2017年08月11日(金)

論点「隠し」をしているのはお前たちだろうが!(怒)

テーマ:政治

++++++++++++++++
 <北朝鮮>グアムに4発、発射検討 「日本の上空を通過」

【ソウル米村耕一】北朝鮮の金絡謙(キムラクキョン)朝鮮人民軍戦略軍司令官は9日、中長距離弾道ミサイル「火星12」4発を米領グアムに向け同時に発射することを慎重に検討していると改めて発表した。「日本の島根、広島、高知の上空」を通過し、「グアム周辺30~40キロの海上に着弾」するという。朝鮮中央通信が10日、伝えた。
 最終的な計画は今月中旬までに完成させ、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に報告し、命令を待つという。北朝鮮の強硬姿勢には、国連安保理の制裁が強化される中で国内の結束を強めるとともに、日米韓や中露などの足並みの乱れを誘う狙いがあるようだ。
 一方、金司令官の発表は、北朝鮮が「世界が見たことのないような砲火と激烈な怒りに直面する」と述べたトランプ米大統領について、「妄言を並べ立て、わが砲兵の神経を強く刺激している」と批判。ただ、「米国の言動を引き続き注視している」とも述べ、現時点の米朝間の緊張が弾道ミサイル発射が行われる水準ではないことも示唆した。
 毎日新聞 8/10(木) 11:19


 島根・広島・高知上空経て17分45秒飛行計画

【ソウル=宮崎健雄】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は10日、金絡謙(キムラクキョム)朝鮮人民軍戦略軍司令官が、新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に発射し、日本の島根、広島、高知県上空を経て米グアム島周辺30~40キロ・メートルの海上に撃ち込む作戦の検討を発表したと報じた。
 北朝鮮がミサイルの数やコース、飛距離を事前に発表するのは極めて異例だ。精度を誇示する一方、同時発射により迎撃ミサイルでの防衛を困難にし、脅威を高める狙いがあるとみられる。
 同通信によると、ミサイルは、3356・7キロ・メートルを17分45秒間飛行する計画で、8月中旬までに作戦案を完成させて金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に報告し、「発射待機態勢で待つ」とした。金司令官は、トランプ米大統領について「理性的な思考ができない者とは正常な対話は通じず、絶対的な力で抑えなければならないというのが戦略軍の判断だ」とも強調した。
 読売新聞 8/10(木) 8:16

++++++++++++++++

 思い上がった朝鮮人というのは、本当に限度を知らない。今度は「先制攻撃」を口にし始めた。

 こういうことをいいながら、その言い訳に「アメリカの敵視政策がどうの」といっているところなど、何があっても被害者の顔をしたがる韓国人と同じ。これがすなわち、半島の社会文化ということで、彼らの社会の中でそれをやってくれている分には一向にかまわないのだが、そういう文化のない他国に向かってそれを使われると、まったく迷惑極まりない。

 で、北朝鮮がこういうことをいったちょうどその日に、我が国の国会では閉会中審議が行われているという「僥倖」があったのだが、

++++++++++++++++
 <防衛相>北朝鮮グアム攻撃 「存立危機事態」なら迎撃可能

 小野寺五典防衛相は10日午前の衆院安全保障委員会で、北朝鮮が米領グアムに向けミサイル発射を検討していることに関連し、グアムが攻撃された場合、日本が集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」に当たれば迎撃できるとの認識を示した。「米国の抑止力、打撃力の欠如は、日本の存立危機に当たる可能性がないとはいえない」と述べた。民進党の後藤祐一氏への答弁。
 一方、菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で「明らかな挑発行為であり、断じて容認できない。さらなる挑発行動を自制することを強く求めている」と北朝鮮を非難。17日に開かれる日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)などで対応を協議する考えを示した。【木下訓明、田中裕之】
 毎日新聞 8/10(木) 13:10

++++++++++++++++

 何年か前にテポドンが日本列島を超えて太平洋に落下したときに福島瑞穂氏などが先頭に立って騒いでいた「撃ち落とすのは戦争がどうのだ」という話がまたされているのだから、いったい何をやっているのだか。

 あの時には、アメリカ本土を攻撃するために北朝鮮領内から発射されるミサイルは日本の領空を飛ばない」という、大圏航路すらわからない人間が騒いでいたものだが、今度はきちんと「島根、広島、高知」という名を挙げてのもの。領空法では、実際のところはともかく、領空は国土の上をずっと宇宙まで続いているということになっている(だからわざわざ別の法律で宇宙の平和利用に関することが決められている)のだから、ここは二次大戦時のスイスのように「我が領空を戦争に利用させない」という姿勢を取ればいいだけ(まあ、そういいながらスイスがドイツと連合国の航空機に対する扱いに差をつけていたのも公然の秘密だが)。
 大臣の答弁でもそういうことをするようなことがほのめかされているが、これが堂々と言えるようになったということだけでも、「安保法制」の議論と法の成立は無駄ではなかったといえよう。


 とはいえ、昨日の閉会中審査でこういう話がされたのはほんの一部で、その大半は、

 

 

 こんな感じ。

++++++++++++++++
 日報問題 与党は一定の区切り 野党は追及続ける方針

 PKO部隊の日報問題をめぐり、衆参両院で閉会中審査が開かれたことを受けて、与党側は、一定の区切りがついたとして、事態の収束を図りたい考えです。これに対し、野党側は、稲田元防衛大臣の関与がなかったのか、真相が明らかになっていないとして、稲田元大臣を参考人招致し、改めて委員会を開くよう求めるなど追及を続ける方針です。
 PKO部隊の日報問題をめぐり、先に特別防衛監察の結果が公表されたことを受けて、10日、衆議院安全保障委員会と、参議院外交防衛委員会で、閉会中審査が開かれました。
 この中で、小野寺防衛大臣は、稲田元防衛大臣が公表の是非について方針を決めた事実はないとする監察結果を説明したうえで、「問題の根底にあるのは、情報公開の重要性への認識が、十分でなかったことや、関係部局の意思疎通が十分でなかったことだ。これからしっかり省内改革で対応していきたい」と述べました。
 また、小野寺大臣は、「稲田元大臣みずからが誠心誠意、聴取を受け、それをまとめたのが、今回の監察結果だ。独立性の高い防衛監察本部によって公正中立に判断されている」と述べ、再調査の必要はないという認識を示しました。
 与党側は、自民党の森山国会対策委員長が、「特別防衛監察をして、報告がなされた以上のものはない」と指摘するなど、今回の閉会中審査で、一定の区切りがついたとして、事態の収束を図りたい考えです。
 これに対し、野党側は、民進党の蓮舫代表が、「当時の大臣がいないことには、核心の部分が何一つ明らかにならない」と述べるなど、稲田元大臣の関与がなかったのか、真相が明らかになっていないとして、稲田氏を参考人招致し、改めて委員会を開くよう求めるなど追及を続ける方針です。
 NHKニュース 8月11日 4時48分

++++++++++++++++

「稲田を攻めている絵をテレビで流させろ!」の大合唱がされていただけなのだから、なんと馬鹿らしいことだろう。

 蓮舫氏は「核心の部分」としたり顔で言っているが、そもそも上で引用したNHKのニュースだけを読んで、「何を問題としているか」がわかる人がどれぐらいいるだろうか。いったい何のことで稲田氏を呼べといわれているのか、どれぐらいの人がわかっているだろうか?
 ただなんとなく、「防衛省が公開すべき書類を隠蔽していて、稲田元大臣がそれを指示していた」ということで野党が責めていると思っている人も多いのではないだろうか?
 それはまったく違う
戦闘日報は南スーダンに自衛隊を派遣した野田政権が「報告後廃棄」のルールを定めていたのにそんなものが残っているのかという話から、「実はありました」ということがばれ、稲田元大臣が「公開せよ」と指示した。それが(2017/07/22の記事、マスコミには「沈まぬ太陽」とかの愛読者がたくさんいるのだろうな)で取り上げた二月七日の公開である。
 だからこの話で「日報の隠蔽」というものはポイントとして存在しない。稲田氏は公開を決めた大臣なのだから、国会に呼んだところで何の意味もない。

 ここはすでに公開になっているものが別のところ、「陸自の中にデータとして残っていた」話になるので、これを聞かされたところで「お前たちの情報取り扱いはどうなっているのだ?」というのが責任者の仕事というもの。
 だから陸幕長と事務次官はクビになったし、その監督責任を取って稲田氏も大臣を辞任した。今回の話はそういうものである。「核心」が知りたくて国会が人を呼ぶというのならば、それは(2017/08/02の記事、国会をテレビスタジオだと思っている人間の「危機管理意識」とは?)で指摘したように、防衛監察を仕切っている北村氏以外に用はない。

 新聞は、

++++++++++++++++
 (社説)防衛白書 また隠すのですか

 1年間の防衛省・自衛隊をめぐるできごとや日本の防衛政策の方向性を国内外に示す。それが防衛白書の目的である。
 ところが驚いたことに、きのうの閣議で報告された2017年版の防衛白書からは、重大な事案が抜け落ちている。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の「日報」についての記述が一切ないのだ。
 白書の対象期間が昨年7月から今年6月末までだから。防衛省はそう説明する。
 確かに特別防衛監察の結果が発表され、稲田前防衛相らが辞任したのは7月末のことだ。
 だが、自衛隊の海外での運用に関する文書管理と文民統制の機能不全が問われた重い案件である。昨秋の情報公開請求に対し、防衛省が日報を廃棄したとして12月に非開示にし、一転して今年2月に公表した経緯や、稲田氏が3月に特別防衛監察を指示した事実をなぜ書かないのか、理解できない。
 防衛省は来年の白書に監察結果を書くというが、今年の白書にも追加できたはずだ。実際、稲田氏の「巻頭言」は、後任の小野寺防衛相のものに差し替えた。7月上旬の北朝鮮のミサイル発射も盛り込まれている。
 そもそも日報隠蔽(いんぺい)の狙いは何だったか。日報は昨年7月、首都ジュバでの激しい「戦闘」を生々しく報告していた。だが、稲田氏らはこれを「衝突」と言い換え、PKO参加5原則は維持されていると強弁した。
(後略)
 朝日新聞デジタル 2017年8月9日05時00分

++++++++++++++++

「白書は防衛に関する報告書であり、現在国会で話がされている省内の出来事を書くものではない」ということから顔をそむけて嫌味ったらしい見出しの社説で「印象操作」をしたり、

++++++++++++++++
 <PKO日報問題>稲田氏の関与焦点 10日に閉会中審査


(表、毎日新聞より。日報問題の閉会中審査のポイント)

◇防衛省が「情報公開査察官」を新設
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊の日報問題を巡って、衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査が10日に開かれる。防衛省 による特別防衛監察の結果公表を受けたもので、陸自内に残っていた日報を非公表とした経緯に、稲田朋美元防衛相が関与していたかが最大の焦点だ。
(後略)
【木下訓明】
 毎日新聞 8/9(水) 21:42

++++++++++++++++

 こんな表付きで「稲田が焦点」と書いたりしているが、この表がいつもの「報道しない自由」の塊のようなものなのだから悪質極まりない

 防衛監察の結果は、「稲田氏への説明の際、陸自の日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できない」ではない。「可能性としてはあるかもしれない」が、
(2017/07/29の記事、論点の混濁で本論を見失わないようにしたい)で引用した記事にあるように、

++++++++++++++++
 2月13日に、統幕総括官および陸幕副長が防衛相に対し陸自における日報の取り扱いを説明した際と、2月15日の事務次官室での打ち合わせ後に事務次官、陸幕長、官房長、統幕総括官が防衛相に対し陸自における日報の情報公開業務の流れ等を説明した際に、陸自における日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できないものの、陸自における日報データの存在を示す書面を用いた報告がなされた事実や、非公表の了承を求める報告がなされた事実はなかった。防衛相により公表の是非に関する何らかの方針の決定や了承がなされた事実もなかった
 時事通信 7/28(金) 10:56配信 「特別防衛監察結果要旨」より

++++++++++++++++

陸自における日報データの存在を示す書面を用いた報告がなされた事実や、非公表の了承を求める報告がなされた事実はなかった。防衛相により公表の是非に関する何らかの方針の決定や了承がなされた事実もなかった」が監察の正式な報告である。

「陸自が開示対象から除外」という話も、上で書いたようにすでに日報本体が公開になっている以上、これの公開自体は問題点にはならない。何度も書くように、これがあったということが情報取り扱いルール上問題になるということで、だから稲田氏は責任を取って辞任したのだ。


朝日新聞が社説の中で白状しているが、(2017/07/29の記事、論点の混濁で本論を見失わないようにしたい)でも書いたように、南スーダンでの日報はその中に「戦闘」という文言が書かれているということで、民共連合や朝日新聞などが「戦闘が行われている地域に自衛隊を送るのは戦争加担だ! それを認める安保法制は戦争するための法律だ!」とやるために、「これが証拠だ!」とやろうとしてリークされたものを振りかざしていたもの。
 それをお得意の論点反らしでどんどんポイントをずらしていった結果、「稲田を国会でつるし上げろ! その『かっこいい』姿をテレビで流してもらうんだ!」という下品なパフォーマンスの道具になっているものである。

 北朝鮮が、

++++++++++++++++
 北朝鮮「日本ごとき瞬時に焦土化」 敵基地攻撃能力巡り

 朝鮮中央通信は9日、小野寺五典防衛相が最近、弾道ミサイルなどが発射される前に敵基地をたたく「敵基地攻撃能力」の保有に前向きな姿勢を示したことに反発し、「我々は既に、日本列島ごときは決心すれば瞬時に焦土化できる能力を備えた」と警告した。
 同通信は「日本の支配層は北の脅威を騒いで政権の危機から脱出し、自衛隊を合法的に派遣できる口実を設け、アジア諸国への再侵略の野望を実現しよ うとしている」と非難。「日本の反動層が引き続き偏狭な態度でちょっかいを出すなら、無慈悲な核の強打を免れず、日本列島が太平洋に沈むことになる」と警告した。(ソウル=牧野愛博)
 朝日新聞 08月09日 22:54

++++++++++++++++

 こんなことまでいっている時に、自国を守るためにどうするのか、どういう手段を取ることができるのか。そのための手足である自衛隊の情報取り扱いに問題はないのかという話をせずに、ただパフォーマンスに興じている議員というのは、いったいどこの国の議員なのだろうか。


 そうそう、なにかあると民進党などは「第三者が」と言い出すが、そもそもその「第三者」として行政コントロールのために議会が選んでいるのが総理大臣で、その総理大臣が仕事のための手足としているのが大臣や副大臣、それがすなわち「三権分立下での行政監視」というものである。
 やたらと「その外にいる何者か」に自国の行政をコントロールさせたがる民進党議員などの「主権意識」というのは。いったいどうなっているのかねぇ。


 本日の訃報。

++++++++++++++++
 中島春雄氏死去(元俳優・スーツアクター)

 中島 春雄氏(なかじま・はるお=元俳優・スーツアクター)7日午後3時6分、肺炎のため死去、88歳。
 山形県出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長女園恵(そのえ)さん。
 東宝の大部屋俳優として黒沢明監督の「七人の侍」などの作品に出演する一方、1954年の第1作「ゴジラ」から第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」までゴジラの着ぐるみに入って演技するスーツアクターとして活躍した。特撮テレビドラマ「ウルトラQ」「ウルトラマン」などでも怪獣を演じた。
 時事通信 8/8(火) 12:12

++++++++++++++++

 すでにあちこちで書かれていることだが、今いろいろなところに出てくる「怪獣」の演技の基本を作ったのは、この中島氏であった。
 のしのしと歩いて「ぐわーん」と頭を振るあの動き、実際のトカゲはあんな動きはしないし、もちろん恐竜もあんな動きをしたかを見た人もいない。
 昔は着ぐるみの中の人を「役者じゃない」と馬鹿にする向きも多かったようだが、中島氏はまぎれもなく「表現者たる役者」であった。

 遅ればせながら、合掌。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

statesgrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。