乗鞍岳20170814

テーマ:

夏休みという事で、維持療法中ですが家族で乗鞍へ行ってきました。


自宅を4:15に出発、ほうの木平駐車場には6:45着。


{2DD2E472-2049-4EC2-9665-0C79CD8903FA}



準備して7:20のバスで畳平へ。

バスは並んだタイミングが遅かったため、座席は家族バラバラ。

補助席に座らなかっただけマシでした。


バスからは槍ヶ岳や穂高連峰、笠ヶ岳、御嶽を拝むことができ、テンション上がります。

ただ、持ってきたはずのアムノレイクを車に忘れると言う大失態。

朝のアムノレイクどうしよう…滝汗



気を取り直して、畳平を8:30出発。

剣ヶ峰へ向かいますが、その道中で子供が高山病にやられたり、ガレ場ザレ場でストップしたりと悪戦苦闘。


{188D3A7F-5004-4804-81EA-A54080FE6DCB}



とりあえず元気を持て余している双子の上と二人でダッシュで剣ヶ峰へ行き、すぐさま全員でゆっくりと下山。


{C43B02F9-CFB5-45CA-8605-D2E767057B59}

山頂での記念写真はコンデジで撮ったので、こちらにはスマホで撮った三角点を載せておきます。


下山時に子供一人が回復したので、子供二人連れてもう一山。雲がかかってしまい、寒かったです。


{3FE67225-71B0-44E2-BAE7-9B79B6E74DC4}



畳平へもどり、ほうの木方面のバスは長蛇の列でしたが、運良く3号車の最後尾一列を5人で乗れたので助かりました。


畳平駐車場で車にアムノレイクがある事を確認して、本日の朝の分を服用したのが16時。



ひらゆの森でお風呂に入り、のんびり帰ってきました。


8時間くらい間をあければいいだろうという自己判断で、日が変わる頃にアムノレイク2回目を内服。



アムノレイクの副作用、頭痛、筋肉痛、骨痛、全身のだるさ、薬疹といろいろありますが、毎日これら全てが出るわけではないですので、気合いと鎮痛剤さえあればなんとかなりますね(笑)


AD

外来受診20170804

テーマ:
1ヶ月ぶりの外来受診です。
初っ端からマスクを忘れて病院に来ていたという、抜けっぷりでスタート(汗)。

採血→診察→骨髄検査→診察のつもりでいたのですが、採血→骨髄検査→診察でした。

ビビリなぼくですが、骨髄穿刺針(骨髄検査用の注射針)を見たいと看護師さん話したら、「見ないほうがいいです」と…。

うん、知らないほうがいいこともありますよね。


とりあえず異常なしなのでアムノレイクの3クール目スタートします。


今回の血中値です。
カッコ内は前回値です。

白血球 4400 (3800)
好中球 2200 (1800)
赤血球 432 (427)
ヘモグロビン 13.1 (12.8)
血小板 12.0 (13.6)


ちなみにこの血液データはEXCELで管理して、OneDriveに保存しています。このEXCELファイルをデータソースとしてPowerBIでグラフ化しています。
PCでもスマホでもデータ入力できますし、グラフ参照もできるので便利です。

{2895C9DA-2F93-4385-8DC0-975A25565CF8}




院内放送で今月のがんサロンの事を放送していましたので、地域包括支援センターへがんサロンの事を聞きに行きました。
うちの病院のがんサロンは他院治療の方でも参加できるそうです。

また、10月には市民公開講座として血液がんについて血液内科部長先生の講演もあるようです。

この公開講座は時間の都合をつけて参加しようと思っています。


夜、子供たちと花火しました。

{323C2EE3-309B-4BE3-A8CD-CFA7ADAF28EE}



去年の緊急入院2日前に花火をして以来です。
今年は夏を満喫させていただきます。

海水浴行きたかったけどアムノレイク服用中は皮膚障害が出たときに日焼けのせいかわからないから止められましたので、やっぱり今年の夏は山という事で(笑)

AD

低山は蒸し風呂

テーマ:

来週末からアムノレイク3クール目が始まるため、急遽おひとり様を強行しました。


今回は初の寧比曽岳。

愛知県内では高い方のお山です。


地図でコースを確認すると登山口から山頂まではかなり短いのですが、寧比曽岳からお隣の筈が岳まで足を延ばすことで10キロ行程に早変わり。

今回はこのルートに挑戦。



寧比曽岳は眺望が開けて気持ちよかったです。ただ、山頂は22℃でしたが、とにかく暑い。


{5AF6E121-3BE2-4138-93FF-04A12BE4229F}


そのまま筈が岳へ向かいましたが、もう暑いのなんの。


{9B979D88-C2FE-4B8B-8DCA-E22B131BC76F}


山頂はそれほど開けていないので、三角点を確認して、すぐさま寧比曽岳へ。


あと、富士見峠から富士山が見えると聞いたので行ってみましたが、夏は木々が生い茂り何も見えませんね。

晩秋から冬には富士山が見えるのかな?


{A85324BC-E755-46B2-BC14-F81E7B90DB79}


寧比曽岳までなら、足の悪い息子も上げがれそうなので秋に連れてこようと思います。


帰り道に日帰り温泉があったのでお風呂。

汗を流してスッキリしました。



次回外来は泣く子も黙る骨髄検査付き。

当然ぼくも黙ります…涙

まだ5日あるので、少しずつ気合い入れておきます。

AD

がんサロンと明神山

テーマ:
先週から出社時間を早くして一人時差ビズに挑戦。
でも担当している複数のプロジェクトが同時期に瞬間的なピークに入ってしまい、早く出社しても日が変わる前にしか帰宅できません(涙)
しばらくはこの状況が続きそうですが、土日休めるだけマシだと言い聞かせて乗り切る予定です。


7/15に通う病院のがんサロンに初参加してきました。

セミナーテーマは免疫療法について。
講師は消化器内科の先生で、色々とためになりました。
まだまだこれからなんだと理解しました。

セミナーの後、グループトークみたいな感じで他の方とお話ししたんですが、血液疾患の方はいなかったです。
また機会があれば参加してみようと思います。


んで、7/16はいつもとは違う山へ。
子供達はついてこないと言うので、難易度を上げてみました。
自宅から車で2時間かけて登山口。
愛知県の奥三河にある明神山。


のっけから登山やめようかと思わせる風景(笑)
飛び込みたい…。

{6FD1F237-5140-4903-957E-6B0ED226D079}


ガンガン登ると巨岩にはクライマーさん達が!
スゲー!

{30CA1C6F-D7E4-4CC2-AE44-08440C298118}

この後、急登。
上がった頃にはヘロヘロ。
とにかく息が続かない(涙)

{62CAE53F-32F5-416E-B3F8-155FE71E10DE}


その先には鎖場やハシゴもあり、馬の背と呼ばれる短いですが見通しの良い稜線もありと、ホントに低山ながら楽しめるお山です。

{552825F3-DB00-49FF-8C60-DB1D4E36CEE2}

{78F52514-F9BC-4E37-B215-0F65837286C9}


山頂まで上がり、一息ついて、すぐ下山。
とにかく汗の量がヤバイ。

{99205C0F-FFD4-4ABF-B71D-D5CA8706A053}


水は補給してもタオルしぼると普通にぞうきんみたいに絞れちゃう。

下山ルートは同じ道。
急な下りで後半は膝に痛みが出はじめたのでペース落としつつ、山ヒル情報もあるので休憩も少なめに。

{33CCD30A-2B94-40E1-8329-2D0BBABBB5F3}

やっぱり飛び込みたーい(笑)
汗だくなので気持ちいだろうけど、がまんして通過。


ちなみに自宅で体重を測ったら3キロ減(苦笑)
低山はやはり汗をよくかきますね。

ようやくこのくらいの山でもコースタイムより早く行けるようになってきました。
つぎはどこ行こうかなー

外来受診20170707

テーマ:
ライトスタンドではしゃいだツケの喉がれも一晩で回復して、今日は月一の検診です。
アムノレイクはまだ1ヶ月先なのでお気楽受診。

朝一番の採血後、こっそり病棟を覗きに行ったりウロウロしてたんですが、仕事のメールが届いたので内科待合から少し離れた椅子に腰掛けて返信メールを書いていると、何故か主治医の先生がすぐ横までお見えに。
どうやら呼ばれていたらしい…(滝汗)
診察室まで先生の後ろについて歩くのは何か悪いことをしたような気になってしまいます。
しかも初めてじゃないんですよねー、これ。



診察では、「何かお変わりは?」の問いに、足をピーンと伸ばすと足の小指が電気が走ったようにビリビリと痺れると伝えたところ、整形で見てもらうことに。

んで、整形へ行くと痺れの元は腰じゃなさそうなので、痺れの出る姿勢は取らずに様子見でとの事。


さて、今回の血中値です。
カッコ内は前回値です。

白血球 3800 (5200)
好中球 1800 (2900)
赤血球 427 (435)
ヘモグロビン 12.8 (12.8)
血小板 13.6 (17.2)
AST 24 (32)
ALT 34 (38)
γ-GT 79 (125)
中性脂肪 99 (66)

血球が少し下がってますが、気にするようなレベルじゃないと言うことですので、気にしません。

それよりもγ-GTが下がってる!!
お酒も週一で抑えるいるおかげですかね。