2017年07月22日(土)

マスコミには「沈まぬ太陽」とかの愛読者がたくさんいるのだろうな

テーマ:報道

++++++++++++++++
 創生相と獣医師会、食い違い次々「私が言ったように…」

 国家戦略特区での学校法人・加計(かけ)学園の獣医学部新設が決まる約2カ月前に、山本幸三地方創生相が同学園の具体名などを伝えていたとする日本獣医師会の面会記録をめぐり、山本氏は21日、自身の発言とされる記録内容を改めて否定した。獣医師会の言い分と大きく食い違っており、野党は24日からの国会の閉会中審査で真偽をただす構えだ。

 山本氏が昨年11月17日に獣医師会を訪ねた際、同会幹部が作成した面会記録。加計学園の具体名や自治体の負担額を挙げ「四国に(獣医学部を)新設することになった」などと山本氏が発言したと記されている。
 山本氏は21日の閣議後会見で、「獣医師会からいただいた資料に四国うんぬんと書いてある。相手側の思い込みで、私が言ったかのように言われている」などと述べ、自ら加計学園や四国を特定した発言はなかったと改めて強調した。
 内閣府は同日、面会時に獣医師会が配布した資料を公表した。愛媛県今治市の獣医学部構想の問題点などを指摘した資料だが、焦点となっている山本氏の発言内容を裏付けるものではない。

 山本氏は20日、面会に同席した秘書官が「走り書き」のようなメモを書いたものの、すでにないと説明。21日には「(獣医師会側の発言は)資料と同じものだから、後で廃棄した」と語った。
 山本氏が、今治市や愛媛県の財政負担の額を伝えていたと記録されている点については、「(獣医師会の)北村(直人)顧問から『今治市の財政が破綻(はたん)するんじゃないか』という話があった」とし、今治市に問い合わせた額を面会の場で伝えたと説明した。
 学部新設を「1校限り」に絞った経緯については、「北村さんから1校にしてくれという発言があった。基本的にはショートメールできた」と述べた。
 山本氏は面会の場で、今治市のほかに学部新設を提案していた京都府・京都産業大に言及し、「京都もあり得ると述べた」としている。今治市・加計学園を前提にした発言をしていないことの根拠に挙げている。
 この点について、複数の獣医師会幹部は21日、取材に対し、面会で山本氏から京都について言及があったことを認めた。そのうえで、山本氏が「放っておくと京都が続いてくる」と発言したとする記録が残っていると明らかにした。加計学園が今治市に獣医学部をつくるのが前提で、さらに京都にも学部新設を認める可能性を示唆した
発言だと受け止めたといい、ここでも両者の認識は食い違う。
 面会の場では、獣医師会から山本氏に「百歩譲って今治市だけだが、厳正に審査してほしい。特区は民間活力の利用なので、加計学園側からは全額費用を持つと確約を取るべきだ」と伝え、学部をつくるのであれば今治市に限るよう要請したという。
 同会はこれらのやりとりについて「面会記録に残しているが、公表は差し控える」としている。(星野典久、岡崎明子)
 朝日新聞デジタル 7/22(土) 0:50

++++++++++++++++

 なんだかなぁ。
 昨日の時点で獣医師会からの「一校に絞ってくれとのきちんとした依頼は大臣が説明してくれたあと」という証言があるのに、まだこんな記事を書いてしまう朝日新聞というのは、もはや自分が作ったストーリーを書き散らすだけで、現実と向き合っていないのではないか?

 「京都とも言っていた」「依頼はそのあと」という話は、

 

 

 テレビではやはり多くのところが「無視」しているというが、だからといって「あったことをなかったこと」にはできない。

 この証言でもう「認定前に加計といった」「ありきだ!」という話は「ただの妄想」だと決着がついてしまっているのに。
 まあ、だから「とりあえず見出しで『何か変なことが行われている』かのように書いておけば騙せるだろう」という意識で書いたため、記事の中身が「結局何が言いたいのかわからない」というものになり果てているのだろう。「と受け止めたという一方の印象を上げて「食い違う」というなど、揚げ足取りにもならない

 毎日の方は「これは形勢不利」と見たのか、朝日のグタグダ記事よりもはっきりと、

++++++++++++++++
 <加計新学部>山本担当相、根拠のメモ説明二転三転

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、山本幸三地方創生担当相の説明が二転三転している。日本獣医師会の内部文書では、学部を新設する事業者の決定前に山本氏が同学園を名指しして発言したとされるが、山本氏は20日にこれを全面否定し、自身の秘書官のメモを根拠に挙げた。しかし21日の記者会見ではメモは既に廃棄したと明言。山本氏自身のメモの存在に言及したものの、こちらも保存されているかはあいまいな説明に終始した。
(中略)
 まず山本氏は20日午前、記者団に「加計学園と特定して言ったことはない」と否定。逆に獣医師会側から「進めるなら今治市だけと明記してほしい」と発言があったとし、「(面会の)後ろで聞いていた秘書官もメモ書きしたようなので、確かだ」と強気の姿勢を見せていた。
 ところが同日午後になって記者団からメモ公表の意思を問われると、一転して「メモ自体はもうない」と説明。獣医師会の文書に対抗する山本氏の主張は「記憶」のみが根拠になった。さらに21日の会見では、秘書官メモが廃棄されたと明言した後、今度は「私のメモ」を根拠に挙げた。しかしその存在も「どこにあるか確認してみたい」とあいまいなままだった。
 24、25日に開かれる衆参両院の予算委員会では、獣医師会の文書の内容が事実かも焦点になる。首相官邸幹部は「メモがあると言えば『出せ』と言われてしまう」と語る一方、野党は山本氏の主張の根拠を追及する構えだ。【遠藤修平】
 毎日新聞 7/21(金) 20:53

++++++++++++++++

「メモ隠しだ!」と論点をすり替えて大臣叩きをやっているが、そもそも始めの「(特区決定の)二か月前に一校に絞った話をしていた」が「フェイクニュース」だったことが関係者の証言で明らかになっているのだから、メモのありかなど探っても何の意味もない。

 こうやって本質から外れたところで「怪しい」「怪しい」を繰り返しているのが「加計学園問題」といわれているものなのだから、これを国会で取り上げること自体が「時間の無駄」なものでしかないのに、

++++++++++++++++
 加計審議、14時間空費 文書の存在否定・食い違う見解

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐる国会審議で、事実と異なる説明をしたり確認を拒み続けたりするなど、政府側の対応が原因で少な くとも14時間が空費されたことが朝日新聞の調べでわかった。国会審議の2日分に相当する長さ。真相解明に後ろ向きな政府の姿勢を映した形だ。
 24、25日には衆参両院の予算委員会で首相が出席する閉会中審査がある。「せっかく開くなら国民が『分かった』と納得してもらうまで説明する」と自民党幹部に話した安倍晋三首相の答弁が改めて問われる。
(後略)
 朝日新聞デジタル 7/21(金) 20:31

++++++++++++++++

 民進党などの揚げ足取り通告なき質問に政府が対応するために取った時間を「空費」扱いして悪印象を与えようとする朝日新聞の、なんともくだらないバカらしさよ。


(2017/07/20の記事、フェイクニュースの印象操作につられない!)で取り上げた「南スーダン戦闘日報」に関する話でも、

++++++++++++++++
 <PKO日報問題>稲田氏、聴取受ける 特別防衛監察

 稲田朋美防衛相は21日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を巡る問題で、特別防衛監察を実施している防衛監察本部の聴取を受けたことを明らかにした。
 稲田氏によると、聴取は約1時間。陸自から日報の電子データが保管されていたという報告は受けていないと改めて主張したとみられる。【木下訓明】
 毎日新聞 7/21(金) 19:34

++++++++++++++++

と、あたかも稲田大臣が「隠蔽の容疑者」であるかのような報道がメディアでは行われているが、自衛隊のイラク派遣の時に意見をつけていた河野太郎議員が、そのブログ(ごまめの歯ぎしり 「南スーダンの日報問題」)の中で指摘しているように、「個人が持っていたものは情報公開の対象外にしよう」という取り決めがされる前に、日報自体は公開されていたのだ。

 これは、

++++++++++++++++
 <PKO日報>「稲田氏に報告」触れず 防衛監察の原案


(図、毎日新聞より。南スーダンPKOの日報を巡る経過)

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を巡る問題で、稲田朋美防衛相に陸自内で保管されていた日報の存在を防衛省幹部 が伝えていたものの、特別防衛監察の結果の原案には反映されていないことが分かった。政府関係者が明らかにした。稲田氏は関与を否定しているが、陸自が防衛監察本部に提出した報告書では稲田氏への報告に触れられていたという。最終的な監察結果で、稲田氏の関与の有無がどのように説明されるかがポイントになる。

 監察結果の原案によると、昨年12月2日に日報の開示請求に対して防衛省が「既に廃棄している」として不開示を決定した。その後、同26日に統合幕僚監部で日報の電子データが見つかり、さらに陸自内部でも日報が「個人データ」として保管されていることが発覚した。今年1月27日、
陸上幕僚監部の幹部から報告を受けた統合幕僚監部の防衛官僚は、黒江哲郎事務次官に報告したが、稲田氏には統幕で発見されたとしか報告しなかった

 
防衛省は2月7日に統幕内で保管されていたとして日報の一部を黒塗りにして公表したが、同15日に岡部俊哉陸上幕僚長が黒江氏らに改めて「個人データ」が残っていることを説明した。黒江氏と岡部氏は既に日報を開示しているので「情報公開上は問題ない」として、陸自では廃棄されていたとする従来の説明を継 続することになったという。
 ただ、政府関係者によると、この15日には稲田氏が同席する会議も開かれていた。稲田氏は岡部氏と同じ日に面会したことは認めたが、「陸自にデータが残っていたという報告があったという認識はない」と関与を否定している。
監察結果の原案でも、稲田氏に陸自内での保管が報告されていたことは触れられてい ない
 一方、3月17日に特別防衛監察が始まった後、
陸自がまとめた調査報告書には、稲田氏への説明も含めた一連の経緯が記載されているという
 岡部陸幕長は20日の記者会見で、稲田氏の関与の有無について「監察中なのでコメントを控えたい」と繰り返した。また「(監察結果で)事実をきちんと出していただければと思う」と語った。【前谷宏】
 毎日新聞 7/21(金) 7:00

++++++++++++++++

 朝日新聞ほどには嘘をつきとおせない毎日新聞も認める事実である。
 だからそもそも「隠蔽問題」というもの自体が存在しない
 この話は、上記エントリーでも書いたように「破棄が定められていた文書を個人が写し持っていた、情報の取扱いに対する問題」であって、その線で調査と処罰を決めていかなくては何の解決にもならない。
 だが、それでは大臣叩きができないと考えたマスコミが、「隠蔽」という悪いことをしている印象を与える単語を使って論点そらしをしているのである。

 毎日の記事につけられた図では陸自が直接大臣に報告したことを「大臣が隠していた」というようになっているが、いったい陸自のどのラインが統幕を通さず直接大臣に報告したというのだろう?
 そのあたりは記事の中でも「~記載されているという」としか書かれていないのだが、報道が公開されている事実と「又聞き」の話を混ぜてストーリーを作ってはいけない


 首相補佐官が、

++++++++++++++++
 「いま、総がかりで『安倍つぶし』」 衛藤首相補佐官

■衛藤晟一首相補佐官(発言録)
 メディアや共産党、民進党、社民党が連合して、安倍政権をつぶすために総がかりで来ているというのがいまの状況だ。「安倍首相は本気で憲法改正をやろうとしている。安倍首相だったら、ひょっとしたらできるかもしれない」と心配した方々が、いま総がかりで「安倍つぶし」をやっている。このことを認識しないと大変なことになる。
 首相が内閣改造をやると言われているが、思い切って完全な出直しでやらない限り、この勢力に対抗することはできないだろう。我々としては何が何でも首相を支えなければいけない。
 安倍首相には苦言を呈しようかなと思っている。こういうことを招いてきた脇の甘さ、見通しの甘さがあった。ちゃんとした対策を講じられなかった、という意味での甘さを反省している。本格的な出直しをやってもらいたい。(自身の政治資金パーティーで)
 朝日新聞デジタル 7/11(火) 7:46

++++++++++++++++

 こういうことを言っているが、まさに今のマスメディアは異常な状態になっている。

「そんなメディアに対抗できない政権の脇の甘さ」をいうのは簡単だが、そんなメディアに引きずられてしまう有権者というのも、反省をしなくてはならないだろう。
 昔と違って。今ではテレビや新聞が「報道しない自由」を行使したものもネットで知ることができるのだから。


 本日のお灸。

++++++++++++++++
 いい加減な考証、度の過ぎる番宣「NHKを斬る!」…本紙連載の作家、大鐘稔彦氏が新刊本

 産経新聞(淡路版)で「忘れ得ぬ人々?私が出会った病者たち?」を連載している兵庫県南あわじ市の阿那賀診療所院長で作家の大鐘稔彦氏が新刊本「NHKを斬る!」(創英社/三省堂書店、1500円税別)を出版した。
 テレビを見ていて釈然としないことがあっても多くの人は何もしない。だが、著者は違う。「看過はできない性分だから」と記す通り、NHKの番組で納得いかないことがあると何度もクレームのFAXや手紙を送り、改善を迫る。
「てにをは」を使い分けられないアナウンサー、いい加減な考証、度の過ぎる番宣、興ざめするドラマのナレーション、ニュースの中身などクレームの“矢”は多方面に放たれるが、多くは「なしのつぶて」「意向は反映されない」などで少々気の毒になる。
(中略)
 民放はほぼ「無視」。NHKへの苦言の数々は期待するが故の「非難」だろう。ある意味で著者のNHKへの期待や愛があふれ出た一冊といえる。
 産経新聞 07月21日 08:34

++++++++++++++++

 私は「大河ドラマ 新撰組」で、隊士が階段を降りる際にそのままでは刀の鐺が階段にぶつかってしまうのを危惧したのか、柄頭を手で下に押して刀の後ろを上げていたシーンを見て「ああ、ここまで考証力がなくなったのか」とあきれたものだがな。
 それ以前から大河は見ていなかったが、ますます見なくなってしまったよ(笑)。

 台風が来た時に「石廊崎」を「いしろうざき」と読んでいたアナウンサーがいた時にも「あちゃー」と思ったものだ。
 この著者は、記事でも書かれているように、まだNHKに期待をしているのだなぁ。



 ちなみに、上のような場合、武士は刀を腰から外し、下から襲われてもそのまま鞘を落として刺せるように構え持って階段を下りるようにしつけられる。
 新撰組隊士の多くは武家育ちではないから「わざと変な降り方をさせてそれを際立たせた」というのならば、すごい演出だとほめるところだが……やっていたのが武田観柳斎ではその「言い訳」もできないな。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

statesgrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。