摂食障害・生き辛さからラクになりたい人が読むブログ~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。



■このブログは1つの記事が長い多いため、できるだけパソコンで読むことをお勧めしています。

■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)

>リンク集1(栄養、食欲、体重、運動)

>リンク集2(摂食障害の心&回復)


*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。

*************************************


▼コ コ カ ラ美人生活塾▼

★LAから皆さんの土地に伺います!
摂食障害・ダイエット依存、
生き辛さに悩む「当事者対象」の会

(ご家族・恋人も参加可)


 右矢印美人塾って何?(趣旨、目的など)
 右矢印
参加者の皆さんの感想


次回は2016年12月~

札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、広島、博多をまわります。
詳しい日程は
>こちら


大宮駅徒歩5分
右矢印7/30(土)・内容と申込みはこちら 終了

右矢印8/6&8/11・内容と申込みはこちら   終了

**********



▼摂食障害の方の
 ご家族・恋人の方限定の会▼


*こちらは当事者の方はご参加いただけません
7/17(日) 東京都  終了しました


■次回は2016年12月、東京都にて
詳しい日程は>こちら

★開催情報をメールでご希望の方はメーリングリスト にご登録ください(登録後、GMO(メーリングリストの会社)からの広告メールが届いたらご自身で解除すれば届かなくなります。

┏━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演、メディア掲載情報
右矢印こちらをクリック


※高校家庭科資料集『LiveView』
『an・an』『FYTTE』 『Saita』
『President』などに掲載されました





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個人セッション
(電話,LINE,スカイプ,対面) 

  右矢印 ご案内はコチラ

・拒食、過食、運動、太るのが怖い、 生き辛さ(家族・友人・恋人関係、仕事 )など 
・ご家族のみのセッションや親子、夫婦など2名でのセッションも承ります 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
右矢印 ステップあやの著書&お勧め本


このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

・緑の『心と体が軽くなる~』はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。 
・ハートマークの『ステップあやの食べて痩せた~』は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや連絡先
ブログ採用ご相談窓口
 
右矢印こちらをクリック
※ブログ、本の読者の方は上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い 

■コメントは承認性です。  

■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体、個人にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。 

■以下の記事に必ず目を通してください 
 >コメントするときの注意点
 >コメント返信・メール返信について
 


■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。
後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです





テーマ:

  アップ

初めての方はリンク集から読んでみてね♪
   

▼本文の前に
クリック摂食障害ブログ村ranking

クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング


コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

↑ コメント欄や相談用メールフォームを利用する方は、必ずリンク先を読んでおいてくださいね~。

 

*************

 

今日は、、この前twitterとFBでシェアしたニュースの紹介~。

 

▼こちらのニュースから

2016-8-18- 18:26 『フルハウス』のキャンディス、「勇気づける」と摂食障害の過去を告白

 

以下上記リンクより引用---

 

日本でも大人気のドラマ『フルハウス』のD.J.役でお馴染みのキャンディス・キャメロン・ブレが、自身も過去に患っていたという摂食障害について、若者だけの問題ではないと注意を喚起した。

 

キャンディスは、2011年に出版した自伝『リシェーピング・イット・オール』で過去に数年間、過食症で苦しんでいたことを告白。

 

その後はイベントなどで摂食障害について自らの経験を積極的に明かしてきた。

 

そんな彼女は、今週火曜(8月16日)に米Good Housekeeping誌のサイトで公開されたインタヴューでも、摂食障害について言及。

 

若い女性の問題というイメージの強い摂食障害について、

「多くの人が摂食障害は10代の子の問題だと思っているけれど、私は20代だったの」

と説明し、

 

さらに、

「30代、40代、一番年上だと、80歳で苦しんでいる人にも会ったことがあるわ」

と、幅広い年齢の人に関わることであると強調した。


また、キャンディスは、

 

「私のゴールは、人々に希望はあるってことを知ってもらって、勇気づけることよ。人生を楽しむことこそが重要なことだってわかったの」

 

とも語り、同じように苦しんでいる人に希望をもつよう呼びかけた。

 

辛い過去を明かすのは大変なことにもかかわらず、他の人のためになるならと自分の経験を隠すことなく伝えているキャメロン。

 

そんな彼女は現在、イーティング・リカバリー・センターという摂食障害などの悩みを抱える人のための施設と組み、障害への関心を高めるために活動している。

 

**********

 

ステップあやです。

 

私アメリカに住んでるけど、

フルハウスってドラマ全く知らない…

 

と思ってググってみたら、

 

『フルハウス』(原題:Full House)は、アメリカで製作されたシチュエーション・コメディ(テレビドラマ)。ABCテレビで1987年から1995年にかけて全192話が放送された。制作はロリマー・テレビジョン[注 1]。妻を事故で亡くした男が、男友達に助けられながら子育てをしていく物語である。
(ウィキペディアより)

 

・・・ということだそうです。

最近その20年後という設定の違うドラマも放映されたみたいだけど、

 

そうか、フルハウスというドラマ自体は

1987年~1995年と古いドラマなんだ。

 

 

だったら私、、まだ生まれてない (嘘

その頃は私自身も18年の摂食障害のまだ駆け出しだった。

 

 

あのころ、ネットとかなかったし、こんなことしてるの自分だけじゃないかって思ってて、摂食障害って病気なんだと知るまでにも随分時間がかかったものでした。

 

 

 

この記事の中で

 

「30代、40代、一番年上だと、80歳で苦しんでいる人にも会ったことがあるわ」

と、幅広い年齢の人に関わることであると強調した。

 

出てきたけど日本でも本当にそうだよ。

 

このブログの関連記事のせとくね。

 

>拒食症50人に1人、7~8人嘔吐★高年齢化  

 

私の美人塾だと20~30代が最も多く、40代と10代がその次に多く、50代と60代の方も他の年代と比べて多くはないけど勇気を出してきてくださったりします。

 

「あれは若い人の病気ですよ」といわれたらどうしようと考えお医者様にもいけない」っていう人もいるけど、そうじゃないよ。

 

そのようなことを言う先生がいたと聞いたことはあるけど、その先生が摂食障害について無知ないだけだから、知ってる先生を探せばいんだよ。

 

昔は拒食症が「思春期やせ症」と呼ばれるなど「若い人の病気」のようにいわれていたころもあったけど、現状は、その年齢層は上下に広がっている(低年齢化と高年齢化)んだそうです。

 

 

それとね 必ずしも

摂食障害=女性の病気でもなくて、

今は男性も増えてる病気です。

>増える”男性の摂食障害”とその特徴

 

年齢や性別関係なく、パーソナリティを含めた遺伝的な要素、社会環境、成育環境、個人的な体験など条件がそろえば、誰でもなる可能性のある病気なのだと私は思っています。

 

子供だって大人だって

性別がなんだって

助けを求めていいことだし、

支えてもらっていいことだから、、

 

これを見ている方の中にも

一人で抱えているかたがいらしたら、

ぜひ、人に助けを求める勇気を持って欲しいと思います。

 

結局、食べることをするのも、考え方を変えるのもそのために行動パターンを変えるのも自分ではあるんだけど、

それを変わりにやってあげられる人はいないけど、

 

辛いことは辛いといえる場所が見つかると、自分が治すために試行錯誤する際のヒントくらいにはなる言葉をくれる人がみつかったり「治すために起こしていく変化」に向き合う「勇気」が生まれたり、、

 

って、そういうことはあると思う。

 

そして、

たったそれだけの程度でも

そんなヒントや支えがあるのとないのでは

大きく大きく違うと思うんだ。

 

私も食べるコトも太ることも怖いけどそれでも治すためにできることやっていこうって気持ちも、治すために「症状」がある自分を受け入れて症状がある今の自分にできることできないことを選択していく勇気は、一人ぼっちで治そうとしてるときは、出せなかったと思う。

 

追記

FBでフルハウスについてこんな情報頂いたので、シェア・・

フルハウスのお話の中で、キャンディス演じるD.J.が食べないダイエットをする回があるんですが、父親であるダニーが、拒食症や過食症になるよ、ってとめるシーンがあるんです。


だから、キャンディスがほんとに摂食障害を患っていたと知って涙が止まらず。。

ちなみに、末っ子役のオルセン姉妹のメアリーケイトも拒食症だったみたいで、摂食ってほんとに身近で、怖い病気なんだと痛感しました。

それと同時に、、大好きなフルハウス出演者が摂食を乗り越えていることを知って、勇気をもらいました。

今回、キャンディスの告白をシェアしてくれた あやさんにとても感謝しています。

 

そうなんだ。

しらなかった。。

情報ありがとう!

 

一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです♪
クリックブラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック

 

 

コメント・ご相談メールは
>こちらをよくお読みになってから

 

摂食障害当事者対象の会
(家族や恋人の方も参加は可)

次回:12月の帰国時に開催予定

>美人塾って何?

>12月~全国日程はこちら

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、博多
*お申込みは10月頃開始
 

 

摂食障害の方の「ご家族と恋人対象」の会
次回:12月@東京都
申し込み受付は9月下旬~

 


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

  アップ

初めての方はリンク集から読んでみてね♪
   

▼本文の前に
クリック摂食障害ブログ村ranking

クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング


コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

↑ コメント欄や相談用メールフォームを利用する方は、必ずリンク先を読んでおいてくださいね~。

 

*************

 

おはようございます(^-^)/

風邪は昨日今日と食べられそうなものを十分食べて、できるだけよく寝てよく休んでいたら大分よくなってきましたよ。

食べる、休むって、、人間が生きる基本ですね(^-^)/

 

そういえば、

このブログを立ち上げたばかりのころは

「食べて休むダイエット」と銘打って

私の体験と栄養や体の仕組みをメインに書き始めたんだった。

 

摂食障害って心の病気ではあるんだけど

食べる、休む=太る

太る=甘え=いけないこと

って固定観念に縛られていたら

 

食欲や心を治すために食べることも、

そのこと自体がストレスになり

できるところからやっていこうとすら思えないので

カロリーが・・とか栄養が・・とかいう情報を書き始めたのね。

 

あれも、心の記事で良く出てくる「○×思考」を緩めて、情報に振り回されず自分の体が快適になる食べ方を選択できるようになることを目的としているだけなので、

 

絶対、こーしてください、この食べ方が正解です、

ってことではないからね~。

 

カロリーや栄養や食欲の仕組みに興味のある方は、「ステップあやの食べて痩せた!最後のダイエット」に纏めて載せているのでどうぞ参考になさってください。

 

*今は電子書籍だけだけど、スマホでよめるし大事な部分はスクリーンショットできるし、文字サイズは変えられるし、アンダーラインも引けるし、ページめくらなくても目次からリンク先に飛べるし、電車の中で読んでても外から何読んでるか人に知られずにすむし、慣れれば使いやすく、けっこうお勧めです。

 

 

さて、この前の、栄養と食欲テーマの美人塾に参加して下さった方から頂いたメールで、短いながらも色んなメッセージが詰まったメッセージを頂いたのでご紹介します。

 

特に、美人塾終了後のお父様とのやり取りに注目です。

*ご紹介させて頂く全てのメールはブログ採用の承諾を頂いております

 

+++++++++++++

 

ステップあや様

 

感想遅くなりました。


書いても書いても
納得できる感想文にならなくて、
何日もイライラしていたのです。

 

今になってやっと
「私、”完璧に”書かなきゃって思うから
 苦しくなって書けなくなってるんだなぁ」
と気づきました。 笑

あやさんのおかげです。

 

簡単ですが、今の私に書けることを書きます。

 

8月6日の美人塾では
「ここに来たからには(直ちに)

 夜の過食がおさまるはずだ!」

という期待は持たずに参加できたので
前回よりも 肩の力を抜いて参加させていただきました。

 

参加してみて

 

「自分はよくもこんなにたくさんの情報
(あれは食べちゃダメ、◯◯は太る…など)を

集めてきたもんだなぁ」

 

「それを一生懸命自分に刷り込んで
 肌身離さず 握りしめてきたなぁ」って

ポカーンとしてしまいました。

 

とういうのもつい先日、

朝ごはんを抜いた後

(この時点で過食を誘発しますね 苦笑)

パン屋さんに行き、

 

買ったパンを残しておけず食べてしまった後に

(身体は飢餓状態だから仕方ないのですが)

お腹パンパンで苦しくて泣きわめく私に

 

父が、

 

 お前は 周りに助けを求めるのに
 周りの意見はちっとも聞かないじゃないか。

 食べ過ぎるのがダメって誰が決めたんだ?

 

 食べられたんだからよかったって
 どうして思わないんだ?

 

 (食べ過ぎる=いけないことだなんて)

 そんなのお前が勝手に思い込んでるだけだ!

 

 いつまでそんな考え方してるんだ!
 そんな考えとっとと捨てろ!!

 

と言い放ちました。

 

 

その時は、

「どうしてわたしの気持ちがわかんないんだろう」

って思いましたが

 

その後、

あやさんの美人塾で聞いたことも

合わせて振り返ったら、

何だか色々腑に落ちてきました。

 

いつの間にか
食べることが怖くなるような
情報ばかり
私が、集めていたんですよね。

 

私が、自分に

×ばかり与えていたんですよね。

 

父は間違ってないし
私より 私のことわかってました。

 

今の私にできるのは
自分に○な情報を
与えてあげることです。

 

もし自分がラクになれる情報や考え方を見つけられたら、

こんなふうに考えたら、
こんなふうに過ごしたら、

どうなっちゃうんだろう?

太るのかな?
怠けてるって思われないかな?

って考えるよりも

 

この情報こそ、

この考え方こそ、
今の私が、より幸せになるための貯金
だって
考え直そうと思います。

 

お金の貯金より

大切なことかもしれませんよね。

 

少しずつ 自分に○貯金していきたいです。

 

こんな風に後から捉え直すことができているのも
あやさんの美人塾に参加し

参加者の皆さんと一生懸命話し合えたからです。

 

みんなも涙が出るくらい辛い思いしながら闘ってると思ったら、

 

私、ひとりじゃないです。

 

本当に、ありがとうございました。

 

***************

 

 

ステップあやです。

 

ここまで編集してるうちに、最後の一文

「私、一人じゃないです」の言葉で、

思わず涙がでそうになりました。

 

当時の私も、

どこまで続くか先も見えない真っ暗なトンネルを

一人ぼっちで歩いているような気がしてたけど、

 

「トンネルはまだまだ続きそうだけれども

 一緒に歩いてくれる人がいるんだ」

って一人じゃないことを感じた時、

本当に本当に救われて、

 

治したい、治そう、

って思えたときのこと、覚えているんだ。

 

 

でも今回こちらを採用したいと思った理由はそこではなくて、はじめに書いた通り、お父様とのやり取りの部分です。

 

 

今までは

「分かってくれない人」の

「自分を傷つける言葉」

としか思えなかった言葉が、

 

自分自身の「捉え方」が変わることで

自分を助ける愛ある言葉に聞こえたり

大きな気付きに繋がっていく”こともある”。

 

そう、確かに毎回そうなわけじゃないし

そういう”こともある”にすぎないんだけど、

 

そういう”こともある”を重ねていくうちに

今までと変わらない世界にいても

自分に見える世界は温かくなっていったりする。

 

ほんの少しでも

それを感じることができて

本当によかったなあって思いました。

 

美人塾も、その場で即座に「よかった★」っていう感想も嬉しいけど、

 

(その時はさほどの収穫はなかったように見えても 笑)

このように後からジワジワと変化や気付きに

つながったご報告を聞くのは、とても嬉しいことです。

 

 

お父さんの言葉は辛いだけの言葉に聞こえる方もいらっしゃるかもしれないけれども、
 

一つ前に書いたメッセージに通じる部分があると思います。

 

まだ読んでない方、どこが繋がってるのか思い出せない方は、ぜひまた読んでみてね

↓ 

>”頑張らなきゃ”を自己管理放棄や自分の人生の責任放棄の言い訳にしてはいけない、とは

 

 

****

 

でも、食べ過ぎが怖いのも

過食が怖いのも、すごく分かるんだよ。

 

分かるけど、

 

分かるからこそ、何度もいうよー。

 

食べ過ぎちゃダメ(×)

絶対「過食」してはいけない(×)

 

っていう考え方が

自分の中で「当たり前」になってるときは

本当にそうとしか思えないものだけど

 

拒食やダイエットの反動の過食

 

(リバウンド現象)っていうのは

=生体防御として当たり前の反応

=「脳が」生命と健康を守るための反応 

だよ。

 

ダメ(×)なことでは決してないんだ。

 

*このあたりの詳細な理由が分からない方は、ブログの該当ページや私の本を参考にしてください。

 

 

なかには、

「過食」っていえるほどの症状はないのに

「頭で許した量より食べちゃう」とか

「許してない食べ物を食べちゃう」のはただの甘え

って決めてるひともいるけど

 

そうじゃなくて、

”食べちゃった”があるから、

”過食”にならずにすむんだよ。

 

*ここでの”過食”は、だらだら食べるのではなくて、我を忘れ、スイッチが入ったように食べ続け、気持ち悪くなっても意志で食べるのをやめられない”詰め込み作業”のこと。

 

それなのに、

「食べちゃった」を

「絶対してはいけない(×)」と決め付けてると

そっから「どーしよーもう今日は食べちゃえ」

ってストレス過食が始まるパターンの時(人)も

いると思いますが

 

それも、自分が

食べ過ぎ=いけないこと という情報を

自分の中に集めてきたから生じる現象なので

 

摂食障害の人にとっては

ダイエットについても

食欲についても

(生き方についてと同じように)

「○貯金」をしていくことが

「治す努力」になるし、

 

病気が治ってからも

自分の心身、自分の人生が

心地よくあるように食べる、休む、生きる

=つまりは自己管理 を

自分に責任持ってするという努力

になるのだと思います。

 

摂食障害の人は、何も努力してないと考えると不安になる人たちが多いので、あえて「努力」という言葉を使ってみました(^-^)/

 

そう、

頑張る、努力するって

=苦しむ、じゃないんだよ~。

 

では今日はここまで。

皆さんよい一日を(^-^)/

 

一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです♪
クリックブラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック

 

コメント・ご相談メールは
>こちらをよくお読みになってから

 

摂食障害当事者対象の会
(家族や恋人の方も参加は可)

次回:12月の帰国時に開催予定

>美人塾って何?

>12月~全国日程はこちら

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、博多
*お申込みは10月頃開始
 

 

摂食障害の方の「ご家族と恋人対象」の会
次回:12月@東京都
申し込み受付は9月下旬~

 


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

  アップ

初めての方はリンク集から読んでみてね♪
   

▼本文の前に
クリック摂食障害ブログ村ranking

クリック過食症・過食嘔吐ブログ村 ranking
クリック摂食障害ブログランキング


コメント&メール相談を送る前に
 必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

↑ コメント欄や相談用メールフォームを利用する方は、必ずリンク先を読んでおいてくださいね~。

 

*************

 

こんにちは。

LAに戻って時差ぼけもひどくなく、私元気だなぁ…と思っていたら、風邪を引きました、、というかぶり返し(゚ーÅ) ホロリ

 

鼻水と喉の痛みと微熱と倦怠感程度なのでたいしたことはないんだけど、やっぱり日常生活がかったるくなるというのはシンドイですね。。

 

摂食障害の時は拒食や過食、嘔吐や運動強迫のおかげで、体がだるいのも、疲れているのも、体調不良が私のふつう、ものごとが億劫に感じるのは私の甘えのせいだとか、思い込んでいたなぁ。。ということを思い出していました。

 

母にもだらしがないって怒られていたこととか、『心と体が軽くなる本物のダイエット』のほうにも、そんな一節を書きました。

 

丁度、あの本を一緒に書いた横倉先生が患者さんについてFacebookに書かれていたことで、私のクライアントさんもまさにそうだなぁって思うことがあったので、引用させていただきます。

 

**************

横倉 恒雄

2016.8.20
仕事や人間関係のストレスが強く受診してくる患者さんが増えています。重症の場合は一時休職するように勧めるのですが、患者さんは「休むと同僚に迷惑を掛 けるから」と言います。私は「会社のことは社長や上司が考えることです。私の所でカルテを作ってしまった以上は、私は貴方を守らなければなりませせん」と よく話します。先ずは自分のことを考えて欲しいです。そんな産業医が居てくれるとクリニックに来る必要がないのですが。(今朝の院長の独り言)

 

*************

 

ステップあやです。

 

>先ずは自分のことを考えて欲しい

 

横倉先生のこちらの投稿、本当にそうだなって私もいつも思うことです。

 

「今やめたら会社に迷惑かけるから・・・」

とか私も思っていたけどね、

 

自分の心身の健康、自分の人生、削って働いて病気になって(悪化して)も、、会社が責任とって治してくれるわけじゃないのだよね。

 

「人手が不足してるのに…」

なんていうのも、それは会社が考えて会社が解決して行く問題です。

 

従業員が無理してなんとか回ってるから会社側も現状でなんとかなるもんだと思って真剣に対策考えないっていうことも多いにあって。

*この辺も色んなケースがあるので書きたいこと色々あるけど、今日はそれは飛ばします。


 

あと私のところに多いのは、

↓こんなことをいって、やめられないひと。

 

*特に、会社を辞めるってことだけを意味するのではなく、ダイエットや趣味や勉強も含めて心身ボロボロになっても何かを頑張ることを止められないヒトも同じだよ。

 

”今だってがんばれてないのに辞めたらダメな人間になる”

 

”今だって人に(親に・世間に)認めてもらえないのに、ラクになったらもっと認められなくなる”

 

”この仕事をしているから自分が嫌いなりにも最低限の自信が保ててるのに、辞めたら本当に自分自身が自分を認められなくなる”

 

って。

 

がんばりすぎだよ、頑張らなくていいよ、っていう優しい言葉が受取れないなら、厳しい言葉でいうしかないんだけど・・・

それ全部、思いこみだよ。

 

「自分を大切にする」って、

甘えじゃなくて自分の心身の自己管理だよ

 

”がんばらなきゃ”っていうのを、自分を大切にすること=自己管理を怠る言い訳にしてはだめ。

 

苦しい苦しい助けてくださいって人に求めるくせに、休むことが必要ですよ、手を抜いていい、楽していい、楽しんでいい、そうすることが必要なんだよって何度いってもそれは突っぱねて、

 

誰もわかってくれない

楽になる方法教えてよ

って他人や世の中を恨んだり自分を孤独にしてしまうのは、

 

そちらのほうが、自分の人生を人任せにしているということなんだと考えてみたら、休む勇気でないかな

 

”自分をラクにするとか楽しませるのは

苦しい思いしてやってる人もいるのに甘えだ”

 

とか

 

”がんば「れ」ないはいいけど

 がんば「ら」ないのはダメだ”とか

 

”もう自力ではできないってなるまでやってからじゃないと人を頼っちゃいけない”

 

 

とか私も信じてたけど、それって自分の歴史を辿っていくと親や世間の誰かがいってた価値感をどっかで仕入れてしまったものなんだよね。。

 

一旦それを「真実」として心に取り入れてしまうと、なかなか手放せないっていうのは私もそうだったから凄くわかるけど

 

 

そんなの、”それを信じてるヒトにとっては”真実であるというだけで、「誰にでもいつでもあてはまるゼッタい的な真実」「誰にでもあてはまる正解」っていうものがあるわけじゃないんだよ~。

価値感なんてのは(私の書いてることも含めて)どれもそう。

 

つまりは宗教みたいなもの。

誰が正解なわけでも誰が間違ってるわけでもなくて。

 

自分が快適に生きる価値感を選ぶのも自分なら、自分を苦しめる価値感からいちぬけする決意をするのも自分。

 

 

それをダメだという人ももちろんいるのが世の中だけど、

だったらそう言われることを覚悟する。
 

「だってがんばるのやめたらあのヒトが、世間が、親が~~~ていうじゃん」

って自分の人生を人任せにしない。

 

自分の人生に責任もつってそういうこと。

 

 

”そんなこといっても私の周りのあの人たちはいつも甘えるなといってるし・・・”って思う人もいると思うけど、あなたが思い浮かべてるあのヒトたち=世間 でもありません。

 

世間て、そんなヒトばかりじゃないよ。

 

***


ちょっと厳しい言葉で書いたけど、頑張らないでいいよーっていう言い方だと「甘え」に聞こえて、自分を大切に生きることに踏み出せない人は、きびしめにいうときくことがあるので、私はあえてこのようにいうことがあります。

 

この前の沢山の反響を頂いたこの記事にも

色んな覚悟について書いたけど。。

 

>幸せになるには「覚悟」がいるんだよ

 

どれも、私が自分の人生を生きるために

してきた覚悟です。

 

それ覚悟するの怖かったし辛かったけど。

簡単じゃなかったけど。

 

覚悟して、この私でも悪くないかなって思えるようになるまで、何年もかかったけど、やってきてよかったよ。、

 

こういう生き方や価値感の問題も、「自分」と「他人」の関わりから生まれる問題なので

「対人関係」の問題なんだけど、自分の問題だってって思いこんでるときはそれに気づかないんだよね・・・。

 

今日は対人関係のテーマにいれておきます。

 

12月の美人塾でもここの「覚悟」について、じっくり話したいなあ・・・と今検討中です。

>美人塾って何?

>全国日程はこちら

 

一日一回バナーの応援クリックが更新の励みです♪
クリックブラウザの”戻る”でこの画面に戻りますクリック

 

コメント・ご相談メールは
>こちらをよくお読みになってから

 

摂食障害当事者対象の会
(家族や恋人の方も参加は可)

次回:12月の帰国時に開催予定

>美人塾って何?

>12月~全国日程はこちら

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島
*お申込みは10月頃開始
 

 

摂食障害の方の「ご家族と恋人対象」の会
次回:12月@東京都
申し込み受付は9月下旬~

 


ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)