便秘の解消法:女性の便秘解消対策

便秘、されど便秘!女性に多い便秘。
月経、妊娠、出産、出産後、高齢時の女性特有の便秘。
ダイエットや肌荒れにも影響する便秘。
女性の便秘解消法とその対策についてお話します。


テーマ:

生理前の便秘


便秘の解消法:女性の便秘解消対策! 女性の便秘の原因には様々なものがあります。特に、女性ホルモンが関係し便秘が起こる場合もあるので注意が必要です。


女性には、月経前症候群(PMS、プレメンストリュアル・シンドローム)と呼ばれる、月経前の一時的な心身の不調があります。実は、女性の80%は、この月経前症候群の症状を一度は経験しているといわれています。


月経前症候群には女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロジェストロン)が関係しています。黄体ホルモンは、月経や妊娠など、女性として大切な機能に欠かせないホルモンです。


しかし、この黄体ホルモンには腸に対する作用もあり、これが原因で便秘を引き起こすことがあります。生理前になると便秘が起こる女性は結構多いです。



月経前症候群(PMS)


生理が始まる前に起こる不快な症状は、月経前症候群(PMS)と呼ばれています。PMSが起きるタイミングは、生理の2週間から1日前までです。排卵後、生理が始まる直前までとされています。この時期に起こる体や心の不快感には次のようなものがあります。


・便秘になる

・下腹部に膨満感がある

・下腹部に痛みを感じる

・下痢になる

・体がむくむ

・乳房が張って痛む

・頭痛がある

・肌荒れとなる

・吹き出物ができやすくなる

・腰が痛む

・疲れやすい

・とにかく眠い

・食欲が亢進する

・甘いものが欲しくなる

・情緒不安定となる

・イライラする

・落ち込みやすくなる

・不安を感じる


それをつらく感じるかどうかは個人差がありますが、心当たりの方も多いのではないでしょうか。人によっては、日常的に差し障りがあるほど症状が重く出る場合もあります。



排卵から生理までの体の状態


生理前の不調は、排卵と生理という女性特有の体のリズムが引き起こすものです。その原因は、排卵時に分泌が活発となる黄体ホルモンの影響があると考えられています。これは、無排卵月経の人にはPMSは起こらない理由によるものです。


黄体ホルモンが多い時は、体は妊娠している時と同じような状態になります。体のあらゆる部分に水分を溜め込もうとするため、体がむくんだり、乳房が張ったりします。また、吹き出物が増えたり、顔が脂っぽくなるのもそのためです。


生理前に便秘になるのも、黄体ホルモンが腸の動き(蠕動運動)を抑えることが関係しています。さらに、黄体ホルモンには、腸から水分を奪ってしまう作用があるため、腸内の便が硬くなって、便秘が生じます。


また、生理痛は、妊娠に備えるために子宮内部に送られる血液の量が増えるので、子宮のまわりがうっ血します。これが、腰のだるさ、下腹部の重さを引き起こします。


さらに、ホルモンバランスが大きく変化するために、糖の代謝機能が乱れることがあります。生理の前に甘いものが食べたくなるのはそのせいです。排卵から生理までの間、セロトニンやエンドルフィンなどの脳内物質の分泌が一時的に活発になります。ところが生理が近づくにつれて、その分泌が急激に低下するので、イライラや不安感を引き起こすのです。



PMSとの付き合い方


PMSも、生理中の不快感も、どちらも生理に関わるトラブルです。起こる時期が違うだけで、といってもいいでしょう。でも、生理の前や生理中ずっと調子が悪いと考えたら、調子がよい時期は1ヵ月のうち1週間しかなくなってしまいます。そんなのは冗談じゃありませんよね? すべては女性ホルモンが起こす「いたずら」と考えて、あまり深刻にならないようにしましょう。気にし過ぎると、よけいストレスになって状態が悪化することもあります。


これらの不調はホルモンのバランスをとることで妨げますので、生理の変調が起きる前から、健康管理につとめましょう。生理前、生理中の不調は、ストレスも大きな原因となります。適度な運動をしたり、友達とおしゃべりしたり、一人で何も考えない時間を持ったり、心も体もリラックスできるように工夫することも大切です。


体を気持ちよくさせる療法は、脳内ホルモンのバランスを整えます。それが、過剰な黄体ホルモンを抑制するので、PMSの状態を軽くすることにつながります。解消法を実践して、体を楽にしてあげましょう。


生理の時に激痛がある場合には、子宮周辺の病気が疑われます。急に痛むようになった、月経血が多くなった、おりものの様子がおかしい、というように、体からのサインがあるはずです。自分の体を観察して、おかしいと感じたら、お医者さんに相談してみましょう。放っておくと、症状が悪化する場合があります。



生理前の便秘の解消方法


★ 食事療法

生理前の便秘には、プレバイオティク効果に優れたイヌリン食物繊維やヨーグルトあるいはプルーンを利用してみましょう。


イヌリン食物繊維は、直腸瘤による頑固な便秘にも有効ですが、生理前の便秘に対しても非常に有効です。イヌリン食物繊維は、他の食物繊維とは異なり、腸内に生息するビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす作用が優れており、腸内の健康を促進して排便が停滞しないような腸内環境を作ってくれます。


ヨーグルトには善玉菌が含まれており、腸内環境を改善する効果があります。しかし、食べた善玉菌は胃酸の影響で死滅したり、あるいは消化酵素によって死滅したりして、大腸に到達する菌数は非常に僅かとなります。また、食事から摂取したこれらの菌は大腸に到達したとしても、大腸内で生着する率が低いため、腸内環境の改善効果はイヌリン食物繊維に比べて非常に低いとされています。


オリゴ糖も腸内の善玉菌を増やす作用があります。しかし、意外と知られていないのですが、オリゴ糖は善玉菌のみならず大腸菌などの悪玉菌を増やす作用も強いのです。一方、イヌリン食物繊維は、善玉菌のみを特異的に増加させ、その一方で、悪玉菌は増やさないという腸内環境の改善に優れた作用を有しています。したがいまして、オリゴ糖よりもイヌリン食物繊維を摂った方がより便秘に有効となります。


プルーンは、腸を緩くして便を排泄させる働きがありますが、その効果は、イヌリン食物繊維やオリゴ糖に比べて弱いものです。また、プルーンは食べ過ぎると逆に下痢となりますので注意が必要です。


カフェインは、PMSの症状を悪化させます。ですので、コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲料や食べ物は控えた方がよいでしょう。


★ 便秘薬の使用


生理前の便秘には便秘薬も有効です。特に月経前に一時的な便秘になるという人の場合は、便秘薬を服用する方が即効性があり、素早い解消が期待できます。ただし、毎月のように便秘になる人は、便秘薬の常用によって、段々と効果が現れなくなりますので、このような人においては、便秘薬の使用は避けるべきでしょう。


毎月のように生理前に便秘になる人は、食事療法による日頃からの便秘対策が要求されます。PMSからくる便秘は長く続かないとはいえ、やはり体にはよくありません。日頃からの食事にイヌリン食物繊維などの予防的な食習慣を加えて、腸の動きが鈍らないように、また便が硬くならないように心掛けましょう。


生理前の便秘には、イヌリン食物繊維がとてもよく効きます。便秘は、生理痛を悪化させますので、生理前の便秘は解消しておきましょう。

便秘の解消法:女性の便秘解消対策















水溶性食物繊維・サプリメント スティムフローラ-Stimflora
天然成分イヌリン食物繊維99.5%のタブレットタイプの食物繊維サプリメント

水に溶かさずそのまま飲めます。携帯にも便利。旅行先にもどうぞ。

http://www.stimflora.jp/


「リンク」

■ 便秘の解消法: 女性の便秘解消対策【目次1】

■ 便秘の解消法: 女性の便秘解消対策【目次2】

■ コロコロ便と便秘   ■ 慢性便秘の治し方・解消法

■ 生理不順・月経異常と便秘   ■  妊娠中の便秘解消対策   ■ 授乳中の便秘

■ 更年期障害と便秘   ■ 子供の便秘解消法   ■ 高齢者の便秘解消法     

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード