喜の国の子育て

子育てってむずかしいですね


テーマ:

今週末、新入園児保護者会がある。


今日のおたより帳に


「保護者会で長女ちゃんのスモックを参考品にさせてもらいますので、
 洗濯は園でします。」


とあった。


長女のスモックの飾りつけは、
市販のアップリケを縫い付けただけで
手の込んだものではないが、


園のお約束に忠実で
ベーシックなつくりが参考品としては良かったのだろう。


手芸上手なママは、
スモックにレースやパイピングをほどこしたり、
手の込んだ刺繍をしておしゃれな作品に仕上げている。


長女のスモックは、
そこまでがんばらなくても この程度でいいんだー と
新入園ママを安心させるものになるだろう(^^)


それでも「園推奨品」にされたようでちょっとうれしい(^^)



1年前は これからはじまる幼稚園生活に
長女以上に胸をふくらませてたっけ。


とても前のことのように感じる。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、お友だちママのリゾートマンションで
鍋パーティをするとのこと。


お家だったら赤ちゃん連れでも大丈夫かなと思い、
産後初めて 子連れで参加した。


双子を連れて行くのは大変なので、
双子妹は実家でみてもらい、双子兄を連れて行った。


久々に会えて、話に花が咲く。


子育てのこと。
毎日の生活のリズムのこと。
気分転換になにしてる?
かつてこんな仕事してました。


などなど。


独身時代にかえったような気分で、はしゃぎすぎたかも。


長女を延長保育に預けていたので、
デザートのケーキと紅茶もゆっくりいただいて
私だけの時間をすごせた。


連れて行った双子兄は、眠りたいけど眠れない状態で
一時ぐずったけど、一通り暴れるとパタッと寝付いた。


預けていた双子妹は、
「ここは家じゃない。ママもいない。」
というのを察知した様子で、


寝かせると悲しそうな顔で泣き、
あやしても全然笑わなかったそうだ。


実母は
「双子妹ちゃん、かしこくなったねぇ。
 今度は双子ちゃんの家でみるからね。」
と言ってくれた。 ありがとう。



赤ちゃんだけど、もう家やママに愛着がでてきたんだね。

ごめんね。


でも時々ママにも時間をくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

保健所にて定期健診。


ジイジに番号札を取っておいてもらい、
受付時間にバアバと双子を連れて行った。


その後、ジイジは長女のバスから迎えるため
自宅に帰ってもらう。


連係プレーのおかげでスムーズにできた。

感謝!感謝!


■ 双子兄


体重 7270g
身長 65.2cm
頭囲 43.1cm


■ 双子妹


体重 6280g
身長 64.8cm
頭囲 41.4cm


■ 検診結果


2人とも問題なくスクスクと育っている。


2人とも成長曲線の真ん中あたりの大きさ。


首すわりも完全になるのは時間の問題とのこと。
しっかりと自分で頭を支えられているから大丈夫。


双子兄の頭の形は 後ろのほうに出ているタイプで
日本人には少なく 外国人タイプだそうだ。


なんだかカッコイイ。


■ BCG接種


左腕にワクチン液を数滴たらし、
ハンコ型注射で思いっきり押す。


もちろん大泣き。


特に双子妹は眠りかけていたところだったので、
モーレツだった。


バアバに担当してもらった双子兄は強い力の足で
暴れていたそうだ。


ワクチン液が乾くまで しばし 接種後の説明を受ける。


これからも色々 予防接種を受けなきゃね。


■ 会場の様子


1組 双子ちゃんを発見!


ママとおばあちゃんで双子を抱き、
小学1年生の男の子を連れてきていた。


話せば、同じ病院で産んでいた。


もっと語りたいわ と思いながらも
少ししか話せなかった。


でも 同じようにがんばっているママが近くにいるんだ
って思うとうれしくなる。


長女のサークル仲間のママも3人目の赤ちゃんを連れてきていた。


双子とも仲良く遊び仲間になってくれるだろう。


もう少し大きくなったら 赤ちゃん広場にも参加して
子育て仲間を増やしたいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

パパと長女がサーカスを見に行った。


空中ブランコやアクロバット、ピエロのショー、
犬の曲芸を見て、楽しんできたようで、
うれしそうに話してくれる。


私もちょうど幼稚園児の時、サーカスを見たのを覚えている。


とても華やかで、人間離れした技にウットリしたのと同時に、
ハラハラした気持ちもあり、ちょっぴりこわかった。


私の中でサーカスは「レトロ」なものだ。


1970年代生まれの私の記憶には
「レトロ」なものが結構多い。


私の中のレトロなものを覚え書きしておこう。


■ ちんどんや さん


幼い頃は、よく「ちんどんや」を見かけた。


ピエロの扮装や白塗りで着物を着ている人たちが
太鼓と鐘を「ちんどん」鳴らし、
アコーディオンや笛などで演奏しながら、
ゆるりゆるりと練り歩いて 商店街などの宣伝をする。


出会うと「ヤッター!」というほどうれしいんだけど、
何となくこわくて母の後ろにかくれて見ていた。


■ 紙芝居のおっちゃん


小学生の頃の楽しみに、紙芝居があった。


紙芝居が公園に来ると、おっちゃんに雇われた子どもが
拍子木を鳴らして、町内を歩き、
紙芝居が来たことを知らせてくれる。


高学年の男の子たちは、
必死でおっちゃんの助手になりたがっていた。


拍子木係と、アイスの蓋を開ける係、
子ども同士の揉め事の仲裁役なんかもしていた。


その報酬は50円か100円券だったんじゃないかな。


まず型ヌキ(50円)を買い、型を抜く。


形によってレベルが違い、

難しい型が抜けたら100円券がもらえた。


失敗しても包み紙でお菓子がもらえる。


うすやきせんべい(ソース、アイス、チョコ、バター)
水あめ
田楽こんにゃく
すじ煮


お菓子を一通り売ったところで紙芝居のはじまり。
もちろんお菓子を買わなくても見せてくれる。


紙芝居は、コント・怪談・アクション系。
おっちゃんの語り口調が味わい深い。


知育系もあって、
一面に赤い丸、黒い四角、緑の三角などが書いてあり、

「ハイ!この中に赤の丸はいくつ?緑の三角ゥ~?黒の四角ゥ~?」
と問題が出され、正解すると10円券がもらえる。


同様の数字の足し算なんかもあった。


「小さい子は前に来て!これは小さい子への問題ね。」
なんておっちゃんはやさしかった。


このおっちゃんは後にあたたかい紙芝居屋として
新聞で紹介されていた。


商売抜きで子ども好きのいい人だった。


私がはたちの時には、おっちゃんはまだ健在で
公園で見かけたが、それ以降は見ない。


■ 近所のストア


その頃、スーパーは数少なく、
小売店が集まったストアで買い物していた。


品物を作っている店先で小売しているようなストアで、
豆腐なんかは水をはったステンレスの水槽から
すくって入れてくれる。


春になるとひよこがプレゼントされたり、
横の空き地に黒毛和牛をつなぎ、体重当てクイズをしたり。


その後、その牛は商品になるんだけど。


■ 公園で焚き火


定年したじいさんばあさんが集まる東屋では、
冬になるとドラム缶で焚き火をしていた。


ちょくちょく当たらせてもらったなぁ。


■ 秘密基地つくり


空き地に侵入してダンボールでつくったり、
塀に立てかけてある材木の下の三角の空間につくったり。


同級生の男子と取り合いになり、
お互いつぶしたりしてプチ戦争が起こる。


それも遊びでまた楽しい。



今思えば、それって違法?ってことも多かったように感じる(^^)


ちょっと不衛生だったり、危険だったり、残酷だったり。

でも全部楽しかった。


親からするとほとんど「してほしくないこと」だったろうな。


時代が変わってしまったから仕方ないけど、
あの頃と同じような楽しみがなくなったのは
ちょっと残念な気もする。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

この子たちはどんな女の子・男の子に成長するかな。


小学生になったら。

中高校生になったら。

大人になったら。


輝く未来を想像して あれやこれやと話するのは楽しい。


「双子兄は中学生くらいになったら
 たくましい男前になるんちがうかな?」


という私にパパが言った一言。


「双子兄ごときには負けられん!」


が 何だか可笑しかった。


パパは中学生になった時、すでに父親の身長を超えていたそうだ。


腕相撲をしたら 思わず勝ってしまった。


義父は昭和の人で、身長も体格も小柄な人だから
負けるのも仕方ないことだろう。


パパはその時、軽いショックを受けたのかもしれない。
(もちろんそれだけで父親を軽んずるようなことはないが・・・)


義父としても すでに体格的に自分を超えて
たくましく育った息子が誇らしくもあり、
また超えられてしまった自分に
一抹のさみしさを感じたのではないか。


その時 パパが受けた強い印象が、
「息子には負けられん!」という気持ちになったのだろうか。


息子に負けないために 体を鍛えるそうだ。


がんばれパパ。


そしてパパに追いつけ 双子兄!

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

双子の入浴はパパの担当だ。


1人ずつ、順々に入れる。


今日は、双子妹から入れた。


双子妹を入れている間に、着替えとミルクの準備をする。


双子妹がお風呂から上がるとタオルで巻いて寝かせておいて、
スタンバっていた双子兄をパパに手渡す。


双子兄の入浴中に、双子妹に服を着せて
リビングのバウンザーに座らせておく。


間髪いれず、双子兄がお風呂からあがってくる。


たいてい、先に出た子はバウンザーで泣いている。


今日は授乳の間隔が空いていた双子妹は号泣。


心は焦りながらも、双子兄のお世話をする。


途中、静かになったので、泣ききったか?と思い、
リビングに行ってみると・・・


さっきまで眠りかかっていた長女が、
双子妹にミルクを飲ませてくれていた。


ちゃんとガーゼをスタイ代わりに当てて、
双子妹用のミルク(量が少ない方)を飲ませている。


ミルクを全部飲んで双子妹はご機嫌。
長女もそれがうれしいようで、懸命にあやしていた。


飲んだ後は、私のマネをして
「えーと。今は夜やから黒いところに100って書くんやなー」

と、育児日記にミルク量を書こうとまでしていた。


風呂上りは戦争のようにバタバタといそがしい時間。


気を張っていた私は、ふっと力が抜けて、
うれしさと感動で、ホロリと涙がでた。


いっぱいいっぱい長女をほめてあげよう。


本当にいい子に育ってくれた。


ありがとう。ありがとう。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝起きると、長女の体や顔にじんましんが出ていた。


アレルギーは持っていないが、体力が落ちていたのだろう。
ひょっとしたらストレスもあるのかもしれない。


今日は幼稚園をお休みにした。


思いっきり赤ちゃん扱いをしよう。


お膝に抱いて、白かゆを食べさせてあげる。


自分も赤ちゃんになりきって、
「だーい。あーん。」と喃語のおしゃべり。


おかわりをしたら満足したように
自分から膝をおりて遊びだした。


午前中でじんましんも治まり、ゆったりとおうちですごす。


こんな時間に飢えていたのだろうか。


ごめんね。お姉ちゃん。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日、授乳の間隔が開くようになった。


日中は4~5時間くらい。


夜は、午後9時から朝6時くらいまでグッスリ眠っている。


双子兄のミルク量 平均180~200cc
双子妹のミルク量 平均140~160cc


母乳はその合間にちょっと吸わせる程度になってしまった。


それでも夜眠ってくれるのはとても助かる。


日中も目覚めていて、ご機嫌に1人遊びをすることもあれば、
あやしてくれ!と言わんばかりに甘えたぐずりをすることもある。


泣いてばかりだった新生児の頃にくらべると、
楽になってきた。


表情や反応も豊かで
あやせばあやしただけ 笑顔で喃語をしゃべってくれる。


長女もあやすと笑ってくれるのがうれしいようで、
よく相手をしてくれている。


双子もママの存在を認めてくれたようで、
私が声をかけるとひときわうれしそうな笑顔で答える。


赤ちゃんとの絆が強くなってきたのを感じる。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

4ヶ月になったら、股関節脱臼と斜頸の検診を受けるように
言われていた。


どちらも小児科医には見てもらっていて問題なかったのだが、
念のためにか整形外科医に見てもらうように指導されている。


実母に付き添ってもらって、検診に出かける。


長女も連れて行くので、なんともあわただしい。


診察室に入ってベッドに寝かせると、
看護婦さんの顔をみて満開の笑顔の双子。


股関節は、問題なし。
女の子の方がやわらかいようだ。


斜頸も問題なし。


「双子妹ちゃん、頭いびつになっちゃったね~」と言われる。


もう元に戻ることはないようだ。ごめんね双子妹。
せめて、反対側からあやすようにしよう。


診察時、双子妹のオムツを開けると、ウンチをしていた。


それまで患者用の丸イスに座ってくるくる回っていた長女が、
自分のポシェットからサッとポケットティッシュを出して
渡してくれた。


困っていたらサッと的確に手を貸してくれる
長女の機転のきいた様子に感動した。


ステキな女の子だね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

青空がきれいな日だった。


初めて私1人で長女と双子を連れて
公園までおさんぽに出かけた。


双子妹をスリングに、双子兄をベビーカーに乗せ、
ベビーカーを長女と私が押す。


車の往来が少ない道を選ぶ。


といっても家の前の通りが一番危ない。


大通りへの抜け道になっているのか、
結構なスピードで飛ばす車が多い。


子どもが成長したら一番気をつけなくては。


双子妹はスリングに入れた頃からスヤスヤ。

双子兄は目を見開いて、ワクワクした感じ。


公園でしばらく長女の遊びにつきあう。


今日、幼稚園で焼き芋大会をしてきた長女は、
木の枝を集めて、焚き木ごっこをして楽しむ。


馴染みの近所のママさんに出会い、双子のお披露目。


1月に近所に引っ越してきたばかりという
7歳の男の子と4歳の女の子のママさんとも
はじめましての会話に華が咲く。


双子兄が眠くなって ぐずってきたので、
早々に帰った。


やっぱり外に出ると気分転換になっていい。


私の気分も晴れて、
いつもよりテキパキと動けるようになった。
(ここ数日、もやもやと曇りがちな気分だったので・・・)


双子兄もおさんぽから帰ると泣きもせず、
スッと眠りについた。


久しぶりの公園遊び。

やっぱりお外は楽しいね。


あたたかくなったらおさんぽを日課にしようね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。