2017年04月02日(日)

家族の顔が……

テーマ:日記

 東京では桜が満開かぁ。水戸ではまだ寒さに震えているのになぁ。



「鉄血のオルフェンズ」が終わった。
 軌道上からの質量兵器攻撃があった時には「本部からトンネルを使って逃げた者たちも含めて全滅か」と思ったのだが、さすがに準光速ミサイルほどの威力はなかったようだ。
 おかげで最悪の結末は逃れられたようだが……やはりあまりにも「リアル」にこだわりすぎたせいか、物語としてのカタルシスに欠けてしまったのは否めない。


 作中視聴者から「イライラ」をぶつけられていたイオクには「ケリ」をつけてくれたが、ラスタル・エリオンがそのまましれっとしているのには「モヤモヤ」を感じる人も多いだろう。
 禁止兵器ダインスレイブを軌道上から発射するという、いくら現場からマスコミを排除していても誰かにきっと見られているだろうことをしていたのだから、そこを突いて失脚させ裁判で糾弾するというような展開でもあれば面白かったのだがなぁ。マクギリスもそれぐらい頭の切れる人間を配下にしていればよかったのに。
 まあ、人を信じて使うことができないマクギリスにそんなことを望む方が無理ともいえるのだが。
 ならばそういうことのできる力を持った存在として「革命の乙女」ことクーデリアが活躍してくれたかといえば、一期の最後で華々しく名前を売ったはずなのに存在が「空気」になってしまっていたし。
「火星の王」がなんたらというのならば、「火星のヒロイン」である彼女はもっと話の中心にあってもおかしくないのに。
 せっかく一期で作った資産が二期ではあまり生かされなかったように思えて仕方がない。


 孤児が家族という場所を得るというテーマでは、生き延びた鉄花団員たちの顔を見ればきちんと描けているが、途中に引っ掛かりがあるとご都合主義にも見えてしまうから、もう少し何とかした方がよかったのではないか。
 それでも物語としては「どこかで見たような設定で、どこかで見たようなキャラが動く」ようなアニメよりはしっかりしていた。


 これでTBSはこの枠からアニメは撤退。もったいない話だ。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。