燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

※このブログは 1つの記事が長い記事が多いためできるだけパソコンで読むことをお勧めしています。

はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)
>>主要記事へのリンク集一覧 (注)膨大です
>>目次
**一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。
                            

メモ個人セッションのご案内
(スカイプ、Line、電話など) 
>>ご案内はこちらへ
摂食障害(拒食、過食、運動)、生き辛さ(対人関係、仕事、恋愛、etc)など
                             

摂食障害・ダイエット依存、”生き辛さ”からラクになる
メモコ コ カ ラ 美 人 生 活 塾

>>美人塾ってなあに?
>>これまでの皆さんの感想はこちら
>>よくある質問はこちら


2014年は11月末~12月半ばに開催予定。  
仙台、都内、大宮(埼玉)、大阪、名古屋、広島、(できたら神戸)を予定しています

音譜次回の開催情報をいち早く受け取りたい方は
>こちら

                            

メモメディア・講演(上記美人塾以外)
                            

手紙⇒ ステップあや連絡先    
※ブログ、本の読者の方は、上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。
                            

★コメントは承認性です。 
エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。

↓必ず目読んでください
>>コメントするときの注意点
>>コメント返信・メール返信について

★当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。
後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです
                            

ステップあや(本ブログ管理人)の書籍、その他摂食障害やダイエット依存関連お勧め本は>>コチラをクリック

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!★ココ・カラ美人生活塾へようこそ★  


テーマ:

今、昨日の続きの甘える・頼るを許す、について書いてるんだけど、長くなりすぎたて、削る作業をしなければならないので(笑)、今日はM子さんのご報告の続きを先にUpしときます♪ 

:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

>過食症・過食嘔吐ブログランキング
>摂食障害ブログランキング
>ダイエットブログランキング


>>「主要記事リンク集」(←拒食・過食・ダイエット関連はここから) 
>>「○○についての記事が読みたい」(関連記事検索の仕方)
>>コメント欄&メール相談窓口をご利用の方へ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


 あやさん

あと、もうひとつ、
大きな変化があったので聞いてもらえますか?

半年ほど前から、
少しずつ確実になってきたこと。

4年前くらいになるでしょうか。
あやさんのblogで
「なりたい体型が変わってくるよ」
と言う言葉に出会ったときは

「私には絶対無理」

と思ったのを今でもはっきり覚えています。

当時の私は、
とにかく細くて華奢なモデル体型に憧れ、
どこに居ても「その場で一番細い女の子」
であることが重要で、

町や身近で痩せた子を見れば焦って
拒食や過食嘔吐に走る。。

--という事を繰り返し続け、9年目にさしかかっていました。



特に下半身、足へのコンプレックスが強く

「こんな太い足だから全て上手くいかない、
 自分が嫌い、醜い」

くらいに思っていたんです。


幼稚園の頃から母や周囲に「大根足」と言われ、
こっそり周りと比べ、
不安を募らせる毎日だったので、無理もなかったかな。


が!

なんと最近自分の足や体型を
「悪くないかな」
と思えるようになってきたんです!!

勿論細くなったわけではありません!

「太くてもいいや」という諦めや
「これも私」みたいな受け入れとも違います。

なんていうか
「私の足って可愛いかも」と言う感じなんです。

自分で言って恥ずかしいです、すみません(/-\*)


細くも綺麗でも決してないのですが、
何か良いかも♪って。

硝子や鏡に写る足も
普通に見られるようになりました。

以前は怖くて必ず目をそらしていたのに!!



あと、実は今日、10年振り
(10年前は拒食だったので買えました)に
買った水着を家の中で試着してみたんです。


その時彼が

可愛い!
全体的に丸くて
バランス取れてるよ!
全然大丈夫!

と言いながら


私のお腹と腰を手で挟んで、ひと押し(笑)


そんな彼の言葉や行動も、
以前の私なら、
ショックで顔面蒼白になり、
泣き出し、
無理なダイエットに励み、
耐えきれず過食嘔吐になり、
ボロボロになっていたと思います。


でも今日は

彼の言葉が心から嬉しく、
矛盾した彼の行動に
二人で大爆笑(笑)

幸せを感じましたし、
「これでプールにみんなと入れる!
 気持ちよさそう♪」
という思いを強く感じました(*´∀`*)



これって本当にすごい変化で、自分でも驚いています。

まさかこんな日がくるなんて。

「あやさんの仰る通りになった!信じて良かった!」
と改めて感謝です。

ありがとうございます!!

きっとこの先も過食に飲まれる日があるだろうけど、
この感覚を道しるべに戻れそうな気がします。

また、「回復の波」について書かれた本のページやブログは今のバイブルです!
懲りずに長々と乱文失礼しました(>_<)
返信不要ですー!

M子

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ここからステップあやです


まず、M子さん、シェアしてくださってありがとうね!


今は、4年前のM子さんみたいに

絶対私には無理(ノД`;)・゚・ 
って思っている皆さんも、


症状が今すぐ止まることに結びつかなくても、
「今の自分にできること」をこつこつしてるなら、
体型次第で地獄に落ちる生活=痩せたとき以外不幸な人生 から抜け出せるときは必ず来るよ。


あ、でも、私も摂食障害の当時は、
自分で書いてることを聞いたとしても

絶対無理、どころか

太るなら治るのいやだ、怖い
太ってもまあいいかって思えるようになったら
太ったままになりそうだからそう思えるようになりたくない

とかって思っていたと思うよ(笑)


でも、今はこうなれてよかったな~って思うし
こうなれた今、
昔なら引きこもってる体重だけど、
それでも今の自分を駄目だとは思わなくなりました。


体形についての受け入れ方は、人それぞれでいいと思います。
 
↓ こちらの記事にそのことを書きました
>自分の体に自信をもつvsコンプレックスと共存する


「丸っこいのもいいかな」って思えてたのに
「痩せたい!!!」って思うときがきても、その気持ちに騙されないでね。

こんな記事も、心に留めておくといいかもしれません

>治まってた痩せたい気持ち・過食が強くなる時

よかったら、読んでみてね。


無理してないと維持できない「がりがり」じゃないとイヤ、体型がいやなら体型を嫌じゃないものに変えないと駄目に決まってるじゃない、と思ってる方は、こちらも。

>自分にもなれそうな体型を目指す

>ティッシュを食べる痩せ過ぎモデルたち

今日はこれでおしまいです。

またね~★

↓ みなさんの、バナーの応援クリックが更新の励みです!

にほんブロ村 にほんブログ村 ダイエット ブログランキングへ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから


美人塾:摂食障害・生き辛さに悩む当事者・ご家族の会 11月末~12月開催予定

個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

そういえば 
M子さんがセッションにきたときね、
「安心の欠如」が今回の過食の背景にあるように思ったの。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

>過食症・過食嘔吐ブログランキング
>摂食障害ブログランキング
>ダイエットブログランキング


>>「主要記事リンク集」(←拒食・過食・ダイエット関連はここから) 
>>「○○についての記事が読みたい」(関連記事検索の仕方)
>>コメント欄&メール相談窓口をご利用の方へ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お話をうかがっているうちに
ダイエットの反動(体の過食)や
食べ物や食べ方差別のストレス(頭の過食)ではなく
心の過食の割合が高いことが見えてきました。


環境の変化のストレスで食欲が落ち着かなくなる、
というそれだけなら
健康な人にもある”やけ食い”で終わるけど、
さらに過食したことでストレスが生まれて
更なるストレス過食になってしまうという状態。

この場合のストレスっていうのは
一言でいうと
心に「安心」が不足してる状態
といえると思います。

*その安心不足のストレスが
心の過食じゃなくて
苦しい体重・体形コントロールの
小さな安心でバランスとろうとする、
「拒食」の症状に現われる人もいると思います。


○安心不足の原因


「症状に対する捉え方そのもの」が
安心不足の原因になっている場合があります。

この病気の本人でも、
自分の意志の弱さやだらしなさのせいだと考え
ストレスにしてしまう
のは
ほとんどの方が体験するものですが
M子さんの場合の場合は、
その考えを強化してしまう”背景”がありました。

それは、去年の美人塾でも話題になった
「脅しの治療的な考え方」 です(/_;)

私のところに来る前にとある相談機関で

「過食の子供への影響を考えなさい、
 あなたの子供も同じように苦しみますよ」

「いくらお金を無駄にするか、
 周囲の人にどれだけ迷惑をかけているか考えなさい」

・・・などなど、
恐怖をあおって過食を止めさせよう、って考え方
(=脅しの治療的アドバイス)をいわれ、
それによって、
すっかり心から「安心」がなくなっていたのです。

もともとのストレスで過食して終わり、にならず、
過食するたび脅しの言葉、考え方を思い出して
恐怖や罪悪感、つまり安心不足に陥ってしまう。

その安心不足のストレスによって
更なるストレス過食が上乗せされる、
という具合です。

脅し療法は絶対駄目、ってことじゃなくて
(私は個人的に好きじゃないけど)
どんなやり方でも、合う人には合うんだと思う。

私の書いてることだって、
ナニコレ気持ち悪い、ってもう人もいるだろうしさ。


ただ「ストレス過食」が強い人にとっては
その考え方で煽られる「不安」と「罪悪感」そのものが
ストレスとなり
そのストレスが更なるストレス過食を生み出す・・
。。。という悪循環に
陥ってしまったりする(/_;)

なので、M子さんとの
一時間半のセッションでお話したことは、

現在の環境で
「安心」を一つずつ心に
増やしていくための情報、
そして、その為に今できること

方向性は、それだけに絞られました。



>前のページに書いた
「症状に対する捉え方」も
「安心を増やす」ための考え方ともいえると思います。



また、カロリーや栄養や体重、食欲について
ストレスフルな考え方しか知らなければ
当然それも「不安」につながるので、
栄養と食欲の関連や体の仕組みなども
「安心」につながる情報も必要になってきます。

M子さんの場合は、そこの部分は
だいぶクリアできていたので
体重の変動と食欲についての考え方を
少しだけお話しておわりましたが
はやり、体についての情報も
「不安を取り除き、安心を増やす」がキーワードです。

*何を食べたらいけない、こう食べたら駄目、の情報ばっかり集めていれば不安になるのも当然なので、不安を打ち消す情報=安心につながる情報を自分で意識的に調べてみるのも、「今の自分にできること」の一つになるかもしれません。



そして、M子さんも書かれていた
「甘える」
「助けを求める」
「迷惑かける」ということも、
安心を増やすための方法です。

自分ひとりだと
誰にどのように助けを求めるか、
ということについても
なかなか思いつかないので
私もお話を聴いて、一緒に考えましたが
ここでも、方向性としては「安心を増やす」になります。


でもね~
こういうお話をすると、摂食障害の方は

今でもダメダメなのに、
甘えたり頼ることを許したら
本当に駄目になってしまう

とか

今でも迷惑かけてるのに
それを許したら
迷惑かけるなんてできません、

とかって考える。

M子さんの文面にも、
甘えたり頼ったりしたら迷惑じゃないかと思ってた
っていうことが、書いてあったでしょ^^;

こういってる私も、そう信じて疑わない人の一人だったのですが
実は
その考え自体が
「安心を奪う考え方」になってる
ってことに気付いてほしいのです。

その考えのまま
人を頼っても甘えてみても、
迷惑かけてるって罪悪感ばっかりで
うまくいかないのは当然だから(/_;)

難しいけど、、ここ、

心地よくすごすために
生き辛さからラクになるために
結果的に症状が要らない心になるためにも、
重要な鍵となる部分なので
また改めて記事にしたいと思います。

今日のところは長くなったので、これでおしまいです★
いつも読んでくれてありがとう (^O^)/

↓ みなさんの、バナーの応援クリックが更新の励みです!

にほんブロ村 にほんブログ村 ダイエット ブログランキングへ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから


美人塾:摂食障害・生き辛さに悩む当事者・ご家族の会 11月末~12月開催予定

個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:

摂食障害、支える家族-2 のM子さんのご報告からよんでね★

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

>過食症・過食嘔吐ブログランキング
>摂食障害ブログランキング
>ダイエットブログランキング


>>「主要記事リンク集」(←拒食・過食・ダイエット関連はここから) 
>>「○○についての記事が読みたい」(関連記事検索の仕方)
>>コメント欄&メール相談窓口をご利用の方へ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


私ね、これ読んで、
本当によかったなぁ~って、すごく嬉しかったんだ。

特にここ。

>見えてる症状は同じだし、
>回数も減ってないし、
>精神的にもまだまだですが、
>確実に進歩を感じています!!

これすごい、よかったね~

症状がかわってなくても
進歩してる部分に
目を向けるって難しいことだけど
治るためにも大切なことだから。

だってさ、本人が、
過食した、しないに着目していると、

症状が出た
=まだ治ってないΣ(゚д゚lll)ガーン

てなっちゃって、ストレスでしょ。

で、そのストレスが
さらなるストレス過食を
つれてきちゃう、わけなんですね。

そういう意味でも過食って、
否定して、やっつけようと戦ってないと
悪化しちゃう気がするけど、実は逆なのです。


これ、拒食(=心身に無理をさせても太るのが怖い、
太らないための行動に振り回されてしまう症状)も一緒です。

拒食にせよ過食にせよ

症状が出る
=ダメ
=意志が弱い
=わがまま って
自分を
責めるのではなくて
受け入れる。

↑ これが難しいのは承知で言ってるよ。

完全にいいと思えなくても
目指す方向は
無理やり止めるとは逆で、

症状がでたら
「あぁ、体か心、あるいはどっちもが
 ”疲れてるんだな”って 
簡単には思えなくても、
そう声をかけてあげる努力?
みたいな感じ。

そして、
心身の疲れ、ストレスをラクにすることを、考えてあげる。

*症状”は、インフルエンザでいえば熱(症状)と同じで、意思の力でコントロールできないのは当然だから、そこに労力を費やして、出来ない自分を責めたりすると余計なストレスになってしまいます

痩せることばかり考えてしまうことや
食や運動のルールや過食に振り回されてしまう、
などの症状を、「我侭もいい加減にしなさい」
なんていってしまうと

本人もこんな状態
止められるものなら止めたいけど
コントロールできない「症状」だから苦しんでいるのに
あかも本人が好き好んでやっている、何の止めない、
と決め付けていることになりますから
だんだんと、
「あたりまえのこともできないダメな人間なんだ」
と自信をなくしてしまうからです。

ありのままの自分ではいけないのだ、
と思えば、拒食や過食を止められるわけではありません。

逆に、唯一コントロールできる(と信じている)
体重や体形のコントロールで得られる
苦しみつきの小さな安心に頼らざるをえなくなりますから
逆に拒食を強めることになったり、
過食でストレスを曖昧にするという苦しい症状に
頼らざるをえなくなってしまうわけです

なので
自分を責めない、
症状を責めない
というのは 
本当は支える側の人にも
同じようにしてほしいことなんです。

私も支える側の人たちと話す機会があれば
私もそのあたり説明するし、してるよ。

でも皆と話せる機会があるわけじゃないからさ。

そういう支えがないと治らないってことじゃないから、絶望しないでね。

私の場合もそうだったけど
病気について調べたり勉強しないとやっぱり
食べたいとか痩せたいとか誰でもあることだから
それと同じと考えて、我侭とか
変なこと言っちゃったりするんだと思う。

でもだからこそ、
自分も一緒になっていうんじゃなくて
せめて自分は自分を理解してあげて欲しい。

症状抱えながら頑張って生きてきた自分に
頑張ってるね、っていってあげてほしい

そう思います。

懐かしい記事ですがよかったらまた読んでみてください★

>拒食・過食を受け入れる~その1


↓ みなさんの、バナーの応援クリックが更新の励みです!

にほんブロ村 にほんブログ村 ダイエット ブログランキングへ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから


美人塾:摂食障害・生き辛さに悩む当事者・ご家族の会 11月末~12月開催予定

個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(10)