摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。







■このブログは1つの記事が長い多いため、できるだけパソコンで読むことをお勧めしています。

■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)

>リンク集1(栄養、食欲、体重、運動)


>リンク集2(摂食障害の心&回復)

*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください



コ コ カ ラ美人生活塾

▼摂食障害 生き辛さ当事者対象の会

(ご家族・恋人参加可)

⇒美人塾って何

メモ↓詳細&お申込み
 
右矢印東京日程1/札幌/仙台/名古屋/大阪/広島/博多

 右矢印東京日程2


 12月~LAから各地を訪れます!


▼摂食障害の方のご家族・恋人対象の会

メモ↓詳細&お申込み
 右矢印12/23@東京・詳細&申込み


┏━━━━━━━━━━━━━━━


▼講演、メディア掲載情報

 右矢印こちらをクリック


 ※高校家庭科資料集『LiveView』
 『an・an』『FYTTE』 『Saita』
 『President』などに掲載されました





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
個人セッションのご案内  

対面・スカイプ・LINE・電話


★日本での対面セッションは2016年11月22日~2017年2月4日までJR大宮駅付近にて行っております


右矢印詳細はこちら

・摂食障害、病気ではないけれどもダイエット依存や生き辛さを抱えているご本人だけでなく


・ご家族のみのセッションや親子、夫婦など2名でのセッションも承ります


・家族・友人・恋人関係、仕事 などこのブログや本で何かを感じた方ならどんなことでもご相談ください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━

右矢印ステップあやの著書&お勧め本




・緑の『心と体が軽くなる~』はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。
・ハートマークの『ステップあやの食べて痩せた~』は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼注意事項とお願い 



■コメントは承認性です。

■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体、個人にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。

■以下の記事に必ず目を通してください 
 >コメントするときの注意点
 >コメント返信・メール返信について

■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいませんが、後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです。




テーマ:

メディア掲載著書全国美人塾個人セッション
リンク集1-食・体重・運動リンク集2-心・回復   

※初めての方は↑の「リンク集」から読んでね~
※対面セッション@大宮は2月初旬迄、スカイプ、電話、LINEは 年中無休
 

 


 クリック摂食障害ブログ村ranking
 クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
 クリック摂食障害ブログランキング



ステップあやです~。

 

12月の美人塾にきてくださった方からの感想ですが、ブログ読者の方にもこんな感じの方多いとおもうよ~



↓↓


10)ブログ掲載(可)

(9)あやさんのブログは以前から読んでいましたが、その時その時の状態に合う記事が必ずあり、あやさんは私の中で神でした。

そんなあやさんに初めて直接お会いできて、美しさと包み込むような温かさに感動しました。
この世に本当に存在しているんだなって感動もありました(笑)



私は2日間の参加を希望していましたが、
2日目はキャンセルしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
そのことを少し書かせてください。


1日目、あやさんからは参考になるお話が聞けてとても充実した時間でした。

私は特に「病気が治ったらではなく
病気の自分でもできること」と
「選ばれる人から選ぶ人になる」が
印象に残っています。


あやさんの今までの人生の流れを聞けたのもよかったです。


しかし、私にとっては辛い時間でもありました。
今の私はなんなんだろうって思ってしまったからです。



体重も生理がくるくらいまで増えた、

こだわりはいっぱいあるけど
食べられるようにもなった、

家族の支えもある、
普通に仕事もできている、

まあまあ友達もいる。

(唯一過食嘔吐はやめられないけど)



みんなの苦しさ辛さを聞いていたら、
わたしって何?
って悲しくなってしまいました。


みんなからしたら、
私は全然マシな人に見えたと思います。

この子なにが辛いんだろうって
見えたかもしれません。

でもそれが辛いんです。

死にそうな時から一生懸命這い上がっての今があるのに、そんなこと他人からは分からないじゃないですか。



だから正直羨ましかったんです。
痩せている人が。

病的に痩せていれば、
皆から辛さを分かってもらえる。
心配してもらえる。


私だってガリガリの時があったんだよ
って言いたい。


もうみんな、
今の私が当たり前になっているんです。


でも違うんだよ、
当たり前じゃないんだよ!
頑張ってここまできた今は
当たり前じゃないんだよ!
悔しい悔しい苦しい!



私はまだ痩せている人を見るのが

辛いんだなって今回分かりました。
 

痩せている人を見ると

あの頃に引き戻される自分がいます。


でも今の私は
周りの支えもあるし、
仕事もあって、
前よりは普通の生活が送れています。

だから、もうそういった大切なものを

失わないために引き戻されてはいけないんです。

そして実際に、周りの

「キラキラ女子」達に憧れる自分もいます。

今のわたしの中にはわたしが2人いるんです。

また病的に痩せたいわたし、
摂食障害から解放されて
キラキラした生活を送りたいわたし、
このふたつの世界の狭間で生きている今が
とても辛いです。


あやさん、
私もあやさんに抱きしめてほしかった。
あやさんのサインだって欲しかった。


あやさんに少しでも
私の話聞いてもらいたかった。

でも、私よりもっともっと辛い想いをされている方がきっと多かったから、私なんかがって思ってしまいました。


家に帰ってワンワン泣いて、それで2日目は行けませんでした。

本当にごめんなさい。

でも、あやさんが

 

「モヤモヤした気持ちは
 そのままにしないでね」

って言っていたことを思い出し、
今回対面セッションを

申し込ませていただきました。


どうか、今の私の生きづらさを聞いてください。

もう一度あやさんにお会いできること、
とってもとっても楽しみです!
よろしくお願いいたします。

※とても長くなってしまい、すみません。ところどころ、良くない表現や私の感情だけで書いてしまったところがあったと思います。
本当にすみません。



*********

 

 

色々、伝えたいことはあったのですが

ご本人にはもうお会いして

話を聞いたり話したりしたので、

太字の部分を皆さんとシェア。

 

 

ここは、

読者の方にも多いところで

 

症状や体型や

回復の段階と辛さの比較、というか、

思い込み、がとっても辛い感情を生み出しちゃってるのだと思う。

 

 

本人はこれはこーいうこと、って

思い込んでるわけだから気づきにくいのだけど

 

たぶんね、

 

>痩せてれば辛いってわかるじゃないですか

 

っていう部分は事実ではなくて

心のフィルター(思い込み)なのだとおもう。

 

そのフィルターはもしかしたら、

 

たまたま自分の場合は

病的に痩せたときに

親が心配してくれた。。。とか、

そんな過去の体験が作り出したフィルター・・・じゃないかな?

 

 

"みんなこの子何がつらいの?って

 思っていたと思います"

っていうのも、まったく予想はずれの

想像、妄想、マイストーリーだとおもうよ~

 

 

 

実際はね、

 

病的なほど痩せても

”勝手にダイエットしてるだけでしょ、いい加減にして”

って怒られるばかりで

親にも辛さをわかってもらえない、

っていう人もいるしね、

 

私もそうだったけど

健康状態が危なくなるほど

痩せたことない摂食障害の人もいっぱいいるんだよ~。

 

 

美人塾の参加者の方もこのブログにも多いです

 

だってね

このブログ書いてる私がそういうかんじだったから^^;

 

一番症状がひどいときも

一番体重が低いときも

 

誰にも親にも心配してもらえるどころか

甘えだ~っていわれてたからね。。

 

 

 

社会生活と症状と両方やって

誰にも気づかれずに

学校や仕事はなんとかやりながら

過食嘔吐、あるいは拒食と運動・・・

 

っていうことが

火事場のバカ力でできてたときが

18年の体験のうちの半分以上だったんだけど

 

やっぱり、

自分にも他人にも

病気って見ただけではわからない辛さはあった。

 

食べることがうまくできないのも

生きることがうまくできないのも

 

甘えじゃないかとか

自分にも他人にもいわれてしまう

そういう辛さってうのは痛いほど感じてきたよ。

 

ずっと、普通に生活できてるときも

辛くて苦しくて

でもそのように感じながら生きるのが

普通だと思っていたから

生き辛さなんて言葉もピンとこなくて

 

ただ、ただ

早く人生おわらないかなって思いながら

死にたい気持ちで生きていたよ。

 

 

そして、そんな私も

回復期にはいってから

太っても治したい、って思える気持ちが育ってきて

 

できるだけ吐くのやめようってこともできるようになったり

過食以外の食事をちゃんと食べたり

 

。。ってことも

少しずつやりだして、

 

体重はもともと痩せてないのに

治す過程としての

体重増加期っていうのも

経験してきたわけだけどね、、

それはそれでまた辛いことはあったよね。

 

 

症状真っ只中の辛さとは違って

回復期だからこその辛さっていうのもあってさ。

 

 

そもそも

摂食障害の手段使っても

痩せたい気持ちとか

過食嘔吐で曖昧にしたくなる気持ちが

なぜーそーなっていたのか、、

っていうのは

やっぱり根本に生き辛さがあるわけなんだけど

 

食症状とか体(脳)の低栄養状態が悪いときって

それきいてもヒトゴトだし

自分にはやっと関係ないきがしちゃう

そんな時期もあるんだよ

 

でもそこから回復してきて

進んできたからこそ、

 

心とのかかわりについて

感じる力もついてくるし

悩むこともできるようになる、わけだからさ。

 

 

その時期のつらさも言葉にしたら

辛い、なんだけど

 

やっとやっと、

生きることについて悩むことが

できるくらいまで回復したってことなんだとおもう。

 

 

私の18年の摂食障害のうち、

初めの10年は

太らないために食事はどうしよう、

運動はどうしようってそれだけしかみえなくて

 

いや、生き辛さなんてない、

痩せればあれもできるしこれもできるし

太ると辛いんだから

過食さえとまればいいんだ~!って思って

今度こどちゃんと食べるぞ過食しないぞって

それだけのときは

いくら悩んでも苦しんでも、終わりがなかった。

 

 

でもその後、

 

生き辛さに気づいてそれに悩むようになると

それもつらかったけど、

それっていうのは

 

誰かに話をきてもらおうとか

いろんな人のいろんな話をきいてみよう

って人の話に耳を傾けてみて

反発してみたり何かに気づけたり

 

そんなことしながら

乗り越えたり

成長したりしていけた。

 

その感覚は辛かったけど

なんかそういうのが

辛いけれども

生きてるって感じがしたんだよね。

 

また死にたくなっちゃったり波はもちろんあったけど^^;

 

 

ここ、

気づきにくいかもしれないから

もう一回かくけど

 

誰かに話をきてもらおうとか

いろんな人のいろんな話をきいてみよう

って人の話に耳を傾けてみて

反発してみたり何かに気づけたり

 

 

これできるようになったこと

これからなっていくことって

 

それが、それこそが

ちゃんと生きて悩んで成長してる、

ってことなんだと私は思う。


 

だから、

 

もやっとした気持ちも

体型のことに傷つきやすかったり

食事がうまくできないことも

自分で全部解決しようとしないで

 

身近な人にも聞いてもらったり

自分とまったく違う人の意見や考え方をきくなど

人の力をかりて

助けてもらえるところは助けてもらいながら生きる

 

そういうスキルも

身につけてくことも成長なんだ。

 

 

 

そういう意味では

まず、私に(他のカウンセラーさんでも)

自分の話を聞いてもらおう

人の意見をきいてみようって思って

行動を起こしたことそれ自体が

 

もうすでに

「人を頼る」スキルを身につける

っていう成長をしてるってことだとおもうし

大きな前進・成長なのだと思います

 

これをきっかけに

周りの人にももっと自分の問題【と思ってること)を

みせていけるといいね。

 

自分ひとりだけで

考え方やらなんやら勉強して

考え方変えようとかしても変えられないことってあるよ。

 

人とのかかわりの中で感じていかないと

まったく実感できない

腑に落ちないこと

自分の考えの中でぐるぐるしちゃうことって

ほんとうにあるから。

 

 

食べることも

生きることも

それくらい自分でなんとかできるはず・・・

 

って思ってできることはやればいいけど

一人じゃどうにもできないこと、とき

っていうは必ずある。

 

だからこそ

 

病気でも病気なおってからも

そもそも病気じゃなくても、

 

人を頼りながら自分でできることをやる

っていうのが

自立した大人の生き方、なんだよね。

 

そこ間違って

なんでも一人で解決できるようにならないと・・

なんて思い違いしてひとりでがんばってたら

 

超ポジティブな人でも

人生のどっかで病気になっちゃうよ~~

 

 

もっとかきたいけど、

今日はここまでにしときます^^

 

▼関連リンク載せときます

 

>食症状・体型の比較で落ち込む(痩せてるんだから、食べられるんだからいいじゃんなど)

 

>摂食障害者同士闘い、症状の比較、体重の比較,,etc

 

摂食障害が治ったのに心が辛い

 

>過食が止まったら「辛い」です

 

自分の比較の仕方とは違う比較の仕方、

症状や体型に対する感じ方もあるかもしれませんが、、、

 

私は、

症状のことにかかわらず

生き方やライフスタイルにおいても

こー言う私はだめ、あーならないと。。っていう

自分の思い込みは、

 

自分とまったく逆の思い込みを

持ってる人の話をきくことで

はっと自分の呪縛が思い込みだったのかも

って気づくきっかけになったりしました。

 
一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです★
クリックラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック

 
コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

  
コメント・ご相談メールは>こちらから
 
個人セッションのご案内
2月初旬迄@JR大宮駅付近にて対面有
(対面、Skype・LINE、電話)
摂食障害・ダイエット依存・生き辛さなど
ご本人&支える側の方もどうぞ



ステップあやの書籍その他お勧
め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

※初めての方は↑の「リンク集」から読んでね~

※対面セッション@大宮は2月初旬迄、スカイプ、電話、LINEは 年中無休
 

 クリック摂食障害ブログ村ranking

 クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking

 クリック摂食障害ブログランキング

 

 

 

お正月明けのこの時期だから・・

これをリブログ。

 


 

>>”「正月太り解消法はコレ!」に負けるな”


 

テレビや雑誌に洗脳されちゃうときは

”できるだけ”

離れる、手に取らない選択を

そのためにどうすればいいか考えるというスキル。

 

 

 

一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです★

クリックラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック

 

コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから

 


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

メディア掲載著書全国美人塾個人セッション
リンク集1-食・体重・運動リンク集2-心・回復   

    ⬆   ⬆
※初めての方は⬆⬆のリンク集から読んでね
※対面セッション@大宮は2月初旬迄、スカイプ、電話、LINEは 年中無休



 クリック摂食障害ブログ村ranking
 クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
 クリック摂食障害ブログランキング
 


ステップあやです♥
お久しブリーフ←自動変換で出てきたあんぐりうさぎ

まだ日本にいます~

今日はいつも個人セッションに来て下さる
ある方の気づきをご紹介。
※掲載許可はいただいております



手紙手紙


目がキラリンって覚めてたから
色んな記事よんでたよー

昨日ね、清原さんのインタビューを
テレビで見たのね。

そこでね

「私は薬はやってたけど、
仕事の前はしないとかしていたので
コントロールできている

依存症ではない、と最初は思ってました」

っていってて、そのタイミングでなんか泣けてきたんだ。


私もずっとそう思って、
今もたまに思うことあるから。


こんだけコントロールできていないのに、
意思でどうにかできるよーな気になったりするし。


けど、あやさんもいってたけど、

「みんな、これ位(食べること位、過食やめること位)

 できるはず、できるのにっていいながら
 自分の意志でどーにかしようとするけどさ、


 実際そのやり方で

(自分の意志のせいにして

 意志でどーにかしようとするやり方で)

 

実際できるの?できたの?」


って本当にそれだよね。



できない(T . T)


物質依存と摂食障害はちがうけど、
依存症っていう意味で、
自分でコントロールできるような気がする感じ

(できるはずなのにできないと自分を責める)

ってとこは、同じなのかなっておもったの。



薬物依存症なんて、正直
別世界の様なイメージだった。

けどなんか話を聞いてて
わかる部分が結構あって

その怖さと共感と
摂食障害も「病気」なのかも...って

今更だけど、涙でてきたんだ。


なんか、このさ、

やめようと思えば
いつでもやめられる気がするけど
意志が弱いからやめられない、
みたいに思ってしまう感覚も含めて病気なのかもね

(引用ここまで)

 

.........✱.............✱...........✱


ステップあやです。

そうそうそうそうそう。
 

これいい気付きだね。


ずーっと書いてきたことだけど
何年読んでても、

過食や拒食の症状のこと、
症状のためにできないことを

自分も周囲も
意志の弱さや甘えや
痩せたい食べたい自分の欲求ばかり優先するワガママ、、


という勘違いで
病気を病気と認めず
ただ自分の意志のせいにして

コントロールしている
私は、私の意思でやってる、って
最初は思うんだけど


そのうち
コントロールできる、という前提はかわらず
できるはずなのに出来ないとして
自分を責めては
なん度もなん度も今度こそ今度こそって
ひたすら自分の意志だけで治そうとして、

敗北感と罪悪感を強めていく。



これは
苦しいだけではなく、
病気を治すという過程においても
悪循環になっちゃうんだよ~



ってことはずうっと前から

何度も何度も書いてることだけど
 

何度読んでもいわれても
自分の意志の弱さのせいの

ような気がしてしまうから

自分で意志をかたくすれば

なんとかできるはずだこんどこそ!って

 

何度も何度も

何年も何年も

誰も頼ろうとしないで
1人でグルグルしちゃう。。

 

私もそうだったから

だからこそ私は、

何度でも言うよ。



意志の弱さだ甘えだ我侭だって
本人を責めても

それで苦しくたって
それで治るなら
それもいいと思うし何も言わないけど
 

そうじゃないんだ、

意志のせいにして何度意志をかたくしても

何度できない自分をせめて

自己肯定感低めていったら

もっと症状のエネルギー強くなるんだよ。


・・っていうのは

このページだけでは

複雑すぎてなかなか説明できないので
いくつか関連リンク載せときます。

摂食障害=たべること、痩せることへの依存は
薬物依存のような物質依存ではないから
抜かなければいけないものは、ないってこととか

そこも書いてるよちゃんと。



でも、
共感できる苦しさも
治す時のヒントも共通点はあると思うし



摂食障害とは違う人の違う話をきいたほうが
今日のこの記事の方みたいに
ピンと来ることがあったり

自分を理解するきっかけになることもあるんだと、わたしは思う。


読むときのタイミングにもよるとおもうから

前に読んだ人も読んでみてね。


右矢印「痩せること」「食べること」に”依存する”とは(依存症とは-その3


↑この記事の最後にも

 たくさんリンク載せてるから読んでみてください。

とりいそぎ、その中からいくつか。

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

回復編

右矢印摂食障害は「治らない」=「治る病気」(痩せること・食べることへの依存からの回復とは何か-1)



右矢印摂食障害からの回復、体に「入れる」「満たす」がキーワード(回復の指針その2)



右矢印摂食障害の心の回復、健康的な依存対象を増やす=快楽物質の分泌経路を増やす(回復の指針その3)
 

 

 

一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです★

クリックラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック


コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願い
  お読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは
>こちらから

メモ個人セッションのご案内
 ↓↓
✱LINE、スカイプ、電話
✱対面セッション@埼玉JR
大宮駅周辺にて
 ~2月初旬頃までの帰国時その他
 
 
 

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)