摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。


 
 
■このブログは 1つの記事が長い記事が多いためできるだけパソコンで読むことをお勧めしています。
■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)
>>主要記事へのリンク集一覧 (注)膨大です
>>目次
*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼美人塾:摂食障害・ダイエット依存や
”生き辛さ”に悩む「ご本人向け」の会
(ご家族や恋人の参加も可ですが内容は本人向け)

 右矢印”美人塾”ってどんな会?
 右矢印参加者の皆さんの感想


★LAから皆さんの土地に伺います!
*2015年は、札幌は下方を参照、その他の地区は
12月仙台、東京、大宮、名古屋、大阪、広島、博多を周ります。

*メールで開催情報を受け取りたい方は>こちら

音譜2015年8月1日(土)
4年半ぶりに【札幌】で”美人塾”開催
摂食障害、生き辛さに悩むご本人対象の会(ご家族参加可
クリックお申込受付中


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ご家族対象の会(恋人可)

音譜
 2015年8月29日(土)
【東京】
摂食障害の方のご家族対象の会

クリックお申込受付中

この会は摂食障害にお悩みのご本人や家族や恋人以外の方はご参加いただけませんのでご注意下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個人セッションのご案内(LINE,スカイプ,対面) 
 拒食、過食、運動、太るのが怖い、 生き辛さ(家族・友人・恋人関係、仕事など 
 ご家族のみのセッション 2名でのセッションも可 
右矢印こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演、メディア掲載情報(上記以外)
右矢印こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
ステップあやの書籍&お勧め本


このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

・緑の『心と体が軽くなる~』はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。 
・ハートマークの『ステップあやの食べて痩せた~』は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや連絡先・ブログ採用ご相談窓口 
右矢印こちらをクリック
※ブログ、本の読者の方は上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い 
■コメントは承認性です。  
■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体、個人にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。 ■以下の記事に必ず目を通してください 
 >コメントするときの注意点
 >コメント返信・メール返信について
 

■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです


テーマ:


こんばんは。ステップあやです。
読者の方から届いたコメントをご紹介します。

▼本文の前に********

クリック摂食障害ブログ村ranking
クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。




*******************



あやさんのことやこのブログは数年前から知っていて、時折お世話になっていました。

そして、数ヶ月本腰を入れて私の重荷を下ろす作業を始めてからは、特にここへお邪魔しては背中を押して励ましてもらっています。

私の病歴は、あやさんに近くて、18年目になります。

何度となく、病状の浮き沈み、体重の増減、過活動と引きこもり、を繰り返し、沢山時間をこの病気とともに過ごしてきてしまいました。

今は、18年の下剤乱用を止め過運動を止め過食拒食のループを止め、浮腫みと体重増加を抱えつつもそんな自分を受け止め今のこの波に穏やかに揺られるように過ごしているところです。

そんな中で、今まで気付かなかった真相心理が出てきてとても驚いています。

それは、私は、未だに母子分離ができていないということでした。

あ る時、母の何気ない一言に戸惑い、口論になってしまっときに、不意に私の口から

「私は、お母さんにこの病気を治して欲しいんだと思う。お姉ちゃんよりも私 のことを愛して欲しいんだと思う。だから、両親にとっての良い子でいなければと頑張りすぎてしまって、会った後に必ず過食しちゃうんだと思う。」

という言 葉が出て。。。

自分でもそんな風に自分は感じていたのかと驚いたし、
胸がスッとした感じもしました。

それに続いて

「初めてダイエットできたときに、痩せたね、キレイになったね、って褒められるようになって、それが初めてみんなが自分を認めてくれたと感じたときだったから、 それが唯一の取り柄になって、そこにしがみついているんだ。でも、本当の私はそうじゃないって本当は気付いてる。

っても、私、言ったんです。

きっと、あやさんのブログのお陰です。

ただ、そのお礼とご報告がしたくて。

いつも励ましのブログを忙しい中でもどんどんアップして下さって本当にありがとうございます。

18年で積み重ねた重荷は、下ろすのに何年かかるのか分かりませんが、でも、18年でピリオドを打とうと前進できていることだけでも、素直に嬉しいです。

やっと、お母さんは私の病気を治してはくれないから自分で治さなきゃ!って気付けたきっかけを、本当にありがとうございました。

ペンネーム なっつ

-----------------------------------------------

ステップあやです。

よかったね。よかったね。
”痩せたい”に隠された本心に気付けてよっかったね。

誰かに治して欲しいと思っていた自分の本心に気付けてよかったね。

そして、そのままじゃなくて
違う、人の力は借りても治してもらえるわけじゃないんだ、
人の力を借りて 結局は自分が治すんだ


ということにもちゃんと気づけて、えらいね。

痩せたいに隠れた本心はいろいろだけど
なっつさんの体験が誰かの気付きになりますように。

こんな記事もよかったらどうぞ。

>「痩せたい」に隠された「本心」



明日の美人塾札幌会場にむけて札幌に入りました。
なんだか外で花火大会が開催されているようです。

今日も今日も読んでくれてありがとう(^-^)/
↓一日一回
↓バナーの応援クリック
が更新の励みです♪
   
ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります


コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから






ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


▼本文の前に********

クリック摂食障害ブログ村ranking
クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。




*******************

▽近況報告、おととい 7/28火曜の夜のFB投稿です。


成田に着きました。

小腹が空いて売店によったらビールが私を呼んでいて…ちょっとけちって発泡酒を購入。

アメリカにいる時は欲しくならないのに、一人で買ってのむほど好きなわけでもないのに、今日は体の内側からハッキリと、これが欲しい!と求める声が聞こえました。

バスの待ち時間の間に飲みました。全部飲んだらヘロヘロになるので半分だけ。

今に始まったことではないけど、私おっさんみたいだな。


*********

そして今日、札幌にむけて家をでます。
今週末8/1土曜日は札幌で四年半ぶりの美人塾です。
はじめまして&久しぶりのみんなに会えるのを楽しみにしています。

☆FB投稿について補足&注意点
ビールでも甘いものでもなんでも
ほしいときはほしい!という声を発してくれる
体の声をきくことについてかいていますが
依存とは、違うからね。

依存状態というのは
体が求めてるわけでもにないのに
欲しくもないのに体にいれているうちに物質的に依存する
⇒心身の健康を損なっても求めずにいられなくなる

そんな状態。

摂食障害と一緒にアルコール依存も抱えている人、
なりそうな人からのコメントやご相談も時々いただくので

そのことについてはまたの機会に書きます。

結論だけいってしまうと、
アルコールの依存は過食と違って、
心身が健康になるために「必要な時期だから仕方ない」とは私の口からはいえないんだ。

こんな記事もよんでみてね。
>お酒(アルコール)と過食(体の食欲編その1) 

コメントやメール全部よんでるよ~
返信できなくてごめんね。

少しこの一週間ばたばたしそうですが、少しずつできるときに記事を更新していきますね。


今日も今日も読んでくれてありがとう(^-^)/

↓一日一回
↓バナーの応援クリック
が更新の励みです♪
   
ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります


コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから






ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:


▼本文の前に********

クリック摂食障害ブログ村ranking
クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。




*******************

フェイスブックにも載せましたが 
アエラの記事のご紹介と、私が思ったことをかきます。

>過激なダイエットが招く悲劇 心身に大きすぎる「ダメージ」<AERA>
(更新 2015/7/26 11:30)

以下、リンク先が読めない方のために、上記リンクから引用します。

▼引用ここから

肥満は万病のもとだが、やせすぎにも落とし穴がある。
不要なダイエットは、摂食障害だけでなく母胎に影響も。

箸を使う時間すら、もったいないと思った。
食べたい、もっと食べたい…。衝動に震えた。

数年前のある夜のこと。
大学生だった女性Aさん(25)は、自身のベッドに炊飯器を置き、3合の白米を手づかみで口に放り込んだ。
この猛烈な食欲こそ、「拒食」の恐るべき反動である。

好きな男性に振り向いてほしい──。
ダイエットの始まりは、いたって普通の動機だった。

数キロ落とすと、彼がほめてくれた。
もっとやせれば、振り向いてもらえるかも。

こうして、彼女はダイエットの魔力に取りつかれていく。

 朝は紅茶1杯、昼は弁当をつまんで、夜は豆乳だけ。
ジムに通い、ひたすら走った。
みるみるやせ、体脂肪率が20%を切ったところで生理が止まる。

これは摂 食障害の「拒食」の症状。

体はSOSを発していたが、本人は体重を制御できる自分に酔いしれていた。
57キロあった体重は1年半で34キロに落ちた。

苦しいのは、ここからだった。
ある日を境に、抑え込んできた食欲が暴発する。
体が脂肪と糖を求め、菓子パンを一気に15個食べた日もあった。

「あんなに頑張ってやせたのに」

むちゃな食事のあとはひどく落ち込み、指を口に突っ込んで吐くようになる。このとき、摂食障害のステージは拒食から「過食」に移っていた。

「ダイエットが原因で、こんな病気と何年も闘うなんて思ってもみなかった。もう同じ思いをしてほしくないんです、誰にも」

病気につながるほど肥満の人は、やせたほうがいい。でも、ゴールのない「やせ競争」は、ときに悲劇を招く。

「日本ではやせすぎが危険だという知識が乏しい」

日本摂食障害治療研究所の山岡昌之所長は、そう嘆く。

やせすぎが女性としての健康に大きなダメージを与えると指摘するのは、産婦人科医の福岡秀興(ひでおき)・早稲田大学教授だ。

「食べ物を制限し、急激にやせるというのはものすごいストレス。
 体を守るため、まず犠牲になるのは卵巣の機能です。
 若くして無月経となり、病気につながるケースも多い。
 ダイエットは、生理不順がないか注意しながら行うべきです」

 最近では、妊婦の栄養不足が出生体重の低下をまねき、小さく生まれた子の生活習慣病リスクが高まることもわかってきたという。福岡教授は強調する。

「やせすぎの若い女性をどれほど減らせるかが、日本が将来、病気大国になるかどうかの境目です」

▲引用ここまで

*******************

ステップあやです。

ダイエット依存の心の症状や、
拒食や過食の症状を経験した人は、
ああ、わかるわかる・・っていう感じだと思うのですが、

こういう記事だと、文字制限があるから
色々と省かれてるところはあるとおもうのね。

私も自分でものを書くまではそういうことまで分からなくて
書かれたところだけ読んで
色々誤解したままになっていた部分もあったのですが。


たとえば、
この記事のタイトルや内容で
「過激なダイエットが原因で・・・」ってかいてあるところは、

実際のところは ダイエットは
生き辛さが病気として顕在化する「きっかけ」となった、
という感じだと思うから

特に「過激な」ダイエットでなくても
緩やかなダイエットであっても
単に”ちょっと気をつける”くらいのダイエットでも
それが摂食障害に発展する
「きっかけ」にはなりえると思います。


それまでは、生き辛さを感じていても
自分の我慢や努力でなんとかなってきたけれど
それが自分のがんばりだけでは
解決できなくなったときに

ずっと心に抱えてきた”
生き辛さ”という心の問題が
ダイエットを機に表面にでてくる。

たとえば、
すでに自尊心が欠落してる状態のひと(とき)は
「~ながらダイエット」すら
「このままの自分じゃダメだ」と四六時中考えることになり、
かなりのストレスになり、

それがまた
「痩せる達成感や優越感や安心感」にすがる
「拒食心」につながり、

だだから無理をするようになり
「栄養不足の反動の過食」の症状がでてくることもあるし

無理なダイエットに走らなくても
痩せなきゃどうしよう!!っていうストレスと
四六時中向き合う 「ストレス性の過食」
という症状に表れたりすることもあって、、

・・、いろいろあるのが現実だと思います。


それと、
このアエラの記事に書かれているように
「痩せすぎ」が体の過食
=生体防御反応としてコントロールできない過食
につながるのも その通りなのですが

「痩せすぎになったことがないのに」
過食になっても、それもよくあることで、’
決して だから病気じゃなくてただの甘えなわけでも
おかしいわけでも ありません。

わたしが年に一度開催する美人塾の前でも
みなにアンケートをとっているのですが、

大してダイエットの成果がでるまえに
拒食の症状(=食べるのが怖い、少しでも体重が増えるのが怖い)がでたり、
過食の症状が始まる人は実際に多いのです。

色々なパターンがあるから
自分がどっかの記事でみたパターンと違っていいし
違うからって
異常とかおかしいっていうことじゃないんだ。


この記事の要点は

「痩せることへに依存するということがどういうことか」

「ごくふつうの”痩せてきれいになりたい”気持ちで
 始めたちょっとしたダイエットが病気の ”きっかけ”
 になることもあること」

「体の”飢餓に対する防衛反応”としての過食について」

などの「部分」を伝えてくれる記事だと、おもいます。


私のブログもそうだけど

ただ摂食障害って、
心と体と育った環境や個人の体験など
複雑に絡み合って発症するものなので

いくつかの記事で全部をかくことも
全てを話し説明することも、
実質的に不可能だから
部分部分で伝えていくしかないのね。。

だから 
たまたま読んだ記事と自分が違っても、

私はふつうの摂食障害と違う、
こんなのわたしだけ??

って不安にならなくても大丈夫です(^-^)

他の一般的な記事も、私の記事もね。


今日も今日も読んでくれてありがとう(^-^)/

↓一日一回
↓バナーの応援クリック
が更新の励みです♪
   
ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります


コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから






ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(4)