個室への移動を決断

テーマ:
当時の日記より抜粋


昨日、おとといと寝ずの夜を気合いで乗り切った俺。

朝イチで耳鼻科の先生が来られてすぐに診察。

今日もガーゼを最小限にしてもらい、先生に「朝から寝られる時に寝といて下さい」と言われた。
ようするに今日も寝れないって事(ToT)

今更遅いけど片方ずつ手術するべきやったー(>_<)

吸引の音が気になったので、個室に移り、言われるままに寝ようとしたのですが、あっと言う間に鼻水が溜まり、結局夜まで寝る事は出来なかった…。

さすがに3日連続で寝れないはキツい。

不安なまま時間は九時を回った。

そんな時に限ってテレビで「1リットルの涙」とかやってて「病気はどうして私を選んだの?」とか言ってるから、関係ないのにどんどん不安になっていくし(ToT)

やっぱり寝れない。
何度横になっても鼻が詰まる。
時刻は11時。
そんな時、父の言葉を思い出す。
父も実はかつて同じ病院で入院していたらしく、「何も考えるな」と言われていたので、鼻が詰まって苦しかったが無心でそのまま横になってみた。
すると…少し意識が無くなった。
ちっとは寝たか?

30分くらい寝たかな?と思い時計を見ると…なんと3時30分!!!!
4時間寝たーっ!!!
感動でした。
今日は行ける!
後は少しずつ寝たり起きたりで、ついに朝を迎えた。


この日は個室に部屋を変えたことが転機になりました。
あのまま相部屋だったらものすごいストレスだった事でしょう・・・。

そして4時間でも眠れたことが大きかった。

やっと前進といったところでしょうか。

しかし、苦難の道は続くのであった。

AD