2006年02月04日(土)

「かえってきた!ももたろう」のあらすじ 【鮒田直也】

テーマ:かえってきた!ももたろう

日記を読んでくれている人から「どんな話やねん」っていう声がありましたので、

あらすじを書き記します。


「かえってきた!ももたろう」


【あらすじ】

やまぐちせんせいが今から始まる劇の説明をしていると

突然、青鬼と赤鬼が現れ、やまぐちせんせいをさらっていきます。


鬼が島から帰ってきた桃太郎。

ひと仕事を終えて、きびだんごを食べていると、

いつの間にか河童が現れ、「きびだんごを下さい」とお願いします。

きびだんごを食べた河童は「これで、わては桃太郎さんの家来です」と

宣言するが、桃太郎は「鬼はやっつけたから家来はもういらないと」言います。

しかし、どうしても桃太郎の家来になりたい河童は

「ピンチになった時は“河童の唄”を唄って、わてを呼んで下さい」と

言って、川に消えていきます。


その後、山の方からやまぐちせんせいの悲鳴が聞こえ始め、

桃太郎は声のする方向へ一目算に走っていきます。


鬼たちに捕われたやまぐちせんせいは

あまりにも叫び声がうるさいので鬼の子供の鬼王子によって、

声をとられてしまいます。


鬼たちは桃太郎がやまぐちせんせいを助けに来る時に通る道に罠を仕掛けます。

まんまと罠にかかった桃太郎。

「やまぐちせんせいを返す代わりにその刀をくれ」と提案する鬼王子に

背に腹は変えられないと刀を渡す桃太郎。

しかし、鬼王子が返したやまぐちせんせいはニセやまぐちせんせいだった。

刀のない桃太郎は鬼たちにやっつけられてしまいます。

絶体絶命のピンチ。桃太郎は河童の唄を唄って、河童を呼びます。


河童は相撲技で青鬼と赤鬼を次々と投げますが、

お腹がへったため急に動かなくなります。

そこで、青鬼は「キュウリをあげるから、俺たちの家来になれ」と。

河童は「家来になります」と寝返ります。

しかし、河童の目的は鬼たちの金棒を奪うことにありました。

金棒を桃太郎に渡し「これで鬼たちをやっつけて下さい」

だまされた赤鬼は烈火の如く怒り、河童の頭のお皿を叩き割ります。

お皿が割れて、河童は死んでしまいます。

死ぬ直前に「桃太郎さんが本気出したら、あんな奴ら、絶対やっつけられます」

のセリフを残して。

本気になった桃太郎は赤鬼と青鬼と蹴散らし、

鬼王子と決闘に挑みます。

あっという間に鬼王子を倒しますが、

すぐに鬼王子は生き返ってきます。

「ボクは何度でも生き返ることができるんや!」

そんな時、やまぐちせんせいがポケットの中に入っていた豆を

鬼王子に投げます。豆を見て、逃げ回る鬼王子に

桃太郎とやまぐちせんせいは豆を投げ続けました。

やがて、鬼王子は動かなくなり、死んでしまいました。

その後、もう二度と鬼たちは現れることはありませんでした。

めでたし、めでたし。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年02月03日(金)

あんけーと 【アサダタイキ】

テーマ:かえってきた!ももたろう

学校公演「かえってきた!ももたろう」

ストーンエイジ史上、最大の歓声とリアクションの中、

無事終了することができました。


げきを見てくれた、みんなサンキュー!


当日の模様は、葛原氏が書いて下さってますので

1年3組のみんなが書いてくれた手紙<アンケート>を紹介します。





・みなさんへ ももたろうがおもしろかったです。ありがとう。


・みなさんへ 赤おにと 青おにと おに王じと ももたろうと かっぱがかっこよかったです。


・みなさんへ おもしろかったです。おにさんがおもしろかったです。


・みなさんへ きょうはありがとう。たのしかったです。またあそぼうね。うしろみてね。(みんなでよんでね?でも。ももたろうにわたしておいてください)


・みんなじょうずでした。かっぱのうたおもしろかった。みなさんありがとうございます。


・みんなありがとう。おにがおもしろかった。


・みなさんへ げきをしてくれてありがとう みなさん大すきありがとう


・ももたろうさんへ おにをやっつけてくれてありがとう。やまぐちせんせいもたすかってよかったです。またきてね。


・ももたろうさんへ かっこよかったです。おもしろかったです。


・みなさんへ おもしろかったよ。またきてね。ももたろうがかっこいかったです。


・かっぱがおもしろかったです。ももたろうがかっこよかったです


・みなさんじょうずでした。ももたろうさんかっこよかった。


・みなさんへ たのしいことをしてくれてありがとうございます。


・かっぱおもしろかったけどよわかった。でもきてくれてありがとう。


・ももたろうさんへ おにをやっつけてくれてありがとう。やまぐちせんせいもたすかってよかったです。またきてね。


・みなさんへ ももたろうのげきをしてくれてありがとうございました。


・かっぱへ おもしろかったです。でもよわかった。


・みなさんへ きょうはすごくげきがおもしろかったです。


・みなさんへ きょうはわざわざがっこうにきてくれてありがとうございます。みなさん大すきありがとう。


・げきだんのみなさんへ あそんでくれてありがとう!かっぱさんがとってもおもしろかったです。またきてください。


・みんなへ 赤おにと、赤おにと、おに王じと、ももたろうと、かっぱげきをしてくれてありがとう。


・みなさんへ おもしろかったよ。ももたろうさんも おにおに王じも赤おにも青おにもかっこよかったよ。


・みなさんへ ももたろうがいちばんかっこよかった。やまぐちせんせがたすかってよかった さんかんの日は、2月7日です きてね。




今までで一番。

一番嬉しいアンケートでした。


 

【お皿をわざわざ描いてくれたカッパと、メガネをかけた青鬼】



■The Stone Age+劇団あおにんじん『かえってきた!ももたろう』 (06/2/2)


【作】

劇団あおにんじん


【脚色・演出】

鮒田直也


【出演】

「桃太郎」 一明一人(高級社)

「鬼王子」 坂本顕

「赤鬼」 葛原瑞穂(劇団あおにんじん)

「青鬼」 アサダタイキ

「かっぱ」 緒方晋

「やまぐちせんせ」 山口とも子

「見知らぬ女」 閑社明子

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年02月02日(木)

小学校公演が終わりました!【劇団あおにんじん 葛原瑞穂】

テーマ:かえってきた!ももたろう

ついにやってきました、本番の日。




まずはお客様である子供たちにお礼を。
「わざわざ小学校まで観にきてくれた幼稚園、

 保育園のお友達、そして1年生のお友達、ありがとう」

そしてこういう場を与えてくれた小学校の方々にもお礼を。
「どうもありがとうございました」

今日の集合は朝7時半に学校です。
朝が弱い僕にとってはえらい早起きで

「ええ~早いわ~」と言いたかったのですが、

実は僕の実家がこの小学校のすぐ近くなので、

一番遅くまで寝ていられます(う~ん、だいぶ楽してしまいました。スミマセン)。


・・・ところが! いざ小学校に着いて準備を始めると時間が足りない!
小道具の準備やらキッカケ合わせをひととおり終えて

「少し休憩しよか?」と控え室に移動、お茶を飲んで和みつつ、

せりふ合わせと鮒田氏から最終的な演出をいただいていると、
「もう15分前や!」
大慌てで講堂へ戻り、衣装を着たりメイクをしたり。

バタバタしているうちに講堂には子供たちの声が聞こえ始める。
「おおー、来たで、来たで!」


そして、とうとう本番の時間。
子供たちはちゃんと観てくれるのかなぁ。

思った通りの反応をしてくれるのかなぁ。
最初はそんな不安もあったけど、いざ始まってみるとみんなのノリがすごくいい。

河童の楽しい踊りには笑いが起こり
桃太郎が「鬼が島の鬼は退治した」と言うと

「あっち、あっちにおる~」なんて教えてくれたり
鬼王子や子分の青鬼、赤鬼の言うことはさっぱり聞いてくれなかったり
先生がさらわれた時には泣き出しちゃう子もいたり

アサダ氏は本番が始まる直前に

「俺の金棒がない!」と言い出したり
緒方氏は言わないといけないせりふを言わないままハケてしまったり
坂本氏は子供の笑い声がうるさ過ぎて

なかなかせりふを言わせてもらえなかったり
僕は当日変わった演出を忘れて舞台に出るのが遅かったり。

・・・ま、色々ありましたが、最後はみんな「面白かった!」
と言ってくれたし、教室に帰ってから出演者一同に手紙まで書いてくれました。
そうそう、控え室まで会いにきてくれる子もいたりしましたね。

本当に嬉しい限りです。

子供たちの反応ってすごく素直だから怖い反面、

うまくハマると凄い声援ももらえるんですよね。
オトナ相手の芝居で「桃太郎、後ろ!後ろ!」なんて

ドリフばりの声がかかる事ってありえないですもん。

子供向け公演はこれだからやめられまへんな~。

ホント、今回もいい勉強をさせてもらいました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月01日(水)

いよいよ明日が本番です。【制作・閑社明子】

テーマ:かえってきた!ももたろう

最後の稽古です。

左ノ雀頭氏が差し入れを持って応援に来てくれました。


衣裳も小道具、消えものも揃っています。


鮒田氏は、演出の最後の詰めにがんばっています。

緒方氏は、河童でいろんな意味でちびっ子を泣かせると思います。

ビジュアルとか感動のシーンとかで。

今日アサダ氏が劇中で歌うキュウリの歌をつくってきました。

心踊る歌です。振りもあります。


女優デビューの山口さんは、めっきり女優の顔に。

一明氏は、ちびっ子と河童に語りかける口調がやさしくなりました。

葛原氏の下っぱな赤鬼キャラが、板につきすぎています。

坂本氏の鬼王子のおもしろい空気が、ちびっ子にどのように伝わるのか楽しみです。


さて、明日どんなリアクションが返ってくるのか、みんな、わくわくわくなのです。



私には、不安が一つ。

明日の舞台は照明担当です。

そして、もう一つ、役者さんなら舞台を横切るくらいの役、

しかし舞台初の閑社にとっては、ものすごい大役です。

舞台に立つことが決まって調べたこと。これも一つ。

チェ・ジウが言ってました、女優は睡眠が大事って。


明日の為に早く寝まーす。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月31日(火)

♪かっぱっぱ~るっぱっぱ~かっぱ黄桜かっぱっぱ 【緒方晋】

テーマ:かえってきた!ももたろう

どうも!ストーンエイジの緒方です。

「かえってきた!ももたろう」では河童やります。


今日の稽古場所は森の宮の青少年会館、

しかし時間が足らず、ヤングな心を持つ平均年齢30歳の大人な僕達は、

ヤングスクエアと言う野外施設での居残り稽古を敢行!


青少年とおっちゃん


何か青春!

でも風邪ひいてた僕は少し辛かった!


でもみんな何か楽しそうな顔してました(^u^)

久しぶりに学生時代のノリを味わった34歳冬って感じです。

チビッコ達の前でする初めての芝居、

いつもと勝手が違いますが、面白いもんが出来そうです!


チビッコ達が楽しんでくれたらエエのになぁ~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月27日(金)

げきのれんしゅう 【山口とも子】

テーマ:かえってきた!ももたろう

みなさん、こんにちは。
おひさしぶりの 山口とも子です。
こちらの日っきに ひっこしてきて はじめての日ばんです。

小学校で せん生を はじめて 九か月。
こんなかたちで ストーンエイジに おせわになるなんて
おもってもいませんでした。
本とうに ありがとうございます!!!

しごとの空気と しばいの空気と あわさって、とってもフシギ。

よみにくいので、そろそろ ふつうにもどります。

はい。
一年生向けの文章でした。
こんな文章が、そろそろ読めるようになってきた子どもたちです。
内容は理解できるかなぁ。

そんな子どもたち相手のお芝居。
皆さまには、試行錯誤していただいています。(感謝!)

稽古見ながら、
あ、それ泣くかも。
それ、聞き取られへん!
その攻撃は意味わからんやろうなぁ。
あははははは。
オモロ!

完全にあたしが楽しんでおります。

今日は、役者全員集合! 台本も完成! 全部のシーンができます!
できちゃいます!
衣裳っぽいモノが続々と集まってきます。
懐かしの、鬼さんや、河童さんや。
うわぁ。本番前ですね。あわわわわ。

なぜに、ワタクシ、舞台上にいるんでしょうか???
流された?
帰りに、坂本さんに、「やる気やな。」と言われ、
思わず「無いですよ。」とか言ってしまいましたが、
違います違います!
やる気はある方です!むしろあります!
色んなモノが伴わなくて、困ってるんです。
ごめんなさい!
子どもたちへの愛で全てをカバーできますように!

色んな想いを、事実を、ビシビシ感じながら、
あっちゅうまに、稽古は終わっていきます。
役者って、演出家って、芝居する人ってすごいなぁ。
と、改めて感じている日々です。
あと、稽古は2回。
無事、なんとかなるのでしょうか。

皆さま、よろしくお願いします!!

子どもたちが待っています☆☆


青鬼と赤鬼に、あたしがさらわれ

お話は始まります。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月25日(水)

私は鬼王子を演じます。【坂本顕】

テーマ:かえってきた!ももたろう

寒い1日でした。

本日の参加者は、私と

アサダ、葛原、一明、やまぐちともこ先生、演出・鮒田に制作・閑社。

本番まであと1週間。稽古もあと数回になりました。

今回のポイントを何点か…。

●何と言っても、やまぐちともこ先生の初舞台。

 しかもいつも相手をしている生徒たちに演技を披露するのです。

 生徒の前で演じるなんて嫌がるだろうと思っていたのに、

 意外にも本人は結構楽しそう。

●制作でかかわってくれてい

閑社明子も初舞台…さて。

青鬼アサダ)と赤鬼葛原)の関係は、

 ヤッターマンでいうところの、ボヤッキーとトンズラー。

 アニメから飛び出てきたような葛原瑞穂と、

 いつになくアドリブ指数の高いアサダタイキ。

 初顔合わせのこの2人の掛け合いは面白い。

桃太郎役の一明一人、幼児番組のお兄さん風の優しい演技かと思いきや、

 意外に冷たい。ヒーローはもっと熱くなろうぜ!

幼稚園公演を行っている、劇団あおにんじんの葛原氏によると、

真剣に悪役を演じると、子どもが怖くて泣いたりすることがあるらしい。

暗転しただけで泣かれることもあるという。

だから道化っぽい間抜けな悪役を演じなければということです。

自然にヤッターマンの悪役3人組みたいな感じになるんでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月23日(月)

♪あなたについてどこまでも、家来になって行きましょう♪ 【いちめい】

テーマ:かえってきた!ももたろう

昨晩は元日の夢をみました。ってゆうか週2回くらいみます。

成人男性としてそろそろどうかと思う。



かの有名な桃太郎。

これをThe Stone Ageの面々+α(お供♪)にて行います。

久し振りの興行公演でテンション高いです。個人的に。

お子ちゃま向け作品を作る場合、
特に笑いやコミカルなシーンを作る場合、
子供ではなく大人(保護者)向けになってしまいがち。

大人にウケるが、子供置いてけぼり。

ヒーローショー脚本書いてた時も、よく
「シュール過ぎる!」 「子供との対話を!」
と改訂を繰り返されましたヮ。。。

むしろ後ろで観てる保護者をターゲットにしてましたから当時の私は。

ウフフ。


そんななか、知人から助言いただきました!


*****

1年生2年生は宇宙人です(断言)
言葉が通じるとは思わないで下さい。
3年生になると言葉が通じ始めます。
4年生になると男の子は人間に、
女子は女になります。
*****


子供イベントの成功も、保護者のハートをキャッチできるかどうか、

そこらへんがポイントなようです。


さぁ当日、先生方の反応やいかに。


お供


今回も、影で支える女子たちの勇姿が。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月20日(金)

僕が劇団あおにんじんの葛原です。【葛原瑞穂】

テーマ:かえってきた!ももたろう

今回の稽古場一番の大汗かきの葛原瑞穂です。
劇団あおにんじん、EBiSU倶楽部、color'sという劇団やら

演劇ユニットやらに所属していて役者をやっております。
以後、お見知りおきを。

さて今回は2回目の稽古なのです。

小学校で上演する「桃太郎」は、

あおにんじんで幼稚園児向けにやったものをもってきたものです。
うちに眠っていた衣装をもってきて、一明さんに着て頂きました。
あやや、似合うじゃないですか。


僕よりかっちょいい人の事なんか置いておきましょう。

そうそう、先ほどの通り、

この台本はあおにんじんで上演したものなんですね。
しかし! 

鮒田さんにかかるとアラ不思議、まったく別物の芝居に早変わり。
元の台本にはないシーンをぱっと考えて、

「そこ、こういうふうにやってみて」と指示が飛びます。

しかもこれが面白い!
すると役者の皆様(当然僕を除く)はそれに応えて即興で台詞
を考えてイキナリ演じてしまいます。しかもこれが面白い!

僕はただただ「すごーい!」と、その光景を眺めておりました。

ええ、眺めておりました。

その時までは。

「葛原君、おもしろい歩き方して入ってきて」
「え、面白い歩き方っすか?」

なんて唐突な要請でしょう。
電車で鼻くそほじっていたらイキナリ学生時代の友人に

話しかけられたくらいびっくりです。
しかしここはさりげなくごまかさなくてはなりません。

気づかれない間に鼻くそを食ってしまう勢いです。

てんぱった僕はとりあえずありきたりな右手と右足を

同時に出す、という歩き方。

ああっ! 最悪やっ! こんなん面白いわけないやん!

自分の引き出しの少なさが恥ずかしい・・・。
もっとこう、爆笑できるような事はできないのか!?
日々精進が必要です・・・。

ちゃんとこなせるでしょうか・・・。
そういう意味では少々不安ではありますが、

しかし今までに経験したことがないくらい面白い、本気で楽しめる稽古です。
この芝居の完成がホント、楽しみでなりません。

そして、あわよくば、皆様の技術をお持ち帰りしてやろう、と
いう密かな企みもあったりなかったり。

ふふふっ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年01月17日(火)

学校公演の稽古始まりました。【制作・閑社明子】

テーマ:かえってきた!ももたろう

2月。

ストーンエイジは


小学1年生と新小学一年生(幼稚園の年長さん)の

前での公演が決まっております。



そんな訳で、初稽古であります。

出演は、ストーンエイジと一明一人氏、

そして劇団あおにんじんの葛原氏

そしてヒロインは、私を含め、

みんなが彼女のデビューを密かに願っていた、

山口ともこ嬢であります!







台本は桃太郎なのでありますが、

しかし桃太郎が鬼ヶ島から帰ってきた後のお話。

皆でさっそく

『最近のちびっこはどんなものに興味があるのか』

『ちびっこの反応』など大人の硬い頭で考えます。



それからお正月でなまってしまった硬い体をほぐし、







まだ本決まりの配役じゃないらしいんですが、立ち稽古であります。



そうそう、もちろん演出は鮒田直也氏です。



私は最前列で、

新春一発目の、アサダVS一明の相撲をありがたく拝見し、








小学生に戻った気分で大爆笑しておりました。



突然、鮒田氏の演出、

「はいここで、かんしゃ舞台にでて、なんとかかんとか・・・に、なる」

「あ、はい・・・って、えー!?」

はてさて、どうなりますやら。



なんせ、今年もおもろいストーンエイジ。

とても楽しみであります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。