポリ国際ピアノコンクール第3位及び聴衆賞受賞。東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団、NHK交響楽団、京都市交響楽団、飯森範親、松尾葉子、佐藤俊太郎、Guiseppe La Malfaと共演。これまでに坂井千春、田隅靖子、坂本恵子各氏に師事。神戸市混声合唱団専属ピアニスト。

 

 

 

 

 

公演時間  90分(予定)

 

チケット発売日 未定

 

詳細情報は、また追ってお知らせをしていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サンドアート & クレイアニメの船本恵太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。