燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!~18年の摂食障害を越えて

●食欲が止まらなくなる理由、摂食障害の治し方は、古い記事から読んでみてください。
●テーマ「対人関係」「生き辛さ」は摂食障害の方だけでなく、生き辛さを抱える方に読んで欲しい記事です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

■このブログは 1つの記事が長い記事が多いためできるだけパソコンで読むことをお勧めしています。
■はじめての方は必ず読んでください↓↓
(*新しいウィンドウで開きます)
>>主要記事へのリンク集一覧 (注)膨大です
>>目次
*一部の記事だけを読んで全体のメッセージを読み違えてしまわないようご注意ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼美人塾:摂食障害・ダイエット依存や
”生き辛さ”に悩むご本人向けの会

(*ご家族や恋人も参加可)

2014
年度は終了しました。2015年の開催情報は追ってブログで発表します。

 
>>美人塾ってなあに?
 
>>各会場時間割
 >>これまでの皆さんの感想
 >>よくある質問はこちら
 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼個人セッションのご案内(LINE,スカイプ,対面)
 拒食、過食、運動、太るのが怖い、
 生き辛さ(家族・友人・恋人関係、仕事など

 
>>こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼講演、メディア掲載情報(上記以外) 
 
>>こちらをクリック

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや(本ブログ管理人)その他摂食障害・ダイエット依存おすすめ本
 
>>コチラをクリック
*緑の本はまだ、在庫が流通しているので書店で取り寄せてもらえます。 ハートマークの方は電子書籍(携帯やパソコン、専用端末)などで読めます。
燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!★ココ・カラ美人生活塾へようこそ★
 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ステップあや連絡先・ブログ採用ご相談窓口
 >>こちらをクリック  
※ブログ、本の読者の方は、上記リンク内の注意事項を必ずお読みいただいてから「読者専用フォーム」よりご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼注意事項とお願い
 ■コメントは承認性です。 
 ■エッチなサイト、商品(サービス)の広告主体のHPやブログ、特定の団体にリンクするコメント、誹謗中傷、その他読者に不快感を与えると管理人が判断したコメントは承認しませんのでご了承ください。
 ■以下の記事に必ず目を通してください
 >>コメントするときの注意点
 >>コメント返信・メール返信について
 ■当ブログのリンクは自由にはっていただいてかまいません。後日リンク掲載先URLをご連絡いただけると嬉しいです


テーマ:

クリック摂食障害ブログランキング
クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック
ダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)

>コメント&メール相談の前に


前の記事ではハッピーなご報告をご紹介したので今回はこれ、ちょっと真っ只中なかんじです。


**************


あやさん初めまして、こんにちわ。

ツイッターで「過食」と検索するとよくでてくるのでブログを開いてみたら、まるで私のことをそのまま書いてあるような記事ばかりで驚きました。

ざっくりとしか目を通してないのでズレた解釈もあるかもしれませんが、過食や引きこもることを否定せず、痩せたいという気持ちもわかった上での発言がとても心に沁みました。


私は、もともと15歳あたりから過食と下剤乱用と極端な食事制限を繰り返していて、体型と痩せることに頭の中が支配されている摂食持ちではあったのですが、2012年の夏から加速し、人に会うことができなくなり、引きこもりとなりました。

摂食が加速したきっかけは、好きな人ができたからです。

その好きな人はすごくかっこよくて、
いつも自分が相手にしてもらってるような感覚で会ってました。



毎回会う前にダイエットをしてたのですが、
一昨年の夏、断食により人生で初めて大幅なダイエットに成功しました。

身体が今までみたことないくらい華奢になり、
コンプレックスだった脚も細くなり、
周りからの扱いも明らかに変わり、
好きな人ととも堂々と会えて、ほんの一瞬の間、人生が本当に楽しく感じました。


でも、好きな人と会うことを目標に痩せたので、
痩せて会った後はどうしたらいいかわからず、
持て余した時間で過食をするようになってしまいました。

断食ダイエットをする際にバイトも辞めたので、
時間は存分にあり、我慢した分を取り戻すように毎日引きこもって食べ続けました。

その時はピークに痩せてる身体しか本当の自分と思えず、
過食して少しでも太った自分が許せなくて
人に見られるのが嫌で、
人との約束も全て断り続け、
過食と下剤乱用の無限ループがはじまりました。


一度断食で成功したため、
何度も断食に再チャレンジし、
その度に失敗し結局過食に走る。

後悔と罪悪感で死にたくなる。
泣く。
絶望する。


せっかく若い時間になにをしてるんだろう、
生きてる意味はあるのだろうか、
と自分を責めてはまた過食の毎日でした。


その間好きな人からまた会おうと何度も連絡が来ましたが、
醜く太った自分では絶対に会いたくなくて、
なにかと理由をつけて断り続けていました。


そしてその度にもう連絡こなくなるんじゃないか、
会わない間に彼女ができちゃう、と焦燥感がのしかかり、
誘いを断って過食してる自分の矛盾に死にたくなり、

そしてまたそのなんとも言えない絶望感を
過食で解消しようとしていました。

引きこもってる自分、
計画通りにいかない自分、
周りに嘘ばかりついてる自分、

もういやだ。


はやく痩せなきゃ、
可愛くならなきゃ、
働かなきゃ、
普通にならなきゃ、
好きな人に会わなきゃ、
若い時間がなくなってしまう…

と、焦れば焦るほど食に走り、太っていきました。


あれから約2年が経とうとしています。

私の年齢は当時21、今は23歳です。

体重はピークで○kg、痩せた時は○g、
現在はほぼ52~3kgで
たまに過食と下剤乱用、断食で保ってます。


この約2年の間、
痩せた身体で好きな人に会うことだけを目標に生きてました。

今は本当の自分じゃないからと周りを避けて、
どこに行くにもマスクをつけて、

本当にやりたいことにも
「痩せてから」と手をつけずに、

自分を嘘で塗り固めて生きてます。


人との予定を断って引きこもって過食、
資金が底をつきそうになればコンビニなどで少しバイト、
そしてまた引きこもりの繰り返しでした。


なにも予定通りに進まないのに
理想だけは捨てられず、
スケジュール帳は過食するたびに予定変更され、
すぐボロボロになり、何度も買い換えてました。


過食をするたび身体が重くて痛くて
下剤を飲むたび身体が壊れていく気がします。

下剤は最高120錠、通常50~80錠飲んでます。
お金も減る一方です。


周りには嘘ばっかで苦しいです。
好きな人からは連絡がこなくなりました。
好きなのかもわからなくなりました。

痩せることしか考えていないし
痩せるためだけに2年間も時間を設けたのに、
私の身体は痩せていません。


なんだかもう疲れました。



今までは好きな人に会うために一ヶ月感覚で予定を立てていました。

この日までに○○kgになって、
連絡して、
美容室いって…って。


達成される気配はありません。

もう短期間で自分を変える情熱がないんだとやっと気付きました。

そしたらだんだん気持ちに余裕がでてきて、最近は

好きな人に会わなくてもいいや、
てかもう別に好きじゃないや、
気が向いたら会えばいいや、
今の自分で出来ることをしてみようかな、
ちょっと気になってたあそこで働いてみようかな。

と行動が広がるようになってきました。



好きな人はもう恋愛とは別のなにかになってたような気がします。


正直言えば今だって●キロまで痩せたいけど、
自分を苦しめるのはやめようと思えてきました。

なんか長くなってしまいよくわからない文で申し訳ございません。

今実際自分の2年間を文にしてみて
メンヘラみたいだな、と自分で思いましたが実際メンヘラですね。

一方的にこじらせてて、自分に引きます。


「今の自分の状態に合わせて、
 必要であれば相手と距離を置く」

あやさんのこれが全てだと思います。

私は好きな人に全てを賭けすぎていました。

一生出逢えないようなかっこいい人だと信じ込み、
焦るあまりに自分を苦しめて幸せになりたいのに
幸せとは間逆の方向へ向かってました。

自分が頑張らなきゃいけない相手、
焦燥感を煽る相手、
摂食を刺激する人とは(今は)距離を置いてみます。

(今現在の)自分を第一に考えて、自分の為に痩せたいです。


今日も過食してしまいましたが、
好きな人(好きだった人)のことを
私の未来から一度外してみたら、

焦らなくていいや、
後日調整すればいいや
なんて思えてきました。


痩せたいし、
過食も下剤も断食脳もすぐには止めれないけど、
少しずつ自分を調整していきたいです。


私は23歳です。

自分でどんな前向きなことを言ってても
時間を無駄にした感がありますし
今からなにをはじめたらいいかもわからないです。

毎日死んだように生きて嘘ばっかついてます。

今、私はなにからはじめたらいいとおもいますか?
私に対するあやさんの意見が聞きたいです。

でもここまで吐き出させてもらって、
誰かに本当の私を聞いてもらっただけでもいいと思います。
ここまで読んで頂きありがとうございました。

 ゆん

 *  *  *  *  *

ここから、ステップあや


ゆんさん、メールありがとう。

なんか、気持ちが分かりすぎるくらい分かる。

私もそんな感じだったなぁ・・・。

それほど太っていたわけじゃなくても
コンプレックスばかりが気になっていて

こんな体で好きな人に会えないって。

死に物狂いのダイエットして
それまで好きな人には、会わない、会えなくて・・。

いまは、それしかできないであろうこと、
いまは、それしかでできなくていいんだということもあるけど、

わたしなりに色々失敗してきて、
あのときこうできたら、
こうしてみたらよかったかな、っていうことはある。


昔、好きで好きで、自信がなくて
私が勝手に会うのやめてしまった人と
今年、再会したこともあり、
色々な思いがあるので、それもまとめて伝えられたらと思います。

ちょっと長くなりそうなので、また改めて書きます。
明日書こうと思うけど、あさっての便で帰るのでちょっとばたばたしているので、明日かけなかったらごめんね。

でも必ず戻ってきます。

みなさんのバナーの応援クリックが励みになります
     ↓           ↓          ↓
 

クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)


いいね!した人  |  コメント(10)

クリック摂食障害ブログランキング
クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック
ダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)

>コメント&メール相談の前に


**************

あやさん。
こんばんは。


昨年の美人塾、神戸会場でご一緒しました「ゆみ子。」です。


あやさん、うれしい報告メールです。


昨年の美人塾では、すでに回復期におり、いい状態で、あやさんとお会いすることができました。


しかし、その時はまだ「体重計に乗るのが怖い」という最後の難関(?)を抱えたままでした。


それがですね・・・


1週間前。


「ちょっと、体重計乗ってみようかな?(ドキドキ)」
「乗ってみたいな。(恐る恐る)」
「ブタになってても、なんか、今の私なら受け入れられる気がする(ドキドキ)」
「えーい!乗る!」


という具合に体重計に乗ったのです。



摂食障害只中の時の私は、○キロ前後の体重に固執していました。
すこしでも太れば、必死に食事制限に励んでいました。


そんな間違った理想体型にとらわれていた私は、なんと、●キロ(8キロ増)にまで、回復していました。
(生理直前だったので、水太り期にあるにかかわらず)


何が、嬉しかったかといいますとね・・・


●「8キロ増の数字を見て、恐ろしい気持ちにならなかった私自身がそこに居た」

●「8キロ増の数字を見て、心の奥底が、ほんわかした」


ということが嬉しかったんです。


本当は、怖い気持ちがありました。
予期せぬ体重がたたき出され、また摂食障害の思考癖が再発したらどうしよう・・・という怖い気持ちが。


その恐怖が全く起こらなかったのです。


当時は、到底許容できなかった、今の体重。


それが、すんなりと、
「いいんだよ。○キロでいいんだよ。それが、ゆみ子。なんだよ」って、自分自身を、抱きしめられたんです。


これが、本当に嬉しく、そして、「治った・・・」って、確信できました。

*今の段階で。もしかしたら、将来、また何かのきっかけで、再発するかもしれませんが。


あやさんのおかげです。


★     ★     ★     ★     ★


初めて経験した異常な過食。


あの時の過食が恐ろしくて、私は、スマートフォンで「摂食障害 過食」というキーワードを打ち込んで、助けを求めました。


そこに、あやさんがいらっしゃったのです。


あやさんの栄養学による過食についての記事を、むさぼるように読みました。


そして、自分に起こった過食行動が、
「治ってゆく為に必要なステップである」ということを理解しました。



怖かった、醜かった、心配だった。

でも、あやさんのブログを支えに、食べ続けました。

そしたら、本来の体の声、心の声が聞き取れるようになりました。


そして、今の体重を私自身として受け入れることができるようになりました。



★     ★     ★     ★     ★


私は、今、「女性性を取り戻すこと」に励んでいます。

それは、具体的に「生理が自然に起こるようにする」ということです。


摂食障害が始まった高校生のときから、生理が止まりました。

母親に急かされて、婦人科に行くけれども、結局、めんどくさくなって通院しなくなる、というパターンを繰り返していました。


「生理ないから、楽やん。別にそんなに大変な事やと思ってないし」と、無月経の自分を、まるで他人事のようにも考えていました。



それが、食欲が戻り、体重が戻ったのに合わせて、
「生理ちゃんと来るように、お医者さん行こう!
 これからは、ちゃんと治療続ける!」
と、生理が大切だということを認識するようになったのです。


今、「カウフマン療法」という治療法で、生理を起こしています。

残念ながら、排卵は、まだ起こっていませんが、ちゃんと出血するようなりました。
(薬によるものですが)女性の本来のホルモンリズムが回復しつつあります。


「摂食障害の恩恵を受けて、
 がりがりに痩せて美しい」という美的感覚が、
「生理があり女性らしさを携えた私になりたい」
という価値観に変わりました。


とても、嬉しく思っています。


あやさん。


たくさんのありがとうを込めて、このメールを送信しますね♪


ゆみ子。より


P.S

実は、私、エアロビクスインストラクターなんです(笑)

あやさんのブログで、あやさんがエアロをなさっていることを知り、すごく親近感湧いたんです。

毎日、お客様と「ひゅ~♪」って音楽に乗って、踊っています♪
 
あやさんも、エアロライフ楽しんでくださいね。

私も、インストラクターとして励みますね。

では。失礼します。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

(ここからステップあや)


人のいい報告みると、そのときの調子によって
自分と比べてしまったり
私もそれは理解したけど私はよくならない
・・・落ち込んじゃう人もいると思うのですが

これまた、そのときの調子によっては

私もいつかはそんな日がくるのかなって希望になったり
私もそう信じてみようかな?って思うきっかけに
なることもあるので、この文章をお借りしました。


でも、どんな感じ方も、感じてはいけない感情はない、
×でも○でもない
 っていうことは覚えておいてね。



それと、最初にいっておいたほうがいいとおもうのですが

「体重計に乗るのが怖い」

これは、ゆみ子。さんは、超えたけれども
体重をはかれない、というのを問題とは思わなくて大丈夫です。

摂食障害が治っても体重や見た目のことで衝撃を受けやすい癖は、
治る人もいれば
「癖」として残る人もいて、
一度収まっても何かの拍子で気になりだしたり・・・
ということはあるかもしれない。

でも、=だから病気、ではないです。


君子危うきに近寄らず

よく、摂食障害の本などで読んだことがある方も多いと思いますが
体重は、一生量らなくてもいい
って思っといて、いいんだよ。


はかってみようかな?今なら大丈夫かな?
って思える「ときがきたら」
そのときに、はかってみればいいわけなので

「克服しなきゃいけない課題」としては考えなくてよいと思います、。




体重を隠したけれども、
自分がこうじゃなきゃダメって思っていた体重より
8キロほど多い体重を受け入れられた、と言う内容でした。


人それぞれスタート地点の体重はみな違うので
8キロ増えたといっても
まだまだ健康維持が危ない痩せすぎの人もいれば
普通体型になったひともいれば
健康体重よりも大目の人もいて、

同じ人でもそのときの回復の段階によって、状況はまったく違うとおもいます。


でも、
受け入れられなかった体重を
受け入れられるくらいまで心が回復する、、

っていうのは、スタート地点が違っても、多くの人が感じるときがあるんじゃないかな。


私も、何度も「回復期」があったけど

痩せ型から普通体型になっただけで死にそうに辛かった時期もあれば

普通体型から、回復途中で
「ぽっちゃり体型」になって辛くて泣いてたけれども
痩せからの回復期より心が回復していてコレでいいと思えないけど、間違ってない。。
って思えたときとか、色々だったよ。


回復って、よくなったり悪くなったり波があるので
ゆみ子。さんも ひとやま超えたらまたひとやま、あるかもしれないけれど、

そのときがきたとしたって
いま、ここで回復の波を一山超えたことは、変わらないから

頑張ったね!よかったね!
(*^▽^*) 
って思います。

また波がきたら、またその波に乗ってみるなり、越えてみるなり、すればいいこと。

↑コレも覚えておくと、調子が悪くなったときに、折角治ったと思ったのに治ってなかったー!!!どうしよう!!!って焦りで、波にのまれてそのまま流されてしまうのを防げるので、心に留めておいてね。



そうそう、ゆみ子。さん、エアロのイントラさんだったね。
私も、昔運動強迫と付き合うためには仕事するしかない!って働きながら養成いったけどすごく辛かったので、、病気と付き合いながらしてるって大変だったろうね、尊敬します。

私は今週で日本滞在終わりなので、エアロライフも終わりです。
アメリカは私の好きな普通のエアロのクラスがないのでモチベあがらないけど(エアロ好きなので、すごーく寂しいです(w_-;)、)、、

まあその日の気分にあわせて、「凄く好き」じゃなくても「嫌ではない」フィットネスと付き合いながら、楽しめるときに楽しもう!って思っています!

ご報告ありがとうございました!
ゆみ子。さんの勇気と前進が、誰かの何かになりますように。

みなさんのバナーの応援クリックが励みになります

     ↓           ↓          ↓
 

クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

クリック摂食障害ブログランキング
クリック過食症・過食嘔吐ブログランキング
クリック
ダイエットブログランキング 

>「主要記事リンク集」(←こっちから読んでね)

>コメント&メール相談の前に


**************


「もし他に好きな人ができたら隠さずに言ってほしい」って昔から今でも、思ったり言ったりすることを不思議に思ったことはなかったけど、ある人にそんな話をしたら

「は?何で他の人とか、そんな発想がでてくるの?」
「”他の人のほう見ないでね” ”わたしだけを愛していてね”っていえばいいじゃん?」

……といわれて衝撃をうけた。




まったく考えたことなかったけど
私、本当はそう思ってるのだろうか???
いや、そういうことではない気もするけど、自分でも気づいてない本心がありそう。

それがなんなのかはまだよくわからないけど、とにかく衝撃だった。

その人は、好きだと言われたら「そうなんだ」ってそのままうけとるし、そういってくれた相手が自分以外の人を好きになるなんて考えたことがないんだって。

へえ、、そんな人もいるんだなあと、カルチャーショックに近い衝撃をうけたのでした。

おまけに「あや、自信もって!」って、、。
(+o+)

でもそれを昔のように、こんな自分じゃダメだ、変えなきゃ、あの人みたいに自信をつけなきゃ!って自己否定に走るとか「そんなことないもん!自信あるよ」って虚勢をはるとかは、もうなくて、
「私ってそうなんだよねえ」とヘラヘラ笑っていられるので、自尊心という意味の自信は健康的についたんだなとおもった。




人と話すと色んな自分がみえてくる。
ムーミン谷のミーも、こういってた。

”逆よ、全く逆よ 自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。いろんな人と関わりあうの。
お友達とおままごとしろって言っているんじゃないの。 自分の知らない 自分を知らない人たちと関わりあうのよ。 見えてくるわよ本当の自分が。”




自分と向き合うこと、人と向き合うことに迷い悩みながら大人になった今だから響くアニメのことば。

*****


以上もフェイスブックに書いた思いつき投稿だけど

自分を知るためには、「一人の時間」も同時に必要だと思っているよ。

一人の時間て、ひとりぼっちで行動することではなくて(それでもいいのだけど)、ひとりで静かに思いをめぐらせる時間のこと。

人と一緒にいるときに外部から受け取る情報(ネットやメール、人の意見など)で自分が反応したこと(怒りや悲しみ、傷つき、喜びなど)、冷静に振り返れると、受けた衝撃が和らいだり、次はこうしてみようと思いついたり、整理できるから。

私も帰り道、一人でとことこ家まで歩く時間や、
車を運転してるときなど、

コレをあの人に伝えてなかったな、
あれをあの人に今度ききたくて、いらいらしてたんだな

あれは私の我侭だったな、
ここはこうしても我侭じゃないのに我慢してたな

あの人、あの情報はこういっててショックうけたけど
私はアレと同じじゃなくていいんだ、

なんて思って、自分を立て直す時間になったりします。



一人になること
「引き篭もる時間」を否定してるのでもない。

それも私もあったし、
思い切って外に出てみよう、
自分のペースで人とかかわっていこう、
って思えるまでには必要な時間だったと思っているよ。

引き篭もる、を否定しなくていい、
引き篭もりながらもできる自分の趣味や勉強をする時間にしてもいい

それもきっと自分の財産になるよ。

だけど方向性としては
人と関わること全てを閉ざしてしまうのではなくて、
「今の自分」にとっては
誰が距離を置いたほうがいい相手なのかをかんがえて

実質的な距離を置くことが可能なのか
それとも、心の距離を置く練習をしていくべき相手なのか
って考えていくの。

私も当時それをしていたら
今の自分でも(太った時期は太った自分でも)
この人には会ってみよう、
この場所ならいけるかも、
毎日は無理でもこの頻度、程度だったら大丈夫かも

って、そのときどきの自分で付き合っていける人や場所、程度、やり方を考えるようになって少しずつ進んでいけるようになったりしました。



実質的な距離を置けない相手は
心で距離を置く、ということになりますが
それは
「相手の評価を評価しなおす」
だったり

「人と境界線を引く」


ことだったり

人に対して傷ついたり起こったりしたときに
相手が●●だからこうなっている、相手を変えようとするのではなくて
「自分自身の中に、
 それに反応してしまう何か傷があるんだな」
と自分の問題として捉えなおしていくこと


などなど、、だったりします。


このあたりはこのページひとつで
説明するのは難しいので他のページを参考にしていただきたいのですが

心の過食や
痩せることに依存しないといられない拒食の心を
ラクにするためには、

知らないうちに抱えている心のストレスに気づく、
そして、ラクになれる「考え方」をとりいれていく

ということをしていく必要があります。


このブログや本では、対人関係(コミュニケーション)をテーマに分類している記事がそれにあたりますので、ご自分で自分のストレスに気づくヒントとしてお使いください。


でもね、

症状がマックスのときは 
痩せたい、食べたい、食べたくない、
それだけで一杯一杯だから
心の根っこの問題に思いをめぐらせる余裕すらないのもしってるよ。


私も摂食障害の症状が一番酷いときは

いつでもどこでも 
過食したい、
はかなきゃ、
運動しなきゃ、
下剤のまなきゃ、

ってそれしか考えられなかった。


食事以外のときだって

ああ、食べてしまった、太っちゃう、
食べ過ぎた分を消費しなければ
次の食事はどうやって食べよう(どう食べないですむだろう)
今すぐ過食したい
ああ過食しちゃった
はかなきゃ、運動しなきゃ、明日こそダイエットだ!


って具合に、
何もしてなくても、頭のなかはフル回転で忙しくて、


自分の本当のストレスや
ストレスを感じやすい物事の捉え方
(↑ほぼ対人関係の中で生まれます)について
思いをめぐらせることができませんでした。


そんなときでも、
一日5分でもいいから、
いまできることをする

それが何かわからなければ
暫くは、今できること をみつける期間にしてもいいとおもいます。

このブログや本がその手がかり、思いをめぐらせるときのヒントになれたらうれしいです、

必要そうなところを読むのもよいですが
必要ではないだろうと思ってるところの中に
これやってなかったな、やってみようかなって思えることが、あるかもしれません。



ただ、すぐに拒食や過食が治るという結果を求めると
やっても無駄だ、って放り投げたくなっちゃうのは当たり前だから、
階段を一歩上るだけ、
いきなり頂上に着かないのは当たり前
劇的変化がないのは当たり前、
って思っておいたほうが、こつこつやっていけるとおもいます。


疲れたら休んでもいい。
放り投げてもいい。

また歩けそうだなって思ったらまた一歩上ってみればいいよ。
そんな感じでゆっくりね。


いま、帰国直前なので、ちょっとばたばたしてるけど、みんなのコメントメール、読んでるよ。
いつもありがとうね。

みなさんのバナーの応援クリックが励みになります

     ↓           ↓          ↓
 

クリック個人セッション(対面、スカイプ・LINE、電話など)生き辛さ・摂食障害カウンセリングのお問い合わせはコチラ

コメント・ご相談メールは>コチラをよくお読みになってから

ステップあやの書籍その他お勧め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです)

いいね!した人  |  コメント(5)