2017年03月08日(水)

権力を使った「バッシング・ポピュリズム」が蔓延しようとしている

テーマ:政治

++++++++++++++++
 石原氏の喚問、3月19・20日で調整 百条委員会

 東京都の豊洲市場への移転問題などを調べる都議会の調査特別委員会(百条委員会)の理事会は24日、証人喚問を3月11日と18~20日の4日間に行う ことを決めた。このうち19、20日に石原慎太郎元都知事と用地取得担当の副知事だった浜渦武生氏を喚問する方向で調整している。週明けにも方針を固め る。
 石原氏は、都知事在任中に築地市場からの移転を決めており、土壌汚染のある豊洲市場用地の取得を決めた経緯の解明のため、喚問が必要との意見が百条委理事から出ている。このほか、地権者だった東京ガスの当時の関係者らも対象に挙がっている。
 石原氏は3日午後、移転問題について説明するため記者会見を予定している。
 朝日新聞デジタル 2/24(金) 23:08



 <豊洲問題>石原氏「迷走の責任は小池知事にある」…会見

 東京都の豊洲市場(江東区)の移転問題で、移転決定時に知事だった石原慎太郎氏が3日午後、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。石原氏は「小池百合子知事は権限を持って市場を豊洲に移転すべきだ」と述べ、移転を決めた自身の判断が正しかったと強調した。
 石原氏は会見の冒頭で「やるべきことをやらずにほったらかしにして、補償などにべらぼうな金がかかっている。今回の混迷、迷走の責任は小池知事にある」と主張。「豊洲市場は危険ではない」とし、早期移転を進めるべきだとの見解を示した。
 その後、石原事務所の職員が、東京ガスの工場跡地を市場用地として購入した経緯などについて説明する文書を代読した。文書では「用地取得交渉は副知事だった浜渦武生氏に任せており、逐一報告は受けていない」とした。
 また、2008年5月までに用地から環境基準値の4万3000倍のベンゼンが検出され、土壌汚染対策が必要となった際、総額586億円(当時の試算)の 土壌汚染対策工事のうち、東ガスの負担分が78億円にとどまったことについては「私には詳細な契約文書を判断する知見はない」とした。【川畑さおり、芳賀 竜也】
 毎日新聞 3/3(金) 15:46

++++++++++++++++

 東京都は、いったいなにをやっているのだろう?
「百条委だ! 喚問だ!」「その前に言いたいこと言ってやる!」と変な応酬をやっているが、ここのどこに豊洲移転の根本的な問題点が入っているというのだろう?


 はじめに共産党が火をつけたこの話、左巻きのいつもの「妨害運動」でしかなかったものを

小池知事が政局にしたおかげで、もはや問題点が何かわからないものになってしまっている。
 石原氏が豊洲移転にゴーを出したとか否かという話など、今現在豊洲移転を止めている話に何の関係があるというのだろう。氏がいうように、「今止めている責任は今の知事」にあるわけで、そのおかげで(2016/12/04の記事、理科の勉強は大切だ)で取り上げたような税金支出の話が生じているというのに、いったい都議会は石原氏を叩いてどうしようというのだろう。

(2017/03/02の記事、首長には反対運動家よりも未来に目を向けてほしい)で引用した記事にあるように、実は築地でも土壌の汚染が報告されているのだが、とはそれに対して「コンクリートで覆われていて水も使わないから問題ない」といっている。ならばどうして同じ条件、いや、それ以上に厳重な管理がされている豊洲の「環境」を問題にしているのだ?


 石原元都知事の会見を受けて小池氏は、


++++++++++++++++
 小池都知事「中身はよく分からなかった」「石原さんらしくないという印象」

 豊洲市場の移転問題をめぐり、さまざまな局面で批判の応酬を繰り広げてきた石原慎太郎元都知事と小池百合子知事。
 小池氏は3日、都庁で報道陣の取材に応じ、石原氏の記者会見について「中身はよく分からなかった。せっかくの記者会見だったのに残念」と述べた。
 石原氏は会見で「(移転をしない)不作為の責任がある」と小池氏の責任に何度も言及し、「住民訴訟の対象になるべきだと思う」と述べた。
 これに対し、小池氏は一笑に付した上で「こういう状況を作ってきたことについて、もう少し客観的にご自分を見つめていただきたい」と反論。「都民からすれば、石原さんらしくないという印象だけが残ったのではないか。(都議会の)百条委員会でどう対応するのか見ていきたい」と突き放した。
(後略)
 産経新聞 3/3(金) 19:01

++++++++++++++++

 と、「中身のよくわからない」感想で貶すという、総理の演説が行われるたびに野党がやっていることと同じ手法で答え、マスメディアもまた、


「石原氏、居直り1時間 百条委『座して死、待たず』 豊洲問題」(朝日新聞デジタル 3/4(土) 5:30配信)
「『俺が、俺が』の石原さんらしくない…青山氏」(読売新聞 3/3(金) 23:18配信)


 と、内容ではなくその態度を叩くことを主眼にし、いつものごとくヤフーニュースのコメント欄もその手のバッシングであふれているが、これこそ彼らが「トランプはポピュリズム」と叩いたそのままの状況なのだからあきれ果てたものだ。
 

(2009/06/08の記事、訓練すれば賢くなるらしい(失笑))で、「あちらが悪いぞそれ叩け」「こちらが悪いぞそれ叩け!」がどれだけ愚かか書いた。
 その挙句が民主党政権だったというのに、この様子を見ていると……。



 さて、この東京を見て「有権者などその程度」となめているのだろうか、国会では、


++++++++++++++++
 野党、理事長の参考人招致を要求…森友学園問題

 与野党は3日、大阪府豊中市の国有地が鑑定評価額を大幅に下回る金額で学校法人「森友学園」(大阪市)に売却された問題を巡り、激しい攻防を繰り広げた。
 野党は同学園の籠池(かごいけ)泰典理事長らの参考人招致を強く求め、政府・与党に真相解明を迫っている。
 自民党の松山政司、民進党の榛葉賀津也両参院国会対策委員長は3日、国会内で2回にわたって会談し、榛葉氏は籠池氏や財務省幹部ら計6人の参考人招致を重ねて求めた。
 民進党は6日の参院予算委員会での審議拒否も辞さない構えだったが、松山氏は「籠池氏は民間人なので無理強いはできない」と述べ、来週以降に引き続き協議することになった。
 政府・与党は、「何を言い出すか分からない籠池氏の参考人招致は避けたい」(自民党幹部)として、野党の攻勢に警戒感を強めている。これに対し、民進党の蓮舫代表は3日、記者団に「籠池氏に真実を話してもらいたい。自民党が止めている理由が納得できない」と語った。
 読売新聞 3/3(金) 22:58



 <森友学園>共産書記局長、小学校予定地を視察

 学校法人「森友学園」の小学校新設計画を巡る問題で、共産党の小池晃書記局長が5日、大阪府豊中市の予定地を視察した。小池氏は記者団に「世の中の関心は非常に高い。籠池泰典理事長を国会に呼び、話をさせなければ世論は許さないだろう」と述べ、野党で連携して籠池氏の国会招致を求めていく考えを示した。
 小池氏は同党の地元議員から説明を受けながら、工事用のフェンス越しに視察。府私立学校審議会が小学校開設を「認可適当」と答申したことや、府の推薦で同学園が運営する幼稚園の教員が国の表彰を受けたことに触れ、「今は国有地の払い下げに焦点が当たっているが、今後は府の関与も問題になっていく」と述べた。【青木純】
 毎日新聞 3/5(日) 19:58

++++++++++++++++

(2017/03/03の記事、昔はこんな手でも「正義の追求」として通用したのだ)で論点混濁とすり替えを指摘した野党が、こんなことを要求するようになっている。


 与党側をこれを、


++++++++++++++++
 森友学園問題 自民が籠池泰典理事長らの参考人招致拒否

 自民党の松山政司参院国対委員長は7日、民進党の榛葉賀津也参院国対委員長と国会内で会談し、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題に絡み、野党側が求めている同学園の籠池泰典理事長らの参考人招致を拒否する意向を伝えた。
 産経新聞 3/7(火) 12:43

++++++++++++++++

「民間人を明確な犯罪証拠もないのに呼び出すことはできない」と拒否。


 当然のようにヤフーニュースのコメント欄は与党と安倍総理を罵るコメントで埋め尽くされることになっているのだが、少し考える頭があれば、民共が求めているのは「安倍叩きのために国会という国権の最高機関の権力をもって民間人をつるし上げよう」というものだと気づくはずで、それは、それこそ恐ろしい、旧ソ連時代の共産党がよくやっていた「権力の濫用」に他ならないことだと分かるはずである。

 本来そういうものから個人を守るための「人権擁護法」も整備されないまま、こんなことができるという「前例」など作ってはいけない。


 NHKニュースで民進党の山井氏が「この問題で国民の怒りは沸騰している」と憤りを見せているインタビューが流されていたが、この問題で沸騰している国民の怒りは、「なんでもかんでも安倍バッシングに結び付けようとしてくだらない時間の浪費をしている民進党の姿勢」に対してだ!


 森友学園では、


++++++++++++++++
 <森友学園>国と大阪府へ金額違う契約書…補助金過大請求か

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校建設を巡り、学園が国と大阪府に別々の契約書を示していた疑いがあることが、関係者への取材で分かった。学園が国土交通省の補助金を申請した際、建築費・設計費を計21億8000万円としていたが、学校設置認可を判断する大阪府には建築費を7億5600万円とする契約書が示されていた。二つの契約書を用意し、国には高い金額を示して補助金を多く得る目的があった可能性が浮上している。
 国交省によると、補助金は木材を積極的に使った建築物の建設に支給されるもので、学園は2015年に補助金の支給を申請した。新小学校の校舎・体育館は2階建て(一部3階建て)で、延べ約5800平方メートル。補助対象の事業費を21億8000万円として、1億1800万円の補助を請求。国交省は補助対象事業費を15億2000万円と計算した上、15~16年度に6194万円の補助を決めた。
 申請後、学園は補助金申請の窓口を担う一般社団法人「木を生かす建築推進協議会」(東京)に対し、建築費・設計費は21億8000万円と記された契約書を提示していた。一方、学園を巡る問題が表面化したことを受け、大阪府の私立学校審議会は先月22日、臨時会を開いて学園に現況を尋ねた。その中で学園は建築費を7億5600万円とする15年12月3日付の契約書を示した。
 二つの契約書が存在することになるが、大阪府私学課の聞き取りに、学園側の代理人弁護士は「最大限の金額で申請して枠を取った」と説明したという。
 協議会の担当者は「学園に正しい契約金額を証明する書類の提出を求める」としており、調査に乗り出す方針だ。【青木純】
 毎日新聞 3/7(火) 11:31

++++++++++++++++

 こんな話も出てきたが、ならば大阪府や警察が捜査をすればいいだけのことで、


++++++++++++++++
 民進・辻元氏ら、手続き経ず予算委を欠席 与党側は批判

 民進党の辻元清美、玉木雄一郎両衆院議員が、21日の衆院予算委員会の中央公聴会を必要な手続きをせずに欠席していたことが分かった。22日の予算委理 事会で、公明党の赤羽一嘉氏が国会軽視だとして「看過できない」と批判し、浜田靖一委員長は「重く受け止めてもらいたい」と民進を注意した。民進理事は 「我々の手続きミスだった。申し訳ない」と記者団に語った。
 辻元、玉木両氏は21日、学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題の現地を視察していたが、別の議員が委員会に出席する「差し替え」の手続きをしていなかった。
 朝日新聞デジタル 2/22(水) 19:53

++++++++++++++++

 国会議員が国会をさぼって探偵ごっこにうつつを抜かすようなものではない。


 彼らは森友学園の理事長を呼び出し、豊洲問題での石原氏のような「叩く人形」に使って「安倍が悪いという印象づくり」に使おうとしているだけ。それが見え見えである。
 ふだん人権だなんだという野党の人間たちは、実はそんなことに権力を使おうとするファシストだということを冷静に見て、彼らの作る「ポピュリズム」になど乗せられないようにすることが大切だ。

 

(2017/03/03の記事、昔はこんな手でも「正義の追求」として通用したのだ)で取り上げた野党の「総理夫人は公人」論に便乗して、


++++++++++++++++
 安倍昭恵氏 公的立場の説明責任を

 首相夫人は公人か、それとも私人か――国会でそんな論争が交わされている。
 きっかけは、大阪市の学校法人「森友学園」にからむ安倍首相の妻・昭恵氏の言動だ。
 昭恵氏は2015年9月、学園の幼稚園で講演し「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと思っている」と語った。
 首相は、国会で野党から学園理事長と昭恵氏の関係を説明するよう求められると、「妻は私人なんです」と反論。菅官房長官も「首相夫人は私人だ。国家公務員としての発令を要するものではない」と述べた。
 確かに首相夫人は公務員ではない。選挙で選ばれたわけでもない。一方で、昭恵氏は学園が新設予定の小学校の名誉校長に就き、学園はホームページで昭恵氏を「内閣総理大臣夫人」と紹介。先の講演には政府職員が同行していた。
 職員の旅費は昭恵氏が負担したというが、だとしても、一連の森友学園とのかかわりを単なる一私人の行為ということには無理がある。少なくとも公的な立場での活動とみるべきだ。
(中略)
 昭恵氏と森友学園や理事長との関係はどのようなものだったのか、疑念を呼んでいる。
 公的立場にある者として、昭恵氏には「私人」を盾にすることなく、国民が納得できる説明をする責任がある。
 朝日新聞デジタル 社説 2017年3月7日

++++++++++++++++

 こんな社説を書いて「総理夫人は公人→公人の言葉は国民を誘導する→安倍が学園に便宜を図った」という流れを作ろうとしているところもあるが、馬鹿馬鹿しい。

 イベントなり新しい企業なりがそのパンフレットに有名人の名前を求め、依頼された有名人も「適当におべんちゃら」を書いて渡し、それを手にした人間が「ふーん」という。そんな程度のことは普通に大人ならばみんな常識としてわかっている。
 有名人が何か書いているからといってそれをそのままうのみにして信じる人など、よほどの世間知らずだろう。それを「とんでもない責任問題」だというような人間もまた。

 あるいは、「権力者の言うことに国民は無条件で従え」と思っているような人間か。

 そんなくだらないことばかり国会でやった挙句に

「安倍首相「妻のことだからムキに」森友答弁でキレた」(日刊スポーツ 3/7(火) 9:57配信)


 こんな見出しで揶揄して「イメージ落とし」ばかりやっているようなマスコミと野党になど!



 本日の都道府県。


++++++++++++++++
 カルビーが47都道府県のポテチ発売 地域の味や郷土料理生かす

 カルビーは3日、47都道府県の郷土料理や素材の味を再現したポテトチップスを7月以降、順次発売すると発表した。地元の自治体や企業、住民と協力しながら、地域に根ざしたポテチを開発する。夏・秋・冬の3回に分けて投入する。
 カルビーは3日、東京都内で記者会見し、地域や日本を元気にする「ラブ ジャパン」プロジェクトを発足したと発表した。29年度は地元に根付いた味を再現した47都道府県のポテチを発売する。
 これまでカルビーは約90の地域限定ポテチを発売してきた。昨年も伊藤秀二社長の出身地の福島県で、郷土料理「いかにんじん」の味を再現したポテチを投入し、約79万袋を発売するなど大ヒット商品となった。
 今回は47都道府県別のポテチを発売するが、伊藤社長は「いかにんじんのヒットで、地元の味が地元で売れることを体験した。日本の各地には、そのエリアにしかない料理が多くあり、魅力を掘り出し、ポテチを通じて、地域や日本を元気にしたい」と語った。
 販売地域は、各都道府県と、その周辺エリアを予定している。ただ、ヒットした場合は全国に広げる可能性もあるという。販売期間は約1カ月。
 SankeiBiz 3/3(金) 17:07

++++++++++++++++

(2016/06/15の記事、防諜能力強化に反対するにはわけがある?)で取り上げたように、「ポテトチップス いかにんじん味」は再生産がかかるほど人気だったということで、カルビーが「全都道府県の味を出す!」と息巻いているのだが……茨城はいつものごとく「納豆味」にされるのかなぁ。
 それはもう「うまい棒」の方であるんだけど。


「そのエリアにしかない味」というのならば、同じ納豆でも「しょぼろ納豆」というものもあるのだが、あれは混ぜられているたくあんの食感が「キモ」だから、ポテトチップスには向かないし。
 思い切って「スタミナラーメン味」というのはどうだろうか? レバーの風味が人を選ぶぞ(笑)。




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

statesgrowさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。