高速道路のラーメン激戦区を制したのは「牛タンラーメン」だった。今年2、3月に中央道、長野道の計25カ所のサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)が参戦した「ラーメンバトル2010」。中日本エクシス八王子担当部が1昨年に続いて2年ぶりに開催した。グランプリには圧倒的人気の「牛タンラーメン」(山梨県上野原市、中央道下り線談合坂SA)が選ばれた。準グランプリは「山賊ラーメン」(長野県塩尻市、長野道上り線みどり湖PA)。

  [フォト]山賊、富士山みぞれ、清里高原チーズ…個性派ズラリ!

 1昨年は人気バトルとなり、一躍ラーメン激戦区模様となった。今回も各店が工夫に工夫を加えた。「黒とんこつラーメン」(境川PA下り)「あつあつベジゴマラーメン」(八ケ岳PA上り)「信州安曇野酵母豚ラーメン」(諏訪湖SA下り)など、食欲をそそる耳あたりのいいネーミングでのエントリーだ。

 審査は販売数量、売り上げ構成比、審査員の試食の総合評価方式。売上数量が確定するまでバトルから少々時間を要した。

 グランプリの「牛タンラーメン」(700円)は仙台直送の上質牛タン2枚をトッピング。しょうゆベースの鶏ガラスープにちぢれ麺。八王子担当部では販売数量こそ明らかにしていないが「どんぶり数量ではぶっちぎりの多さでした」と話す。準グランプリの「山賊ラーメン」(600円)は塩尻名物、鶏肉のから揚げ2枚と味付け卵をトッピングしたボリューム満点の一品。「山賊ラーメンは審査員の試食では最高点を獲得しながら、牛タンラーメンの販売量にはおよばなかった」という逸話が残る。このほか中央道上り線谷村PA「富士山みぞれラーメン」(600円)、同下り線八ケ岳PA「清里高原チーズ辛みそらーめん」(630円)、長野道上り線梓川SA「安曇野ラーメン」(650円)が審査員特別賞を受賞した。バトルは終了し、ノーサイド。参戦全25種類の一部で販売を中止したものもあるが、「ほとんどがいまからでも味わうことができる」と中日本エクシスでは話す。

【関連記事】
三宅智子、エリカにエール「ラーメン食べて」
ご当地麺ズラリ…インスタントラーメン専門店 さくら日本橋店
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密
逮捕した39歳ラーメン店店主の悪い評判 奈良の矢シカ事件
善意の店主ボー然…人気ラーメン店全焼
中国が優等生路線に?

要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換(医療介護CBニュース)
米国務長官21日来日=岡田外相発表(時事通信)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)
会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
<将棋>名人戦第4局 羽生一気に防衛か、三浦意地の1勝か(毎日新聞)
AD