特設リンク集


GF&DMスキル表

セッション等の参考情報にどうぞ。

QMA3→4 近畿圏プレイヤーCN対応表

バージョンアップに伴い、あなたの新CNを教えて頂けると助かります。

QMA今北産業ブログ支部

ダイジェストの書き方や、必要なツールを紹介しています。現在鋭意執筆中!

【PR】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-03-11 22:19:29

移転のお知らせ

テーマ:その他

こんばんは、紫苑兼光でございます。



さて、コッソリ進めておりました「ブログの移転作業」ですが、本日ある程度形になりましたので、こちらでも報告致します。このブログにリンクされております方は、お手数ですがリンク先を変更いただきますよう、お願い申し上げます。


なお、移転先は以下のとおりです。



タイトル:乾杯伝説~Revival~

リンク先:http://starlight-shion.seesaa.net/



以降、ダイジェスト等は上記リンク先にて掲載いたします。こちらでのアップは行いませんので、ご注意下さい。


このブログを長らくご愛顧頂き、ありがとうございました。

同じテーマ 「その他」 の記事
PR
2007-02-28 23:09:33

(戦史:デジャ・ヴ賢豪戦)

テーマ:QMA大会ダイジェスト

2007.2.24に開催されました、デジャ・ヴ賢豪戦のダイジェストを上梓致します。



2007.2.24

デジャ・ヴ賢豪戦


*記録、執筆の段階で複数のミスが発覚しました。既に訂正は行っておりますが、ご迷惑をおかけしました事を、謹んでお詫び申し上げます。


・参加者総数…44名

締め切り当初は41名での参加登録だったが、今作ではCOMが含まれると出題難易度が大きく下がる上、賢豪戦レギュレーションを逸脱した問題選択が行われる事が想定されていた。


そこで、運営スタッフより、参加者総数が4の倍数となるよう欠員補充を行う事となった。主催のGREAT3より補充指名されたのは、フィルヴィス、フィオーラ、フローレンスの3名である。なお、この3名は正式な参加者としても扱い、定められた参加費を支払った。


・総試合数…22

但し、決勝戦のみ「2戦の合計得点」で競っている点を補足しておく。


[縛りについて]

・1回戦で選択できるジャンル、形式に一切の制限を加えない。


・2回戦以降は、次の制限が加味される。なお、この制限は「第1回賢豪戦」が終了するまで継続される。

1.それまでに1度使ったジャンル、形式を選択できない。いわゆる、ボンバーマンルールの採用。

2.大会開始前に、すべての形式を抽選により2つのグループに配分する。参加者は2回戦以降、1回戦で選んだ形式に属するグループ以外の形式を選んではならない。なお、○×と四択は、必ず別のグループに配分される。

3.決勝は2戦の合計得点で勝敗を決するが、決勝1戦目で選択したジャンル、形式を再選択してはならない。


なお、今大会でのグループ配分は、次のとおりである


Aグループ…○×、四文字、キューブ、線結び、一問多答、順番当て、ランダム3、ランダム4。


Bグループ…四択、連想、並べ替え、タイピング、エフェクト、ランダム1、ランダム2、ランダム5。


*例示…今大会1回戦にて、ちゃっぱが「芸能キューブ」を選択し、2回戦に進出した場合

・ちゃっぱは2回戦以降、「芸能の全形式」「全ジャンルのキューブ」が一切使えない。

・ちゃっぱが1回戦で選択した「キューブ」は、上記の表に当てはめるとAグループに属する。したがって、ちゃっぱは2回戦以降、Bグループに属する形式が一切使えない。


なお、これらの制限が原因で形式選択の余地がなくなった場合は、1回戦で選択した形式のグループ選択に従う。つまり、1回戦の選択形式がAグループに属するならば○×を、Bグループに属するならば四択を使い続けなければならない。また、ジャンル制限に関してはそのまま継続して縛られる。


[勝ち抜け基準]

1回戦、2回戦は上位2人抜け、準決勝は上位1人抜け。


しかし、1回戦は3位の、準決勝は2位の高惜敗率上位者を、勝ち抜けとして扱う場合がある。惜敗率による次戦進出を含めたすべての勝ち抜け者は、各回戦の最後に改めて説明を加える。


*参考情報…惜敗率計算式

(2位or3位or4位の総得点)÷(1位の総得点)×100=惜敗率(単位:%)。これにより、あるバトルにおける2位以下のプレイヤーの総得点が、1位のプレイヤーの総得点の何割を占めているかが割合として算出される。


[賢豪戦運営スタッフ]

GREAT3、EAGLE、フィルヴィス、フィオーラ、フローレンス。


[賢豪戦記録ボランティア]

大会終了後に、当戦史への掲載許可を頂いた方のみ記載している。許可を頂いたのは、ゆき氏、ユーディ氏、たぶちいわお氏、CHIRI氏、あろえさかな氏、くしろまい2氏。また、当ブログへ掲載許可を頂けなかった方にも、多数のご協力を頂けた。それらの方を含め、主催に代わり改めて感謝申し上げる。


[ダイジェスト向け記録補助]

フローレンスの試合出場を理由に、1回戦第4試合はEAGLE氏に記録補助を頂いた。また、フローレンスのトイレ休憩を理由に、3回戦第1試合開始前、ユーディ氏に一時記録用紙を預けた。帰還時にこの試合が始まっていなかったものの、ユーディ氏の好意により、ユーディ氏が記録を代行した。改めて感謝申し上げる。


さらに、当方の記録に一部抜け落ちが見られたため、事前にGREAT3氏へスコアを照会し、その不備を改めている。


[大会告知サイト]

クイズマジックアカデミー 神戸大会情報



・1回戦 全11試合(44→22+2)


第1試合
1:FLORES アニ並べ 323.44 1位○
2:JUDY スポR1 313.19 2位○
3:うたかた スポタイ 235.64 4位
4:シンイチ スポエフ 285.06 3位


兵庫初のあの大会が帰ってきた…その期待感が大いに高まっていた中、主催・ちゃっぱはその開戦を宣言した。


まずはアニゲ並べ替えから勝負は始まり、うたかた、シンイチに対してFLORESは一歩リードを確保。流れをそのままにスポーツランダム1も波に乗ることができたが、JUDYはFLORESの真後ろに迫っていた。スポーツタイピングは悲しい事に易問続き、ここで差は開かなかった。最後のスポーツエフェクトに逆転の望みを賭けたい所だったが、シンイチが惜しくも「てんのうはい」と読み違え、ここで儚くもダウン。FLORES、JUDYが場数の違いを見せた。


*第1試合終了後、フローレンスはFLORESより1サテのズレを指摘されました。そこで、フローレンスはEAGLEにキャリブレーションを依頼、座標調整ならびに精度確認を致しました。着順に変動はありません。


---------------
第2試合
1:リアン アニ四字 219.91 2位○
2:オッティー スポR2 95.32 4位
3:890れいむ 学問タイ 184.72 3位
4:ニールパート 芸能タイ 256.88 1位○


アニゲ四文字は難問に次ぐ難問が炸裂、まずはオッティーを沈めたが、890れいむ、ニールパートはまだ耐えていた。そして、続くスポーツランダム2でまたも状況は激変、890れいむが弱点を突かれたか、ここで致命傷とも言えるミスを連発した。学問タイピングで890れいむが流れを取り戻しリアンに反撃、殴り殴られの白兵戦を髣髴させる展開となった。最後の芸能タイピングはニールパート自身もミスが目立ったものの、そこは他の3名も同様に解けず終い、ニールパート、リアンが難問地獄を脱却。


---------------
第3試合
1:ノリリン 芸能R4 305.13 3位
2:ユーディ アニ線結 335.34 1位○
3:ミキティ 雑学並べ 243.23 4位
4:たぶちいわお 芸能R1 318.41 2位○


*ユーディ氏とたぶちいわお氏の総得点、順位の記載は、当方の記録ミスの可能性がある事を確認いたしました。訂正してお詫び申し上げます。


芸能ランダム4は意外にも易問続きとなったお陰で、ノリリンのタイプミスが結構痛いダメージになってしまった。しかし、そこは展開の読めない試合運びとなったか、アニゲ線結び、雑学並べ替えでミキティが撃墜され、ノリリンは多少ホッとしたところだろうか。最後の芸能ランダム1は正解率が極端な展開となり、ここでは大きな差をつけられなかった。着順判定ではユーディとたぶちいわおが駒を進めたものの、ノリリンとの点差は多少縮まり気味。惜敗率の発表を待て!


そういえば、ユーディによると某ドラマには「たぶちいわお」が出場しているらしい。キメ台詞は「身の程を知れ」か「ショウヘイヘーイ!」のどちらだろう?


---------------
第4試合(記録:EAGLE)
1:CHIRI 学問エフ 334.58 1位○
2:ちえぱん 芸能R2 257.87 4位
3:ピンクキラー アニタイ 287.51 2位○
4:フローレンス 学問四字 283.52 3位


いきなり学問エフェクトをブッ飛ばしてきたのに面食らったのは、ピンクキラーとフローレンス。序盤から流れを作り出したCHIRIが地盤固めに成功し、ちえぱん、ピンクキラー、フローレンスも続く。勝負が動いたのはアニゲタイピング、ちえぱん、フローレンスがピンクキラーに斬られ、ここで通過にリーチをかけた。しかし、最後の最後で、学問四文字にてピンクキラーをメッタ刺し、勝負の行方は読めなくなった。CHIRIの通過は固いものの、2位以下の逆転はなったかと思いきや…なんと、ピンクキラーがフローレンスを4点差で撒いていた。


「学問四文字とかひどすぎですよ!」ピンクキラーはフローレンスに言ったが、まさに心臓に悪い展開だったのだろう。しかし、結局は「学問エフェクト投げられたのが一番辛かった」という点で同意。


---------------
第5試合
1:うれしのD 雑学R4 231.34 3位
2:APPLE スポR1 275.11 1位○
3:MRSダウト スポR2 246.92 2位○
4:キサラギ 雑学並べ 209.96 4位


一部に難問が見られた雑学ランダム4、ここは4人とも最小限の被害で抑えたものの、続くスポーツランダム1では大波乱。MRSダウト、キサラギが難問の前に沈み、うれしのDも無事では済んでいなかった。後半戦、スポーツランダム2で今度はMRSダウトが場の空気を変え、うれしのD、APPLE、キサラギを轟沈させた。雑学並べ替えで逆転はなるかと思いきや、ここは4人ともキッチリ抑えてきたので、武器でしこたまアドバンテージを貯めこんだAPPLE、MRSダウトが勝ち抜け。


---------------
第6試合
1:TT 学問タイ 274.36 2位○
2:みツひろサチ 学問タイ 303.61 1位○
3:フィルヴィス 芸能キュ 138.66 4位
4:るーふぁす スポタイ 257.09 3位


武器がカブった故の学問タイピング12連発、フィルヴィスに対して大ダメージを与え、トップ3は半ばダンゴ状態のまま後半戦へ突入した。芸能キューブではフィルヴィスがタイプミス、TT、るーふぁすも、徐々にみツひろサチに引き離されていった。最後のスポーツタイピングは正解率1ケタの強烈な難問も出題され、るーふぁすは点差を巻き返すほどの流れには乗れなかった。得意分野の相乗効果が勝利要因となったか、TT、みツひろサチが勝利。


フィルヴィスはラスト2問で「ミンナガンバッテ」「シゴトシテクル」とエールを送った。しかし、学問タイピングにて、解答を肉体の「かんけい」と打っていたのを、私は見逃していない。

---------------
第7試合
1:いしのすけ 学問並べ 266.52 3位
2:ゆき 学問R3 287.06 2位○
3:マナツ ノン順当 257.85 4位
4:アカボシ 学問並べ 358.47 1位○


まずは学問並べ替え、選択したいしのすけ自身も多少ダメージを受けるものの、マナツを道連れにゆき、アカボシの2名を追う。続く学問ランダム3では難問が連発、ゆき、マナツが致命傷を負い、アカボシは場数の差を見せ付けていった。後半戦も流れを引きずり、ノンジャンル順番当てでその差はさらに開いていった。最後は学問並べ替え、易問だらけだったがアカボシは武器を温存したのだろうか、ともかくも、ゆき、アカボシが勝ち抜け。


*第7試合終了後、フローレンスの目視による確認で1番台の押しぬけを多数確認、EAGLEへ再度キャリブレーションを依頼しました。しかし、度重なる高精度キャリブレーションの甲斐なく、個体差により完全な調整が不可能との結論に至り、その旨を参加者に注意喚起し、タイプミスを防いで頂く以外に打つ手はありませんでした。


なお、押しぬけが原因でのタイプミスは発生しなかったため、着順に関する協議は行っておりません。


---------------
第8試合
1:ゆーりる 雑学タイ 261.49 3位
2:Aビーナス アニ○× 250.18 4位 
3:1374 学問タイ 311.96 1位○
4:ジャポニカ 雑学並べ 311.88 2位○


雑学タイピングで単独正解を決めた甲斐もあり、まずはゆーりるが一歩リード、Aビーナスに対しても大きくリードを広げ、まずは安心といったところか。続くアニゲ○×では差がつかず、勝負は学問タイピングへ。これが打って変わって難問続きだったものの、4人とも比較的得意なのかそれほどのダメージにならなかったのはさすがだ。最後の雑学並べ替え、ここでゆーりるは雑学タイピングでの貯金を使い果たし、Aビーナスも反撃の手立てを見つけることはできず、1374、ジャポニカが勝利。


---------------

*第9試合開始後あたりからマイクの不調が確認されましたが、予備のマイクが用意されていたので、運営には特に支障ありませんでした。


第9試合
1:ヤッティー 学問タイ 267.11 4位
2:なぎさたん 芸能キュ 370.88 1位○
3:スカぽかーん スポ並べ 306.48 3位
4:ユリ 芸能並べ 333.11 2位○


学問タイピングにて突如カミングアウトされた、ユリの生まれいづる「おそれ」を尻目に、なぎさたんが独走態勢を確立。それは、続く芸能キューブでも揺るぐ事はなかった。さて、スポーツ並べ替えでも易問が続いたが、この流れでヤッティーは「かけめぐる春青」と痛恨のタイプミス、逆転の道が阻まれてしまう。芸能並べ替えでも易問が続き、最後の最後でヤッティーは「かレーラいス」と鉄板中の鉄板のボケをかまし、なぎさたん、ユリを見送った。


それにしても、このバトルはなかなか激しいボケが展開された。一番面白かったのは、芸能キューブにて炸裂した、スカぽかーんの「いきとめて」。酸素不足は正常な思考を妨げてしまうぞ、気をつけろ!


---------------
第10試合
1:ゲキツイヘリ 雑学四択 301.57 2位○
2:EXうぉーか アニR4 291.27 3位
3:まる スポ多答 326.72 1位○
4:あろえさかな 雑学タイ 220.03 4位


*まる氏の選択形式がスコアと短評中で相違が見られるとのご指摘を頂きました。訂正してお詫び申し上げます。


なんと、関西を代表するトップランカー達が集結した第10試合、まずは雑学四択で、4人とも横一線でのスタートとなった。続くアニゲランダム4では大きな差が生まれはしなかったものの、速度差で徐々にあろえさかながリードを広げられてしまう。さて、スポーツ多答でまるが一気にダッシュをかけ、ゲキツイヘリ、EXうぉーか、あろえさかなにダメージを与えた。最後の雑学タイピングでその差を挽回する事はできず、ゲキツイヘリ、まるが次戦進出。非常に内容の濃い試合だった。


---------------
第11試合
1:フィオーラ アニR4 252.67 2位○
2:TERRA アニタイ 286.73 1位○
3:あゆり 学問タイ 190.77 4位
4:たきゃお 芸能R3 224.63 3位


アニゲランダム4→アニゲタイピングの流れで、比較的耐性の薄いあゆり、たきゃおに対して妨害を加え、フィオーラ、TERRAが足場を固めた。さて、ここでやられっぱなしになるわけにいかないのだが、学問タイピングは易問続きで差が開かず、舞台は芸能ランダム3へ。しかし、ここもまた4人ともキッチリ解かれてしまい、フィオーラとTERRAを捕まえる事はできなかった。対戦相手の相性というものは、本当に恐ろしいものである。


*10問目において、TERRAが軽度の台叩きをしていたのをフローレンスが確認しましたが、さらに近くにいたちゃっぱが反則用件として扱わなかった為、失格などの処分は下されていません。しかし、次の展開などを考慮した結果、試合終了後フローレンスがTERRAに対し、個人的に警告を加えました。


---------------

[惜敗率上位救済]

各試合で3位となったプレイヤーの惜敗率上位2名を、1回戦勝ち抜けと同様に扱う。


1.ノリリン(第3試合)…90.99%○

2.EXうぉーか(第10試合)…89.14%○

3.シンイチ(第1試合)…88.13%

4.フローレンス(第4試合)…84.73%

5.るーふぁす(第6試合)…84.67%

6.うれしのD(第5試合)…84.09%

7.ゆーりる(第8試合)…83.82%

8.スカぽかーん(第9試合)…82.63%

9.たきゃお(第11試合)…78.34%

10.いしのすけ(第7試合)…74.34%

11.890れいむ(第2試合)…71.90%


[1回戦勝ち抜け確定メンバー総括]

FLORES、JUDY、リアン、ニールパート、ユーディ、たぶちいわお、CHIRI、ピンクキラー、APPLE、MRSダウト、TT、みツひろサチ、ゆき、アカボシ、1374、ジャポニカ、なぎさたん、ユリ、ゲキツイヘリ、まる、フィオーラ、TERRA…以上、各試合2位以上となったメンバーに、ノリリン、EXうぉーかを加えたメンバーが2回戦へ進出。



・2回戦 全6試合(24→12)


第1試合
1:みツひろサチ スポR2 363.17 2位○
2:APPLE アニエフ 375.15 1位○
3:ゆき 雑学多答 211.35 4位
4:ニールパート 雑学並べ 312.04 3位


スポーツランダム2にて、弱点を突かれたゆきが大きく撃沈、次のアニゲエフェクトが比較的簡単だった事もあり、その差は次第に大きくなっていった。さて、雑学多答で空気を変えたいゆきだったが、相手は店舗大会歴戦の賢士達、そう簡単には挽回させてくれず、逆にダメージを受けてしまい、ニールパートもここで傷を負った。最後の雑学並べ替えでは、ニールパートが「デビッドカート」と痛恨のミス、みツひろサチ、APPLEがこの戦いを制圧した。


---------------
第2試合
1:MRSダウト アニ並べ 300.24 4位
2:CHIRI 雑学R1 351.91 2位○
3:ユリ アニタイ 322.98 3位
4:アカボシ 雑学R1 362.02 1位○


*ご指摘のとおり、ユリ氏の出題形式が誤っておりました。訂正してお詫び申し上げます。


このメンバーではもったいないと思える程の易問が展開され、それに伴い平均点もハネ上がる結果となった第2試合。まずはアニゲ並べ替え「あの約束の場所で」と答えたMRSダウト、CHIRI、ユリをかわしたアカボシが一歩リードを固める。しかし、雑学ランダム1でCHIRIがアカボシに追いつき、まだまだ勝負は決しない。アニゲタイピングでMRSダウト、ユリがジワジワと後退していき、CHIRI、アカボシの二頭体制がここで固まる。雑学ランダム1にて、MRSダウトが連想でダイブを敢行し差を詰めようとするも失敗、CHIRI、アカボシが見事勝利。こうなると、まさに「落とす為の試合」だ。


---------------
第3試合
1:TERRA 雑学並べ 140.76 4位
2:EXうぉーか 雑学線結 297.96 1位○
3:JUDY アニ四字 217.17 3位
4:まる 学問キュ 289.10 2位○


*EXうぉーか氏の選択形式は、執筆時に記録した形式の記号を誤認していた事を確認いたしました。訂正してお詫び申し上げます。


雑学並べ替えでTERRAがタイプミス1つを含む痛恨のミス、全てキッチリ答え切ったEXうぉーか、JUDY、まるに対し大きな差をつけられてしまう。続く雑学線結びではJUDYが僅かに当落線上のバトルから外れ、EXうぉーか、まるの熾烈な争いが展開された。アニゲ四文字で戦いが動く事はなかったものの、決定的となったのは学問キューブ。ここでTERRA、JUDYはトドメを刺されるコトとなった。


*JUDYの1回戦での選択形式は「ランダム1」で、これはBグループに属するものです。しかし、この試合でJUDYは「四文字」を選んでおり、これはAグループに属します。今回のルールでこの選択は反則となりますが、着順判定段階で2位以上に入っていないため、記録をこのまま残す事となりました。


---------------
第4試合
1:ピンクキラー スポ並べ 257.60 3位
2:ジャポニカ 学問タイ 318.33 1位○
3:1374 スポエフ 286.19 2位○
4:たぶちいわお アニエフ 199.16 4位


スポーツ並べ替えで難問が連発、ジャポニカ、1374はなんとかこの悲劇を免れたが、ピンクキラーとたぶちいわおはたまらず悲鳴を上げた。そして、間の悪い事に学問タイピングが出題、ピンクキラーは思わず頭を抱えた。後半戦、スポーツエフェクトでは1374、たぶちいわおが惜しくも「けんえいば」と解答、微妙に痛い差がつく。トドメはアニゲエフェクト。ピンクキラーは「もののけ」、たぶちいわおが「かい」と答えた事もあり、ジャポニカ、1374がこの激戦を制することとなった。それにしても、ジャポニカvs1374のカードは、よく見る気がするのだが…気のせいだろうか?


そして、この戦いにおいても、たぶちいわおのキメ台詞「しょうへいへーい」で観客が沸いた。ひらがな、カタカナ含めて、合計2発。


---------------
第5試合
1:フィオーラ 雑学キュ 334.27 1位○
2:ユーディ スポR4 321.79 3位
3:リアン スポ線結 306.33 4位
4:ゲキツイヘリ 学問エフ 334.27 2位○


雑学キューブを軽く片付け、舞台はスポーツランダム4へ。フィオーラがキューブの文字列に悩み、わかった所でギリギリ解答を成立させたものの…困った事に「オレハマッテルセ」。微妙にユーディ、リアン、ゲキツイヘリの先行を許してしまう。しかし、戦いはまだ第2コーナーを回ったばかり。スポーツ線結びは全員正解し、学問エフェクトでムチが入る。ここで味のある問題が炸裂し、ユーディ、リアンを退けたフィオーラ、ゲキツイヘリだが…なんと、ツートップが同点という超レアケースに遭遇!ここはゲキツイヘリよりも階級の低かったフィオーラがトップ扱いとなったが、これはもう万覇賢モノだ!


---------------
第6試合
1:TT スポR2 297.53 1位○
2:FLORES スポ四択 234.16 4位
3:なぎさたん アニ四字 257.12 2位○
4:ノリリン アニ線結 236.68 3位


スポーツランダム2とスポーツ四択の流れでまずはTTが一歩リードし、FLORES、なぎさたん、ノリリンはそれを追う形となった。アニゲ四文字の速射砲がついに火を噴く…かに思われたが、ここはさすがに歴戦の強豪たち、ほとんど差をつける事ができなかった。アニゲ線結びでなぎさたん、ノリリンが多少ダメージを負い、TT以外は半ば絶望していただろう、それほど僅かな差しかついていなかったのが、実戦を見ていただけでもハッキリとわかった。記録を紐解けば、1問差が明暗を分け、なぎさたんが2位に滑り込んだ。


---------------


・3回戦 全4試合(12→3+1)


*上位1名の勝ち抜けが3組と、惜敗率最上位1名が決勝戦への進出権を得る。


第1試合(記録:ユーディ)
1:EXうぉーか 芸能順当 377.47 2位
2:APPLE 学問並べ 218.18 4位
3:アカボシ 芸能タイ 392.88 1位○
4:みツひろサチ ノン並べ 296.49 3位


*アカボシ氏の選択形式ですが、執筆時に形式メモの記号を誤認していたのが原因であると確認いたしました。訂正してお詫び申し上げます。


強豪集まる準決勝、ここで狂気の展開が繰り広げられた。まずは芸能順番当てにてAPPLEが大破撃墜、学問並べ替えはなんとかかわしたものの、挽回が極めて難しくなってしまった。後半戦、芸能タイピングでも勝負のキマグレさが現れ、今度はみツひろサチ、APPLEが火の海に巻き込まれた。ノンジャンル並べ替えは荒れ狂う事無くスムーズに流れ…結果を見てみれば、なんとアカボシが全問正解、申し分ない速度で圧倒した。


---------------
第2試合
1:まる 芸能R3 319.52 1位○
2:1374 アニ四択 284.14 4位
3:CHIRI 芸能並べ 302.17 3位
4:なぎさたん 雑学R4 304.04 2位


*なぎさたん氏の選択形式について、実地記録段階での誤認が判明しました。また、1374さんの選択がスコアと短評中での相違をご指摘頂きました。訂正してお詫び申し上げます。


芸能ランダム3から始まった第2試合は接戦を極めた。1374、CHIRIが一問リードする形で展開、続くアニゲ四択でCHIRIが1問落とすものの、まだまだ勝負はわからない。芸能並べ替えは易問続きでまるで差がつかず、勝負は雑学ランダム4に賭けられた。ここで出題された問題はことごとく1374に牙を向き、トップ争いはまる、CHIRI、なぎさたんの3名に絞られた。そして結果を見てみれば、アニゲ線結び以降を手堅く抑えていったまるが、CHIRI、なぎさたんを下した結果に終わった。


余談だが、芸能ランダム3のキューブで突如正解率6%の難問が炸裂、いきり立った魂を鎮めにかかったか、まるが「スワルニダ」と解答。文字列が文字列だっただけに、なかなか際どい解答だ。


---------------
第3試合
1:フィオーラ ノン○× 261.63 4位
2:ジャポニカ 芸能連想 360.90 1位○
3:TT 雑学エフ 312.03 3位
4:ゲキツイヘリ スポ並べ 325.64 2位


もう出すものがなくなったか、フィオーラはノンジャンル○×で波乱に賭けたが、TTと共に沈んでしまい、その目論見は崩れてしまう。そして、ジャポニカの伝家の宝刀・芸能連想は比較的易問続きだったものの、果敢な速攻によりフィオーラ、TT、ゲキツイヘリのスコアを削る事に成功、この差は大きい。そして雑学エフェクトに移ったとき、1番台の恐怖が蘇った。フィオーラが「しげんりゅう」「さるばししょう」とニアミスを2つ犯し、ここで勝ち抜け戦線から大きく後退。スポーツ並べ替えでゲキツイヘリが6問正解してトップを追うものの、ジャポニカとの差は埋まらなかった。


---------------


[惜敗率上位救済]

各試合で2位となったプレイヤーの惜敗率上位1名に、決勝戦進出権を与えた。


1.EXうぉーか(第1試合)…96.07%○

2.なぎさたん(第2試合)…95.45%

3.ゲキツイヘリ(第3試合)…90.22%


したがって、アカボシ、まる、ジャポニカにEXうぉーかを加えた4名で、決勝戦を行った。



・2戦制決勝戦(4)


*決勝戦は2戦の合計得点で勝敗を決する。なお、前半戦では「選択グループ外の形式」「決勝戦以前に使った形式、ジャンル」が使えない。後半戦は前半戦の縛りに加え「前半戦で使った形式、ジャンル」も使えなくなる。


決勝前半戦
1:ジャポニカ アニR2 246.35 区間4位
2:EXうぉーか 学問多答 307.99 区間2位
3:アカボシ スポエフ 313.79 区間1位
4:まる 雑学線結 300.73 区間3位


初代賢豪は誰の手に渡るのか?それを決すべく決勝戦の火蓋が切られた。アニゲランダム2から始まり、まずはEXうぉーかが一歩リード、ジャポニカは問題に嫌われたか、ここで後退を余儀なくされる。続く学問多答ではアカボシも軽傷を負い、EXうぉーかをまるが追う形となった。試合が大きく動いたのはスポーツエフェクト。ここでアカボシがまるに追いつき、雑学線結びを迎えた。ここを1問不正解で食い止めたアカボシが一気に追い上げ、EXうぉーか、まるをひとまず叩いた。


しかし、この程度の差で勝負は決まるはずも無い。間髪いれずに、舞台は後半戦へ移る。そこは、これまでに類を見ない縛りの厳しさが待っていた!


[得失点差中間報告]

*スコア表記は「自己総得点/1位との点差/2位との点差/3位との点差」。


1.アカボシ 

313.79/0.00/-/-

2.EXうぉーか

307.99/5.80/-/-

3.まる

300.73/13.06/7.26/-

4.ジャポニカ

246.35/67.44/61.64/54.38


---------------
決勝後半戦
1:アカボシ アニR2 355.28 区間2位
2:ジャポニカ ノンR5 280.87 区間4位
3:EXうぉーか スポR3 345.24 区間3位
4:まる アニ四字 362.99 区間1位


*ジャポニカ氏の選択形式について、実地記録段階で誤認の疑いがあると判明しました。訂正してお詫び申し上げます。


さて、ここで縛りのルールを確認して欲しい。決勝後半戦で選べるジャンルはたった1つ、形式の選択肢はその中から4つと、嫌でも使い慣れない選択を迫られる決勝後半戦、この厳しい条件を戦った4名をまずは称えようではないか!


疲れも癒えぬ後半戦、まずはアニゲランダム2→ノンジャンルランダム5の流れ。やはり予想は的中したか、もはや武器がないとも取れる出題内容ゆえ、ここで1問落としてしまったジャポニカにとって、かなり痛い展開となった。続くスポーツランダム3ではまるがアカボシ、ジャポニカ、EXうぉーかを抑え込み、一気に得点を稼いだ。最後のアニゲ四文字で、さらにジャポニカへ追い討ちを掛けたが、前半戦区間1位のアカボシへはノーダメージ。まるが後半戦を制したものの、これは最終結果に響くことだろう。


さあ、肝心の結果は次で明かされる!


---------------


決勝総括

(括弧内の数値は1位との得点差)


・アカボシ 669.07 1位

・まる 663.12(-5.95) 2位

・EXうぉーか 653.23(-15.84) 3位

・ジャポニカ 527.22(-141.85) 4位



以上のとおり、優勝はアカボシさんです。おめでとうございます!


なお、決勝を戦った4名には、賞品が贈られました。アカボシさんへは「マロンフィギュア」と「中国語で喋る電卓」、まるさんへは風水で使用する「羅版」、EXうぉーかさんへは「ザーサイ」、ジャポニカさんへは「亀ゼリー」が贈られました。



さて、ここからは大会の舞台裏へ突入です。結果では分からない、その一部をお見せしましょう。時間軸はバラバラですので、あしからず。



1.スカウトマン・フローレンス


さて、運営として動いていた、ちゃっぱ、EAGLE、フィルヴィス、フィオーラ、フローレンスの5名は、全員とある名札をぶら下げていた。某所でちょっと悪く言われかけた、あの「Global Ploject」の名札だ(もちろん、あそこで危惧されているような集団ではない。そこは私が保証する)。


ヨコ展開を広げてより良い運営を行う為の組織とはいえ、絶対数はまだまだ不足している。それが理由なのか、某氏の密命を受け、これまでの活動に対して目星をつけていた2名へ、なぜか私がスカウトマンまがいの行為を行う事となった。


一体誰を呼んだのか?そこは今後の動きで明らかになる…かも。



2.麻雀大会


コンピュータ抽選が導入された今回の大会だが、ひとつ問題点があった。その場にあったノートパソコンの数は


5台。


ちなみに、持ってきたのはフローレンス以外全員。しかも、何故かEAGLEは2台持参…もちろん、フローレンスの分ではない。


大会前にGREAT3が「ここで麻雀大会でもやる気ですかwww」と言うのは無理もない。事故対策もあるとはいえ、いくらなんでも多すぎだ!


---------------


デジャ・ヴ賢豪戦のダイジェストは以上です。長文にも関わらず最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

2007-02-28 18:57:03

カネが足りない

テーマ:ゲーム

結局いつもの執筆フォームに戻しました。こんばんは、紫苑兼光でございます。つーか、よくよく考えたら、筆が進まないのはマンネリのせいではなかったのですよ。と申しますのも、当方複数のサイトを同時運営しているわけで。


・ここ(祝杯)

・ライブドア(店舗大会関連ブログ )

・mixi(日常ネタは最近こっち)

CN対応表

・エキサイト(こっちのネタは内緒で)


5個一気に回してりゃそら持たんわ。


というわけで、ネタが出てこない場合は上のどこかで頑張ってると解釈してやってください。



さて、ダイジェストの前に、今日は購買部ネタを公開しますよ。まずはコスチューム編を追加アイテムのみお届けいたします。


なお、「チアユニフォーム」は女性キャラ専用アイテムなのかも知れません。というのも、今日マッチングしたときに袴を着ていたプレイヤーがいたのですよ。それを見て、もしあったら着せてやりたいなー…と思っていたら、残念ながら買えなかったんです。


男性キャラを使っている方で、アイテムの名称が違う場合は、情報をお待ちしております。



・体

イエロージャージ 500m

チアユニフォーム 500m

きぐるみ(白) 600m

きぐるみ(黒) 600m

きぐるみ(茶) 600m


・頭

いぬみみ 400m

くまぼうし(白) 500m

くまぼうし(黒) 500m

くまぼうし(茶) 500m


・アクセサリ

つけヒゲ(黒) 300m

鼻メガネ 1000m



問題は次ですよ奥さん。なんと、あの「コメント編集」がパワーアップして帰ってきたのです!今回も10文字以内で、あらかじめ存在する定型語句を組み合わせてのセッティングです。さあ、いかにオバカなコメントをセットできるか、命懸けですよ!


1/9(計260m)


あたし 20m

あなた達 20m

アニゲー 10m

アニメ&ゲーム 10m

アル 40m

いい気分 20m

行く 20m

いただき 20m

一問多答 10m

嫌な 20m

エフェクト 10m

おしおき 20m

俺 20m

終われない 20m


2/9(計310m)


か? 40m

が 50m

階級 20m

学問 10m

勝ち 20m

勝っちゃう 20m

勝てない 20m

勝てる 20m

頑張り 20m

勘弁 20m

来た 20m

キューブ 10m

芸能 10m

決勝 20m


3/9(計200m)


賢者 10m

来い 20m

ゴールド 10m

このままでは 20m

ごめんなさい 20m

これから 20m

雑学 10m

修練生 10m

順番当て 10m

昇級 20m

上級魔術士 10m

初級魔術士 10m

シルバー 10m

進め 20m


4/9(計310m)


スポーツ 10m

ぜ! 40m

正解 20m

生徒 20m

先生 20m

線結び 10m

だ! 40m

大賢者 10m

タイピング 10m

大魔導士 10m

戦い 20m

だもん! 40m

足りない 20m

だろ! 40m


5/9(計410m)


中級魔術士 10m

ついに 20m

通過 20m

で 50m

出来ない 20m

です 40m

ですぅ 40m

ですわ 40m

と 50m

どこからでも 20m

な 50m

ない 20m

並べ替え 10m

なりたい 20m


6/9(計420m)


に 50m

願い 20m

の 50m

望み 20m

のにぃ 40m

のよ 40m

ノンジャンル 10m

は 50m

敗退 20m

酷い 20m

不思議 20m

不正解 20m

ブロンズ 10m

へ 50m


7/9(計290m)


僕 20m

本当 20m

負け 20m

負けない 20m

負ける 20m

マジカ 10m

ましょう 40m

ます 40m

まだ 20m

魔導士 10m

魔法 20m

魔力 20m

○× 10m

満足 20m


8/9(計310m)


見習魔術士 10m

目指し 20m

目指す 20m

メダル 10m

も 50m

物足りない 20m

もらった 20m

優勝 20m

夢 20m

よ! 40m

よー 40m

予感 20m

予選 20m

四択 10m


9/9(計120m)


四文字 10m

ランダム 10m

連想 10m

ワシ 20m

私 20m

を 50m


売っていることばをすべて買い占めるのに必要なマジカは、計算ミスがないならば2630mになるはずです。ドラゴン組1プレーで25m入る事を考えると、買い占めには最速で106クレ(100円1クレなら10,600円)が必要となります


ちなみにこのデータに関しては、引用は自由です。また、引用元の明記も、引用の際の許可も必要としません。ご自由にお持ち帰りください。



それでは、デジャ・ヴ戦史の続きといきますか。

2007-02-26 09:03:09

(QMAエルロフト大会結果)

テーマ:QMA大会ダイジェスト

*デジャ・ヴ賢豪戦のダイジェストよりも進捗が早いと判断致しましたので、エルロ大会の結果報告を先行いたします。ご了承ください。



2007.2.25に行われました、エルロフト大会の結果を代筆させて頂きます。


当初はダイジェスト向けの記録も行う予定ではありましたが、私も進行のヘルプに加わる必要がありました。特に、対戦カード管理とダイジェスト向けの記録を両立させる事が困難と判断、進行補助を優先しました。


したがって、今回はエントリー用紙、対戦カードを店舗側より譲渡頂いた上での「代理報告」という形を取らせて頂きます。カテゴリは「QMA大会ダイジェスト」に含まれますが、実際にダイジェストの執筆はありません。その点はご容赦ください。



2007.2.25

エルロフト大会



[参加者総数]

28名。うち2名は参加者を4の倍数で揃える事を目的として、受付締め切り後にナイトメア、フローレンスがエントリーした。この2名は運営に携わるものの、通常エントリーと同様に扱う。


[試合総数]

14試合。


[縛り制限]

プレイヤーは、エントリー時にひとつの「形式」を指定する。それは今大会中の変更ができない。


対戦カード決定時に公表される各プレイヤーが選択したひとつの「形式」は、その対戦において一切使用できない。違反した場合は強制的に最下位となる。


*例示

1回戦第n試合の対戦がナイトメア、オルフェママ、フィルヴィス、フローレンスで、エントリー時に選んだ封印形式が前述の順番で「四択」「ランダム4」「四択」「キューブ」の場合、この対戦では全ジャンルの「四択」「ランダム4」「キューブ」を選んではならない。


そして、上記条件でナイトメア、オルフェママが勝ち抜け、2回戦第n試合の対戦でCHIRI、DNPと対戦し、CHIRI、DNPの封印形式がそれぞれ「○×」「ランダム1」の場合、この対戦では全ジャンルの「四択」「ランダム4」「○×」「ランダム1」を選んではならない。つまり、封印形式の再指定は不可能。


[勝ち抜け人数]

各対戦上位2名。


ただし、2回戦の一部試合において「COMに代わる補充要員」としての参加を運営側より要請されたプレイヤー(CHIRI、フィルヴィス)については、たとえ上位2名に入ったとしても勝ち抜け対象として考えない。また、この補充要員は、試合の公平性を保つためノンジャンルランダム5の選択を強制されている。


[運営スタッフ]

ナイトメア、オルフェママ、フィルヴィス、フローレンス。


[運営協力]

エルロフト様(大会開催地・賞品・フリープレイ環境提供、緊急時リブート・マシンメンテナンス実施)、DNP様(高難度ノンジャンルランダム5開放データ貸与)、CHIRI様(2回戦での補充要員としての出陣受諾)。



*全試合においてそれぞれ試合時に選択した形式、ジャンルの記録が為されていないため、その表記を省略する。また、カッコ内の形式は、プレイヤーが封印形式としたものを指す。


・1回戦 全7試合(28→14)


第1試合

1:たぶちいわお(多答) 303.61 2位○

2:すすね(タイ) 235.69 3位

3:エース(多答) 316.38 2位○

4:ゆき(R4) 122.94 4位


---------------

第2試合
1:オルフェママ(多答) 313.48 2位○
2:SHINE(タイ) 231.21 4位
3:あとみシノブ(タイ) 281.39 3位
4:セレネ(線結) 344.38 1位○


---------------
第3試合
1:フィルヴィス(タイ) 175.60 4位
2:えるぴー(四字) 266.83 3位
3:ファーレス(エフ) 295.97 2位○
4:アカボシ(多答) 299.36 1位○


---------------
第4試合
1:マナツ(エフ) 186.37 3位
2:あかずきん(四字) 235.01 2位○
3:ジャポニカ(R2) 321.70 1位○
4:をよよ(線結) 176.25 4位


---------------
第5試合
1:BASALT(多答) 226.37 4位
2:Z(R2) 316.13 1位○
3:ぼりのーくS(R2) 282.33 2位○
4:つるいゆま(タイ) 245.79 3位


---------------
第6試合
1:ドラニコフ(キュ) 151.02 4位
2:ジュセトゥ(○×) 344.04 1位○
3:CHIRI(多答) 271.53 3位
4:DNP(多答) 326.65 2位○


---------------
第7試合
1:フローレンス(順当) 175.04 4位
2:ナイトメア(多答) 206.26 1位○
3:ピクルスゥ(四字) 186.44 2位○
4:ユリ(四字) 176.08 3位


---------------


・2回戦 全4試合(14→8)


第1試合
1:ピクルスゥ(四字) 158.84 4位
2:ジャポニカ(R2) 242.58 1位○
3:あかずきん(四字) 166.24 3位
4:たぶちいわお(多答) 198.25 2位○


---------------
第2試合
1:セレネ(線結) 284.92 2位○
2:ジュセトゥ(○×) 274.58 3位
3:アカボシ(多答) 311.66 1位○
4:オルフェママ(多答) 204.98 4位


*4番サテが対戦中に突如画面が暗転、正常な試合進行が不可能となるアクシデントが発生しました。そのため、一度この試合を無効とし、再試合の判断を下しました。この結果は再試合後のもので、公式記録としての扱いとなります。


また、店舗側より長時間のメンテナンスタイムを要するとの報告を受けたため、大会に使用していた4台のうち2台を、通常稼動の台と交換する代替策を採らせて頂きました。通常プレーを行っていたお客様の終了待ちの時間を含め、約15分に渡り大会進行が中断されました。


大会に参加された皆様へ、謹んでお詫び申し上げます。


---------------
第3試合
1:Z(R2) 186.41 3位
2:ぼりのーくS(R2) 294.39 1位○
3:ファーレス(エフ) 288.38 2位○
4:CHIRI(補充) 244.89 判定除外


*COM排斥を目的として、高難度のノンジャンルランダム5が開放されているDNP氏のデータを借り受けた上で、CHIRI氏に補充要員としての参加を要請しました。CHIRI氏は通常の解答を行っておりますが、ノンジャンルランダム5を強制選択された上で、着順判定の対象外です。


---------------
第4試合
1:DNP(多答) 302.58 1位○
2:ナイトメア(多答) 276.16 2位○
3:エース(多答) 211.54 3位
4:フィルヴィス(補充) 155.11 判定除外


*COM排斥を目的として、高難度のノンジャンルランダム5が開放されていると報告のあったフィルヴィスを、スタッフ側より補充要員の役割で参戦させております。フィルヴィスは通常の解答を行っておりますが、ノンジャンルランダム5を強制選択された上で、着順判定の対象外です。


---------------


・準決勝 全2試合(8→4)


第1試合
1:ナイトメア(多答) 221.09 4位
2:セレネ(線結) 285.12 3位
3:アカボシ(多答) 335.51 1位○
4:DNP(多答) 316.63 2位○


---------------
第2試合
1:たぶちいわお(多答) 257.00 3位
2:ジャポニカ(R2) 304.40 1位○
3:ぼりのーくS(R2) 274.36 2位○
4:ファーレス(エフ) 256.58 4位


---------------


・決勝(4)


1:ぼりのーくS(R2) 268.39 4位
2:アカボシ(多答) 344.83 1位
3:ジャポニカ(R2) 313.51 3位
4:DNP(多答) 320.83 2位


---------------

というわけで、今大会の優勝はアカボシさんです。おめでとうございます!アカボシさんには店舗側より、優勝賞品が贈られました。どんなものかは詳しく見ておりませんが、結構デカい品物でした。持って帰るのは結構大変かも…w


また、大会終了後は、約1時間半にわたり、店舗側の好意により、4台のみフリープレイ環境が提供されました。私は翌日の都合上、大会終了後に即帰宅しましたが、この間は各種縛りが設けられた店内対戦が行われたようです。



さて、エントリー時に任意記載欄として「QMA4購買部で購入したいもの!」というものがございます。こちらに記載いただいたモノを紹介させていただきます。もちろん、記載者のCN込みで


・新CV(Z)

おおかた1年に1回、メジャーチェンジが行われているQMA。今回で4作目ともなるという事で、特に男性陣は声変わりしているキャラもいるだろう!ということでしょうか。


・マジックペット!(あかずきん)

ロケテではその存在が確認されており、さらには「5,000マジカってのは暴利だろバカヤロー!」という声が多数聞こえました。28日の新アイテム配信では、充分追加の可能性はあると思います。


・体操服(ゆき)

実は初期段階から入荷されております。500マジカにて購入可能でございますので、ぜひ購買部へどうぞ!


・人生orz(フィルヴィス)

マジカを使ってRPGを楽しむとは…なんと斬新な発想!つーか、最近色々とお疲れさまっす。


・男性用タキシード(オルフェママ)

ゴールデンタイムでその存在はインパクトありそうですね。対となるアイテムとして、ドレスやシャンパンの追加もお願いしたいところですな。


・パンとミルク(ピクルスゥ)

配信されてないならお菓子を食べればいいのに…とジョークはさておき。ダボついた制服という悩みを解消するには、大きくなるのがイチバンという事でしょうか。念願のスカートをはける日はいつになるやら。


・メイド服(ロング)(つるいゆま)

鉄板とも言える選択肢ということで、多くの方がその配信を予想されております。今月28日を楽しみにしてみましょう!


・ネクタイ(すずね)

リボンばっかじゃ飽きるということで、たまには別のモノも、ね。しかし、そうなるとタイガは…w


・今はまだいいです…(セレネ)

これすなわちストイックの極み!今後も純粋にクイズを楽しまれ、店舗大会を驀進されることでしょう。


・武器がほしい。(たぶちいわお)

本人曰く「バールのようなもの」を持たせてあげたいとか。そんなアナタには個人的に、某タイピング問題をプレゼント。


・ウルトラクイズの帽子(CHIRI)

これはチビキャラだけでなく、デカキャラにもわかるように装備させてあげたい品物ですね。


・ピコハン、ふとんたたき(ユリ)

引っ越し、引っ越し、さっさと引っ越し!しばくぞ~!


・スクみじゅ でッ!(あとみシノブ)

せめてあと3ヶ月は待ってあげましょう。カゼひきますからw


・ニーソ(ファーレス)

脚に装備できるコマンドがないので、現段階では実装は難しそうですが…今後、装備可能部位が細かくなれば鉄板とも言えるモノになりそうですね。


・軍服(BASALT)

これを着れば、誰でもサンダースと互角に戦えるようになります。もしかすると階級章とかも追加されるかなー…なんて。


・ドラゴン(DNP)

やはり前作までマジックペットの存在を確認できた方々にとっては、今作が少々寂しく感じるのでしょうか。右下隅っこにさりげなく華を添えていたあの存在は、意外に大きかったのですね。


・仮面(エース)

たまには顔を隠したい時ってありますよね。いつも見られてばかりいるというのは、結構疲れる時もありますから。



エルロフト大会の結果報告は以上です。ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。


なお、次回は3月中旬に開催を予定されているとのことです。恐らく、詳細が固まり次第、主催を務めましたナイトメアより連絡を頂けると思いますので、お楽しみに!

2007-02-23 00:38:00

(戦史:OKA3大会)

テーマ:QMA大会ダイジェスト

2007.2.18 15:00より開催されました、高槻OKA3大会のダイジェストを上梓致します。



*このダイジェストについて*

私フローレンスは、今回のOKA3大会の実地記録段階においては、さほど深く関わっておりませんその点について、まずは皆様にお詫び申し上げます。


その理由は、大会運営上の理由で、EAGLE氏製作の抽選プログラム「Q-MARS II」に対応した記録用紙を使用する必要があったからです。しかし、EAGLE氏より渡された記録用紙は、当方のダイジェスト執筆には充分な対応ができないと判断しました。そこで、記録補助の準備があったユーディ氏に白羽の矢を立てました。つまり、私の記録用紙を用いて、ユーディ氏にダイジェストに用いる記録を行って頂く事をご了承頂いたのです。


こうして私がいつものように、ブログ上に短評を含めた結果を報告できるのも、ユーディ氏が最後まで微細に渡る点まで記録して頂く事抜きには不可能であった事は間違いありません。また、ユーディ氏の試合出場の際は、なぎさたん氏に記録代行を依頼し、ご了承頂きました。


この場にて再度、ユーディ氏、なぎさたん氏の2名へ、深く感謝申し上げます。


それでは、本文へ移ります。



2007.2.18

OKA3大会


・総エントリー40名

(但し、3回戦でCOM枠への補充要員として参加した、ナイトメア、EAGLEは数に含めない)

・全19試合収録


[ルール]

・決勝戦を除く4人対戦は上位2人勝ち抜け、補充要員を除いての3人対戦は上位1人の勝ち抜け。

・各種縛りは一切ない。


[重要補足]

・3回戦第2試合、3回戦第3試合は、本来3名で試合を行う事となっていた。しかし、今作の仕様上、COMを含めると難易度が大きく落ちる事への対策として、ノンジャンル☆5が解放されているデータ「JRかもつ」を本人の許可のもと借用し、仮想的に4人対戦の場を用意した。


運営側より補充要員を選抜、第2試合はナイトメアが、第3試合はEAGLEがそのデータを用いた。しかし、彼らは意図的に、得点に繋がる一切の解答を避けている。また、文中においては、彼ら2名を正式な参加者として扱わない。


[執筆補足]

・文中において特に記載の無い場合は、すべてユーディ氏が記録をとっている。また、1回戦第1試合においてはユーディ氏が試合に出場する為、フローレンスよりなぎさたん氏に記録代行を依頼し、ご了承頂いた。




・1回戦 全10試合(40→20)


第1試合(記録:なぎさたん)

1:グリフィス(大魔9) 学問タイ 297.67 1位○

2:マナツ(大魔8) スポR4 151.03 4位

3:ユーディ(大賢4) スポR4 259.59 3位

4:オルフェママ(大魔7) 芸能タイ 290.45 2位○


予定を多少上回る人数がご来店されたという事で、嬉しくも大勢が見守る中で始まった第1試合だが、学問タイピングは運の悪い事に、高正解率の問題が連発、グリフィスはユーディ、オルフェママの2名に先手を許してしまった。続くスポーツランダム4は、武器を同じくするユーディを捕まえきれず、逆にマナツ自身が抑え切れていない問題を落とす。ユーディの予測どおりスポーツランダム4が12問続く事となったが…なんと、ここでも選択者本人もわからない問題が連発、マナツの二の舞を演じてしまい、芸能タイピングでは相性の悪さからか、スポーツ使いが揃って撃沈。グリフィス、オルフェママがまずは幸先のいいスタートを切った。


---------------


第2試合
1:レン(初級4) アニ四択 94.16 4位
2:ちえぱん(魔導1) 雑学並べ 300.25 1位○
3:ひおてぃー(大魔?) 芸能多答 262.35 2位○
4:JRかもつ(青銅?) ノンR5 222.19 3位


3方向を大会参加の常連組に囲まれたレンは、アニゲ四択で突破口を開こうと試み、これがヒットしたのはJRかもつ。ちえぱん、ひおてぃーこそ捕まらなかったものの、最も出方が読めないJRかもつを叩けたのは大きい。しかし、解答にQMA特有の技術を要する並べ替えでレンは一気に後退を余儀なくされ、絶体絶命のラインに立たされた。続くネタは無慈悲と取るか、屈指の難形式・一問多答、しかし、なんと正解率の低い問題を含め全員が健闘。トドメとばかりにノンジャンルランダム5で場は荒れに荒れ、なんとかちえぱん、ひおてぃーの2名が勝ち抜けた。


---------------

第3試合
1:GREAT3(賢者7) 芸能線結 239.08 4位
2:アカボシ(青銅8) 芸能タイ 327.55 1位○
3:あかさかさき(大魔3) アニR4 268.16 3位
4:DNP(賢者10) スポR2 277.06 2位○


今大会初の線結び出題者となったGREAT3だが、問題難易度の低さかさほどの威力は発揮されず、芸能タイピングへとフィールドが移る。するとアカボシが独走態勢を確立、あかさかさき、DNPを大きく退けた。そして、アニゲランダム4ではGREAT3がその餌食となり、あかさかさきが体勢を立て直したかに見えたが、それを妨害したのはDNP伝家の宝刀・スポーツランダム2。ここまで黙って耐えていたストレスを一気に発散し、アカボシと共に次のステージへと進んだ。


---------------

*第4試合エントリー時、アイスがホスト指定を無視して先行突入した為、店員より全台リブートの措置がとられました。なお、プレイヤーの経験を考慮し、口頭注意のみに留められ、反則としてはカウントされておりません。


第4試合
1:こねこさま(賢者2) 雑学○× 198.64 3位
2:ギガ(大魔6) アニ多答 291.39 2位○
3:アイス(見習8) アニ並べ 187.58 4位
4:フィオーラ(賢者3) 学問エフ 294.03 1位○


さて、ある種最も嫌われる形式・○×が雑学にて発動されたが、不運というべきかその餌食となったのは、こねこさま自身だった。続くアニゲ多答ではギガがこねこさま、アイス、フィオーラの3名をつるべ撃ちし、悠々と前半戦を制した。後半戦、並べ替えではプレイヤーの経験がモノを言ったのか、アイスが少々手傷を負い、学問エフェクトに突入。難問の連発と仕様変更の煽りを受けたアイスは大打撃を受け、こねこさま自身もギガ、フィオーラへエールを送り自滅の道を選んだ。


ちなみに、こねこさまのコメントは1、4、5、6問目。それぞれ「けんじゃやめます」「じぶんよわいので」「ふぃおーらがんば」「ぎがさんもがんば」だ。


---------------

第5試合
1:つちのコ(大賢4) 雑学エフ 266.51 3位
2:りょうた(魔導3) アニ並べ 258.18 4位
3:エース(賢者1) 芸能線結 298.71 2位○
4:HのときはS(賢者9) 芸能キュ 318.84 1位○


比較的易問続きであった雑学エフェクトだが、まずはつちのコが一歩先陣を切り、アニゲ並べ替えへと突入。ここでHのときはSがつちのコのミスを見逃さず追いつき、エース、りょうたもそれに続いた。芸能線結びは難易度の低さからかさほど差がつかず、HのときはSが微妙なリードを得る。最後の芸能キューブ、このまま平穏に事が運ぶかと思えば、つちのコが痛恨の2連続ミス。この6問をきれいに抑えたエース、HのときはSが勝利。


とはいえ「HのときはS」を、今大会でナイトメア、フローレンスの2名は何回連呼しただろう?そういう名前だから仕方ないとはいえ、健全な男子に昼間っからナニを言わせるか。


---------------

第6試合
1:ジャポニカ(青銅2) 芸能連想 231.64 3位
2:カトレア(魔導5) アニエフ 197.18 4位
3:りょうすい(賢者1) 学問エフ 269.97 2位○
4:EXうぉーか(大魔1) スポR3 326.12 1位○


芸能連想にてカトレアへ大打撃を与えつつ、さらに解答速度でりょうすい、EXうぉーかの2名を振り払い、今回も絶妙なおもてなしを見せるジャポニカ。しかし、その流れに暗雲が立ち込めたのはアニゲエフェクト、なんと2問のタイプミスが誘発され、一気に貯金を食いつぶしてしまう。さらに、学問エフェクトでもタイプミス。連想での虎に翼の勢いはどこへやら、大空に嫌われた勇者が戦う力を失っていったのは、見ているこちらも痛々しい。スポーツランダム3は着順を固める流れにしかならず、りょうすい、EXうぉーかが勝利。


---------------

*第7試合開始時、あにはユキエがホスト指定を無視して先行突入したため、店員より全台リブートの措置が取られました。


第7試合
1:ノダムル(大賢2) 雑学エフ 167.24 4位
2:あにはユキエ(青銅3) スポR1 265.76 3位
3:Z(大魔1) アニR4 275.07 2位○
4:セレネ(大賢3) 学問多答 331.80 1位○


雑学エフェクトでノダムルが1問タイプミスを犯すものの、その後の流れとしては非常に静かなものだった。とはいえ、もちろんこのメンツでこのまま終わる事など誰も予想できないわけで、アニゲランダム4で今までせき止められていた流れが爆発した。弱点をつかれてしまったか、ノダムルが3問ミスして大後退、あにはユキエもかろうじてZ、セレネに喰らいつく。しかし、待ち構えていたのは学問多答。見事なまでにセレネのひとり舞台となり、それに耐え切ったのはアニゲランダム4までの貯金が利いたZ。何とも油断ならぬ戦いだった。


---------------

第8試合
1:たかつき(大魔3) アニR3 221.56 3位 
2:ヤスドゥル(中級8) 学問○× 97.44 4位
3:ジュセトゥ(大賢1) 学問タイ 303.01 1位○
4:エステル-F(大賢6) アニタイ 260.73 2位○


経験差に気押されたか、アニゲランダム3からヤスドゥルが大打撃を受け、たかつきがジュセトゥ、エステル-Fを抑え一歩リード。続く学問○×で追いつかれるものの、トップ3は混戦模様となっていた。さて、場が大きく動いたのは学問タイピング、強豪相手にここまで善戦していたたかつきが難問の前に悶絶、ジュセトゥが一気に場の空気を制圧した。最後のアニゲタイピングは、それまでの場を受け継ぐにとどまり、ジュセトゥ、エステル-Fが2回戦へ。


そういえば、エステル-Fは1セット目の並べ替えで「りさとかえとる」と密告。一体ナニを換えたのか、ちょっと詳しく追及してみたい。


---------------

第9試合
1:ゲキツイヘリ(大賢5) 芸能タイ 354.23 1位○
2:フィルヴィス(賢者4) アニキュ 235.80 4位
3:みツひろサチ(大賢9) 学問タイ 353.01 2位○
4:あゆり(上級7) 学問エフ 275.65 3位


芸能タイピングにて、ゲキツイヘリがタイプミスに気づき回避し、フィルヴィス、あゆりに大きな差をつけた。さて、学問タイピング突入前にみツひろサチが、今日も「びりっと」頑張るぞー…とばかりに気合を込め、以降は安定した解答で勝利への道を固めた。さて、学問タイピングでこの流れを変えたいところだったが、弱点を突かれたのか、ここでフィルヴィスが一瞬にしてタコ殴りの刑に処され、散々な目に遭ってしまった。学問エフェクトは6問とも全員が正解し、ゲキツイヘリ、みツひろサチが圧倒。


そういえば、アニゲキューブであゆりは「ランタノイド」と解答。回っていた文字が文字だっただけに惜しい。


---------------

*第10試合エントリー時、なぎさたんに対して静粛にするよう注意が下りました。


第10試合
1:エレバラル(大魔9) 芸能四字 254.48 2位○
2:なぎさたん(大賢2) アニ四字 268.34 1位○
3:ピクルスゥ(大魔1) 芸能タイ 135.19 4位
4:もんぷティ(大賢1) 学問タイ 232.22 3位


ある意味カオスだった第10試合、まずは芸能四文字でピクルスゥ、もんぷティに対して斬りかかったエレバラル、ピクルスゥは「記憶上等」と断末魔の叫びを上げた。さらに、速射砲として名高いアニゲ四文字で無情の追い討ち、ここでもんぷティは「ドラクエ」をプレーしに家へ帰ろうとするが、そこに帰り道となる扉はない。後半戦、芸能タイピングで少しでも一矢報いたいピクルスゥだったが、問題の濃さにしてやられたか、それまでの流れが止まらない。もんぷティも学問タイピングで必死に追いすがるものの、惜しくもエレバラルには届かず惜敗。


ちなみにエレバラルは学問タイピングで「モンプチ」物語と解答。ストーリーのカギとなるのは、やはり「○○のあな」か?


---------------



*2回戦以降の結果は、各員の階級表記を省略します。


・2回戦 全5試合(20→10)


第1試合
1:HのときはS スポ連想 183.53 3位
2:ちえぱん 雑学線結 185.78 2位○
3:アカボシ スポエフ 234.54 1位○
4:ギガ アニ多答 159.91 4位


さて、2回戦へ突入して、早速悶絶地獄が展開された。スポーツ連想ではさほど場が荒れたりはしなかったものの、次はなんと、今作屈指のエグさを誇ると噂される雑学線結び。ギガはこの煽りをモロに受け、一気に陥落。逆にアカボシは、雑学線結びからスポーツエフェクトまでの間に追い風を受け、一気にトップまで躍り出た。最後に、アニゲ多答で捲土重来と行きたかったギガだが、如何せんそれまでのダメージがあまりにも重すぎ、ここで意地を見せたものの、ちえぱん、アカボシを捉えることはできなかった。


---------------

第2試合
1:オルフェママ 学問四字 171.99 4位
2:DNP スポR2 321.81 1位○
3:エース 芸能線結 196.15 2位○
4:フィオーラ アニR4 172.15 3位


学問四文字で、まずはDNPが難問地獄を抜けたものの、2位以下は混戦模様となっていた。続くスポーツランダム2においても難問が連発、ここでDNPの圧倒的優勢が確立され、オルフェママにタイプ問題にて「ダンプユウショウ」とまで言わしめた事態となった。2位以下がひしめく後半戦、芸能線結びはオルフェママ、フィオーラの2名に斬りかかったエースがわずかにリード、アニゲランダム4で6問連続正解を決めたフィオーラだったが、勝ち抜けにはあと2問足りなかった。


ちなみに、芸能線結びの選択肢で「ダンプガイ」というものがあったようだ。


---------------

第3試合
1:ゲキツイヘリ 雑学四択 283.54 1位○
2:ひおてぃー 芸能多答 176.58 4位
3:エレバラル スポタイ 206.25 3位
4:EXうぉーか 雑学線結 249.51 2位○


またもホストを引いたゲキツイヘリ、今度は雑学四択でひおてぃー、EXうぉーか、エレバラルの銃口を華麗に回避、彼らに付け入るスキを与えなかった。続く芸能多答でもその流れは止められず、舞台はスポーツタイピングへと移った。ここで面白い事に、スポーツタイピングの3問目でゲキツイヘリ、ひおてぃーが「エキサイトバイク」のタンデム走行を決めていた。しかし、難所のヘアピンカーブで事故ったゲキツイヘリは「ちゅどーんばばば」と大破、雑学線結びが終わってみれば、ゲキツイヘリは笑いの炎に巻かれながらもゴールまで自力で疾走。最後はEXうぉーかがそれに続いた形でチェッカーフラッグが舞った。


ところで、ヘアピンで共に事故ったはずのひおてぃーの安否は?


---------------

第4試合
1:Z アニR4 246.02 3位
2:グリフィス 芸能タイ 172.42 4位
3:なぎさたん 雑学R4 286.87 1位○
4:ジュセトゥ 学問タイ 257.43 2位○


さて、ここでも萌神のアニゲランダム4での天罰が炸裂、グリフィス、ジュセトゥを焦がした。続く芸能タイピングでは逆にジュセトゥが息を吹き返し、逆にZ、なぎさたんが地を這った。後半戦、雑学ランダム4で、それまで安定した解答を誇ったグリフィスが撃墜され、なぎさたん、ジュセトゥの二頭体勢が整った。最後の学問タイピングでそれがより顕著となり、なぎさたん、ジュセトゥが貫禄の勝利を収めた。


ちなみに、Zは芸能タイピング最後の問題で好きやねん、「かんさい」と解答していた。その懐の深さは、決して間違ってはいない。


---------------

第5試合
1:セレネ 学問多答 292.41 1位○
2:みツひろサチ スポR2 243.95 2位○
3:りょうすい 学問エフ 217.57 4位
4:エステル-F アニタイ 221.17 3位


早速飛び出した学問多答で、みツひろサチ、りょうすい、エステル-Fの3名が大打撃、悠々と解答を重ねるセレネとのコントラストもあり、これぞまさに地獄絵図といった光景だった。スポーツランダム2でみツひろサチがリカバーするものの、セレネを止めるまでの問題は出てこなかった。学問エフェクトでもそれまでのダメージを回復できるだけの展開にはならず、全てはアニゲタイピング頼り。しかし、エステル-Fが6問正解を見せたものの時既に遅し、セレネ、みツひろサチは車輪の国への特急便で旅に出た。


そういえば、学問エフェクトの画像問題で、セレネは「びんのしん」と打ち、結局やめた。何があった、何が!?


---------------



*3回戦第1試合のみ上位2名勝ち抜け、第2試合、第3試合は上位1名のみの勝ち抜けです。


・3回戦 全3試合(10→4)


第1試合
1:DNP スポR2 258.57 3位
2:ちえぱん 芸能四字 155.75 4位
3:ジュセトゥ 雑学線結 330.70 1位○
4:セレネ 学問多答 302.96 2位○


*スコア報告における、セレネ氏の勝ち抜け表記が為されておりませんでした。訂正してお詫び申し上げます。


スポーツランダム2で事件は起こった。DNP、ジュセトゥ、セレネの3名でちえぱんを蹴り倒すというとんでもない事件が…まあ、そこは真剣勝負だから仕方ないか。というわけで、続くは芸能四文字。DNP、セレネがちょっとつかまったものの、ジュセトゥは悪びれる様子も無く、ただ正解を重ねていった。それは雑学線結びでも変わることはなく、そのままラスト6問へと突入。もちろん、待っていたのは学問多答。ここでDNP、ちえぱんが完膚なきまでに逆転の道を絶たれ、ジュセトゥ、セレネがファイナルラウンドへコマを進めた。


---------------


*本来は3人での試合ですが、JRかもつのデータを借用した上で、ナイトメアが補充要員として参戦しました。文中での表記は「ナイトメア」で統一し、着順カウントも行っていません。


第2試合
1:みツひろサチ スポR2 217.39 2位
2:なぎさたん アニR4 206.07 3位
3:ゲキツイヘリ 芸能タイ 288.55 1位○
4:ナイトメア ノンR5(強制選択)


みツひろサチがスポーツランダム2で一歩リードを決めるものの、なぎさたん、ゲキツイヘリとの差は安心できるものではなかった。続くアニゲランダム4ではゲキツイヘリがみツひろサチを射程に納め、後半戦へと続く。さて、芸能タイピングが飛び出すと、みツひろサチ、なぎさたんをつるべ撃ち、一気にその差を確実なものとした。プレイヤーの底力が試されるノンジャンルランダム5では場が動く事はなく、ゲキツイヘリが優勝へ王手をかけた。


---------------


*本来は3人での試合ですが、JRかもつのデータを借用した上で、EAGLEが補充要員として参戦しました。文中での表記は「EAGLE」で統一し、着順カウントも行っていません。


第3試合
1:アカボシ スポエフ 299.82 2位
2:EXうぉーか スポR3 306.30 1位○
3:エース 芸能線結 235.39 3位
4:EAGLE ノンR5(強制選択)


スポーツエフェクトでアカボシ、EXうぉーか、エースが一歩も引かぬ争いを繰り広げていた中、EAGLEはちゃっかりボケ6連発で観客を笑わせていた。スポーツランダム3は残念ながら難易度が比較的低かったものの、続く芸能線結びで、エースはEXうぉーかを「にゃんですと!?」と驚かせた。しかし、ここをキッチリ抑えるのはEXうぉーかの強さの証、誰が勝ってもおかしくない展開の中、ノンジャンルランダム5へ突入した。すると、問題に嫌われてしまったのは皮肉にもエース。勝ったのは天王寺の雄か、それとも段位詐称のパイオニアかとハラハラしていたが…なんと、約6点の差が勝負を分かち、EXうぉーかが辛勝。


そういえば、EAGLEは最後の問題で、究極のメニューがどうたらという問題で「ひこりゅう」を推していた。しかし、その日の私の朝飯は偶然にもラーメンだったんだ!


---------------



・決勝戦(4)


1:ジュセトゥ 雑学線結 242.03 4位
2:ゲキツイヘリ 芸能タイ 277.04 3位
3:セレネ 学問多答 297.42 2位
4:EXうぉーか アニR4 327.92 1位


さて、40名もの猛者が大挙した今回のOKA3大会もこれで最後、まずは雑学線結びで幕を開けた。さすがにここまで残った強豪達だけあって、どの問題も軽くさばいていた。ところがどっこい、芸能タイピング最初の問題で、「しゅう」を召喚せねばならぬはずがジュセトゥは「たもつ」を召喚、ベクトルが分かる方は思わずニヤリとしてしまいそうだ。ここまででEXうぉーかが一歩リードする中、続くは学問多答。セレネが一気に加速し、ジュセトゥ、ゲキツイヘリを一気に抜き去った。さて、最後は何が出るかと思いきや…観客も思わず声をあげた。なんと、EXうぉーかの選択はアニゲランダム4。これで足場を固められたか、そのままEXうぉーかがOKA3大会を制圧した。


---------------


というわけで、今回の優勝者はEXうぉーかさんです。おめでとうございます。


そして、大会終了後1時間は、店舗側の好意によりフリープレイが催されました。ここでは、様々な縛り対戦が行われました。


では、以下は戦史につきものとなりました、いつもの戦史番外編でございます。激戦で手に汗にぎったあなたのココロに癒しをお届けします。


---------------


・必殺の人口密度

コンピュータ、グローバルプロジェクトメンバー向けの名札、抽選プログラム「Q-MARS II」対応スコアシート…その他諸々、運営に利用する様々なアイテムを携えてOKA3に訪れたEAGLE。彼自身、OKA3に来るのは初めてだったとの事で、中に入って驚きを隠せなかったようだ。


どうやら、彼の目からすると、40名も大挙したここは、ヒカリよりも人口密度が高いようなのだ。


「帰っていい?」


ああ…私はこのセリフを、一体何回聞いたことだろうか。



・ブレイクタイム

大会が始まる前、私は近くのファミリーマートでチョコパイを購入、OKA3の目の前にある段差でひとりのんびりと、チョコパイを幸せそうに頬張っていた。本当ならスーパーカップにしておきたかったのだが、あまりにアイスが固かったので、敢え無くチョコパイで我慢したのだが、これがなかなかうまい。


mixiにアクセスしつつ、丁度半分を食べ終わった頃だったろうか。ジュセトゥと、DNPと…あと1人いたのだが忘れてしまった。ともかく、3人が丁度目の前を通り過ぎた。こちらに気づいてか、彼らは笑っていた。


内心、私はこうつぶやいていた。


これは俺が独り占めしているチョコパイだ。

くれと言っても絶対やらんぞ。



・それが君の名前だったんだ

それはグリフィスが呼びかけた、フリープレイのボケ合戦のことだった。突入のタイミングが合わず、3人・1人でのマッチングによる、店内対戦となってしまった。まあ、それはタイミングの問題だから仕方ない。「ひとりごっつ」を展開されたHのときはSよ、ゴシュウショウサマ。


しかし、悲劇はまだ終わらなかった。その時、たまたまマイクを握り店内対戦の調整などを行っていた私だったが、あろうことか、HのときはSを、


「マナツさん」


と呼んでいた。しかも何回も。言われて気づいた時は既に遅かった。


雰囲気や顔が似ていたからつい…という理由だったんだ。いや、本当なんだ。許してくれ。


結局、詫びに詫びを重ねた後、私は打ち上げの場へと直行した。しかし、最も悲しい現実は、その後に待っていた。



・幻の9人目

「村さ来」で打ち上げを行ったのは私を含めて9名。しかし、テーブルについてみると、何故か皿と箸は8つだけ。


参加者リストを見て気づいた。真っ先に打ち上げに参加すると申し出たはずなのだが…、


9.フローレンス


…9番目?


9番目の申請だと??


そう、宴会大好きのこの私は、見事はみごになっていた。原因はわからない。


ちなみにちゃんとビールは3杯飲んだ。後はよく覚えていない。


---------------


OKA3大会の戦史は以上です。長文にも関わらず最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。


次回はデジャ・ヴ大会「賢豪戦」へ、運営スタッフとして参加します。ちょっと縛りのルールが複雑化しているので、参加を検討される皆様は、神戸大会情報 を熟読ください。


久しぶりに「ちゃっぱ語録」へ、新たな1ページが刻まれるのでしょうか?それは皆様の目で確かめてみるべし!

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>