レキソタン

本当にわずかだが回復への道を進む中、

そのスピードの遅さゆえ、毎日の苦痛がどうしても我慢できない。

特に最近頭を悩ませていたのが頭痛だった。


何とかならないものかと医師に相談したら
薬を変えましょうという事になり

お守りとして使用していたカームダンから
レキソタンという薬に変更された。


この「レキソタン」との出会いが

今後の治療に大きくかかわっていくことになる。


早速夜に飲んでみたのだが、デパスほどではないが
症状が和らいだ。

じゃあ、デパスの方がいいやん。

と思ったが、この薬のすごいところは

長い時間効果が持続するという事だった。


デパスの限界時間でもある3時間は軽く突破し
体感では倍の6時間は持続した。

1日2錠までの服用が可能なため
うまく使っていけば不快感が少し消える。


頓服として出ていたが許容範囲をうまく使って
朝は少し我慢して12時ごろに1錠
そして19時頃にまた1錠飲むというパターンをとった。


病気が治ったわけではないが、緩和が見られた。

レキソタン、やるじゃねーかよ!

そういえば、薬の1錠の成分量を書いてなかったが

デパスは0.5.mgでレキソタンは5mg

デパスは最小でレキソタンは最大量。

ただ、薬は病気を治すのではなく

症状をごまかすだけ。


ごまかしている間に回復への道を切り開かなくてはいけない。

まだまだ先は長い。



AD