前にも書いたけど、日本史と地理が><、、

習ったはずのものから、そんなの知るかっ!ってものまで。。。^^;

昨日の問題


将軍吉宗の諮問に答えて著した「政談」の中で武士土着論を説いた人はだれか。


1.安井算哲 2.伊藤東涯 3.荻生徂徠 4.新井白石


この中で聞いたことのある名前は新井白石だけ。でも、引っ掛けっぽいので
2を選んだ。

が、、そう甘くない^^;


答えは3番。


読み方も知らないよーーーー


ということでお勉強。


読み方は「おぎゅうそらい」

では、政談とは?
kotobankによると「江戸幕府の支配体制に弛緩を生ぜしめている根本的原因を指摘し,当面の対策を論じて,8代将軍徳川吉宗に呈した意見書。」


元禄期のころから、貨幣・商品・市場の力が浸透して伝統的な人間関係が次第に薄れ、金銭を媒介とした短期の契約関係に変化した。また、商品作物の栽培と商工業の発展により、農民町人は裕福になった反面武士の生活は困窮。政治を根本的に変える必要が生じてきた。


参勤交代で武士が都市生活者となり益々貨幣・商品・市場の力が強まった。農村から武士がいなくなり、農村の治安が悪化。それを阻止し、伝統的な人間関係を取り戻すためにも武士は地元に土着し農民を守るべきだ。



余談
実はかの赤穂浪士が切腹することになったのはこの荻生徂徠の進言によるものとのこと。
「徂徠擬律書」という意見書を当時仕えていた柳沢吉保に書いた。
このことと、徂徠の貧乏暮らしを元にして「徂徠豆腐」という落語ができた。

http://ensou-dakudaku.net/znshu/tofu.htm

ここに書かれているので、興味のある方はどうぞ^^
ちなみにユーチューブで動画もあります。http://www.youtube.com/watch?v=4RyZsnSWEUM


ついでなんで図書館で

江戸の思想史―人物・方法・連環 (中公新書)/田尻 祐一郎

¥840
Amazon.co.jp

を予約しました。

読んだら感想アップしますね~。
AD