深川江戸資料館 解説ボランティア

年間約10万人のお客様をおむかえしています。一日にご来場いただくお客様数として、非常に多いときで700~800名、また洋書の旅行ガイド(一例ミシュラン)にもでていて年1000人ほどの外国人観光客もお迎えしています。

http://gendai.ismedia.jp/category/schduagert






etoile














資料館のボランティアblogとは名ばかりで一月前活動したきり11月は行っていません。それ以外にも書くことがあるのでこのまま継続とします。活動にいかないのは1)モティベーションの低下、2)風邪をひきそうなので寒いところに長時間いたくないこと、とりあえずその2点です。現状このような状態ではありますが、また月2回くらいの割で活動を行いたい、そう希望しています。




ペットと暮していますカメわんわんウサギ 




柴系ミックス、うさぎ2wa、小動物(カメ 金魚 )





と暮らしています。








       しっぽフリフリ    




Fukagawa Edo Museum is open weekdays and holidays sh


except, basically, the second + the fourth Monday of the month.


We are open from 9:30 a.m. through 5:00 p.m. (closing time)


Telephone inquiries are welcome; call 03-3630-8625 or


visit Website http://www.kcf.or.jp/fukagawa/index.html


Sound&screen effects performed two times in every hour at XX : 00


and :30. Special display for six local festivals are sprinkled from January


through September in addition to four seasons.






French Michelin guide de vert latest edition lists Fukagawa-Edo museum with one star!


ミシュランガイド (緑版) ジャポン に ☆一つ で 掲載されています。


”Fukagawa-Edo Museum”  ☆


10mn a pied du musee precedent 9;30-17h - ferme les 2e et 4e lundis du mois - 400\


Belle reconstitution du quartier Fukagawa qui flanquait la rive gauche de la riviere Sumida


au 19e s. Echoppes, entrepots et demeures quadrillent cet espace en bois dont une rue


mene jusqu'an port... ( 130頁:  「Michelin Japon」 より転載)




NEW !
テーマ:
署名にバカがついていると売れるのでしょうか。一般的にですが、タイトルに「バカ」という言葉をみかけると少々嫌悪感を感じます。

eブックのサンプル版の奥付けによると2014年7月31日に出版された本で
キンドルでサンプル版を読みました。前書きによると(略)...そこでテレビ局はジャーナリズムを放棄し、新聞や週刊誌のゴシップ記事をネタ元にして(略)... とあるのですが、今や大手の新聞もジャーナリズムを放棄しているとしか思えません。この部分も前書ですが、著者がインタビューをしたというテレビ局のエリート社員の言葉によると「それにスポンサーはバカからお金を巻き上げないとビジネスになりませんしね」とのこと。まるでオレオレ詐欺~It's me scam(イッツミースキャム)とおなじじゃないですか。乱暴な話ですね。


バカが多いのには理由がある WPB eBooks/集英社
¥価格不明
Amazon.co.jp
部分的に読んでみたいところもあるので、図書館で借りました。アベシの 日本を取り戻す 政策 (3章)でいわれた「3年間抱っこし放題」についても言及があるようです。なんだかずいぶん昔のはなしのような気がします。この著者、橘さんは1959生まれとありますが、作家というだけでプロフィールはよくわかりません。レビューでは上から目線が嫌だ、という内容のものが複数ありました。帰国子女かもしれませんね。単なる想像ですが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード