「感想を言う」

テーマ:
暑いの苦手です…

連休明けからは、個人面談やら、学校公開日やら、ついでに地域の子供会役員の打ち合わせなどをしました。子供会の方は、夏祭りのこども神輿とかラジオ体操とか、そろそろね…あと、夏休みに何日か近所のスーパーで夕方に見守り活動をするらしい。私なんか大人なのに暗くなったら九割九分外出しないので、こういう活動が必要なのかよくわかりませんが…必要なんでしょうね。

先日某ショッピングモールのちょっとひとけのない場所で、中学生なんだか高学年だかわからない幼げな男女がタムロしてました。お店に行って何か買うみたいな目的のない様子は、他人から見るとやっぱりおかしいものです。




さて、先週子供と映画を観ました。
ズートピア(吹替)です。

評判通り、大人が観ても楽しめると思います。


で、子供に感想を聞くと「面白かった」と言います。



何が面白かったんだよ!



なので、「どんなお話だった?」みたいなことから聞いたのですが、なかなかちゃんと本筋を説明できずに苦労していました。
誰がどんな動物で、どんな名前だったとは言えるのですが。
そして困った挙げ句、後で読ませようと思っていたノベライズを本棚から取り出し、そこに書いてある粗筋を音読し始めました。

なるほど…問題解決策としては、よく気付いたものだと。

「自分のことばで言う」のはなかなか難しいものです。
でも、模倣から始まったとしても良いと思います。まぁ昔は「なんでそんなことも出来ないんだ?」みたいな気持ちもあったのですが、いろいろな子供と接することが増えてそんなことも思うようになりました。

今なら良い教師になれそうだ!ヽ(・∀・)ノ



オバマ大統領の広島訪問の一連のニュースは心揺さぶられるものがありました。
私が数年前に買った電子辞書にはオバマ大統領の就任演説の音声が入っています。
今回の広島での演説も、新しい電子辞書には収録されたりするのかな…と思いました。


AD

ゴールデンウイーク

テーマ:
ゴールデンウイークは私にとっては普通の三連休+三連休+週末です。

ちなみに私の兄上は6日(金)が出勤の七連休だそうで、お嫁様のご実家の別荘!❤!を拠点に群馬新潟方面に行ってきたようです。


お土産の豚ジャーキー!


前半の休みは、いい天気なのに子供がやや風邪っぽいのでお出掛けは近場の買い物ぐらいでした。

後半は私の実家。

母の買い物に付き合い、部屋の蛍光灯を交換したり、時計の電池を換えたり、みたいなことをまとめてやってます。

お嫁様より私の方が頼みやすいというのがあるのでしょう。あと、なんかわからんけど兄より私の方が「工具の似合う人」だと思ってるらしい。組み立て家具担当…。



母は持病があるのでお薬がいっぱい。
でも飲む方は自分で管理できているので家族としてはラク。

一割負担だけど毎月かなり医療費がかさむと言ってます。確定申告出来るぐらいになるらしいのだけど、目も悪いのでそんな大変なこと出来ない!と言います。もしかしたらもっと還元される行政サービスがあるのかもしれません。でも「やってられない!」と。そういう人もたくさんいるのだろうと思います。

世の中、マメで情報通で元気な人たち向けに構造化されてそれで回っているのかなぁと。その立場になってみないと気付けないことがたくさんあるのだなぁと思います。



バラが咲いた!ので、仏様にお供え。
AD

4月のまとめ

テーマ:
あっという間に連休突入。

4月は地域の子供会関係の打ち合わせでアレヤコレヤと会うたびにやってたものだから、


「なんか忙しそうだね」


等と言われる始末。

朝の交通安全の時間帯に会って配布物を受け取り脱兎の如く去り、後はメールでやりとりする(LINEではない)。
もう少しなんとかなりそうな気がするんだけど…

モチロン好きでやってるわけでなくて「なんとかして作業を、行事を減らしたい」という思いなんです、役員全員が。
それに対してどうも自治会の方は活動を盛んにしたい?みたいな?

個人的にはレクで浪費するならそのまま熊本に送金しちまえよ、という思うんだけどそんな勝手をするわけにはいかないのでお預かりしてます(←子供会会計担当)。


さて学校の方は子供も5年生になりまして、委員会活動も始まりました。家で言ってることが結構曖昧だったりするのだけど、初日にナニナニ先生がいなくても活動できたと言います。果たして本当に出来たのか?みたいな疑問を先生におうかがいしてみましたら、ちゃんとやってたというお返事。クラスメイトに助けられて一緒に活動させていただいて、無難に出来たようです。ヤレヤレ。




好きでよく読んでいた米原万里さん没後早くも10年。

ちょっと前に書評に出ていた芥川の歯車とその他短編を読んだのだけど、内容はさておき、難しいことをさも当たり前のようにさらっと書いていたりすることに気がついて、自分の底の浅さが嫌になるっていうかね。で、とっくに没年齢を超えていたことに気がついたりして。

米原さんが亡くなったのだって50代だもんね。今出来ることを今やろう。
ちなみに今日は米原万里さんのお誕生日だそうです。



AD

授業参観など

テーマ:
新学期始まりまして1週間。


授業参観がありました。
わずか1時間の授業しか見てないのに、妙に肉体疲労が著しいです。先週ぎっくり腰やってしまったし。ずっと立ってるって大変だー。

授業では今年度の学校生活の楽しみなこと、目標、心配なこと、みたいなことを次々挙げてみたり、自分の目当てを発表したりカードに書いたりしていました。

その後の懇談会はお約束の役員決め。

最近PTA活動についての意見があちらこちらで見られますが、我が校は割りと不公平感の無い合理的な役員決めで、今までに役員をやったことのない人がわかるようにカードできちんと管理されていて、そこから役員を決めます。何年か前の役員さんたちが、そういう仕組みを作ってくれたように伝え聞いています。

私は地区役員の役職により今年度だけ免除。もう今年度で既に2分の1の確率で当たってるので、来年度は更に確率高くなることでしょう。あわわ。


何にしても誰にとっても負担が少ない方向性になるとありがたいと思います。



支援学級の方も授業参観と懇談会がありました。
こちらは親子参加の調理実習的な。これも立ち仕事で結構キツかったけど、作ったものを美味しく頂きました。
新たに着任された先生方とお話もできて良かったです。

支援学級に高学年が多いということで、将来を見据えた活動をしたいというところも保護者と意見の一致を見るところで、先生方からすると口うるさい保護者集団なのだと思うのですけど、私なんかが思うには、お互いに尊重し合っていて意見を言い合える良い関係が構築されてるんじゃないかなと。


この学校って結構いい先生に恵まれてるんじゃん?




春休みに受けさせた音楽教室の試験に合格してました♪

日頃、普通に練習していれば合格できる内容ではありますが、やっぱり嬉しいものです。

まもなく新学期

テーマ:


実家に数日滞在して帰宅するとサクラが満開になっていました。

ライトアップされて、とてもきれいでした。

もう明日の雨で散ってしまうとか。



春休みは例年は、おばあちゃんを旅行に連れ出すのが恒例となりつつありましたが、今回は法事などもあって私が旅行を計画する気分ではなくて、やめました。

あと、おばあちゃんも足腰弱っているので、どういうところがお泊まりに良いのか、いろいろパンフレットを読んでみたけどネタ切れ感が…

ということで、実家でひたすら家政婦やってきました。



この犬の予防接種を頼む!と言われて獣医に連れていき、押さえ付けて全身毛だらけになったり…

娘が「お腹が痛い痛い痛い!」と夜になって吐いて苦しんだので救急車呼んだり…(結局消化不良みたいなことで、重病ではありませんでした)

何か特別なことをしなくても、春休みというだけで非日常なのだから、これでいいかな。


春休みに読んだマンガ…阿.吽、応天の門、文豪ストレイドッグス。

最近の流行りはこんな感じなのかフムフムと少しずつ読んでいます。(最近、細かい絵柄は目が辛い…)

我が家はかなりマンガがある方で、ジャンルもいろいろだと思っているのだけど、目の前で読んでいても娘はさっぱり興味を示さない。

そんな彼女の愛読誌はセブンティーン…貸してくれないのでどんなことが書いてあるのかイマイチわからないのです(それに、なんであんなに活字が小さいの!)。
何が面白くて読んでいるのだろう?


春休み

テーマ:
サクラは開花から満開までおよそ一週間とか。
下の写真は22日に数輪開花した様子を下沼で撮りました。
その後は下沼に行く機会が無く見ていませんが、上沼あたりを見てもまだバーっと咲いてる感じではないです。

この週は学校が短縮授業になり、まぁなんというか忙しかったです。


年度末は学校からいろいろなモノを持ち帰ってくる日々でした。
社会のテストはまぁまぁ良い出来でしたが、理科!本人も難しかった~♪等とお気楽な返事でしたが、数字としてはかなり悪かったです、笑っちゃうぐらい。
うーん。

終業式の日に迎えに行ったら担任の先生がちょうどいらっしゃったので「がはは!理科がダメで~」等と申しましたら、

授業だと答えられてるんですけどねー
年度の後半のテストは説明するみたいのが多くてちょっと書けなかったみたい。

といった主旨の話をお聞きしました。

あ、授業だと答えられてたんだ!
ならばヨシ!
(ヨシでもないけど!)

その場で文章をひねり出すのが難しいなら想定問答集を作って模範解答みたいのを丸暗記するっていう手もあるかもね。
(その労力たるや想像するだけで気絶しますわ。やりませんよ!)


でも通知表見ると、そこそこ頑張りがわかりました。よくできる、できる、もう少しの「よくできる」はポチポチ、「できる」も結構あるじゃん~(もう少しも幾つもあるけど!)
支援学級の割りには、やるじゃん。普通の学級の理科社会に出張していってこのぐらい出来るなら上等。

あと、何事にも意欲的に取り組んでいます、っていうコメントが超うれしかったです。
やらされてるとかじゃなくて、出来が悪いなりにも本人の頑張る姿を認めて頂いているんだなーって。

学校の先生方、介助員の先生方、本当にありがとう。←なーんて書いても先生の目に触れることは無いでしょうけど、感謝してます。

来年度も親子で謙虚に努力しよう。


あと、今日は音楽教室の試験がありました。ジュニア上級科という、学年相応に進級してきたクラスの試験です。

いつもの教室ではなくて、よその場所にある教室に試験を受けに行くのです。
時間にして15分間ぐらいですが、これもよくやってた。待合室に漏れ聞こえる音に耳を澄ますと、中には「およよ」な演奏もあるのですけど、我が子の、2曲弾く課題はほとんどミス無しに聞こえました。

やるじゃん。
これも本人の努力の賜物ですな。
来年度も続けると言うから、引き続き頑張って頂きたいものです。

あと、スイミング!
これはクロールの入り口でまた留年ですわー。でもこれも、毎月微々たる進化を遂げているのが、母にはわかっておりますぞ。

ひなまつり

テーマ:


たまには和菓子かなということで、桜餅を買ってきました。

私は小さい頃は「和菓子ちょっと苦手…」な感じでしたが、娘は案外なんでもイケるクチなので、桜餅も葉っぱごとペロリ。

でも信玄餅はちょっとゴチソウサマでほんの一口でサヨウナラだったので、今日のおやつの三色団子は食べられるかどうか。苦手のポイントがイマイチ不明。
でも「苦手」も年齢と共に変わっていくので、信玄餅もそのうち食べられるようになると期待。

桜餅だけにしようと思ったけど、どうにも三色団子も食べたくて食べたくて…

高校時代のお友達で何でも作っちゃう人がおります。和菓子屋さんで売ってるような和菓子も。すごいわー







こちら学生時代のお友達が何年か前に銀座で展覧会をやったときに出していたスズメの土鈴とお団子♪


造形に長けた人って素晴らしいです。

もうマジ尊敬。

三学期終盤

テーマ:
だいぶ日記の間隔があいてしまいました。

学校では今週インフルエンザが蔓延し、学級閉鎖が3クラス。隣の中学校では三週間ぐらい前に学級閉鎖が出たと聞きましたが、忘れた頃にキターって感じ。

そんな中でも授業参観と懇談会は終わりました。

四年生の最後は保健の授業でした。この時期の体の変化について。
導入としては良い時期、良い内容だったのではないかと思います。それにキャーキャー騒ぐことなく結構みんなマジメ。


懇談会では先生いわく、穏やかなクラスでやりやすかったようです(そうでしょう、そうでしょう✨)。
噂で聞く範囲で問題が無いわけではないけど、比較的少ないというのは他の学年の親の話等を聞いていてもわかりました。

課題はいろいろあるとは思いますが、とにかく落ち着いて年度末が迎えられそうで良かったです。



今朝の夜明け前の雪!
降るって言ってなかったし~

お葬式

テーマ:


お葬式がありまして、

家族で参列したのです。


小学生の娘の手持ちの黒い服が、小さくなってパッツンパッツン。
今後法事もあることも考えて新調しました。

レディースの9号です←まだ兼用できない


中学生なら制服なんですけどね。まだまだ小学校生活は長いので…


?黒いバッグも要るのか?とすっごく考えたのですが、中学生でも使うの?とか、ん?ん?ん?で今回はちょっとやめておきました。ちなみにお数珠は大人になっても使える用のを買ってありました。これもいざ買うとなると結構悩んだんですよ。


娘は結構頑張って、いろんな人に挨拶し、お辞儀をし、物静かに過ごすことが出来ました。


入学式で立ち歩いて「前途多難」の四文字に唖然とした時から比べて大進歩。両親が挨拶などでそばに居なくても、こういう場面できちんと出来て故人も喜んでおられるでしょう。南無南無。

新年

テーマ:
明けましておめでとうございます!
(今ごろ~)


学校や習い事も始まるにあたりまして、娘に言い聞かせました。
「新年の挨拶するんだよ!」
「いったい何て言うのかね」


明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします。


よろしい。では問題ないね…



でも問題がありましたのよ。
日頃しゃべったこともない人たちに突然「明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いいたします」とやっちまった。

大人はいいんですけどね。
同年代の女子なんか「(日頃しゃべったこともないのに)急に言われちまったよ…」的な怪訝な顔をされるなど実際コソコソ言われるなど…完全に「変な人」としてさらに刷り込まれちゃった感じ。


子供の世界は厳しいところです。



そういう場面の空気読めよ的なところがね。



でもね、挨拶しないより全然マシと思うことにした。


4年にもなると大抵の知り合いの子たちは私に対して丁寧語を使うようになってくれたし、目が合えば挨拶や黙礼もしてくれるのです。

逆に出来ない子に接すると

「そろそろ覚えろよゴルァ(  ゜д゜)」

みたいに思います。そんなことは言えないので、逆にこちらから丁寧語でしゃべってやったり。

始業式の日にも突然近寄ってきて本題から話し始めた子が居たので

「明けましておめでとうございます!」

と言ってやったわい!

でもちゃんと言ってやるのが親切かもしれないかな。




まぁ、大人でもね。自分自身もね。

今回車の購入にあたっていろんな営業さんたちとお話をする機会がありましたが、

「ボクのおばあちゃんがー」

と何度も言う人が居たのです。


おいおいボクのおばあちゃんがじゃねーよ、そんなにアンタと親しくねーよ。
第一、ワタシはお客様だろ!

と思いつつも、

「あら、○○さんのおばあさまは△△でいらっしゃるの♪」

等と慣れない言葉遣いで応じておりました。

コイツは新卒だ。まだ20代前半に違いない。許す。


と思ってたんですけどね。
ある時彼は可愛らしい赤い車で我が家に届け物をしてくれた。

「あら、可愛らしいお車に乗ってらっしゃるのね!」


「ボクこの車長くてもう十数年なんです」


ハァァ?
18で車買ってたとしても、もう30過ぎかよ!
おばあちゃんなんて客に対して言ってるんじゃねーよ!www


まぁいいよ。許す。心から許してる。(笑)


実家の犬が初めてお腹を見せてくれた!