喜の国の子育て

子育てってむずかしいですね


テーマ:

お昼、高校時代の友人が遊びに来た。


彼女は、年中さんの男の子・1歳の女の子のママ。


ちょうどウチの子どもたちより1歳ずつ上ということもあり、
幼稚園生活や子どもの成長ぶりを一足先に経験している。


毎日の生活の流れがあるので会う機会は少ないけれど、
ママ仲間として心強い存在だ。


彼女自身、一卵性の双子(しかも美人姉妹)で
双子本人の気持ちみたいなことも聞きたかった。


「ウチの母親もこんなに大きなお腹で産み育ててくれてたんやな~!
 ありがとう!」

と間接的に感謝された私(^^)


彼女たち姉妹は昔から仲がよく、私はとてもうらやましかった。


でも、彼女が言うに、瓜二つに近い外見でも比較されたり、
お揃いの服でもピンク(女の子の王道色)はいつも妹で、
私はオレンジ(2番手)だったのがイヤだったなんて、
小さい(子どもにとっては大きいかな?)不満はあったそう。


今でも仲良しな姉妹を見ていると、
お母さんが彼女たちの不満を積もらせることなく
上手に育ててくれたのだろう。


今後も双子本人の体験談を聞きたい。



夕食は、会社時代の友だちと、タコ焼きパーティをした。

パパと共通の友人なのでみんなで楽しくおしゃべり。


最初はいつものとおり、チラチラ横見していた娘も、
すぐに打ち解けて、かくれんぼをしてもらったり大はしゃぎだった。


会社帰りの疲れているところ、娘のお相手してくれてありがとう。



この日、ほぼ1日おしゃべりし通しだった私。


興奮していて疲れを忘れていたけれど、眠るころになって
どっと疲れが出た。
(というか単に食べすぎだったのかもしれないけど・・・)


息苦しくなって、貧血寸前。
お腹は張るし、背中の筋肉がつりそうになった。


しばらくすると治まったけど、このまま産まれるかも・・・なんて
不安になった。


私が思っているよりも、妊娠が体に負担をかけているのだろう。
退屈すぎる毎日がちょうどいいのかもしれない。


でも!今のうちに楽しみたい!っていう気持ち。

小出しで楽しめばいいよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜の夜、急に39度の発熱。


今回は、機嫌が悪く心配だったので、夜間休日救急センターへと走った。


流行の病気でもなく単なるノドの炎症による夏風邪だった。
まずは一安心。


お腹にコロコロのウンチがあったようなので浣腸をしてもらう。
ウンチを出すと、一時的にスーっと熱が引いて元気になった娘。
(ウンチが湯たんぽのように熱を溜めるのだそう)


でも発熱の根本はノドなので、夜中にまた熱が上がってきた。


月曜日、熱は引いているけれども幼稚園を休んだ。


本当にカゼ?というくらい元気いっぱいの娘。

1日中 超・超ゴキゲンで、「明日も幼稚園休みやもんなー♪」と言っていた。


元気なのはありがたいけど、幼稚園へ行かないのはそんなにうれしいのか
と複雑な気持ちになった。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

寝る前にベッドの上で3人寝転んでおしゃべりしていた。


パパ
「娘もいつかお嫁さんになるんやなぁ。どんな人と結婚するのかな」



「やさしい いい人と一緒になって幸せになってほしいなぁ」


とつぶやいていると、娘がしんみりしてちょっと涙ぐんだ。


パパとママとずっと一緒にいたい娘にとっては、
さみしい話だったようだ。


そのままスーっと寝入ってしばらくすると、
急に娘が泣き出した。


「こわい夢をみたー。」と言って夢の内容を話す。


そして、
「パパもママもいつも一緒にいて。ギュッてくっついていて。
 私のこと離さんといてー。」
と言ってしがみついてきた。


こんなに愛しい娘もいずれ結婚して独立していくのだろう。


私たちの宝物の娘を大切にしないと絶対に許さないから。


恋愛中の私になにかと口を挟んできた実母の気持ちが
今になってよくわかる。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

学期毎に1回、クラス委員主催でお母さんたちの懇親会(ランチ会)が
どのクラスでも恒例で行われる。


みんな「集まりたいな」とは思いながら、段取りを進めるのが結構大変なので
こういう風に取りまとめてくれると、非常にありがたい。


初めて子ども抜きで集まる会。
ゆっくりとおしゃべりが出来そうで楽しみだった。


お座敷の鮮魚居酒屋でのランチ会。
席はくじ引きで決める。


お食事の前に、簡単な自己紹介。
子どものキャラクター紹介が主。


バスコースが同じだったり、娘の仲良しさんの子は
顔と名前が一致しているからよく知っているんだけど、
その他のお友だちは母と子の顔がつながらないので

なかなか覚えられなかった。


先輩園ママが言うに、同じバスコースの友だちは結束が固く、
3年間を通じて仲良しさんになることが多いようだ。


私は双子妊娠をカミングアウトしておいた。


そこかしこで話の花が咲く。


子どもの話、園バスの話、先輩園ママからは園行事についての話、
産院での出産話も話題にあがった。


みんな気さくな明るい人ばかりで、普通に楽しくお話できた。


あっという間におひらきの時間。

近々、再びランチをしようと約束して解散した。


久々に思う存分(まだ足りないくらい?)おしゃべりができて
楽しい時間だった。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

子宮低長 26cm
腹囲   89cm
体重   +3kg


母子ともに順調。


赤ちゃんは2人共、同じ大きさで週数どおりの成長。


1人は頭を下に、もう1人は横向きになっている。
横向きの子は、大きくなるにつれて、クルンと上か下に回るらしい。


性別は、男女で確定。
そろそろ本格的に名前を考えよう。


思った以上に体重が増えないけれど、
お腹はずんずん大きくなってきた。


夏至で夏日の今日、運転中に息苦しくなり耳鳴りまでしてきた。
軽く貧血を起こしそうな感じ。
もう遠距離の運転はできないなぁ。


妊娠するとホルモンの関係からか、女の人は美しくなる

って聞いたことがある。


確かに、肌の調子はよく、色が白くなった。
今までのファンデーションを塗ると、顔だけが暗くなってしまう。


娘(長女)を妊娠中は、スリムだったし20代の若さからか
可憐な妊婦さんだったけど、今は、妙に貫禄がついて、
多少のホルモンの魔法では「きれいな妊婦さん」とまでにはいかない。


まぁ元気だからいいとしよう。


7ヶ月を乗り越えると、8ヶ月からは管理入院になるだろう。

あと少し、大事にしよう。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末が楽しい分、月曜日はブルーな気持ちが増す。
その気持ち分からないでもないけれど・・・


今日も激しく登園しぶり。
「バスにはお兄ちゃんがいるからイヤ~」
と大泣きで、外に出ようともしない。


時間が迫って、焦った私の怒り大爆発3秒前に
パパが娘に助け船を出してくれた。


結局、バスには乗らずにパパが送ってくれることになった。


ハァ~私も娘も救われた気持ち。


「娘は男嫌いかな?」とパパが聞く。


いじめられたりいたずらされているわけではないようだ。


ただ、「今日も泣いてる~」とか
男の子同士がふざけて「うんち~おちんちん~」(失礼)
とか言い合っているのがイヤなのだそう。


なんて返事をしていいのか分からないようだ。


軽くあしらえるようになるのはまだまだ先かな。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

パパ実家お泊りの日。


妊娠7ヶ月になると外泊は負担になるので産前は今回で最後。


パパ実家大好きの娘は前日からリュックにいっぱい
お気に入りのおもちゃを詰め込んでいた。


義父母はいつも私に気遣ってくれるので、居心地はいい。


きっと親の立場から忠告やありがたいお説教など言いたいことは
色々あるだろうが、そういうことは一切言わない。


私たちの意思を尊重してくれているのだろう。
(言えば言うだけイヤがられるということが分かっているのかも?)


待ちかねていたおじいちゃんおばあちゃんに順番に遊んでもらう。

娘を散歩に連れて行ってくれたりと、うまく遊んでくれる。


その間、私たち夫婦は寛がせてもらう。


が!畳にコタツ机なパパ実家は、妊婦の私には辛かった。


上座の肘掛座椅子にふんぞり座るわけにもいかず、

ゴロ寝するわけにもいかず。
別室の布団に寝ても、畳に布団じゃゴツゴツするし。


帰る頃にはお腹がかたくなっていた。


オットマンつきソファとポケットコイルのダブルマットベッドが
いかに贅沢な優れものかと思い知らされる。


昔の妊婦は、和式の生活の中、手作業の家事に追われ、
舅姑から「病気じゃないんだから!」なんて責められながら

生活していたんだろうな。

(現代でもこういう家庭いっぱいあるかな・・・)


それに比べるとなんてお気楽な妊婦生活をしているんだろう。
ありがたいことです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

幼稚園に行くようになって、こんなサプライズのプレゼントを
くれるようになった。

父の日

パパの似顔絵つきの鍵かけ。


パパが帰って来るまでは、
「いつもありがとうって言って渡すんやで。」と張り切っていたけれど、
いざ面と向かうといつものはにかみさんになって、
「ママも一緒に言って~」と照れてパパに目をあわそうとしなかった。


パパも大喜びで、早速活用しているよ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、双子赤ちゃん3組とプレママ2組の参加。


あんよのできる男の子の双子はそろそろ目が離せない状態。


イスの上に上がって窓から外を眺めるのが気に入った様子で、
少し目を離しただけで、一人であっという間に台の上に上っていた。


ここでは3人の保健師さんがついてくれているので、

十分 目配りできるけれど、
家や公園でママが一人お世話をする場合は、
しっかりと予防線を張っておかないといけないなぁと実感する。


それでもイスやソファまで置かないわけにはいかないしなぁ。


妊娠6ヶ月後半になって、ようやく育児について考える余裕が
出来たように思う。


双子をほぼ母乳で育てているお母さんに会った。
(夜1回だけミルクを飲ませている)


生まれた時から2800gあったそうで、
生後11ヶ月にして8kgと健康優良児な女の子の双子。


双子にしては大きい!月齢にしても大きい方!


最初から、同時授乳をしているそうだ。


特に「母乳で!!」とこだわっているようでもなく、
自然に続けられている。


その人の話を聞いていると、同時授乳も母乳育児も簡単に出来そうな
気がしてきた。


気張らずに、自然に任せて母乳与えてみよう。


前回も参加していたプレママさんは私の1ヶ月先を行く妊婦さん。
とってつけたような大きなお腹になっていた(^^)


今まで、夜になると張っていたお腹が、朝から張るようになってきて、
張り止めの薬を飲むようになっているとのこと。


もうしばらくがんばってね!!!


「今度会うときは元気な赤ちゃん連れでね」と約束した。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

楽しみにしていた保育参観の日。


最近、毎日 園バスをいやがり、泣きながら登園している娘も
この日を目標にがんばっていた。


教室に行くと、すでに一遊びしたのか、汗だくの子どもたち。

髪の長い娘は一層暑苦しそう。
アップスタイルにまとめ上げておかなきゃね。


私の顔を見て大喜びの娘。


先生の作り方説明を聞くのもそこそこに、
浮かれ気分でおしゃべりしていた。


「参観」というより「参加」型で、
母子が一緒に、小麦粉から小麦粉粘土を作って
コネコネして遊んだ。


粉が次第にネバネバ、コネコネに感触が変わっていくのが
おもしろい。


夢中で形を作っているうちにお片づけの時間になった。


几帳面な娘はお片づけが得意で、「私が洗う!持っていく!」
とテキパキ動いていた。


その後、半円形にイスを並べ、先生がおたより帳を返してくれる。


これ自体が遊びの一つになっていて、
「いちごマークの **ちゃん」
「ロケットマークの **くん」
と節をつけながら先生が呼んでくれて、順番に受け取りに行く。


毎日聞いているうちに子どもたちはマークと名前を
リンクさせて覚えていた。


日々の積み重ねで、楽しく覚えていく。
これが学びの基礎なのかもしれない。


食堂に移動して、お待ちかねのランチタイム。


バランスよく、子どもが食べやすいおかずがいっぱい。
和食中心で、お味噌汁は必ずついてくる。


最近、手抜きが続いている私。
ごめんね。今は幼稚園で栄養つけてきてね。


ゆっくりながら、残さず全部食べた娘。


先生が言うに、無理してでも食べようとがんばっている時は、
少しがんばったら無理しなくてもいいよと逃げ道を作ってくれているそうだ。


真面目で自己主張しにくい娘は、自分を抑えて追い込んでしまう
ところがある。


遊びと遊びの間のふとした休息時に、「ママに会いたい」
泣くこともあるらしい。


娘なりに我慢していることも多いのだろう。


それもいい勉強かな。


一緒に幼稚園を楽しめてよかった。


出来れば、親がいない普段の状態を隠しカメラで見てみたい気もする。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。