マツボックリ

テーマ:
12月。

支援学級でリース作りをするとか。で、材料集めお願いしますと言われて公園に探しにいく途中、高学年の男女数人が日光に背を向けて地べたに座ってひなたぼっこしながらDSしてた。そういう時代ですね。ちなみにオバチャンは子供の頃はゲームセンターでしたかね。お金が掛かるので親と一緒にたま~にしか行けませんでした。


ドングリは雪とか雨でもう工作に向かない状態みたい。
マツボックリはセーフ。一袋分ぐらい拾ってきた。このぐらいあれば皆にも少しは分けられるかなと。



学校ではぼちぼち、インフルエンザの人が出てきました。
うちの子も鼻水止まらない状態で医者に行ったけど、発熱も無いのでとりあえず薬だけ出してもらって様子見。いつもより食欲は低め(といってもご飯のおかわりをしない程度)。スイミングも先週は欠席。親も子も、少しポーッとする時間も必要なのかなと思ったり。でも学校ではボーッとしないでいてほしいし、先生も甘やかさなくていいんですよ?どうも先生方は甘い。甘すぎる。幼稚園じゃないんだからさー。
←ちょっとふまんがあります



それにしても。

先週授業参観で社会科を見たのですけど、グラフを見て輸入先の国を白地図に塗るという作業で、私も細かい位置はかなり怪しいけど、南米なのか東南アジアなのか、なかなか目当ての国が見つからないものなのですね。
先生いわく都道府県はほぼ大丈夫ということですが、別のクラスの保護者の方が言うには「都道府県だって相当怪しい子供も結構いる」とか。その辺は出来てる子供とそうでない子供の差がありすぎる。必ずしも塾に行ってるから出来るというわけでもないみたいだけど。

後で忘れちゃってもいいけど、いま勉強してる部分はとりあえず覚えとこうね、と思いました。

AD

11月の積雪

テーマ:
東京の11月の積雪は54年ぶりとか、さすがの私もたぶん生まれて初めてですわ。都民じゃないけど!
神経痛も昨日の痛みは異常。スピリチュアルではない考えの私としても、気圧と体調の関係を想像せざるを得ない。


9時半頃の車の様子。
今日点検の予約を入れていたのだけどノーマルタイヤはキャンセルして正解でした。

最近の高齢者の自動車事故多発で、「いつまで乗れるか」という話をよくしてます。
親の様子を見ていると、せいぜい60代で終わりかなと。自転車も危ない。60代は若々しいですけどね、その年代より前のうちに動けなくなる時の備えを考えておいた方がいいなと思っています。私が自分の親の様子を見ていて思ったことです。
この車で生涯を終えるのか、あと何回か買い替えの機会があるのか。一日一日を慎重に、そして大事にしないとね!



今朝の新聞。
幸せになるために、本人も保護者もすっごく努力してると思うのですよ。それは障害の種類や軽重に関わらずなのではないでしょうか。まぁ最近ではそもそも「健常」とはなんぞやと、健常という状態にも疑問を呈している人もいましたけどね。
己を知れば的な?孫子かよ。
孫子といえば中国ドラマの「孫子<兵法>大伝」面白かったです。









AD
今月は行事が続いておりました。


前回書いた歩く遠足、翌週は郷土かるた大会の予選、そして学校の持久走大会。
あと町内の子供会関係の打ち合わせもありました。

まずかるた大会の予選は、うちの子は団体戦の補欠みたいなメンバーでしたが、試合に出させてもらって何枚か取れたということで、チームに迷惑かけなかったようで良かったです。
チームは本選出場を決めましたが、当日は用事があるので同級生に代わりに出場してもらうことになりました。チームの皆さんありがとう。

私も予選は個人戦の審判をやりました。審判やってると子供の様子は見られないのですけどね…。
合間合間に子供の様子を見に行ってポーッとしていると「ダラダラしないで」とか声を掛けました。そういうのが普通の子より手の掛かるところなのですよね。


持久走大会。
運動会の後からちょびちょび練習させてきましたが、なんとか真ん中より後ろめの順位で完走。1500は結構長い。私も小学生の時は完走がやっとでしたもの。ガツガツ毎日走るようになったのは中高の部活からですから。

日頃スポ少等で鍛えているお子さんには影も踏めずな感じですが、最初から最後までちゃんと走ってくれて、親としては嬉しかったです。
あと高学年にもなるとゴール前の競り合いにキャーキャー盛り上がったり、遅い子にもガンバレガンバレと励ます様子が実に微笑ましかったです。


子供会関係…委員長以下、それぞれ介護があったり結構多忙なので、いろいろ行事は簡素化したいなと…今年度はいいんじゃないかなと。それじゃイカーん!というご意見が出たら次年度以降に考えて頂ければと。そんな感じ。


で、諸々終わって今週末は実家滞在中。
掃除やら犬の世話やらいろいろやっております。あとらくらくフォンの不具合を問い合わせ電話掛けて直してやったり。

老人はいろいろな事が出来なくなるのだなぁと思いながら過ごしております。




なーんて書いてたら実家の二世帯同居の兄上が海外出張から帰ってきた。



パッケージは既にクリスマス仕様。お土産のお菓子はあっという間に食べられていきました。
AD

時間差で疲労が出る年頃

テーマ:
11月。
日本スリーデーマーチという三日間歩くイベントがありまして、今年も参加しました。
私は一日目10キロ、二日目20キロ、三日目10キロ歩きました。
三日目は子供が足が痛いと言ってギブアップしたので私だけ一人で歩きました。自分的には20は案外まだ余裕。

最終日はせっかく一人なので、他人のペースを気にせず早歩きで回るチャレンジをしてみようと思い、ガシガシ歩いてみました。昔の友達でランニングを趣味にしている人が何人かいるのでちょっと真似してみたわけですが、歩くだけでもなかなかキツかったです。そして三日間歩いても体重が1キロも減らないって意味不明。気分が爽快だったということでヨシとします。



のどかな秋の景色って感じ。


初日のスタート地点にいた、なすび。

この時スマホカメラが固まってなかなか起動しなかったのですが、この姿勢でずっと待っててくれたのです。
いい人!
懸賞生活ずっと見てたけど、その後は「山登りしてるんだー」ぐらいにしか見てなかった。
これから応援することにしたわ~\(^o^)/



ウォーキング後はあちこちジンワリ疲れを感じていますが、思ったほどでは無いです。運動不足なのでこれで終わらず、少しずつ体を動かそうかなと思います。



スマホの不具合が直って…

テーマ:
今月、スマホの具合が悪くて何かと不便をしておりました。
画面の一部がタッチに反応しないのです。ウイルスにやられたと思ってアプリを削除したりいろいろやってみましたが、結局本体の不具合ということで、同等品と交換しました。

ショップも混み合っていて長時間待つことになったりしました。(これが嫌なのね!)

しかし、やっと新しい機械(リフレッシュ品)になったら快適になりました!

それにしても、いろいろアプリやデータを消したら気持ちが良いこと(断捨離ってこんな気持ち?)。このまま何も持たない生活に移行できちゃうかも…なんて一瞬考えた。
でもメール等も復元出来ちゃって、妄想も終了。ハイスコアが消えてしまったゲームもまた入れちゃったり(デイリークエストとかあると毎日やっちゃうのね。ばか。。。)。




前回「家庭科で作ったナップザック」。表と裏は柄が違います。宿泊学習で使ったそうです。その後は自由に使って良いみたい。(いつ使うのか?)



水泳も合格しました~\(^o^)/

苦節二年(笑)
クロールのクラスから背泳ぎに進みました。子供を入会させたときに「あ、あの人もやってるんだ」と思った人が背泳ぎのクラスにいました。曜日が違うようで、時々振替で一緒になるぐらいしかお目にかかれない方でしたが、「うちの子も同じぐらい出来るようになるといいなー」と思っていました。ついにそこまで到達できたと思うと感慨深いです。
先日お見かけしたその方は上級の黒帽子になっていました。努力の賜物ですな…。

宿泊学習

テーマ:
明日から宿泊学習です。
主に山歩きとキャンプファイアとカレー作り。




荷物を自分でリュックに入れさせたら
「入らない!」
「チャックがしまらない!」

等とバタバタしておりました。
女子はやはり少し荷物が多いです。

(弁当も入れるのに…もっとギューギュー詰めてください)


しかし頑張って行ってきたまえ。
帰りも自分でチャックをしめてきたまえ。
(*´ω`*)



家庭科で作ったナップザックを宿泊学習に持っていきます。
運動会後の短い期間に作ってきました。

最近は、ナップザックの製作キットを学校で注文を取って購入するのですね。
生地屋で必要な物を買ってこい、みたいなことが無くて楽でした。

完成品の写真を撮ってないので、いずれ機会があれば。


運動会

テーマ:
運動会、今年も無事に終わりました~
午後から雨の予報でしたが、プログラムを繰り上げたり休憩時間を無くしたり、どうにか雨の降りだす前に終わることができました。

前日は雨の中お当番を仰せつかり、どんな大変なことかと思ったら、物置から荷物を運び出すだけで終わって助かりました。

当日もちょっとしたお当番がありましたが、言われたことだけやっていれば良かったのでそんなに負担ではありませんでした。

子供も高学年になっていろいろな役目もあったようですが、それなりにやり遂げたようで良かったです。

あと、運動会の歌の演奏とか。よくやっていたようでした。
徒競走は!相変わらずの遅さでしたが、よく走ってました。

いま何かと話題の組体操もありました。一応「大丈夫なの」「安全に配慮しているの」みたいな話は先生には個別にしてあったのですが、「安全」を考えた構成があれだったんだなぁという感想。ただでさえいろいろな行動に心配のある我が子のこと、倒立を支えるのだって実際は心配でした。正直私は感動よりハラハラが上回っていました。思うところもいろいろあるのですが、ともかく事故もなく無事に終わって本当に良かったです。



――――――――――――
で、洗濯物がなかなか乾かない天気に逆戻り、と。

三日ぐらい続けて雨の心配をしない気候になってほしいです!

還暦祝い

テーマ:
某先生の還暦お祝いパーティーに馳せ参じる。


そして還暦記念論集を手に帰宅したところ、

「そういうの(還暦記念論集)はそのジャンル以外では無いのかね?」

みたいなことを言われて検索したら、案外、他の文系学部でもポピュラーでありました。なるほどなるほど。

が、兄は理系であんまりそういうのを本棚に並べていないので、文系に多い習慣なのかなと。

私の属するところといえば、還暦、古希、叙勲、退官、そして追悼と、事あるごとにまとめられるけど、価格的にはお安めなものが多いかもしれない。「○○学何号記念、○○先生なんとか記念」と学術誌と合体したりして。学生も買いやすい(買わせやすい)のも良いかもしれない。
でもバブルは遥か彼方に去り、内容はさておき同人誌の如く本を作り、売って、そして山のように買うなんてまだやってるのかな。


割りと近しい先輩が助教になられ学生を指導するようになって久しいけど、いずれこの方の還暦記念論集も準備されるのだろう。一緒にバカやってたバブルな学生時代を思うと想像もつかないけど(それでも彼は相当真面目な人であった)、大勢の中からただ一人そのポストを得られた先輩の長年の努力、忍従、その他、…まぁすごいわ。

どなた様もいつまでもご健康でお過ごしください。
(*´∀`)♪

伝記

テーマ:
雑誌は読むけど、それ以外あまり興味が無いようで、マンガすら手に取らない娘。

私なんかいまだにマンガに始まりマンガに終わるような、どちらかというと腐の3歩ぐらい手前な感じなのだけど、家にもゴルゴからブラックジャックやらエースをねらえ  や  ちはや  まで雑然とあるのだけど、こうも親子は別人格だとしみじみ思う。

この子はどんな本、どんなことに興味があるのかなと試行錯誤中。

夏休みに試しに「マンガ偉人伝」みたいな本を一冊買い与えたら、これは子供的に好評でした。それにしても。既にスティーブ・ジョブズが偉人伝に載るような時代なのですねー!
つい最近まで御存命だったのに。


昨日も、青い鳥文庫で「聖(さとし)の青春」という本を買って読みました。松山ケンイチで映画化されてまもなく上映だそうです。そしてこの方、私と同年代でした…子供用の文庫と思っていましたら、かなり読みごたえのある本でした。(「小学上級」とありますが、うちの子にはまだ難しそうです)

同年代の人が伝記になる年頃かと思うと、私も落ち着いた大人にならないといけないなと思います(笑)










自由研究

テーマ:
自由研究が終わったー!って、何故に親がこんなに疲労せねばならぬのか。誰がねぎらっておくれ\(^o^)/


テレビなんかは独創性豊かな子供がたくさん紹介されているけれど、そんな高望みはハナからしていない。とりあえず、日頃やらないことにチャレンジする、完成させる、提出させる、みたいなことになれば私としては良いのです。
(だいたい自分自身が夏休みの自由研究とかやった記憶がまるで無いのですよ。)


我が子の学校では、模造紙に清書するみたいな形の自由研究は一応高学年の必須みたいになっていて、実際は何枚でもいいんでしょうけど「書き方」プリントには「4枚にまとめる」とありました。
4枚なんか埋まらない~と思っていたら、実験とかしてないのに、案外文字が大きい上に字数が多くて、はみ出しそうなところをなんとか4枚で収まりました。

学校でも「総合の時間」などというのがあるのだけど、なにしろ支援学級でそういう時間を削って「独自の活動」とかやってたりするので、調べ学習の経験が同年代の子に比べて足りないと思うんですよ。
この辺をこれから補いたいところですが、日常の中でできるかしら。


[手伝ったこと]
一日目 図書館に連れていき、関連書籍にあたらせる

自分で探させる、読ませてる間に他の本も私が探して、なんとなく積んでおく

「これこれはどの辺に書いてあるかね?」等と要点を探させる

参考文献をメモさせる

下書きのノートに要点を抜き書きさせる


二日目 インターネットで関連記事にあたる

どんな言葉で検索したら良いか助言して、自分で入力させる

で、いっぱい出てそうな記事に誘導して要点をさりげなく読ませる

下書きのノートに要点を抜き書きさせる


子供のいないところで記事をプリントアウトして、図版になりそうなところをチェック。

引用したかった図版が私の能力不足により拡大印刷出来なかったので(笑)、白地図サイトでA3日本地図を印刷しておいたり、私が拡大してテキトーに書いておいてやる

参考文献があっちこっちに書き散らしてあったので、パソコンでまとめておいてやる→結局、これは大きめに印刷してそのまま模造紙に貼った。


三日目 清書
ノートの下書きそのままが大部分なので、本人に鉛筆で模造紙に書かせる。「てにをは」や文字の大きさは時々離れて見させて本人に確認させる。
消しゴムかけるのは半分手伝う。

四日目 清書
集中力の問題で一日で終わらない清書。
図版に色塗りすることだけで本人がいっぱいいっぱいで、日本地図の線の薄いところは私がペンでなぞってやる羽目に。
図版を模造紙に貼るのも私がサービス。

最後に消しゴムをかけるのを半分手伝う。


終わってしまえば「パパに見せる、後で自由研究発表会をする!」とご満悦。それでいいのだ!とりあえずやりきった感があれば!
(今回も中身の助言は全然しなかったけど、果たして全然手伝わないで完成できる日は来るのか?)

集中力が持続する子なら一日で終わるんでしょうけどねー




そういえば、同級生のママとスーパーで会った時に「終わらない!徹夜で終わらせる!」と言ってました。まぁその方は思うに「勉強してないしてない」と言っててやってるタイプ(笑)
うちの子は、そういう深夜零時を超える生活って、大晦日ぐらいしか出来ないんですけどねーヽ( ̄▽ ̄)ノ