摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。


 
 
■このブログは 1つの記事が長い記事が多いためできるだけパソコンで読むことをお勧めしています。
■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)
>>主要記事へのリンク集一覧 (注)膨大です
>>目次
*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼美人塾
摂食障害・ダイエット依存や”生き辛さ”に悩む
「ご本人向け」の会(ご家族や恋人の参加も可)
 右矢印”美人塾”ってどんな会?
 右矢印参加者の皆さんの感想


★LAから皆さんの土地に伺います!
 開催実績:東京、大宮、仙台、名古屋、
 神戸、大阪、広島、博多

ベル8/1(土)4年半ぶりに【札幌】で開催
クリック詳細&お申込み方法はこちらをclick

*その他の地域(仙台、東京、さいたま、名古屋、大阪、広島(今年は神戸は未定)は冬ごろを予定。決まり次ブログで第発表します。
*メールで開催情報を受け取りたい方は>こちら

NEW8/29(土)都内摂食障害の方のご家族対象の会を開催します(恋人の方も可)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個人セッションのご案内(LINE,スカイプ,対面) 
 拒食、過食、運動、太るのが怖い、 生き辛さ(家族・友人・恋人関係、仕事など 
 ご家族のみのセッション 2名でのセッションも可 
右矢印こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演、メディア掲載情報(上記以外)
右矢印こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
ステップあやの書籍&お勧め本


このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

・緑の『心と体が軽くなる~』はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。 
・ハートマークの『ステップあやの食べて痩せた~』は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや連絡先・ブログ採用ご相談窓口 
右矢印こちらをクリック
※ブログ、本の読者の方は上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い 
■コメントは承認性です。  
■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体、個人にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。 ■以下の記事に必ず目を通してください 
 >コメントするときの注意点
 >コメント返信・メール返信について
 

■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです

NEW !
テーマ:

摂食障害 ブログ村
過食症・過食嘔吐 ブログ村
ブログランキング 摂食障害

⇒「主要記事リンク集」(←ここから読んでね)
⇒コメント&メール相談の前に

クリック札幌,美人塾、申込開始~~摂食障害、ダイエット依存、生き辛さからラクになろう(当事者対象、ご家族恋人可)

(都内)摂食障害の方のご家族対象の会を開催します(恋人の方も可)


**********************



あやさん

いつも楽しくブログをみています。

今日は自分の変化をお話させて下さい。

一昨年より吐かない摂食障害になり、
食べ物や時間、運動強迫におわれる毎日を過ごしていました。

10キロのダイエットに成功したのと引き換えに
人生が壊れ始めました。

生理は止まり、現在まで来ていません。

何度かピルを飲んだりホルモン剤を飲んだりしましたが、
浮腫みに伴う体重増加が許せなくて、
怖くてどれも続きませんでした。

そんな時、あやさんのブログと本に出会いました。

少しずつ食べられるようになり
(現在では一人前以上いくこともありますww)、

過度な運動も止め、
食べたいものを食べるようになりました。

まだ砂糖を異常に欲しがったり
(舐めてしまったり)しますが、そんな自分を許せています。

10キロ痩せたときより、10キロ太りなんと元の体重に。

でも、元の(ダイエット前の)体重になりましたが、
不思議なことに体型は元の太っていた体型とはちょっと違い、多少引き締まっています。


そして、何より
こんなに体重が増えているので開き直ったのか、
また婦人科へ行く事が出来ました。

結婚もしており、子どもも欲しいので
このままだといけない、
体重なんていつかは減ると思い、病院へ。

すぐにホルモン注射を打たれました。

今までの私だと、
すぐに薬の名前を検索して、副作用を見つけて、
体重増加に怯えるというパターンでしたが、
今回は検索までで止まりました。

確かに副作用もあるかもしれませんが、
身体にホルモンをいれている以上、
その身体の働きに抗うことは無意味だと思ったからです。

以前はこの働きに抗い
ストレスを溜め、余計脂肪を溜めていました。

ですが、今回は
身体の反応に従い、増えるなら増えればよい。
と思えるようになりました。

全てを受け入れる事が出来たわけではありません。
まだ「あげ止まり」が来ないので不安です。

ですが、きっとあげ止まりも来ますし、
何より身体が応えてくれると思います。

私も生きているので、
きっと身体が変わると思います。

何より、身体に拘らず、
自由に生きていける日も来るかなと
期待しています。

また、余談ですが、私は教師をしています。

自分が思春期のころ、
デブと言われたことが原因で
太ることに恐怖感を持ち、
痩せることに拘るようになる価値観へ変わったと思います。


現在、教え子が『デブと言われた』と泣きながら相談に来ました。

私はこの経験から彼女が私のように
『痩せる=いいこと』と思ってそれに
とらわれ苦しんでしまわないか心配です。

言った子どもはきつく指導します。
が、問題はそこで解決しないと思います。

私のようになる子を減らすために、
これから毎日頑張って行きたいと思います。

自分のこの障害があったから
理解できることもあり、
子どもに寄り添えることもあるのではないかと
思えるようになりました。

あやさん、本当にありがとうございます。
ここまでこれたのはあやさんのブログのおかげです。
本当にありがとうございます。

ペンネーム ゆかり


**************************

読者のゆかりさんからのメッセージでした。

ゆかりさん、私の『心と体が軽くなる本物のダイエット』の方を、なんと、30回位よんで下さったそうです(^-^)/
読み込んでくださって、ありがとうございます(^-^)/


ゆかりさんのメッセージには沢山のポイントがちりばめられていると思います。

>10キロのダイエットに成功したのと引き換えに
人生が壊れ始めました


これ、本人も「痩せる快感」にのめり込み始めてまもなく、
(拒食、ダイエット依存になって暫くは)

痩せる嬉しさと、気持ちよさ、安心感のほうが大きくて

ダイエットのために
どれだけのものを失っているか、
どれほど人生の質が損なわれているか
・・・ってことに気づけない時期があるのだよね。

そういう時期も、ダメっていうのではなくて
病気(依存症)の発症~回復までのプロセスの一部、
なのです。

今、人生が壊れた・・っておもえているのなら
それも回復のほうに近づいたからこそことだよ。

そう気づいてからも勇気を出すまでも大変だったと思います。
よくがんばったね(^-^)/


不思議なことに体型は元の太っていた体型とはちょっと違い、多少引き締まっています。

これもポイントだよ。

栄養不足、カロリー不足、極端な偏食などで体に無理をさせたり
食べ物や運動の強迫、体重に怯える生活など、
肉体的&精神的ストレスを伴うダイエットしてるときって
体の”中身”はすかすかになるから体重の割に太って見えちゃうの。

だけど、それを治すために、栄養のあるものを食べはじめて増える体重増加は、全部脂肪じゃなくて、脂肪を燃やす力のある「ギュッと詰まった体」ができるからこそ。

だから、前と体重でも見え方は違う。

それと、ある部分が細すぎるから、ある部分が太く見えるってこともあるわけですよ。

ウエストが細すぎると、
顔が大きく見えたり、
足が太く見えたりする

でも 逆に体重が増えて
ウエストがしっかりしてきたら
全体のバランスが取れて 
細く見える、スタイルよく見る
とか。

本当にそいういうことも、あるよ。


私も拒食で痩せてたときは
顔がでっかくて、宇宙人みたいなのがいやだったけど
あれは、体が痩せすぎていたうえに
顔が、栄養不足でむくんでいたから

↑これも、太った!とか、まだ太い!って勘違いしてダイエットしてたの(^^;)

*その後、じりじりと>拒食太りが始まり"小太りの拒食症"になりましたが、そうなる前の話ね。


なので、よく、
食べることで「引き締まる」ってきくけど
(私も書いたけど)

その意味は

食べることでギュッと詰まった体ができて
実際に細くなる
と場合
にくわえて

ほかの部分にお肉がつくことで
気になる部分が細く見える
ようになる。
ということもある、というわけ。


つまり、体重でもサイズでも
数字が同じなら見え方が同じだと思ってるなら
それは嘘です。



かく言う私も
体重に振り回されてるときは

人の体重とかBMIをきいて
そんなのヤダと思ったり

自分の体重やBMIをチェックしては
あーこんなにふえちゃった~!!

って、数字にふりまわされてばかりだったんだけど、、


実際はこの体重ならこの体型 とか
このBMIならあんな体型 とかって決まってるわけじゃない。
数字が同じなら見え方も同じってわけじゃない。、


自分より体重が重くてもBMIが多くても
痩せて見える人もいれば

今の自分より体重増えてBMIも増えても
今より痩せてみえるようになることも
本当にあるのです。



このあとゆかりさんのメッセージの
ホルモン治療についてや
その他太字部分にしたところについて書こうとしたけど、
長くなりそうなのいで記事をわけます。

明日、また改めて続きをかくね。
今日はここまで。読んでくれてありがとう(^O^)/


みなさんの応援クリックが更新の励みです!
 ↓
           ↓ 


個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害のご相談についてのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから
不定期開催「美人塾」のご案内(次回のおおよその予定決まりました

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

摂食障害 ブログ村
過食症・過食嘔吐 ブログ村
ブログランキング 摂食障害

⇒「主要記事リンク集」(←ここから読んでね)
⇒コメント&メール相談の前に

クリック札幌,美人塾、申込開始~~摂食障害、ダイエット依存、生き辛さからラクになろう(当事者対象、ご家族恋人可)

(都内)摂食障害の方のご家族対象の会を開催します(恋人の方も可)


***********************


デザート作りって、深夜に家族が寝静まってから、デスクワークをするので、目を休ませたり体を動かしたりする気分転換に丁度いいので、いつも深夜にごそごそ、やるのが好きなんですが(笑)

最近作ってたのが、チーズケーキ。

ニューヨークチーズケーキ(小麦粉を使わないねっとりした食感の濃厚なやつ)の土台のないやつが好きで、自分好みのレシピにたどり着くまで、ホールケーキ型で5度作りました。

↓ 5回作って、自分好みのレシピにたどり着いた!


そして最後はふつうのベイクドチーズケーキ。


これ、ホールケーキ型で6個目でした

これを食べきる前に
やっとのことで飽きてきて、いつの間にか食べなくなりました。
残りはまだ冷凍庫に眠っています。

旦那はあまりたべないので
今月に入ってから、5.5枚くらいのチーズケーキを
私が食べたことになります。

って書くと恐ろしいと思うかもしれないけど

いつもいつも
一年中、
こういうものばっかり食べてるわけではないからね!!


チーズケーキに飽きてどうなったかというと
またアッサリを体が求め始めて
ゼリーブームに戻りました(笑)

>>ゼリーで美女になる
↑この後も続きがありますw


それと、最近はスイカも食べたくなってきました。

これ、結構大きかったのですが2日でたべきりました。

ずっと好きじゃなかったのに
去年あたりから突然食べたくなって
好きになった果物です。


これもなにか私の体にとっては、意味があるのでしょう。

私はそれが何かはもう気にならないけど
「欲しくなる食べ物にはちゃんと意味がある」
っていうことを、信じてるからです。


過食が止まらないときだって、
「そもそもカロリーが足りない」
っていうサインだったり

カロリー不足でも
カロリーは過多であっても
「栄養不足だよ、食べ物いれてくれよー」
っていうサインだったり

(とくに過食時以外食べないように我慢してる食べものが欲しくなる)

食べ物や栄養は足りてても
「体の休養が足りない」
「心の栄養が足りない」 
っていうサインだったり。



コレも私も科学的根拠がないと、
自分の食欲を信じられなかったので
いろんな情報書いてきたのだけどね。

ブログの初期や二冊の本に書いたようなやつです。


こういうのフェイスブックなんかに書いてると
ケーキ毎日一ヶ月も食べ続けて太らないの?”って、
よくきかれるんだけど、どうなんだろうねえ。

食べ過ぎて太ったとしても、モトの食事にもどればまた増えた体重も自然に戻る。
*特別なイベント続きの時期や旅行などでたくさん食べて太っても、またもとの食生活に戻れば戻るっていうあの話です。人間の恒常性(ホメオスタシス)の働きから説明してきてます。

これを、太ったらダイエットしなきゃ痩せないでしょ!って思ってる人はこの辺
>「正月太り解消法はコレ!」に負けるな


だからわたしも、自然に任せてからよくわかんない。、
もし増えたとしても、500Gくらいかな。

でもそのくらいは、人間として当たり前の「1~2キロの変動」の一部のような気もします。
そうではなくて、1キロ増えたら戻すの超大変、ていう人は、それこそ、飢餓の防衛反応かもよ。

この辺については>こちらの記事

わたしも昔、激しいダイエットをしてるときは、ちょっと食べただけでも変動が凄かったよ。


少ない栄養でも脂肪として溜め込みやすい省エネ体質についてかいてきたけど、コレも過食のサインと同じで

体が栄養が足りないよ、

またいつ来るかわからない飢餓に備えて隙あらば食べておこう、

できるだけ動いてもエネルギーを使わないように
基礎代謝を下げよう、できるだけ脂肪として蓄えておこう・・・

そのために甲状腺ホルモンや体温を低くしよう
>飢餓で太れるワケ~甲状腺ホルモン編


って必死に体が飢餓状態から生きようとしてる証拠
なんだよ。

*飢餓状態はカロリー不足でも、
カロリー過多でもなりますし
過食してたってなります
 嘔吐や下剤、無理な運動、無理なダイエットでもなります。

>栄養不足と食欲


体重の細かな変動ばかりみて

「なんで!あんなに頑張ったのに、食べないでいたのに体重増えてる!だったら過食して嘔吐や下剤や無理な運動で維持したほうがマシ」

とかっていう思考になっちゃうの、私もそうだったけど、、

それ逆なんだよ
それしてるから、溜め込み体質になっちゃうんだよ。

っていうこと納得するためにも、

体の仕組み、
栄養とストレスの関係
「体と心のつながりについても
「人体(心を含む)の仕組み」として理解すること、
これもわたしは、大切だと思ってるんだ。

最近心の記事ばかりだから
体のこと、過食の意味についても

忘れちゃった人は、
体のことをかいた記事も
復習してみるといいかも。


リンクを載せたいところですが
アレもコレも一杯読まないと多分、繋がらないと思うので
探すのは、皆さんにお任せします。

ほんとうはそこまでできたらいいんだけど、ごめんね(/_;)

ブログの横についてる「ブログ内検索」で
キーワード使って調べたり
最初から2012年くらいまで読めばだいたいの記事は読めると思います。

個人的に聞きたいことがある方は
個人セッションも受け付けていますが
ブログ内に書く内容としてリクエストいただければ
全てにお答えできるとはかぎらないけどこちらは無料で
*バナーの下のリンクからメールフォームで受け付けてます

今日の記事だけでも、何かを思い出したり、やってみよう、読んでみよう!って思っていただくきっかけになればいいな。

みなさんの応援クリックが更新の励みです!
 ↓
           ↓ 


個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害のご相談についてのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから
不定期開催「美人塾」のご案内(次回のおおよその予定決まりました

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

摂食障害 ブログ村
過食症・過食嘔吐 ブログ村
ブログランキング 摂食障害

⇒「主要記事リンク集」(←ここから読んでね)
⇒コメント&メール相談の前に


(都内)摂食障害の方のご家族対象の会を開催します(恋人の方も可)

***********************


先日、お知らせいたしました美人塾、
札幌会場のお申込を開始します。
*美人塾とは、摂食障害、ダイエット依存、生き辛さに悩む当事者対象の会(ご家族・恋人参加可)。クリック>美人塾ってなあに?

*その他の地区(さいたま、東京、仙台、名古屋、大阪、広島、神戸未定)は12月頃を予定。6月中に発表します

■会場:大通駅より徒歩
*詳細はお申込後にメールでご案内します

■日時:2015年8月1日(土)


午前と午後ではテーマが異なります。

■午前の部 10:10~12:10
 内容、テーマ: 食欲、運動、ダイエットについての考え方、付き合い方 私から説明も少ししますが、皆さんからの質問疑問をメインに進めます。 人数が少ない場合は、私のほうから良くある質問を纏めたり、出席者の皆さんのアンケートから質問をピックアップし、それにお答えしてきます。

■午後の部 13:10~15:45(休憩あり) 

 内容、テーマ:摂食障害、ダイエット依存と生き辛さについて。
どのように治るのか、治すのか、 「治る」とどのような状態になるのかなど。症状そのものよりも「心」をメインにステップあやが最初にスピーチ、その後質疑応答の時間を設けます。話すのが苦手な方は聴いているだけでもOKです。質問を紙に書いて渡していただくなどでもかまいません。

■詳細、お申込方法は以下のリンクからどうぞ。

クリック詳細&お申込み方法はこちらをclick


みなさんの応援クリックが更新の励みです!
 ↓
           ↓ 


個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害のご相談についてのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>こちらをよくお読みになってから
不定期開催「美人塾」のご案内(次回のおおよその予定決まりました

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです
いいね!した人  |  コメント(0)