2017年04月18日(火)

日本人の怒りを甘く見るなよ!

テーマ:犯罪

++++++++++++++++
 朝鮮総連、日テレなどに圧力 正男氏報道で 北犯行否定を要請

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本テレビとテレビ朝日に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件に関して、北朝鮮当局による犯行説を否定する報道を行うよう要請していたことが14日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。事件をめぐる朝鮮総連の諜報活動が明らかになるのは初めて。国際社会が北朝鮮による核・ミサイル実験を警戒しているため、朝鮮総連は北朝鮮に有利な報道を促そうと マスコミへの圧力を強めている。(比護義則)
 関係者によると、朝鮮総連幹部がマレーシアで発生した2月13日の事件後、日本テレビとテレビ朝日の報道局員らと接触。正男氏殺害事件について、北朝鮮当局による犯行説を払拭する報道を行うよう求めた。
 事件をめぐっては、マレーシア警察が、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官らを重要参考人に位置付けたことなどから、北朝鮮当局による組織的犯行をうかがわせる報道が国内外で行われていた。このため、事件関与を否定する北朝鮮の意を酌んだ朝鮮総連が諜報活動の一環として謀略や宣伝工作を行ったとみられる。

◆TBSには抗議
 一方、TBSは3月13日の番組「好きか嫌いか言う時間」放映時に、脱北者が北朝鮮の生活を語る韓国のテレビ番組「いま会いに行きます」の内容を紹介。番組では脱北者が正恩、正男両氏の不仲説など金一族の内実を解説していた。このため、朝鮮総連は偏向放送であるとして14~16日の3日間連続でTBSを 訪問するなどして抗議した。
 北朝鮮は当初、TBSに対し、北朝鮮の金日成(イルソン)主席誕生記念日「太陽節」(4月15日)取材のため記者らの訪朝を許可する意向を示していた。ところが、突如方針を転換して訪朝を拒否していた。
 日本テレビとテレビ朝日は産経新聞の取材に対し、それぞれ「ニュース制作過程の個別質問には答えない。取材や報道において、あらゆる圧力、干渉を排除し多角的な報道に努めている」「指摘の事実はない」としている。
 TBSは「通常、番組にはさまざまな意見が寄せられるが、具体的な内容は明らかにしていない」としている。朝鮮総連は「取材に応じない」としている。
 産経新聞 4/15(土) 7:55

++++++++++++++++

 産経新聞が、こんな記事を書いていた。

 見出しにしている日本テレビやテレビ朝日には木で鼻をくくった対応しかされていないうえに、裏付けの第二報がないので記事の精度としては落ちるし、私はこれらの局のニュースバラエティは見ないので、たとえは「報道ステーション」などでキム・ジョンウン暗殺事件をどのような扱いをしていたかもわからないため、この「圧力」とやらが本当かどうかはわからないが、「まあ、なくはないだろうな」とは思える。

 今はあきれる話だが、昭和の昔、NHKでは北朝鮮を取り上げるときにはいちいち「北朝鮮」と言った後で「朝鮮民主主義人民共和国」と言い直すことをやっていた。それは「北朝鮮」という表現に対して朝鮮総連などが抗議活動という名の「圧力」をかけてきたからだということが「公然の秘密」に今はなっている。
 この案件は時代の流れでいつの間にか「北朝鮮で済ます」ことになってしまっているが、決して北朝鮮側の動きを公然と咎めて潰した結果ではない以上、「いつまでも同じことを繰り返す」という朝鮮的メンタリティからして何かしらの「圧力的行為」はいまだにあると思っていた方がいいだろう。


 で。こういうものがあったとして、民放テレビの報道姿勢はどれぐらい変わったのだろうか? 局の編成部に韓国籍のマインドを持つのではないかと思われるほど異常に韓国寄りの報道をするNHKでは、「北朝鮮が関係している」ことを隠そうとはしていなかったが。
 

 これはテレビではないが、例えば先日、


++++++++++++++++
 明治神宮の液体事件、中国人の女2人に逮捕状 警視庁

 明治神宮(東京都渋谷区)で鳥居などに液体がまかれた事件で、警視庁は13日、建造物損壊容疑で、中国人の女2人の逮捕状を取った。ともに、既に出国しているとみられる。今月に入って宗教施設を標的にした同様の被害が全国で計6件相次いでおり、関連を調べる。
 
逮捕状が出たのは、朴今玉容疑者と、朴善愛容疑者=ともに(49)
(後略)
 産経新聞 4/13(木) 18:37

++++++++++++++++

 明治神宮などの施設に液体をかけた事件の容疑者が出たという話では、


++++++++++++++++
 明治神宮の鳥居に液体かけた容疑 中国人2人に逮捕状

 今月上旬、都内の神社や寺に液体がかけられる被害が相次いだ事件に絡み、警視庁は、明治神宮(東京都渋谷区)の境内で液体をまいた疑いが強まったとして、建造物損壊容疑で40代の中国人の女2人の逮捕状を取った。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、逮捕状の容疑は今月3日朝、明治神宮の境内で、鳥居の柱などに油のような液体をまいたというもの。神社の防犯カメラ映像に液体をまく女の姿が映っており、関与が浮上したという。
 明治神宮では3日午前11時ごろ、境内を巡回していた職員が、「第2鳥居」の両柱に染みがついているのを発見。翌朝に警視庁に通報し、境内4カ所での被害が確認されていた。
 都内では明治神宮のほか、徳川家ゆかりの寺の増上寺(港区)でも4日夕、国の重要文化財「三解脱門」の柱に液体をかけられたような染みが見つかっており、警視庁が関連を調べている。
 液体の被害を巡っては、4月1~3日、京都市の下鴨神社、奈良県吉野町の金峯山寺、那覇市の首里城公園などでも液体をまいたような染みが相次いで確認されている。
 朝日新聞デジタル 4/13(木) 18:53

++++++++++++++++

 と、誰に「忖度」したのか名前を出さないで報道した新聞もあったようだしねぇ。(「中国人」ということだが、この苗字はその中でも朝鮮族に多いものではないのかな?)



 まったく。朝鮮が絡むと妙な「奥歯にものの挟まった」ような報道をするところがあるから、


++++++++++++++++
 拉致「誰も関心ない」=残留日本人問題は「取り組む」―北朝鮮大使

【平壌時事】北朝鮮の宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使は17日、平壌で記者団に対し、北朝鮮が日本人拉致問題などの再調査を約束した2014年5月の日朝ストックホルム合意について「既に無くなった」と改めて訴えた上で、拉致問題に「誰も関心がない」と主張した。
 宋大使はまた、日本人拉致被害者らの再調査を担当した特別調査委員会について「解体された」としたが、「日本側から要望があれば、人道問題として残留日本人問題に取り組む用意がある」と呼び掛けた。戦前に現在の北朝鮮領内にいて、戦後も帰国していない残留日本人の問題については取り組む姿勢を示した。
 さらに、「朝鮮半島で戦争の火がつけば、日本に一番被害が及ぶ」と強調。日本政府が輸出入全面禁止などの対北朝鮮制裁を解除すれば、「政策変更のメッセージとして受け止める」と述べた。
 時事通信 4/17(月) 19:59

++++++++++++++++

 北朝鮮の政権の人間がこんななめたことを平然と言うようになる。
 

 なにが「(拉致問題に)誰も関心がない」だろうか。はっきりと自分たちが誘拐したことを認めた犯人側が、「もうお前たちは関心ないからどうでもいい」というようなことを言うのだから、許せるものではない。
 日本人は、北朝鮮人のように「上が言ったことだけメディアに答える」ようなことはしないのでソン大使にはこんな風に見えるのだろうが、決して「関心がなくなった」わけではない。心の中にある怒りの火は消えていない。そこが「嘘で騒いでいるうちに事実認識が変わる」朝鮮の文化とは違うところだ。

 ソン大使は「残留日本人がどうの」と話をすり替えようとしているが、こんな手に引っかかってはいけない。

 日本はもういい加減に、

++++++++++++++++

 加藤勝信拉致担当相「ストックホルム合意履行求める」 北朝鮮大使の残留日本人発言に

 加藤勝信拉致問題担当相は18日午前の記者会見で、北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使が残留日本人問題に取り組む姿勢を示したことについて「(北朝鮮による全ての拉致被害者の再調査などを盛り込んだ)ストックホルム合意の履行をしっかり求める姿勢に何ら変わりはない」と述べた。
 加藤氏は、宋氏が日本側の要望を前提としていることに関し「残留日本人問題はストックホルム合意の対象に含まれていると考えており、こちらから破棄したものでもないし、先方のそうした対応は受け入れられない」と強調した。
 また、北朝鮮訪問中の日本人記者団に対する宋氏の一連の発言については「報道で承知しているが、個々についてコメントするつもりはない」とした上で、「わが国として拉致問題の解決は最重要課題であり、引き続きストックホルム合意の履行を求めるなど、その姿勢に全く変わるところはない」と語った。
 産経新聞 4/18(火) 10:16

++++++++++++++++

 もはや意味のない合意のことなど口にするのをやめて、


++++++++++++++++
 北朝鮮情勢 「有事に手立て尽くして」拉致被害者救出へ知事会が緊急要請

 緊迫化する朝鮮半島の情勢を受けて、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」が14日、有事に拉致被害者の救出や安全確保に手立てを尽くすことなどを盛り込んだ緊急要請をとりまとめ、加藤勝信拉致問題担当相に提出した。
 加藤氏に要請文を手渡した同会会長の上田清司埼玉県知事は「核実験やミサイル発射で非常に危険な状態だ。日米韓で緊密に連携してよい形を得られる対応をお願いしたい」と述べた。
 要請には拉致被害者に関係する各県知事も同席。被害者や家族の高齢化で一刻の猶予もない実情をあげ、全被害者の帰国へ早期の成果を強く求めた。加藤氏は 「解決は時間との競争。核開発やミサイル発射に断固たる対応をとり、圧力をテコに一日も早い被害者の帰国につなげる」と語った。
 産経新聞 4/14(金) 19:05



 拉致被害者救出へ 「自衛隊活用」の具体策検討を 全国でシンポを開催 「予備役ブルーリボンの会」の荒木和博代表ら


(写真、産経新聞より。「自衛隊幻想」出版の経緯や拉致被害者救出への思いを語る荒木和博さん=22日午前、東京都文京区)

 朝鮮半島で軍事的緊張が高まる中、有事の際、北朝鮮による拉致被害者を救出する具体的な方策が焦点として浮上している。自衛隊を活用した救出策を提言し 続けてきた「予備役ブルーリボンの会」代表の荒木和博氏(60)は「拉致は根本的に安全保障の最重要課題。自衛隊が拉致被害者を救出できる現実を伝えた い」と啓発を急いでいる。
 荒木氏らは昨年、自衛隊の救出活動を詳細にシミュレーションした「自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正」(産経新聞出版)を出版。各地でシンポジウムを開き、多くの聴衆が詰めかけた。今月も15日に北海道旭川市、29日に秋田市で開催する。
 同書は、国民を救出・保護したくても、相手国の同意がないと自衛隊が活動できない実態など、憲法や法の限界をあぶり出し、国防の根本へメスを入れた。反 響は大きく、「自分の国は自分たちで守らねば。今の法で日本は大切な人を守れない」(福岡県の30代女性)、「憲法改正しなければ拉致被害者は永久に帰還できない」(長野県の50代男性)など、幅広い世代から声が寄せられている。
 シンポは荒木氏と、共著者で自衛隊の特殊部隊創設に関わった同会幹事長の伊藤祐靖氏、幹事の荒谷卓氏らが参加予定。現場の実情を踏まえ、豊富な資料や動画などで分かりやすく解説し、質疑応答も行う。
 詳細は同会ホームページ(http://www.yobieki-br.jp/)。
(中略)
 朝鮮半島有事で拉致被害者の安全確保は焦点だ。日本政府は米国、韓国の協力に期待するが、自衛隊活用による主体的な救出活動は「困難」との立場だ。荒木 氏は「憲法改正や法整備など課題は山積だが、国防、拉致問題の進展に世論の高まりは欠かせない。国民に問題意識を共有し声をあげてほしい」と力を込めた。
 産経新聞 4/14(金) 17:21

++++++++++++++++

「実力での奪還を議論し始めた」という姿勢を北朝鮮に見せつけるべきである。


こういう話をすると、(2015/08/12の記事、「憲法のために死ね!」は「お国のために死ね!」より意味がない)で取り上げた「拉致問題解決を訴える人間に中指を立てる憲法九条教信者」のような勢力が「圧力」を加えてくるなど、妨害工作も行われるだろう。
 拉致被害者への連帯の意思表示であるブルーリボンバッジの装着に対しても、「差別だ!」と難癖をつけてくるような「日本人」までいるのである。

 そういう人間たちは一体どこの国にその軸足を置いているのか。

 それも併せて、「解決」することが、この先の日本を考えると必要だ。



 本日の過小評価。


++++++++++++++++
 自分デザインのヘッドマーク列車が約10日間走る! 私鉄6社で順次発売


(写真、乗り物ニュースより。オリジナルヘッドマークの掲出イメージ。写真は「駅すぱモール」デザインのヘッドマークを水間鉄道の列車に掲出した場合(画像:ヴァル研究所)。)

5月8日から「駅すぱモール」で順次発売
 乗り換え案内サービスの「駅すぱあと」などを提供するヴァル研究所は2017年4月17日(月)、自分がデザインしたヘッドマークを地方私鉄の車両におよそ10日間掲出できる企画商品を発売すると発表しました。
 参加する鉄道会社は次の6社です。商品は、ヴァル研究所が運営する通販サイト「駅すぱモール」で順次発売されます。

●水間鉄道
・発売:5月8日(月)
・価格:1万800円(税込)
●わたらせ渓谷鐵道
・発売:5月8日(月)
・価格:3万2400円(税込)
●湘南モノレール
・発売:5月15日(月)
・価格:3万240円(税込)
●山形鉄道
・発売:6月1日(木)
・価格:2万5000円(税込)
●阿武隈急行
・発売:7月1日(土)
・価格:2万1600円(税込)
●会津鉄道
・発売:検討中
・価格:検討中
 ヴァル研究所によると、この商品の狙いは、購入者やその家族、友人らに、ヘッドマークを掲出した車両を見に来てもらったり、乗ってもらったりすることで、各社の運賃収入などにつなげることといいます。
 ヘッドマークは約10日間、編成の先頭部と後尾部に掲出。その後は各鉄道会社指定の場所で直接受け取るか、着払いで送ってもらうことが可能です。
 乗りものニュース 4/17(月) 15:09

++++++++++++++++

 面白いことをするなぁと思って記事を読んだのだが……なにこの価格?!
 Jリーグのユニフォームのパンツの裾に名前のステッカーをつけるだけでも年間5000万円かかるというのに。桁二つぐらい間違えていないか?

 確かにここに名前が出ている私鉄各社は経営的に厳しいとはいえ、これでは焼け石に水にもならない。「購入者やその家族、友人らに、ヘッドマークを掲出した車両を見に来てもらったり、乗ってもらったりする」というコンセプトがもう「ずれて」いるような気がしてならない。

 鉄道のヘッドマークといえば、かつてブルートレインなどがつけていたものが今でも人気で、特急車両の先頭に表示されていた「プリント」ですらマニアが飛びつくような代物である。
 ちょっと、安売りのしすぎじゃないか、これ?


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

statesgrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。