2017年05月13日(土)

論点を直視できないものに議論はできないぞ

テーマ:政治

 このこの頃やたらと自衛隊のヘリが北に向かって飛んでいく姿を見る。
 前後ローターと機体側面の張り出しからすると霞ケ浦のCH-47だろうけど、いったい何をやっているのかなぁ。

 安倍総裁のビデオメッセージで、左巻きが蜂の巣をつついたように大騒ぎ。論点すり替えや個人攻撃に走っている。 

(2017/05/07の記事、加憲ではなく全面改正を!)で引用した安倍氏の話は、

++++++++++++++++
 安倍晋三首相は現行憲法が施行70年を迎えた3日、憲法改正推進派の民間団体が東京都内で開いたフォーラムに自民党総裁としてビデオメッセージを寄せ、改憲について「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」との目標時期を明らかにした。
 時事通信 5/3(水) 13:51配信 「憲法改正、20年施行目指す=9条に自衛隊明記を―首相がメッセージ」より

++++++++++++++++

 と、民間のイベントに国会議員の政党代表の肩書を持つ人間として送ったものだというのに、民進党の幹事長は、

++++++++++++++++
 憲法改正 民進・野田幹事長「立法府の審議のありように強く介入」 安倍首相の提案に不快感

 民進党の野田佳彦幹事長は8日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が憲法9条改正による自衛隊の存在の明文化と平成32年の新憲法施行を目指す考えを示したことについて「極めて違和感を感じざるをえない」と不快感を示した。
 野田氏は「(国会の)憲法審査会で丁寧に議論を積み重ねているときに、行政府の長が『オリンピックを開く2020年までに』など、立法府の審議のありように強く介入する形で発言した」と言及。「自民党の憲法審のメンバーがどこまで(首相の発言を)共有していたのか、唐突感が分からない」とも述べ、まずは自民党内で議論を整理するよう求めた。
 首相が提案した自衛隊の存在の明文化については、「憲法審で9条の話は一言も出ていない」と強調したうえで、「急に9条で、しかも従来の自民党の議論と違うことについて、わが党が正面から答える段階でない」と述べた。
 平成32年の新憲法施行については「東京五輪・パラリンピックと関係ないことを持ち出していないか。あまりにも目的とタイムテーブルの置き方が恣意的すぎるのでないか」と語った。
 産経新聞 5/8(月) 17:52

++++++++++++++++

「総理大臣が国会に口を出した!」と訳の分からない切れ方をする。

 ではその党は国会で何をしているかといえば、

++++++++++++++++
 安倍首相、改憲発言の整合性「新聞読んで」 衆院予算委

 安倍晋三首相は8日の衆院予算委員会で、憲法記念日に合わせて改憲派集会に寄せたメッセージで、2020年までに憲法を改正したいなどと述べた自身の発言について、「国会における政党間の議論を活性化するためのものだ」と述べた。
 民進党の長妻昭氏から発言の真意を問われた首相は、「(国会の)憲法審査会において議論が佳境に入っていく時を迎えている」と主張。一方で「憲法を議論する場は本来は憲法審査会であろうと思う。この場(予算委)に立っているのは自民党総裁としてではない。内閣総理大臣としての責任における答弁に限定させていただき、どうぞ憲法審査会で活発な議論をされたらどうか」と述べ、具体的な説明はしなかった。
 さらに長妻氏から、自民党が12年に発表した改憲草案と自身の発言の整合性を問われると、「自民党総裁としての考え方は相当詳しく(インタビューに応じた)読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読して頂いてもいい」と発言。長妻氏が「新聞を読めなんていう、そんな馬鹿なことはない」と反発すると、首相は「ここで、党総裁としての考えを述べるべきではないというのが私の考え方だ。自民党総裁としての責任を伴うリーダーシップとして申しあげているわけで、改憲草案を取り下げるかどうかということではない」として、草案を撤回する考えはないとした。
 朝日新聞デジタル 5/8(月) 15:50

++++++++++++++++

「総理大臣」として出席している場で「憲法について考えを説明せよ!」と難癖をつけているのだから、何をやっているのだか。

 代表までが、

++++++++++++++++
 蓮舫、安倍首相批判「立場を使い分け、二枚舌だ!」

「総理・総裁は同人格だ。立場を使い分けるのは、あまりにも二枚舌だ!」
 安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が9日、参院予算委員会の集中審議で対決した。蓮舫氏は、8日の衆院予算委員会で憲法改正に対する持論の真意を問われ、自民党総裁としての意見だとして答弁を避けた首相を、強く批判した。
 また、首相が持論の詳細について「読売新聞(のインタビュー)を熟読してほしい」と発言したことを問題視。「読売新聞では気持ちよく話せて、なぜ国会では話さないのか。立法府の軽視であり、到底、容認できない」とののしり、「国会を何だと思っているか。責任放棄だ」と述べ、「読売発言」撤回の意思があるか、首相にただした。
 これに対し、首相は「今この場には総理として立ち、答弁する義務を負っている。議論は憲法審査会でなされるものと考えている」と、前日と同様の答弁にとどめた。その上で逆襲に転じ、対決モード全開の「リアル蓮舫」に、「憲法(の問題)は、一方だけが具体的な案を出し、一方は追及、批判するだけのテーマではない。民進党も、具体的な提案を提出してほしいし、建設的議論を行いたい」と指摘。改憲私案を月刊誌に発表し、党執行部との考えの違いから代表代行を辞任した細野豪志氏の名前を挙げ、「細野さんも提案している。(党も)立派な提案をしてほしい」と、皮肉った。
 さらに、「蓮舫さんもこういう外形的なことではなく、中身についての党の案を…」と、蓮舫氏の質問内容にもケチをつけたため、民進党席が大ブーイングを出し、審議が混乱。首相は「まあ、みなさん、そんなエキサイトしないで。最後まで聞いて、質問で批判してほしい」と、ヤジの声に対応し、蓮舫は「誰に答えている」「(私の質問に)まったく答えていない」と、怒り心頭。「自分のやりたいことをやって、でも、聞かれたら答えない。そのダブルスタンダードはあらためてもらえないか」と、訴えた。
 それでも首相は、「今やらないといけないのは自衛隊だ」と、憲法改正の持論の一端に言及。「憲法学者の8割が違憲としている。そういう状況を変えていくのは私たちの世代の責任ということで申した」と述べた。
(後略)
 日刊スポーツ 5/9(火) 14:40

++++++++++++++++

「役職にはそれに応じた責任がある。例えば今流行りの社外取締役が株主総会でその会社のこと以外のことを質されても答えることができない」という大人なら誰でもわかる常識を持たずにわめきまくっていることを野田幹事長はどう思うのか。

 はっきり言って彼らの行動は「バカのふるまい」である。
 そんな行為に、「今は総理なのでそれはできない」ときちんと返されただけではなく、「とりあえず総裁としての話は直近では読売新聞のインタビューで答えているので、そちらで確かめてほしい」と皮肉を言われたら言われたで、

++++++++++++++++
 「安倍首相は国会軽視」=山井民進国対委員長

 民進党の山井和則国対委員長は9日の記者会見で、安倍晋三首相の憲法改正に関する国会答弁について、「国会軽視、憲法軽視、国民軽視だ。これほど国民と国会をばかにした答弁は今までなかったのではないか」と批判した。
 首相は8日の衆院予算委員会で、民進党議員の改憲に関する質問に対し、「(自民党総裁としての考えは)読売新聞に書いてある。それを熟読してもらえばいい」と答えている。
 山井氏は「国民に説明せず、強引に憲法改正をする姿勢は言語道断だ。円満に(国会の)憲法審査会で憲法改正の議論をすることの妨げになったのではないか」と語った。
(後略)
 時事通信 5/9(火) 12:41

++++++++++++++++

 と騒ぐのは、「バカの上塗り」。馬鹿にされているのは常識を知らない民進党で、そこに国民を並べるのは侮辱なのでやめていただきたい

 挙句には、

++++++++++++++++
 参院憲法審に応ぜず=民進・榛葉氏

 安倍晋三首相が憲法を改正し2020年施行を目指すと打ち出したことを受け、民進党の榛葉賀津也参院国対委員長は10日午前、自民党の松山政司参院国対委員長と国会内で会談し、参院憲法審査会の開催に応じない意向を伝えた。
 榛葉氏は、首相が自らの考えを知りたい場合は「読売新聞を熟読して」と国会で語ったことについて、「答弁に誠意と中身がない」と抗議。「このような環境下では憲法審査会を動かしたくても動かせない」と述べた。参院憲法審査会は昨年12月以来開催されていない。
 時事通信 5/10(水) 12:04


 衆院憲法審、11日は見送り=安倍首相の改憲発言影響

 衆院憲法審査会の11日の開催が見送られることになった。
 憲法9条改正に関する安倍晋三首相の発言に、民進党が「与野党協調で進めてきた憲法審の伝統を無視するものだ」などと反発したもので、与野党の筆頭幹事が10日、開催延期を決めた。
 憲法審は11日に「地方自治」に関する討議を行う予定だった。同日は幹事懇談会を開き、今後の審議日程を改めて協議する。 
 時事通信 5/10(水) 18:42

++++++++++++++++

 いつものサボりを決め込むのだから、まったくお話にならない。

「自民党の総裁がこういった」というのに疑問を持つのならば、なおさら国会の憲法審で議論をすべきではないか!


 民進党がこれならば、共産党も負けじと、

++++++++++++++++
 共産党の小池書記局長は、「自衛隊を憲法に書き込めば、憲法違反を憲法で追認することになり、自衛隊は何の制約もなく海外で武力行使ができ、本当に危険だ」と批判しました。
 これに対し、安倍総理大臣は、「そうしたことにはならない。9条の1項、2項を残すということであり、当然、今まで受けている憲法上の制約は受ける」と反論しました。
 NHKニュース 5月9日 19時12分配信 「首相 9条改正に取り組む責任強調 民進に具体案求める」より


 共産・志位委員長、安倍首相の改憲提案「五輪憲章違反」 9条2項が死文化

 共産党の志位和夫委員長は11日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が東京五輪・パラリンピックが開催される2020(平成32)年の新憲法施行に意欲を示したことについて「五輪と憲法は何の関係もなく、五輪の最悪の政治利用。スポーツの政治利用を禁じた五輪憲章違反だ」と批判した。
 志位氏は、首相が戦力の不保持と交戦権を否定する憲法9条2項を残した上で、自衛隊の存在を明記する案を示したことについて「2項が死文化され、無制限の海外での武力行使に道を開くことになる」と指摘した。
 産経新聞 5/11(木) 18:04

++++++++++++++++

 さらに輪をかけた「わけの分からないいちゃもん」でわめきまくる。

 共産党の小池氏は、自分で「自衛隊は憲法違反」だという現状を認めてしまっているのだから大笑い。「その状態をなくすために条文を変えよう」という話に「憲法違反を憲法で追認する」という彼には、法文に関する議論というものを理解する能力がないことを自白してしまっているのだから世話はない。
 志位委員長の方も、自分では「急所を突いたぞ!」と思っているのかもしれないが、論理の順番を間違えているだけなのだから、「東大工学部卒」の名が泣く。
 こんなことを言ったら、オリンピックのために道路を整備しようとかスタジアムを作ろうという、公共の予算が絡む話はすべて「オリンピックの政治利用」といういちゃもんがつけられてしまうではないか。厚労省が「煙のないオリンピック」を目指してやってぃるタバコ制限など、もう「オリンピックの政治れよう」以外の何物でもない。
 安倍総裁のいう「オリンピックまでに」というのは目安の話である。(2017/05/07の記事、加憲ではなく全面改正を!)で引用した安倍氏の言葉のどこに、「オリンピックのために」という表現があるというのだろう。理科系の人間は「数学が嫌いだから文系」といっている人間と違い、文章の分析力にも優れるはずだというのに。思想はこれほどまでに人の頭を鈍らせるのか。
(2017/05/07の記事、加憲ではなく全面改正を!)のエントリーでも書いたように、この議論は本来、警察予備隊を自衛隊に改組される時にやっておくべきことだったのだ。
「なぜ今」とか「急ぐ必要がない」という意見には、「遅すぎるのだ」といってやろう。

 まったく。ここで安倍バッシングをしている人間たちの中に、安倍氏が問題視した「自衛隊の位置づけ」について話をしている人間がまるでいない、いても小池氏のように憲法違反を認めるようなものだけというのは、なんということなのだろう。
 安倍総裁の指摘に対して反対するのならば、提起された問題に対して「なるほど違憲状態は解消しなくては」というとか、「いや、自衛隊は違憲だがこのままでいいのだ」という、彼らのいうところの「立憲主義違反」を認める立場をとるとか、「意見だから廃止すべきだ」と極論を言うとかで意見をぶつけ合う、それが議論というもの。
 そして、国会議員がすべきことはそういうことだ。

無制限の海外での武力行使」など、今の改憲論議のどこに出てくるというのか。ただ相手にレッテルを貼って貶し、揚げ足をとって「論破」とするなど、2チャンネルレベルのレベルのことではない。


 本日の洗濯。

++++++++++++++++
 <茨城・水戸>えっゆるキャラ?「写さないでください」


(写真、産経新聞より。窓からぶら下がっているぬいぐるみのようなもの)

 何だろう。水戸市内を散歩していたら、ぬいぐるみのようなものが窓からぶら下がっている。もしかして「ゆるキャラ」だろうか。初夏の陽気につられて日なたぼっこしているみたいだ。あまりに面白いので、聞いてみたら、女性の職員から「ゆるキャラです。でも、写さないでください」とピシャリ。ゆるキャラにもプライバシーがあるからかな。
 気象庁によると、12日の茨城県内は高気圧に覆われて気温が上昇し、水戸市で25.6度の最高気温を記録した。【日野行介】
 毎日新聞 5/13(土) 17:27

++++++++++++++++

 ご老公ーっ!

 ゴールデンウィークに頑張られたのでしょうけど、命の洗濯やりすぎです!


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。