重冨たつや 新しい政治へ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

今年度、川崎市では全ての区で総合防災訓練が2回開催されます。

 

中原区では、9月3日(日)に大戸小学校、来年2月11日(日)に上丸子小学校で予定されています。

 

 

防災訓練は「それぞれの区や団体が任意で行うもの」というこれまでの扱いから考えると、今回の強制開催はかなりトップダウンな方向転換だといえます。

 

区役所も日程調整や内容検討などでかなり右往左往しているようです。

 

この方向転換の背景としては、おそらく、半数以上の避難所で「避難所運営訓練」が行われてこなかったことなどがあるのだと思います。

 

これについては議会でもたびたび複数の議員から改善すべきとの声があがっていました。

 

私も訓練開催の機会を行政主導で作ることはある程度必要だと考えています。

 

しかし開催が決まってからは、行政主導ではよくないでしょう。

 

防災訓練といえば、必ずといっていいほど耳にするのが「こんなことやって、意味あるの?」というフレーズです。

 

ちなみに9月3日に大戸小学校で予定してる訓練の内容については、今月の市政だよりで以下のように紹介されています。

 

「避難所訓練、救出搬送訓練、防災アウトドア体験など。

※内容は一例。変更の可能性があります。」

 

この記述だとおそらくまだ完全に内容は決まっていないのでしょう。

 

年度が替わり人事異動などもある3・4月から本格的に準備を始めたわけですから無理もありません。

 

さて、今回この記事を書こうと思ったのは、区役所での突貫企画ぶりをバッシングするためではありません。

 

この総合防災訓練を「意味があるもの」にするために、是非みなさんのご協力を頂きたいと考えたからです。

 

これまで防災訓練に不満を感じたことがある方は多いと思いますが、

 

その防災訓練を年々改善していこうと行動されたことのある方は少ないかと思います。

 

お恥ずかしいことに私もそのような経験はありません。

 

しかしせっかくやると決まっている防災訓練です。どうせなら「やっててよかった」と思えるものにしたいと思います。

 

そして毎年楽しみに待てるようなイベントにしたいです。

 

今年度2回実施となっていることも非常に良いことです。なぜなら、9月に大戸小学校でやったことの反省を2月の上丸子小学校でいかせるからです。

 

正直なところ、9月の総合防災訓練もまだまだ認知度は低く、

 

おまけに「中原区 総合防災訓練」と検索しても、9月3日の情報は見つからないという状況で、最高のスタートとはいえないと思っています。

 

しかし区役所は少なくとも、区民と一緒にこの総合防災訓練を育てていきたいという意識は持っている。ような気がしています。

 

まずは9月3日に多くの方にご参加頂くこと、そしてそこでの反省を生かして2月11日の訓練に生かすことができるかどうかが勝負の分かれ道いだとも思います。

 

「私たちの団体にもブースを出させてくれ」

「もっとこういう広報をしてほしい」

「そもそもネーミングがイケてない」

など、どんなご意見でも結構です。

 

私たちのまちで、私たちの安全安心のために行われる訓練ですから、みんなで育てていければいいなと思っています。中原区の訓練、イイものにしちゃいましょう!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

重冨たつやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。