摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。


テーマ:

 

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 

 

食欲中枢がバランス崩す~とか

よく私いうんだけど、

”食欲中枢”って、脳の中にあるんだよ。

 

ねずみのそれを壊すと

満腹を感じず、どんどん食べ続けるそうです。

***

 

今日は>前のページ のつづきです。

まだ読んでいない方はあっち読んでからこっちに戻ってきてくださいネ。

 

 

前の記事を読んで、

 

そっか~カロリーや食べる量減らすばかりがダイエットじゃないんだ~

同じもの食べていても

咀嚼も大切なんだなあ

 

・・・・・って頭ではわかったけれども、

 

よく噛もうとすると、

喉に流れていっちゃう、

 

なんて人はいませんか^^。
 

私が昔はそうだったので、

ここからはそんな人たちにもできそうな
「よく噛むコツ」を書きますね。


●まず喉はくっと閉鎖。

 

●前歯と、

前歯に近い奥歯を使って噛み、

舌の前半分で味わうようにしてみる。

 

●舌の上から”大幅に”

はみ出すほど詰んでも

舌は味わからないので、

舌の上に収まる量を口にいれましょう。

 

*飲み物がないと

 パンなど乾いたものが食べられない、

 っていう人は唾液で処理できないほどの量を

 一気に口に運びすぎかもしれません( ̄_ ̄ i)

パサパサしたものほど

少しずつ口に運べんでよく唾液と混ざるまで

かんでいるとしっとりしますし、

感じる甘みが増します《理由は前の記事参照》。

 

何回噛む、とかよくいいますが

数えてたらそっちに意識がいって

味わうことも楽しむこともできないので、

 

私はお口の中で粉々になって

美味しく感じるまで噛む

ようにしています。

 

 

噛むと美味しい??って疑問になる人は

まだ噛むことで美味しさが増すことを

知らないのかも~。


私はダイエット前の食べ方を振り返ると

噛まずに飲み物で流しこんでいたのですが

 

パサパサしてるからって

飲み物で流し込んでたら、
でんぷんが唾液と混ざって

麦芽糖に変わって感じる甘さがわからないのは当然です。

 

味の濃いものでないと

美味しく感じられなくなったりするのは

当たり前のことだったなぁと思います。

 

だからあの頃は、

 

バター、油、ホイップクリーム で

しっとり感をだした柔らかいものでないと

美味しいとおもえなくなっていたんですね・・

 

 

今でもそういったものも好きですし

「食べたたら太るもの」じゃないけど、

 

それ以外のものが美味しく感じられずに

そればかりを毎日毎日食べ続けていたら

 

・・・それはさすがに、太るよ(汗)。
 

 

だけど、

 

拒食の反動の過食期や

過食症の頃は、これはできなくて当たり前かもしれない。

 

だって、コントロールできない過食衝動は

必要あってでている「症状」なわけだから。

 

よく噛んだくらいでは
その症状がぴたっと止まるわけじじゃないけど、

 

○十分な栄養とカロリーを

  定期的に体に補給すること

 

○そもそも痩せること、食べることで曖昧にする必要のあるストレスを楽にしていくこと(←生き辛さ、対人関係テーマの記事参照)

 

と並行しながら

このページにかいた噛むことも

「心がけ」てできるときだけでもやってれば

今すぐ目に見える効果がわからなくても

いつか芽がでるときがきます。

 

 

私はね、治すときは

野菜過食も絶対ダメとしないで、

上手に頼っていたよ。

 

過食衝動が酷くて

なんでもいいから

ガンガン口に放り込みたい時

野菜をがんがんほおばることは許してあげて、

 

ご飯やたんぱく質のおかずは

”噛んでえられる美味しさ”を楽しむことにしたり。


大体かまずに飲みこんじゃっても
3回に一回は粉々になるまでよく噛むとか。

あなたも、今のあなたにとって
出来ることからしていけばいいのです。 

 

 

 

よく噛むことに限らずですが、

何事も完璧を目差して無理しないこと。

 

私も今でも、腹ペコのまま

やっと食にありついたときは、

前半はろくすっぽ噛まないで

飲み込みたくなっちゃうよ

 

(↑過食症じゃなくても当たり前

 

それはしょうがない、としてるので

かまずに食べちゃった、もうだめだ、、

今日は食べちゃえ・・・ってならずに


後半、食欲がスローダウンしてきたら
一口二口でもよく噛んで食べる美味しさを
楽しむようにしています。

 

 

暴飲暴食歴・過食歴が長い、

あるいは大食期真っ只中で、

”咀嚼による満腹中枢刺激”

が効かなくなってしまってる場合、

 

栄養不足の状態が長く

食べ始めてまもないとき

 

過剰な運動で脳が常に

飢餓の防衛反応としての過食信号を

出している時は、

 

咀嚼しようがしまいが、

時間をかけようがかけまいが

目の前のモノを平らげてしまう、

ってことになるかもしれないし

 

早く胃に入れたいあまり、

沢山口にいれちゃっても、

ロボットみたいに

早く噛んでヘンてこりんになるかもしれないけど

 

それでいいんだよ。

今すぐ効果がなくても、

食欲中枢がバランス崩す原因は

咀嚼以外にもあるよってだけのことだから

一つずつ満たしていってあげれば

大丈夫ってことなんだ。

 

食に関すること、

心に関すること、

これからも沢山書いていきます。

 

ポイントは
何事も

すぐに

はっきりとした

変化/結果を求めないこと。

 

今の努力の成果は半年後、1年後、

あるいはもっと先になっても

今の自分にできることを重ねていけば

確実に変化がわかるその時”がやってくるよ。

 

 

そして、

これも咀嚼に限らずですが

 

「絶対のルール」にせず

「心がける」程度がベスト。

ゆるーく、できるときに、できることだけ

断続的に続けるのがコツです。


また極端なダイエットにとびつかないでねー。 

 

 

最近の流行は、

水に油入れて飲むダイエットなの? 

そういえばにがりダイエットってもう聞かないね・・。


↓1回ずつクリックいただけると励みになります!!

 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです 

  ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 

 

 

 

右矢印摂食障害の方の

ご家族と恋人対象」の会

 次回の開催はブログ上で発表します。
 メールでお知らせ希望の方は>こちら
 

 

右矢印ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(1)

ステップあやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります