1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年03月28日(火)

「美学」とまで言ってしまうのはどうだろうか

テーマ:日記

「鉄血のオルフェンズ」に出てきた「ガンダムバエル」。「創始者の意思が~」と思わせぶりにいうから、いざとなったらその意志とやらが発動して全ギャラルホルンの兵器を支配下に置く超絶ラスボス機能を持っているのかと思っていたが、普通にガンダムフレームのモビルスーツだったな。本当にただの「象徴」だったんだ。
 そんなもので体制に立ち向かえると思ったマクギリスという男は、なんと純真なんだろうなぁ。
 それでは「悪い大人」には勝てないよ。


 だが、「オルフェンズ」は「2」でも作ってそういう展開を描かないと、とても暗い話のまま終わってしまうぞ。



 さて、今日はまだ体の具合がよくないので、簡単に一言。


++++++++++++++++
 新横綱・稀勢の里が逆転V…負傷押して出場

 大相撲春場所は26日、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で千秋楽を迎え、負傷を押して強行出場した新横綱の稀勢の里(30)(本名・萩原寛、茨城県牛久市出身、田子ノ浦部屋)が1敗で単独首位の大関照ノ富士に本割と優勝決定戦で連勝し、逆転優勝を飾った。
 本割で照ノ富士を突き落として13勝2敗で並ぶと、決定戦は小手投げで大関を退け、初場所に続いて2場所連続で賜杯を抱いた。稀勢の里は初黒星を喫した13日目の日馬富士戦で左肩から腕付近を痛め、テーピングをして出場していた。
 新横綱の賜杯獲得は、稀勢の里の先代師匠だった隆の里(元鳴戸親方)ら史上8人目で、1995年初場所の貴乃花以来22年ぶり。千秋楽の直接対決で本割、優勝決定戦と2連勝して逆転優勝したのは、大関栃東が2002年初場所で千代大海に連勝して初優勝を飾って以来。
 読売新聞 3/26(日) 18:15



 稀勢の里 奇跡の逆転Vもケガを反省「自分が一番悪い」

 大相撲春場所で2場所連続2回目の優勝を果たした横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が27日、大阪市内で会見し「忘れられない場所になった。一生の思い出になる」と激動の15日間の感想を語った。
 13日目の取組で左上腕部付近に大けがを負ったが、強行出場。千秋楽は左腕が使えない状態で、本割と決定戦を連勝して逆転Vをもぎとった。
 稀勢の里は「やるからには絶対に諦めないでやろうと思った」と強い精神力をのぞかせる一方で、「(本来は)15日間万全の状態で務め上げるのが使命。ああいう見苦しいテーピングをする状況になった自分が一番悪い。今は反省ですよ。あそこでケガをして、ああいう相撲しか取れなかった」と横綱としてのありようを冷静に見つめた。
 新横綱として初めて本場所の15日間を経験し「今までの土俵生活とは全く違う。一回一回、綱を締めた瞬間、何か体が清められるというか、洗われるというか。それは肌で感じました」と改めて地位の重みを実感した様子だった。春場所の優勝を受けて、次の夏場所は東の正横綱となることが確定。番付の頂点に立つ。
 稀勢の里は「そこで(現状を)維持するのではなく、今までやってきた通り、また階段を上っていくような気持ちで追い求めていきたい」と表情を引き締めた。今後は病院で患部の検査を受け、春巡業への参加の可否を判断する。
 東スポWeb 3/27(月) 17:34

++++++++++++++++

 わが茨城県出身の横綱、稀勢の里が春場所で優勝を飾った。まことにおめでたい。


 怪我を押して出場ということで人々はさらに熱狂し、今日のNHK「いば6」では「日本人の美学」という視聴者の便りまで紹介されていたが……これを持ち上げすぎるのはどうかと思う。
 なるほど、スポーツでこの手の流れはとても「熱いドラマ」を作ってくれるが、それが求められすぎると、「怪我で休むなんてとんでもない」という人間が多くなることもあるのだから。

 東スポの記事では月曜になってからのものに「今後は病院で患部の検査を受け」と書かれているが、どうしてその検査を怪我した当日にやらないのだろう。
 例えばアメリカンフットボールのプロリーグNFLでは、試合中に脳震盪だと医者が判断した選手は、いくら自分が大丈夫だといっても試合に出さない措置が取られるようになっている。
 選手にとって怪我などのリスクというのは簡単に考えていいものではない。

 そうでなくとも、我が国ではインフルエンザにかかっても「会社を休むな!」というような風潮があるのだ。横綱というような社会的地位のある人間ならば、「怪我や病気で休むのは当たり前」という流れを作るその先兵になることも大切なのではないだろうか。


 個人的な経験にもなるが、心臓に持病がある私は時々発作が起きて安静を余儀なくされるわけで、今回もそんなことになっているわけだが、前の職場ではそのことでよく上司から嫌味を言われたものだ。心臓のことでもそんな風なのだから、身体がよく動かない障碍者などが一般企業で働こうなどとすれば、もっとひどい扱いを受けるのではないだろうか。
 その根源には、この「怪我や病気を押して何かをすることは素晴らしい!」と持ち上げる「空気」があるのではないだろうか。

 「具合が悪いならば休めばいい。いや、休め」ということが社会文化になるようにする。その方が結局は皆が幸せになることになる。私はそう思ってやまない。




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月27日(月)

雪まで降ってきたよ

テーマ:日記

 雨が降ってとんでもなく寒いと思ったら、雪まで混ざっていた。
 そのおかげか朝から具合が悪かったのだが、医者に行ったらとんでもない最低血圧を叩き出して安静を命じられることに。
 

 しかし左の手首が腫れて痛いので、横になっていてもただ苦しいだけなのは困ったものだ。



 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017年03月25日(土)

いい酒はみなを陽気にしてくれる

テーマ:日記

 今日はとてもいい陽気なので、くだらないバカ騒ぎから離れて、



 明利酒類の蔵開きに行ってきた。
 

 日本の吟醸酒の故郷とでもいうべき明利の蔵では、




 もう桜もちらほら。




 巨大なご老公様も出迎えてくれた。




 おっとこちらにもおわしたか(笑)。



 敷地内には舞台も作られ、




 三味線などの披露も行われている。


 その音を聞きながら、まだ日も高いが、
 



 ちょっと一杯。

 


 蔵開きの行われた別春館は昔の醸造場で、そのころの道具などが展示されている。




 こんな人形もあった。マスコットとして売り出しても面白いと思うなぁ。


 展示場には歴代総理の揮毫も飾られているな。
 



 安倍総理のものもあるぞ。



 午後になって風が強くなってきたが、みんな楽しい日を過ごしたことだろう。酒の持つ力で。
 こういううららかな日が続くことを願いたい。



 おまけ。


 市内のアンコウ料理の名店「山翠」さんの前に、




 アンコウが吊るしてあった。解体ショーでもする予定だったのかな?



 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017年03月20日(月)

いい加減に改良しろ、モジラ!(怒)

テーマ:日記

 ちくしょうめ!

 原稿を書いていたら引用用のURLを探していたfirefoxがフリーズ、強制再起動で全部パーになってしまった(怒)。

 

 Windows10にしてからこういうことがよくあるのだが、いったいモジラは何をやっているのだ!

「ご迷惑をおかけして~」じゃないぞ!

「最近開いたタブのせい」と人のせいにしないで、自分で不安定さを直せよ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月15日(水)

携帯から一言

テーマ:日記
記事を書いていたらパソコンの挙動に違和感を感じたと思ったら再起動。「パソコンの準備中」でリングぐるぐる。
これが悪名高いWindows10の自動更新というやつか!
おかげでブログの方の更新ができない。困ったもんだ(怒)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。