燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「対人関係・コミュニケーション」「回復の過程」のテーマの記事は病気でなくても生き辛さを抱える方に読んでいただきたい記事です。
摂食障害の方は食や体重や体型に関する知識の偏りを正すことも必要なので古い記事から読んでみてください。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ


※このブログは 1つの記事が長い記事が多いため
できるだけパソコンで読むことをお勧めしています。

はじめての方は必ず読んでください↓↓
 
>>コメントするときの注意点!

>>コメント返信・メール返信について

>>主要記事へのリンク集一覧
 ←注)膨大です。
>>目次

一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。



摂食障害・ダイエット依存・生きづらさからラクになる
 コ コ カ ラ 美 人 生 活 塾
 >>美人塾ってなあに?
 >>これまでの皆さんの感想はこちら

 >>よくある質問はこちら

▼ 2013年冬 仙台、東京、名古屋、大阪、広島、博多
  2013年の美人塾は終了しました。
 
★開催情報をいち早く受け取りたい方は>こちら



2013年12月

クリック 
講演会 in 神戸
終
*こちらは美人塾とは違い、摂食障害やダイエット依存の当事者や経験者、ご家族(恋人)である必要はございません。趣旨や進め方、形式も異なります。

 


クリック 個人セッション(スカイプ・電話・対面)



手紙⇒ステップあや連絡先   
ご意見やご感想、ブログや本の議題リクエストなどは、上記リンク内の注意事項をお読みいただきご了承いただける方は、「読者専用フォーム」からお送りください。


★コメントは承認性です。 
エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、
特定の団体にリンクするコメント、誹謗中傷、その他
読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。

★当ブログはリンクフリーですが、後日リンク掲載先URLをご連絡ください
NEWお願い: 体重や体型、それにまつわる言葉に繊細な方や、それでも本当にキレイな心身(からだ)を目指して体重増加期と立ち向う人が集まる場所だということを頭に置いて発言しましょう。


燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!★ココ・カラ美人生活塾へようこそ★


『心と体が軽くなる本物のダイエット』(実業之日本社)
★アマゾン 楽天  セブンネット

全国書店”にて発売中!
(店頭にない場合は予約、取り寄せ)

★>【電子書籍】はこちら
  

☆ ⇒感想ページはこちら




『ステップあやの食べて痩せた!最後のダイエット』(主婦と生活社)

現在紙の本は書店で取り寄せ可能な分のみになっています。

★【電子書籍】はこちら


レビューは >>アマゾン>楽天 などでごらんいただけます。
 
NEW !
テーマ:


初めての方は最新記事でなくこちらから(膨大です)
>「主要記事へのリンク集」
>○○についての記事が読みたい(関連記事検索の仕方)
 コメント欄&メールはこちらの注意&お願いを読んでから 

>>摂食障害(ブログ村ランキング)
>>自己啓発(人気ブログランキング)


読者のアリアドネさんからのメールに、
ちょっとした返信をしたのですが、
それに対して率直な感想をいただきました。


※メールのやり取りがブログに掲載される旨は送信時にご了承済のチェックをしていただいてます。


アリアドネさんの最初のメールでは

「みんなは摂食障害はあっても
 それ以外の病気がなくて健康でうらやましい。
 自分だけがこんな病気で・・・」 

・・・という内容の投げかけをいただきました。


それに対して私が
「いや、摂食障害だけじゃなくて、他の病気や障害を抱えている人は一杯いるよ*(私もそうだったしね)」
という内容の返信をしました。


すると、それに対して、アリアドネさんから以下のように返信をいただきました。

”そういうことを言われるのが一番「悲しく」「怒り」になります。

理由は、小さいころから
そうやって母親に妹や周りと比べられてきたからだと思います。
家族や親戚にも不要な不細工とデブと罵られたのも、摂食障害になった理由です。

あと、家族や親戚には高学歴や美男美女が多く、それでお前どこの子やという環境でした。”


これ、ちょうど、人とのつながりのお話
(人とコミュニケーションで、傷ついたり悲しんだり怒ったりという感情で生きるのが辛い、だれもわかってくれないような孤独感について)と、「思い込みのフィルター」の具体例になりなので、
私のさらなる返信を編集して記事にしますね。

※もっと実際はこれよりも長いメールでしたが、要約して載せます。

-------------------------


さっき、私の最初の返信の真意についてメールしましたが、セッションに入る前で焦って書いたので、説明が足りず、もしかしたら「責められてる」と言われている気がしてしまったかなと思うので、もう一度書きます。

それと、まだ私のブログを2月に見つけたばかりとのことなので、「結局あなたが悪いんでしょ」といわれている気がしてしまうかもしれないとも思ったので、もう少し言葉を足して説明しますね。


えっとね、私は先ほどもお伝えしたように、
ただ純粋にアリアドネさんの素朴な疑問にお答えしただけなのね。

そして、そこにこめた言葉は「ひとりじゃないよ」ってメッセージだったの。

だけど、アリアドネさんの心の中に

「過去の辛かった体験」というフィルターがあります。

それにかかると、
実際はそうでないことまでも、

「自分は大切に扱われなかった結果」として、
現実とは違うものとして、
「誤解」して受け取れてしまったということなの。


アリアドネさんの過去のフィルターにかかると
自動的に 
「あ、また責められた!」
「あ、また比べられた!」

というふうに反応(負の感情)がでてくる。

つまり、
「大切にされなかった」「蔑ろにされた」という誤解が生じる。

だから、悲しい、辛い、傷つけられた、腹がたつ、
ということなのね。



その心のフィルターができるきっかけになった過去の辛い体験の詳細は人それぞれ違うけど、アリアドネさんのの場合は、いじめとか家庭環境とかで、「責められた」体験かもしれません。

それだけ辛く強烈な体験をしてきたということなんだと思います。



この心の癖は、
摂食障害やその他依存や生きづらさに悩むみなさんにとても多い特徴なのですが、そのために、

いつも責められているような、
周囲がみんな自分を嫌っているような、
大切に扱ってもらえないような、
蔑ろにされているような

・・・気がする。
つまり、「誤解」して受け取ってしまうのです。



苦しい気持ちを、「誤解」というと
また「酷い」「本当なのに」って思うかもしれない。

でもね、本当に誤解の部分も多いはずで、それに気づかないと、自分自身が辛いままなんだよ。

だって、その誤解を真実と信じ続けるということは
責められてないのに、責められている
大切にされているのに、蔑ろにされている、
と感じるたび、
自分はそういう扱いを受ける人間なんだと
信じ続けるということなんだもの。


わたしも以前はその心の癖のために、すごくつらかったです。

だからいつも孤独で、人が怖くて、だから人の顔色みながら嫌われないための自分を演じることに必死だったんだ。


これね、

だから、あなたが悪いのよ、っていう意味じゃないよ(←ここ注意)


そう、自動的に反応してしまわざるをえなくなるほどの辛い体験が過去にあったから、今目の前の出来事を、自動的に過去に絡めて意味づけしてしまうクセがついちゃった、

・・・ということでしょう?



そういう誤解ベースの受け取り方
ひとろから
繰り返しやってるとしたら、本当に辛いと思う。

心が健康な人だって心を病んでしまうのも、何かに依存しなければバランスとれなくなるのも不思議じゃないヨ・・。


もちろん、心が元気なひとでも誰でも、ある程度はそういうところはあるから、その思考自体が×ってことではありません。

ただ、「生き辛さ」に悩む人は、
摂食障害やその他依存の症状があるにしろないにせよ)

その
「程度」と「頻度」がひとより強く、
それが「癖」になっている状態です。


だから自分のその心の癖がある人は
その癖に気づいてほしいなっておもって
こういう記事を書いています。


”私もあるなぁ”っておもう方は
怒りや悲しみが生まれたとき、
心のフィルターがそう思わせてるだけじゃないかしら?って
点検してみてください。


そして

蔑ろにされたような、
愛されてないような、
認めてもらえてないように感じるのは
実は勘違いかも?ってうたがってみる癖をつけてほしいの。


相手の事情なんかも
自分のために(←ここポイント)、考えてみる。

そうやって心のエクササイズしてるうちに
またいつもと同じように
「また大切にされなかった」
「また比べられた」

「蔑ろにされた」
「愛されていない」
「認められていない」
っていつも通り反応してししまっても

それはフィルター通してるからそう感じるだけで、
現実はそうじゃない。

本当は
大切にされてるし
愛されてるし
認められてる、

という「現実」に気づけるようになっていくから。



これを応用できるようになると
もしも誰かに明らかに否定されたときでも
ただひたすら
「否定された」
「自分の気持ちを蔑ろにされた」
という受け取るのではなくて

「その部分について」意見が「違う」のかなと思えたり
自分が否定されてるわけじゃなく
否定されたのは「その部分」についてだ、と思いなおせたり
相手の事情であんな言葉(態度)になっちゃったのかな・・

と考えられるようになってきたりもします。


自分で違う角度から考えてみることがうまくいかず、どうしてもいつもの思考パターン(大切にされなかった、蔑ろにされた)に戻ってしまうときは、
違う角度から考えるのを手伝ってくれる人がいると、いいかもしれません。

そのうちに、本当は自分は蔑ろにされる存在でなく、自分が思うよりも愛され大切にされている存在だと気づいていってほしい。

そのように思います。


でもここで、他の考え癖も同じことなんだけど、
「自分の劣っているところ」としてみないでね。

だって、そうならざるをえない体験があったからそうなっただけ。

あのとき辛かった気持ちは
自分でちゃんと認めてあげること。

これは忘れないでくださいね。


急にそう思えなくて、
どうしても蔑ろにされたような、
大切にされなかったような、
全否定されたような気がしてしまうかもしれないけど、
あとからでも、思いなおしてみることができたら、それでいいんだと思う。

頭でわかっていても、
腹が立つ、悲しい、。。って感情は生まれるけど、
それは当たり前だよ~

人間だもん(*^_^*)。
人間らしい感情だなぁって受け止めていいんだよ。

もちろん私もいまでもそういうこと、あります。


※分かりやすそうな具体例だったので、アリアドネさんからのメールと私宛てのメールを一部、お借りしました。


このあと、アリアドネさんから
一方的に誰かが悪いのではなく
自分だけが悪いのでもなく、
辛かった体験が影響して「今」こういう考えになっていて
そのために
「温かい現実」までも苦しく辛いものに”見えてしまっている”
ということについては伝わったようでした。

そのあと別件で頂いているメールも、返信できてないけど、全部読んでるよ。いつもありがとうね^^


※ランキングカテ、暫く変えます
応援してくださる方は↓バナーを一回ずつクリックお願いします

   クリック       クリック
 
お悩み・無相談は⇒こちらをよくお読みになってから

メモ個人セッション(スカイプ・対面)⇒お問い合わせはこちら


燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!★ココ・カラ美人生活塾へようこそ★『心と体が軽くなる本物のダイエット』(実業之日本社)
★アマゾン 楽天 セブンネット 

全国書店”にて発売中!
(店頭にない場合は予約、取り寄せ)
★>【電子書籍】はこちら
  
☆ ⇒感想ページはこちら


『ステップあやの食べて痩せた!最後のダイエット』(主婦と生活社)
現在紙の本は書店で取り寄せ可能な分のみになっています。
★【電子書籍】はこちら
レビューは >>アマゾン 、>楽天などでごらんいただけます


いいね!した人  |  コメント(4)
PR

[PR]気になるキーワード