ストーンセラピー施術日記

石の持つ力と東洋医学の経絡経穴論や温熱効果を取り入れたストーンセラピー温石薬石整体術を実践しています。サロンとスクール代表が書く施術記(ほとんど雑記)です。


テーマ:
飼い主バカだと思っていたら、案外皆様が「かわいい」と言って下さるので、図に乗ってコッペネタです。

あれはずいぶん前、カナディアンカヌーで優雅に釣りを楽しんでいました。かたわらにはコッペ。はじめて乗るカヌーにご機嫌です。

私はフライフィッシングを、私の友人はルアーフィッシングを楽しんでいました。お互いに釣り歴は長ーいので狭い船内とはいえ、キャスティング(投げること)にも気を使っていたので、まったく危険は感じていませんでした。

そして、釣りに没頭して数時間 
「ギャギャギャギャーーーーン」
早朝の静けさのなか獣のつんざくような叫びが!

毛が逆立って倍ぐらいの大きさに見えたコッペが船底にのたうち回ってました。

「釣れた!」じゃない「しまった!」

船底においてあったルアー(魚の形をしてハリがついているやつ)の匂いを嗅いでいたコッペの鼻にハリがグサリと!カヌーが揺れた拍子でそうなったのか?

私は、あばれるコッペの首根っこををむんずと鷲?みにして思わず
「まて!まて!うっ動くなー!コラー!」と湖面で絶叫してしまいました。

あわれなコッペの鼻には大きなルアーがだらりとついています。
私はパニックになりながらも、大きなニッパーでまずはハリとルアー本体を切りはずしました。ここでも「まて!まて!まて!」と大絶叫です。

やっと切りはずして、妻に近くの動物病院をさがしてもらい直行しました。

不覚にもわたしの膝はガクガクします。だって鼻にはまだ巨大な釣針が!ハリにはカエシがあって刺さるのは簡単ですが、一度刺さったら最後抜けないようになっているのです。と言うことは、いちど深く刺してハリを貫通させ、それからカエシを折って、そして引き抜くという気が遠くなる作業をしなくてはならないのです!!!

獣医さんもコッペの姿を見て絶句。そして「入院させましょう!」と恐い顔で言いました。

私はもっと恐い顔で「いやです。いますぐ部分麻酔かなにかでやっちゃって下さい」私はとてもコッペをここに置いては行けないと必死で頼みました。かなり押し問答の末、結局私のわがままを効いてくれて部分麻酔で処置していただきました。(すみません)

いや~みなさんも気をつけて下さいよ~。

coppe1

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

青山店のKです

今回も院長から要請がありましたので急遽書きます。

でも、ネタの準備しておりませんでしたので、小ネタで失礼します。


前回、冷たいものの飲食は体を冷やすことを書きましたら、学院生のTさんから質問がありました。


Tさん   「つめいたい物意外でも、甘いものも体を冷やすんですよね?」   

私     「さすがTさんよくご存知で。そうですよ、砂糖がよくないんですよね。東洋医学的にはつめいたい      物と甘いもののとりすぎは、体を冷やすことが昔から言われています。」

Tさん   「でも、東洋医学発祥の地の中国料理(中華料理)は、冷たいのはあまりないけど、甘い料理はたくさんありますよね。あれ、体冷やしたりしないのですか?」 

私     少したじろぐ。 (鋭いねTさん。また言うことが細かいね。)

Tさん   (さらに突っ込む) 「東洋医学発祥の地なのにおかしいですね?理屈とやってることが違いませんか。」

私     「Tさん、私が作ってるわけじゃないんだけど。」  (それにTさん、毎日中華食べてないでしょ。)

Tさん   いつも理屈ばっかり言ってるんだから、ちゃんと答えてみなさいよ。  とそこまでは、当然おしゃっていませんが、気の小さい私は少し鼓動がはやくなりました。


一口に中国(中華)料理といっても、地域によっていろいろありますので断定は出来ませんが、実は、中華料理に砂糖を使うようになったのはここ最近といわれています。

中国の伝統料理のひとつに山東料理があります。日本ではあまりなじみがありませんが山東料理は中国料理の源流とも言われるくらい伝統的なもので、 その山東料理には絶対に砂糖を使わないそうです。もちろん、化学調味料やラードも。素材も持つ味の力やうまみの組み合わせでおいしさを出していくんですね。

体に悪い余計なもの使わない。 医食同源ですよね。

そんな山東料理ですが、文化革命以時の伝統排斥運動で、現在の中国では砂糖や化学調味料を普通に使ってしまっているそうです。

唯一、伝統的な山東料理を守っているのは実は日本人で、世界に二人だけになってしまったそうです。

「済南賓館物語」  佐藤孟江・佐藤 浩六[著]
そのお二人の物語です。とても面白かったです。お時間のある方是非。

伝統的な中国料理には、ちょっと前まで砂糖を使ってなかったんですよ。 Tさーん。こんな感じで納得してもらえましたか? 

次回 冷えについて   未定

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日施術した、松葉づえのBさんが今日も来てくれました。(うれしい)
きのうは痛みもなくいつになくグッスリ眠れたとのこと。(増々うれしい)
回数券(松戸五香店にはあるんです)を2枚も買ってくれて、これから根気よく通っていただけるとのこと(本当にうれしい)

いや~いい日です。そして忙しかったです。
朝一で60分、昼に1コマ授業、それからインターン生を迎えて30分、30分、30分、30分、60分、60分でした。なんか座る暇なんてまったくない感じでした。
せっかく連絡をもらっておいて折り返しの電話もできなかったです。(すみません)

でも、不思議と疲れはなく、やればやるほど気分が高まって来て、私と加藤さんで「薬石ハイ」と勝手に呼んでる状態になるんですよ~。なんかね。

明日は青山です。朝から連続で4名新規の方が入っているので早めにでないと!
加藤さんは五香です。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日もお二人新たに来院された方がいました。
お一人は予約が埋まっていたために後日にしてもらいました。
6月からはAHが常勤になるために比較的予約がとりやすいと思いますが、
加藤先生が青山に行ってしまってからというものテンテコ舞いです。

このごろは陽気のせいか日にお一人は飛び込みでご来院頂いてます。
ありがたいことです。満足されるまで帰さない意気込みでまいりますよ~

で、みなさん辛そうな方が多いのですが、今日の方は特別で松葉づえをついていらっしゃいました。Bさんは去年の12月に突然歩けなくなり病院の診断は「坐骨神経痛」。
整骨院や整形外科にいって何とか楽になったのに、5月の連休にたまってた家事をこなしたり、孫の世話などで無理をしてしまい、また16日に動けなくなってしまったとのこと。それからはどこにも行かず、たまたま通りがかって、うちに来ていただいたのでした。

30分コースの施術を終えると楽になったとのこと。ホッとしました。

Bさんを見てまず心配になったのはかなり気落ちしているということ。よく肩こりが辛い人は怒りっぽく、腰が辛い方はくよくよする傾向を見ますが、その典型的な状況でした。治った!と思ったのにまたなっちゃった、というのはショックだったのでしょう。

焦らず根気よくゆっくり治して行きましょう!と励ましました。帰るころはだいぶ安心された様子でした。
話を聞くと今回も「少し治ったから松葉つえをついてでも運動しなくっちゃ!」と散歩をしていたとのこと。

つえをつかなきゃ痛くて歩けない時は歩かないことです。
運動は痛みがなくなってからで充分です。
この焦りがよけい症状を悪化させたり、気分が落ち込む原因になるんです。
Bさんもまず痛みがひくまで無理をせず、痛みが引いてからがリハビリだとおもっていただきたいと思います。

でもとりあえず楽になってよかったな~。本当に正直に言うと・・こういう状態は施術が終わって起き上がっていただくまでいつも少し心配なんです。何回上手く行っても、何年経ってもです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アレカヤシ


昨日はお休みを利用して青山店へ行きました。
先日植え替えた写真のアレカヤシをもって行きました。
いざもっていってみると、あれやこれやお店に加えたいことが思い浮かんできてもうやりたくなって大変です。来週も青山のお店作りへ行きそうです。

リラックスするには、やっぱり店のカラーとか置物とかも左右するのですが、
かといってあまり押し付けがましいのもこまりますし。

とても難しいですね。
とりあえず少しずつやっていきたいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、はじめて来院されてAHさんが施術したお客さまは毎日続いて来ていただいてます。
冷えや肩こり、その他の不定愁訴に悩んで今までにありとあらゆることをしてきたと言ってました。

「サプリもいろいろためしたし、病院には数えきれないほど通ったし、ゲルマニュウム温浴も一ヶ月毎日通ったし、ホント全部試したのよ~。でも私にはこの方法が一番合うみたいね~。一回やってもらっただけで身体がポカポカしたもの!」

と今日もAH先生に言ってました。(うれしい)
確かにAH先生の腕も良い!でもやはり石であたためるのもいいんですね~。骨の髄まで温まってプラスグイグイほぐされれば、やはり血行は良くなって身体は温まってきます。

「スーパー銭湯で一日中遊んで、マッサージしてもらっても寝る時には足が冷たいのよ~」って言ってた人もストーンマッサージにかかると寝るまで足がポカポカしていたとのこと。(私の足はほとんど熱いのでこの体験はできませんが・・・)

このストーンマッサージも温石療法とし日本では奈良時代ぐらいからあったといわれています。
昔の人は実にすばらしい知恵を持っていたんですね。

写真は当院自慢のブラックシリカです。手前のツルツルしたのが加工した物です。(ゴツゴツしたのだと痛いから・・・)ツルツルすぎて他の先生から使いにくいと不評なので私が愛用しているんですよ!
他の先生のは適度にスベスベです。

ブラックシリカ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

青山店のKです。

院長より、「たまには加藤さんもブログ書いてよー」とお願いされてしまったので、たまーに書き込みしていく予定です。でも、急な依頼でネタが思いつかないので、いつもお客様に話している冷えについて簡単に。


最近めっきり夏らしくなり、冷たいものがおいしくなってきました。 飲める方は、風呂上りのビールなんかは最高なんでしょう。私はアルコールが苦手なのでもっぱらジュースやアイスに走ってしまいますが。五月を過ぎると冷たいものの消費量がぐっと増えるそうです。ご存知の方も多いと思いますが、じつはこの冷たいものこそ身体を冷やすおきな原因なのです。厳密に言えば体温よりも低いものは身体を冷やす傾向にあるのです。 

わかりやすく言うと、

口から冷たい飲み物を飲んでも出てくるおしっこは温かい。 何故?

それは、体が水分を温めいいるというよりも、水分が身体(内臓)の熱を奪っているから、と東洋医学では考えます。

冷え性の女性のなかにはトイレの近い方が結構多いです(統計はとってませんが)。それは、口から入れた水分に熱を奪われたくないため、溜めておかずに早く外に出してしまおうという体の一種の防衛反応ともいえます。お年を召した方なんかもトイレが近い方が多いのも、若者に比べ熱気が弱く水分をためておけないのでしょう。


これからの時期、冷たいものは確かにおいしいです。衣食住において、日本の蒸し暑い気候が涼を求めさせてしまうのだと思います。日本人ほど冷たさにこだわる民族はいないと思います(これも統計はとってません) 。 かくいう私も昔はレディーボーデンのホームサイズを一人でかかえて食べていました。(昔ですよ。90キロあったころ)

でも、東洋医学発祥の地中国では、冷たいものを飲食する習慣はあまりありません。中華料理は温かいですよね。

ヨーロッパでも、ビールをあまり冷やさずに(常温に近い温度)で飲む習慣があります。黒っぽいビールなんかはより味が濃くなっておいしいそうです。


今年の夏はいつもよりも少しだけでかまいませんので、冷たいものを少し控えていただければ幸いです。冷え性の方は冬になったとき体の感じが違いますよ(たぶん)。


次回 その②  時期未定

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は青山校へスクールの授業と施術へ行きました。
スクール生のETさんは、もともと松戸五香店のお客さまだったんです。

お二人目のお子さんを妊娠されている時に、上の子をベビーカーに乗せて飛び込みのご来院がはじめての施術でした。お子さんに待っててもらって(いい子に待ってました!)ひどい肩こり、腰痛をほぐしてたのを思い出します。

お子さんを出産して五香から神奈川県へ引っ越されてからも、たまーに来院して下さっていたETさん、こんどは生徒さんとして青山に来ていただいてます。

美容師をしていたころに、相当たくさんマッサージをしていたとのことで、とても力強い施術ができるので卒業される頃がたのしみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

coppe



うちのコッペは(コッペパンみたいなダックスだから)何年か前にヘルニアになりました。
突然動かなくなってブルブル震えて痛みだして・・・今思い出してもかわいそう。
獣医さんにつれて行ったら、紹介状書くから大学病院で手術しかないといわれました。
成功率は50%!で費用は約50万円!
びっくりしましたよ~、ここはひとつしばらく様子を見て考えようということにしました。

まず、ゲージを買ってその中に入れて安静にさせました。
それから妻のマッサージ。薬石温めて当てたりさすったり、手でマッサージしたり。

するとなんと治ったのです。ヒョコヒョコと歩き出してそのうちスタスタと、今ではダッシュしてます。

やっぱり犬のヘルニアもマッサージで治るんだなーと感心したことがあります。
今度から松戸五香店の看板犬にしようかと思案中です。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
来院のお客さまから「こちらのストーンが朝日新聞に載ってたわよ!」と教えられた。
「え!」っと早速しらべてみたら、朝日新聞の日曜版に載ってました。
岩盤浴のコーナーでしたが、北海道のブラックシリカが遠赤外線や育成光線を発しやすいと。
北海道工業大学の教授とか、クリニックの院長さんなんかが、ブラックシリカや遠赤外線による発汗についてコメントをしてあったり、かなり誉めていました。

ブラックシリカが有名になるのはうれしい反面、少し心配ですね~。
テレビで大大的に取り上げられたりしたら、値段が急騰したりして・・・
それに北海道にしか取れない石だから無限にあるわけではないですし・・・
(当面心配ないほどストックは買いこんでありますけど (^^;) )


でも世界中に「薬石」といわれている鉱物はたくさんある訳で、それらをひとつひとつ検証していくのもとてもたのしい時間です。いまはネイティブアメリカンが本当にどのような鉱石をどのように使っていたのかを調べています。ライフワークにしたいです。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。