燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

■このブログは 1つの記事が長い記事が多いためできるだけパソコンで読むことをお勧めしています。
■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)
>>主要記事へのリンク集一覧 (注)膨大です
>>目次
*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼美人塾:摂食障害・ダイエット依存や
”生き辛さ”に悩むご本人向けの会

(*ご家族や恋人も参加可)

2014
年度は終了しました。2015年の開催情報は追ってブログで発表します。

 
>>美人塾ってなあに?
 
>>各会場時間割
 >>これまでの皆さんの感想
 >>よくある質問はこちら
 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個人セッションのご案内(LINE,スカイプ,対面)
 拒食、過食、運動、太るのが怖い、
 生き辛さ(家族・友人・恋人関係、仕事など

 
>>こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演、メディア掲載情報(上記以外) 
 
>>こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや(本ブログ管理人)その他摂食障害・ダイエット依存おすすめ本
 
>>コチラをクリック
*緑の本はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。 ハートマークの方は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。
燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!★ココ・カラ美人生活塾へようこそ★
 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや連絡先・ブログ採用ご相談窓口
 >>こちらをクリック  
※ブログ、本の読者の方は、上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い
 ■コメントは承認性です。 
 ■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。
 ■以下の記事に必ず目を通してください
 >>コメントするときの注意点
 >>コメント返信・メール返信について
 ■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです

NEW !
テーマ:

クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック摂食障害ブログランキング
クリックダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)
>コメント&メール相談の前に


今日は、みんなの苦手なコミュニケーション関連のお話です。

コミュニケーションて何かというと
●自分の気持ちを伝える
 と同時に
●相手の気持ちを聞く 

この両方のこと。


コレが苦手なために、物凄く大きなストレスを抱えることになります。

抱えきれないストレスが人によってどのような症状として出るのか、出ないでそのまま生きていくのかは人それぞれ。

ですが、摂食障害になる素質のある方は、ストレスを逃がす方法も上手ではないことが多いため、(~してはいけない、~べき、という禁止やルールがある方が多いのでストレス解消も苦手です)、抱えきれないストレスを拒食や過食の症状でバランスをとろうとして症状が現れます
 

ここから抜け出す第一歩として、先日、美人塾にお母さんと参加してくださった方が初めてお母さんの前で「本心」を口にしてくださったのですが、、

「気持ち伝えてすっきりするどころか、モヤモヤしてます(涙)」
という内容の報告がとどきました。

ブログでも似た悩みをよくいただくので、ご紹介します★


あやさん!

土曜日は会えて嬉しかったです。
ありがとうございました!
母と二人で参加しました●●です。ネット記載可能です。

美人塾に行きたくても
何年か行動に移せなかった私にとっては、
行けたことだけでも大きく前進できたと思うし、本当嬉しかったです!

ですが、

終った後に母から、

「良くあんな凄いことお母さんの前で言えたね。」

「私は居ない方がいいかもと思って帰ろうかと思っちゃったよ。」

「お母さんの今までを全部否定されたみたい。
 私は何のために頑張ってきたのかわからなくなった。」

というようなことを言われました。


私はそんな事全然思ってなくて、
傷付けるつもりは全くなくて。

「そんなつもりで言ったんじゃないよ。
 ごめんね!」

とは言いましたが…


わざわざ一緒に来てくれた母を
傷付けてしまったのかと凄く落ち込みました。

それに、
自分の気持ちを初めて口に出せて嬉しいな…
なんて思っていたのですが、
言わなかった方が良かったのかなぁと後悔したり、
何だか今凄く辛いです。

ハッピーな報告でなくてすみません(  ;∀;)


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

これ、わかるわかるーって思った方も多いんじゃないかな。

私も、ああ分かる分かるーって思ってよみました。


でも、Mさんがあの場所で
初めてお母さんに言えなかった本心を言えたことは良かったなあって思ったし今でもそう思います。

でも傷つけちゃった・・とおもうかもしれないけれど
そこは結論からいえば

本心をいったら相手が傷ついた、怒った、
⇒だから伝えてはいけない、
てことじゃないんだよ~


・・・・・ってことをここで学べたら
それはまた一歩前進、ということです


お母さんがそう思うのもそういいたくなるのも、無理ないよね。

いままでずっと
「よいこと、娘の手助けになる」と信じて疑わずに
一生懸命やってきたことが 
実はプレッシャーになってただなんて。。。

想像もしてなかったことを知る、という衝撃的な出来事があったのですから、当然ショックをうけるでしょう^^;

ショックな出来事を経験すると、
それに対する反応として、人の感情には
悲しんだり怒ったり傷ついたりという感情(反応)がおこります


お母さんがショックを受けたのは
Mさんが悪いことをしたからとか
本心を伝えることがいけないから、ではなくて

お母さんも人間だから、自然な反応をした、
っていうことなんだとおもいあMす

親の立場で考えるのは難しくても
夫婦とか恋人とか友達などの間でも、

自分が相手のためになると信じてやってきたことが
実はいやだなって思われてたと、
やったそのときじゃなくて
ずーっとやってきたあとに知らされたら・・・

って考えてみると、まさにお母さんの反応も仕方ないようなあって思ったり、しない?

私も 同じ立場だったら、
お母さんが感じたような感情になるとおもうし、
似たようなこといっちゃうかもわかんない^^;


でもだからって、
自分が本心を伝えると相手を傷つけるのだから、怒るのだから、じゃあ黙ってたらいいのかといったらそれは違う。

お母さんに傷ついたといわれたことで
Mさんも傷ついたよね?

このように
お互いに言いたいこといえば
お互いに傷つくこともあるけど

それってふつうのことで
それが「コミュニケーション」ていうものなのです


相手が怒るから、傷つくからって
自分の気持ちはいわない・・・
これでは今までと同じになっちゃうよね><

じゃあどうすればいいか。

傷つけた、傷つけられた、というところでコミュニケーーションをとめないこと。



まずは 
一緒に美人塾に来てくれたこと、
どうにか力になろうとお母さんなりに
頑張ってくれた(いる)ことについてなど
Mさんのなかにある感謝の気持ちもきちんと伝えて

お互いにもやもやしている部分については
じゃあ、これからその部分は
どうしていったらいい?とつなげていくこと、だと思います。


↑相手の機嫌をとるって言う意味じゃなくてね。
自分の気持ちを伝えるって
NOや否定的な気持ちだけを伝えるってことではないから。
部分的にでも、ここはありがとうって思ってる部分もあるならそれも一緒に伝えることで、偏利が小さくなるよということ


それでも、自分の気持ち伝えて

まったく傷つかないで
ショックも受けないで
怒られないで
いやみの一つも言われないですむとはいえないけど

残念ながらそれを含めて
必要なコミュニケーションで
良いコミュニケーション なんですね。


傷つけること、
傷ついたといわれること

それを恐れないこと
それが当たり前のこと
それがコミュニケーションていうものなのです^^


伝えること、聞くこと、お互いに
慣れてないからしんどいことも多いと思うけど、

ただ、我慢しっぱなしだったときのしんどさとはちがって
解決につながる「コミュニケーション」にしていくことができます。

すぐに上手くはならないけど
ピアノの練習みたいなもので、
何年もかけてゆっくりやるつもりでいいとおもいます。


この辺みんなそう悩む時期があると思うけど
私も、とってきた道だから、
ある意味、回復のプロセスを歩いているといえると思います^^。


こんなようなことを、ざっとですが、
感想ありがとうってかいた返信と一緒に書いたところ
Mさんから返信がきて


「そーいえば、私は”ごめんね”ばかりいって、
 ありがとうって言ってなかった~」っていってました。

そう、気づけてよかったね^^

日本人は特に、ごめんとありがとうを
あまり区別せずに使ってる人もいると思うのですが

ゴメンて言われると、ごめんて言わせるような悪いことを自分がしたって同時に言われてるみたいで責められてる気持ちになる人も多いよね、。
私もそんな気持ちになるときがあります。

でもごめん、てどうしても思っちゃうし・・・ってうかたは

ゴメンネ、ありがとね~
って両方いってみるといいやすいかも^^

ごめんね、
でも●●してくれたこと嬉しかったよ、ありがとう

とかね。

ありがとうっていったからって
いやなことを嫌といっちゃいけないわけじゃなくて
それはそれ、あれはあれ、です。

**************


このブログ内だけでも「コミュニケーション」で検索すると一杯出てくるので参考になりそうな記事のせておくね。


気持ちを伝えてるつもりが 本心はいえてないから「爆発」してるだけ・・というひとは人はこちら

摂食障害の克服と対人関係(コミュニケーション)


↓やっと気持ちを伝える練習を始めけど、わがままとの違いがわからなくなったという方

「ワガママ」と自分の意見を言うことの違いが分かりません-1

自分の「ワガママ」を認めてラクになる-2


↓こんなのも多く頂く質問です

私の家族は理解がないし欲しい言葉をくれません-3


みなさんのバナーの応援クリックが励みになります
     ↓           ↓          ↓
 
クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック摂食障害ブログランキング
クリックダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)
>コメント&メール相談の前に


今年もあと少しで終わりですね。

スローダウンするかなと思っていましたが
年末年始のお休みに入る前のせいか
来週は毎日個人セッションの予約が毎日休みなく入ってました。


スカイプやLINE でしか会ったことがない方と会ってお話したり、美人塾で少しのやり取りしかできなかった方とじっくりお話してみると、また新鮮な気づきがあります。


話せば話すほど一人ひとりの素晴らしさが見えてきて、一人ひとりをいとおしく思います。


これは、ブログ経由で出会うみんなに対しても同じなのですが。


メールやコメントをみていて
本人がダメだダメだということについて

私は全然おかしいと思わないよ、とか
むしろ、素敵だなあ愛しいなって思うよ、

ってブログや返信でつたえても

「いえ、本当の私はそんなんじゃないんです」
「こんなに●●なんです」
「あやさんはそういってくれるけど、でもふつうは、世の中は、私の親は・・・・」
 
・・・といってなかなか受け取ってもらえないんですけど^^;


みんな、
自分に自信がない、
自分が信じられない、という割には、
自分がダメということに関しては自信満々

断言されるのです^^;

それは、
思い込みという心のフィルターのせいであったり

(自分を守るものであって、いけないものではないのですが、それをいけないこと、ダメなことと捉えると、自分を責めて上手くいかないのでここは絶対に勘違いしないでね)


自分が自分の特徴をみている角度が
きまった角度からしかみていないせいであったり、

(たとえば鉛筆は真上から見れば丸だけど、横からみれば細長いのと同じこと)

自分のことを「ダメ」にしか見えなくなる理由があるからそうなっているわけなので、
その人がすぐに考えが変らないことを
急かしたり責めたりするつもりは全然ないんだ

私もそうだったし、今でもそんな風になるときあるからね。


でもね。。
「あなたの気持ちは横においておいて」
・・・ってよけられてしまうのは結構も寂しいんだよ~。


そうやって
自分を肯定する人の気持ちや意見は横においてしまうこと
私だけじゃなくて、ずーっと今までもやってこなかった?

そして、否定する人や意見を「真実」として集めてこなかった?



それしてたら、
自分はありのままでいいって思う気持ち、
つまり
自己肯定感とか自尊心、どんさがっちゃうのも当然だよ><


(それで、過食や痩せる一瞬の安心、食や体重を無理にでもコントロールする、苦しみを伴う安心がないといられなくなるという症状がないとバランスとれなくなるのが摂食障害)



あなたそのままで問題ないよ、
私は好きだよ

っていう私や
私と同じように思う人の気持ちや考えを、
すぐには受け入れられなくても

とりあえずそー思う人もいるのね
って程度にでも受け取ってみよう「かな?」

って思ってみてほしいな

私自身も自分がありのままでいいわけない!
こんなに私ダメなんだから!!

って気持ちが変わるまでは時間がかかったひとなので
みんなにもすぐに変われ、とはいいません。

一年後でも3年後でも、5年後でもいつまででも待ってるよ。

みなさんのバナーの応援クリックが励みになります
     ↓           ↓          ↓
 
クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック摂食障害ブログランキング
クリックダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)
>コメント&メール相談の前に



昨日の記事で、
>自分の為にお金や時間を使うことを許す

を読んで、

わたしはちがう、正反対だわ

お金の無駄遣い一杯してるし
時間の無駄遣いも一杯してるし

抑圧どころか我慢が足りないのよ~



だって

買い物に依存してるし

過食に無駄なお金使ってるし

摂食障害やうつ病なってからは
何もできなくなって時間無駄にしてるし


っていわれることも多いのですが。


そーやって、自分のこと
「私って無駄ばっかり」と責めてる人ほど


自分のために 
(本当に自分が欲しいもの、したいことのために)
お金や時間を使えてない人が多いんだよ。


あるいは

自分のために使う=悪いこと
世間でいう意味の”有意義”出なければ無駄
(つまり、時間、お金をつかったら
 その分、目に見える「得」を手にしなければ意味がない)

という思い込みがあるから

欲しいもの、したいことが
そもそも分からなくなっていたり

したいことをしても
満たされなくなってるパターンの人も多いよ


これも
やっぱり昨日の記事にも書いたように

知らないうちに
自分のしたい、したくないを
「抑圧」している考え(価値観、思い込み)のために
心が満たされない。


それじゃ、苦しいよーって言う心身の声(サイン)として
紛らわし行為や心の不調、食欲の症状などが
表れて 訴えているのだけど

それすら、否定しているから
費やすお金、時間、エネルギーが増えてしまう、というパターンも多いと思います


必要だからこうなるので
その症状を責めることはしないであげてほしい(ノ_-。)


といっても、
いらないものに使っちゃうのは仕方ないんだから
どんどん無駄使いして!
っていってるわけではないので誤解しないでね。


その苦しさからなおるためには
自分の心身のサインに気づいて
本当の意味で満たしていくこと、

自分の抑圧の正当化に加担している「思い込み」が
思い込みであることにまずは気づくこと



どうーやって?

いろんな考え方を聞くこと読むこと、話すことが一番早いよね

すぐには受け入れられない考えがあっても
まずは そーいう考えもあるんだ
そーいう考えでうまくいってるひとがいるんだ 

って。


で、
したいことはあるけど、楽しいことはあるけど
こんなに時間やお金、労力かけても

別に将来にいかせるわけじゃないしとか
資格がとれるわけじゃないし無駄かなとか
続かなかったら無駄だし。。

って色々理由つけて自分を抑圧してるもの、
自分を苦しくしてるものがあるならまずとってみる。

首を絞められてるもがいてる人にに
あなたの心地よいこと、楽しいことはなんですか?
っていっても 思いつかないし、
何しても気持ちいいとか思えないから

まずはね、自分をラクにしていくの。


それが治るための努力になるんだよ。


~をしても無駄、~にならにならないならダメ、いけないこと、
っていうレッテル、思い込み、決め付けに気づく、
気づいたら、
その禁止をとくこと。

禁止をとく、というのは
禁止していた「無駄」を自分に許すことです。



本当に自分のために、

本当に自分が欲しいもの、したいことのために

お金、時間、エネルギーを使うことをする





それがができるようになると
お金や時間を使わなくなりますか?

って質問されそうですが、
それはそうとはいえません。


ただね、 

自分が本当にしたいことをしていたら

何十時間つかったとしても
何十万円使ったとしても
どれだけの体力、労力を使ったとしても

無駄遣いじゃなくて、
有意義な出費、自己投資だったな~
っていう認識になる

 

無駄使いばっかりだったと後悔ばっかりしてる人と
そうではない人の違いは
どれだけのお金や時間を使ったかじゃなく
その人の認識の違いであることも多いからです’



ただし 抑圧の反動で

たいして食べたくないのに食べて紛らわす行為
たいして欲しくないのに買って紛らわす行為

などがある人は

自分を満たしていくことで
苦しみを伴う紛らせ行為が必要なくなっていくのえ
結果的には消費量も減る、

という変化が訪れる、ということもあります。

みなさんのバナーの応援クリックが励みになります
     ↓           ↓          ↓
 
クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)

いいね!した人  |  コメント(3)