ぼうけんのしょ

L□∨Ε...φ( ̄▽ ̄*)ポッ

もうちょっと知的で充実した生活にしたいなーと思いつつ、
そーでもない(笑)日常の記録です。

テーマ:
パスポートセンターにいくと、必ずユニクロ、GU、無印良品の何かを買っちゃいますっ

特に店頭だけの激安価格など、魅力おねがい


今回は、秋も着れるコレ。

{A6631212-3764-4056-8E1A-8AF013BC9F8D}

{54B175B4-762E-48A1-99EE-F7945120DB4A}

{ED148B84-EEFD-44DE-A38E-A56EAB546270}

3枚色違い照れ


さらに、リラコがまた、安くなっていたので、タイとトルコの友達には、リラコをお土産にしましたウインク


デュッセルドルフでリラコを見かけたら、私の友達かもチュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ショッピングゥ」 の記事

テーマ:
無事、パスポート出来上がり。
今度は写真屋さんに依頼してスタジオで撮りました。


やはり、ちがうっ

指名手配風だったのが、人間らしくなりましたおねがい


さて、スケジュールが確定。

8月5日、朝パリ着。観光。
8月5日、夜フランクフルト着。
彼とフランクフルト観光。二泊三日。

8月7日、デュッセルドルフ着。
彼の自宅で生活し、語学学校手続き。

8月9日、ハノーファーから出発、ギリシャ クレタ島リゾートへ。

8月16日、ドレスデン着、ドレスデン観光。
8月17日、デュッセルドルフ帰着。


旅行は全て、彼が招待してくれ、手配してくれた。
まあ、ビーチリゾートは、私はニガテなんでニヤリ
でも、私の希望、ドイツ国内旅行も入れてくれたからウインク


ギリシャは、トルコとかシリアに、割と近いっ

何事もありませんように。
2度とパスポートを洗濯しませんように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アジアツアーとして、日本にまた、来てくれたドルトムント照れラブ
{F3DF4270-548C-4FE0-A412-30BEF2CD1DD3}



しかし、小柳さんは、バルサファンなんで、ドルトムントの試合には、もう呼ばないで欲しい。

発言してくれるのはいいと思う。
もっと小柳さんは頑張れ!ただし、バルサファンとして、ね。
{00B39362-785A-4FE7-A5B3-DC28FA8EA799}
たくさんのドルトムントファンを見て、相方もビックリしてました。
日本だと、香川のファンがそのままドルトムントを見てくれたりするから、凄い数の黄色いユニが見えて嬉しかったおねがいおねがいおねがい
ありがとう!会場に行ってくれたみなさん、暑い中お疲れ様でしたーおねがいおねがいおねがい
{6B157288-71CC-4829-BF5C-A8A0E4183741}

{9E024D52-C6EB-4B95-9B05-46F1E3261C46}
到着を大歓迎してくれたサポのみなさん、お疲れ様お願いお願い
{0AAD5154-6777-4760-ACD0-55DCA3D7BFD3}
スボが戻ってきて、嬉しかったえーんえーん
{129D2EC3-AE62-4CF0-A651-1F3D15A77A8F}
アニキは、実物は、もっとイケメンです!
{B83C5D22-CBBE-4F80-8AEB-884EB796F9A4}
ゲッツェ、早く良くなれニコニコニコニコ
{3022EDDA-828F-4AF2-B376-2AE3EE8EBAD7}
リードレとリッケンてへぺろ
可愛いラブ
{C90B557F-9DF8-40B6-A6A8-ED43AC5C9703}
ユース責任者のリッケン照れ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いろーんな、限界が来て、もう、ダメ、あたし。


そうなったときに。
色々な人に助けられて。


そんなときに、心に響いたのが、ドイツのサッカー。


夢中になり。


ドイツに行きたい気持ちは、他の何より大きくて。


他の国に行けたとしても、行かなかったネ。
英語圏なら、楽できたのになー。



そしたら、愛する人に会い。
まさかこの歳で。


本当に、信じられない、けど、

どこか、こうなると知っていたような気もする。
深〜いとこで。


彼がね、君がやりたい仕事を、全力で探してあげる、ドイツ語のサポートをしてあげる、と言われて、


ふと、やっぱり心に響かない。


心に響かない仕事は、したくない。



てへ。


ワガママ、とか何とか自分を非難する声もあるけど。


限界が来てしまったから、やろうとしても、出来ないのだね〜。



彼に素直に話した。


一緒に、やりたい仕事を出来るように、助けてくれるって。



彼もまた、本当にやりたい仕事をしてるわけじゃないから、


二人とも、出来るように助けたいな。



それが、今の、心に響く声。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
外のやかましいカミナリに起こされましたぃ。

ドイツに再び住むまでに、1か月を切りました。
いよいよ、日本でのスマホ解約をします、
が、まだしてないすニヤリ

解約の場合、auだと、月末にしないと損らしく。


で、解約した場合に使えなくなる機能、などを整理して。

月末に再度、解約に行きます。

で、ドイツだと、私のiPhone 6は、使えません、Sim フリーじゃないから。

選択肢として、

1ニヤリiPhone 7 買う
2ニヤリドイツでHuawei買う 
100ユーロくらいで中古がある。
3ニヤリSIM フリーwifiルーターを買って、現地のスーパーマーケットなどでSIMを買って使う

安上がりなのは、3ですね。ただ、ドイツの一般的SIMが、きちんと互換性あるか、ちょい不安。
ベストなのは1なんすけど、学費に使うしね〜。


まだ、迷い中。そろそろ、3なら、買わないとなー。

一応、非公式にSIMフリーじゃないiPhone6を、フリーにするアンロックキーなんてのも、売ってます。

amazonに売ってるのは、レビューがヒドイ。
不良品もあれば、さらに、本体のWi-Fi認識が壊れたり。

最初は、一番安上がりかな、と思いましたが、一か八かの勝負は、ちょい勝率悪すぎ、リスクデカすぎニヤリ


海外旅行が多い人で、SIMフリーじゃないスマホの場合は、たくさんな互換性のあるSIMフリーWi-Fiが選択肢になります。


しかし、恨むよね〜SIMロックを放置してきた保護主義的な日本の会社を。


ガラパゴスなら許せるけど、もともとiPhone はSIMフリーにデザインされていたのを、自社から客を出させないために、わざわざロックしやがったのは、通信会社企業エゴによる消費者の不利益。それを、全社やってたからね。

その発想だから、売れるものが作れないんだね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あまりにも暑くて、やっつまいました。

先日、スマホの解約に窓口でパスポートを見せ。

その日は、外に泊まり、いつもパスポートをしまうポケットから出したまま、着替えを上から詰めてしまい。


昨日洗濯をする際に、急いで着替えやタオルをバックから出して。家で少し心配な事情もあり、上の空で洗濯をして。

洗濯機から、出来上がりを出していたら、見慣れたエンジの手帳が。



ガーンガーンガーン


洗濯してしまいました。
まだ、7年残ってたのに。

ICチップが生きてれば、何とか復活して使えるかなと、パスポートセンターに行きましたら。


お陀仏。

おまけに、表紙が剥がれ落ちた。


幸いに、一週間で出来上がる予定ニヤリ
しかし、破損してしまいました場合、1万6千円の手数料がかかるえーん


シクシク笑い泣き


バカなことをしてしまいました笑い泣き
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと、日本にも世界にも、たくさんの引きこもりをする人が増えてきた理由が、心に響いてきた。


ドイツの語学学校で友達になったトルコ人の女の子と、タイ人の女の子と、またデュッセルドルフで会う約束をして。


そのやりとりを見ながら、日本人と外国人の違いを、いろいろ感じたことを思い出しながら。


同時に共通点も理解し始めた。


彼女は27歳、タイ人の女の子も同じくらい。


その世代の若者は、情報化社会のなかで生きてきてる。

私は自分の世代の中では、おそらくかなり早い段階からコンピュータを買い、インターネットと触れた。パソコン通信、SUNワークステーションのインターネットサーバー立ち上げ、など、インターネット黎明期に立ち合ってる。


だから、言語的に世代間のギャップがあまりない、共通言語や思考がある。

彼女たちの世代では、世の中の情報が、全て簡単に手に入る時代に思春期を過ごし、私は思春期を終えた後にインターネット黎明期に立ち合った。
だから、私と彼女らとの違いは、思春期を情報化社会にすごしてはいない、という点。


思春期を情報化社会で過ごした世代では、様々な情報から取捨選択、分析、拡散、などの情報コミュニケーションを、息をするように自然に身につけている。

ある話題について話すときには、個人的主観と、比較分析的客観性とを取り混ぜながら、自然に

●自分の意見や見地が『どのレベルにおいて正当か、
●どのレベルにおいて高く評価されるか、
●どの分野では何が最先端で何が時代遅れか

と、自覚ないまま高度な分析がされた情報についてを吟味して価値付けを行っている。


これは、現代人ならほぼ私の世代以降には、常識的な能力だったりするし、
『他人と比較した自分のあり方』を、強く意識したり、
憧れの対象を盲目的に崇拝したり飽きたりを繰り返しながら、価値観が形造られている。


情報化社会といいつつ、全くネットを使わない、使えない、嫌いな人もいる。
ネットが普及していない国や地域も、ある。

そういう人は、周りについていけない、となっていたり、
あるいは、自分の価値観を信じ、無邪気に驀進していたりする。

分析的でなく主観的に生きられ、自我に目覚める思春期に、自分と比較して悩む相手は、周りの少数の人間だけを見ながら、客観性を身につけていく。


たまに、『意識高い系』なんていう言葉もあるように、『誰からも羨まれ、尊敬される意識を持っているぜ』という自意識で生きている人もいたりする。


でも、私の世代からみたら、若い人は皆、この『意識高い系』に入るニヤリ


私の世代では、あらゆる情報なんて、簡単に手に入らず、
狭い価値観の中で、無邪気に、他人と比較する機会もなく、どうどうと『ダサい人間』でいられる。

または、ネットや情報から離れている今の世代とは、私の世代との共通点が、たくさん見られる。



彼らは自分が、『どの程度のレベルにいて、どの点はイケてない』なんてことは、考えた事がない。

私の世代もそうだった。


要するに。

自分と比較して悩む対象が、多数ありすぎるのが、今の若い世代。
かなりの人が、深刻なくらい、自己嫌悪感を持つ。

思春期は、そもそも自己嫌悪の時間。

他人と比較する機会も増え、頑張ってみたり、あきらめてみたり、葛藤する時期。

今の若い世代では、膨大な量の比較対象から、自己を客観視できてしまう。

そして、他人の美点を素直に褒めるだけで終わるほど、自己が確立していない。
自己を嫌悪する機会もセットになるのが、思春期。


このストレスは、私の思春期より、確実に辛いと思う。ただし、わずかな期間で、私より数倍、客観視する能力を身につけて自己を確立していく人も多い。


この辺の、客観視ぐあい、を、私の若い友人たちから、見せてもらい、ふと、引きこもりがなぜ増えていくのか、腑に落ちた。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日からデュッセルドルフでは、ツールドフランスが行なわれているようです。
自転車の国際レース。
開幕の地、という。

てか、ふつーにビジネスタウンなのに、市内をかなり封鎖してやるのかねー?

そして一昨日は、ドイツの毎日映画を放送してるチャンネルに、ついにアレが登場してしまったよーで。




今度は日本人として、説明に苦慮するヤツや、、、

と思いきや。

ドイツもエログロナンセンスコメディ、意外とやるんす。







こちら右側の方、他にもコメディ作品が色々あり、
日本では放送できなさそうなエロネタをやってたり。


アメリカはポルノ規制激しいけど、ドイツはおおらかというか。

普通の本屋さんも、ビジネス雑誌の隣がバッチリ裸雑誌だったり、

サッカーのBildなども、エロネタをバシバシ出してます。
エッチテク、下半身に変な虫がいた、あっけらかんとしてます。


タブー感がないから、ドスケベな人に嫌がらせされる?なんて事はなく、むしろ逆。

アメリカの方が、そーいう嫌がらせは多い、てか、ドイツでは一切ない。かな。


しかし、女性側が許容する場合には、ガンガン無邪気に、エロネタは話されますなニヤリ


ジョークも当然、そっちが多いしグラサン


変に縛りつけない方が、変なことしない、というのは、わたし的には真理かなと。
オランダのマナーの良さ、ドイツの理性的マナー、日本の穏やかな紳士とくらべ、
タブー感がある国、アメリカ、ムスリムなどの男性は、女性側が許容するかしないかにかまわず、セクハラが多いですから。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Ehe für alle!


法律としては、まだだったのね、
今日法律が通過して、正式に婚姻が認められることになったそうです。



そうでなくても、既にケルンではオープンだったし、たしか副首相、ベルリン市長がカミングアウトしてたし。


そうでなくても、多分極右以外は、ゲイを排除しない国。


人権。


私達に、個人の幸せを批判する権限なんて無い。
個人の愛情や幸せを妨害する権限なんてない。

究極を言ってしまうと、ロリコンも、個人間合意がされるなら、許す。
しかし、相手の判断能力や、判断のタイミングが、難しいために、合意を認めようがない。

15歳以下は、性には早すぎるから、問答無用でだめだけど、15歳以上は、判断能力を客観的に見せられるなら、認めて良いよね。てか、16歳以上は合法だったはず。

しかし未成年保護とかいうことがあり、矛盾した人権の扱い。


ハッキリ言って、判断能力が16歳以下のオトナをたくさん見てますからね。
年齢で決めるべきじゃない。
単に、スクリーニングをキチンと考えるべきだけ。

考えたくないから『拒否』する。


ゲイの人を見る目も、『拒否』する人がいる。
でも、拒否しなくても、しても、拒否する側は生きられるわけで、される側は生きられないわけで。

個人の生命を脅かしているのはどちら側?
明白だよね。


なんで日本では正式に認めないのか。


あべちゃん、リベラルとの取引にとっておくより、アピールとして今そのカードを切るのも、アリよ。てへぺろ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。