日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

「古教 心を照らし 心 古教を照らす」という中国の教え。本に読まれるのではなく、自分が主体となって読むことこそ「活学」になるという意味です。運命学も各占術の書籍のみに盲従せず、実占を通して活きた開運学に醸成することが肝要。おもむくまま雑感を記します。

NEW !
テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

「天地人の運勢鑑定」
を主宰している深川宝琉 です。


2017年が本格的にスタートしました。


1月20日(金)、21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。


1月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店行っています。


福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


第二の人生をいかにスタートするか、準備している方もいますが、どうやって再出発すれば良いか、悶々と悩んでいる人もいます。そんな時、宝琉館の直接鑑定は役立つことでしょう。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。


2017年の運勢はどうなるのか、関心のある方、気になる方は予約確認後、ご来館下さい。


貴重な直接開運アドバイスを受けることができるでしょう。




 ☆----------☆----------☆---------☆





1月20日は1年で最も寒い日とされる二十四節気の大寒(だいかん)です。


西洋占星術では、大寒を宝瓶宮(みずがめ座)の始まりとします。


小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はその真ん中にあたります。 寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事 が行われ、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期ですね。


大寒のもっとも寒い時期だからこそ、新たな2017年の開運ポイントを知りたい方には貴重なチャンスの期間です。


昨年を振り返ると、1月25日、九州・山口を襲った記録的な寒波が直撃しました。


水道管凍結などによる断水や給水制限があり、九州・山口の全8県で26万世帯以上にあり、自衛隊も給水支援に動きました。

寒波を通して気づかされるのが、やはり、気候にも周期があるということ。

約40年周期で大寒波が襲ったり、太平洋の赤道付近の海水温が数十年周期でラニーニャ現象とエルニーニョ現象を繰り返している「太平洋振動」を起こしているように、今回の九州地方に限らず、米国でも欧州でも、数十年周期で大寒波が襲っていて、周期があるということです。

寒波もそうですが、やはり、運命、運勢も周期があります。


いわゆる運命のバイオリズム


これは人によって細かく違ってきます。


同じ生まれ歳だから同じだと思っている人は、やはり、気候、気象が時々刻々、変化していることを知れば、違うということはわかるはずです。


1月21日に1年で最も寒い時期の大寒(だいかん)を過ぎ、一番寒い時期に突入しました。


このような季節的にも、最も寒い時期こそ、実は運命を大きく変転させ、上昇させていく好機ととらえるべきでしょう。


日本の易者は冬至に翌年の年筮(ねんぜい=年の運勢を筮竹で占う)を立てます。


冬至が太陽の動きが最も弱い時期でゼロ時点だからです。


気候的に見れば、最も寒い、大寒波の時期こそ、運命の発露をゼロ地点から見極めていける大きなチャンスです。


私はこのような時期に鑑定を受けられる人々を大切に思い、運命の転換点の本質を直感的に悟った人と見ます。


関心のある方々は、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館 や西鉄天神福岡駅のコンコース沿い、ソラリアステージ2階の福岡パルコ前にある福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」 天神店で直接鑑定を行っていますので、ご来館下さい。


引っ越し、移動、方位、旅行などで関心のある方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「九星気学風水 」のコーナーや「安倍晴明の陰陽五行吉方位占い 」、「ルーツから覚醒するパワースポット開運法 」をご覧下さい。


ご本人の開運の手がかりの一つになることでしょう。


一昔前、中国でも海外留学といえば、大半が公費による派遣で、ごく一部のエリートしか行けない高嶺の花の時代がありましたが、いまや、2014年に海外留学した中国人の数は50万人を突破。右の写真は私が北京大学で撮影した写真です。

1978~2013年の中国人の海外留学経験者数は約306万人で、世界一の留学生輩出国となっています。

「90後」(1990年代に生まれた子供)、「00後」(2000年代に生まれた子供)の留学組は主にイギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダを留学先として選択し、アジアの中で最も人気が高い国・地域はシンガポールと香港です。香港大学や香港中文大学には有能な中国人留学生がかなり入って来ていますね。


留学後、帰国する「海帰派(ハイグイパイ)」は以前は知的エリートの代名詞で欧米最先端のビジネスセンスを持ち合わせた貴重な人材として持てはやされていましたが、現在は就職難。


 私費留学も増え、2000年に3万9千人だった留学者数は2013年には10倍以上に急増し、帰国者も9千人から35万人に激増しました。


ただでさえ大学定員が拡大し、昨年の中国内での大学卒業生は727万人。就職難が続いていて、大学卒業後、留学経験なしに就職した人の方がずっと高収入になるケーズも多いのが現実です。


 企業側も留学経験を特別視しなくなり、最近では、就職活動を続ける帰国者のことを「海待(海帯=昆布)族」と揶揄されるほどで、帰国後に中国社会に馴染めない人も増えています。


中国は留学組の帰国就職難ですが、日本では、そこまで極端に変わってきているわけではありません。海外留学が急増しているわけでもなく、やはり、海外留学組は特殊なスキルを得ていれば高く評価されますね。


適職運、仕事運、転職運などについて真剣に向き合って仕事運をアップさせたい方は宝琉館にご来館下さい。


自分の「軸づくり」に取り組むために、適職運を知ることは非常に重要です。


敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


 仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。




  ☆--------☆--------☆-------☆




今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。アップ 


本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び ご覧下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2  

Ropponmatueki6_2  

Ropponmatueki7_2  

Ropponmatueki8_2  

Ropponmatueki11_2  

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17      




 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

2017年が本格的にスタートしました。


1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。

1月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店行っています。



福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。


2017年の運勢はどうなるのか、関心のある方、気になる方は予約確認後、ご来館下さい。


貴重な直接開運アドバイスを受けることができるでしょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆



1月20日は二十四節気で最も寒い時期にあたる大寒です。

大寒のもっとも寒い時期だからこそ、新たな2017年の開運ポイントを知りたい方には貴重なチャンスの期間です。


最近、直接鑑定やネット鑑定で方位についてのご相談が相変わらず多いですね。


みなさん、引っ越しや移動、旅行方位のことでの悩みがあり、どうすればよいか、判断が迷うことがあるものです。


占いスクール「宝琉館(ほうりゅうかん)」 でも中国風水や九星気学についての講義を行って基本から応用まで指導しています。塾生でも最初は細かい些細なことばかりを気にしている場合が多いですが、方位学の根源を知り始めると、本質から見ていこうとするように変わっていきます。


日本でポピュラーな九星気学には、一白水星から九紫火星まで9つの星がありますね。

魔方陣で描くと9つの部屋で、それぞれの星が遁甲(とんこう=移動)して動いています。


元々、奇門遁甲(きもんとんこう)の複雑な動きのうち、一番わかりやすい基礎的な動きをエキスとして大正時代、園田真次郎氏が創り上げたのが九星気学です。


その基本的な法則、ルールは別にして、この9つの部屋について、孟子の考え方に深い意味合いを見出すことがあり、紹介します。


衣食足りて礼節を知る」という言葉がありますが、孟子は斉の宣王(せんおう)に人民とはこういうものだといってこれに通じる「恒産(こうさん)なければ恒心(こうしん)なし」という言葉を遺しています。


意味は、学問を修めた士は自分自身を律することができますが、一般庶民は衣食が最低限に満たされないと、それを求めるのは無理だというのです。


人民に貧しい生活をさせながら罪を犯したといって罰するのは、わなをしかけて、人民をそこに追いやるようなものだ、と。


王たるもの、まず、人民に生活の安定を保障しなければならないのだ、というのです。


これは、現代社会でも通じるごとですが、そのための具体策として孟子が提唱したのが「井田(せいでん)法」の実施です。


井田法(制度としては井田制)は中国・周の時代に行われた税法で、田を井の字の形に九つに区切り、中央の一区画を公田として、残りの八区画を私有地として八戸に分けるという方法でした。


公田は八戸が共同で耕し、その収穫を税納入にあてるというものです。


これを実施したうえで、人民の教育に努めることが、人民に恒産・恒心を兼ね備える道であると孟子は考えていたのです。


これは、九星気学で3×3の魔方陣で9つの部屋を分けて方位、季節、干支を分けながら動かしていく方法とピッタリ一致しています。


真ん中の部屋は中宮(ちゅうぐう)で、これが孟子が提唱する井田法の「公田」ですね。


真ん中以外の部屋、つまり八戸が協力し合いながら、中宮という公(おおやけ)のために尽くしていく。


「恒産(こうさん)なければ恒心(こうしん)なし」「衣食足りて礼節を知る」ための帝王が庶民に示した生き抜く叡智なのです。


こういう中国先哲の叡智が奇門遁甲にも秘められているということです。


九星気学で単純に方位の吉凶ばかりを気にする人がいますが、方位にはそれぞれの意味があり、特徴があり、最終的には「公(おおやけ)」のために協力して苦労、努力しながら恒産・恒心で実りを結んでいくという民を治める思想が底流にあります。


ですから、九星気学や奇門遁甲を通じて、それを引っ越しや転居、吉方位旅行に大いに利用することは理にかなっています。


凶意ばかりを気にして、すべての原因を凶方位の責任にしてしまう人もいますが、もっと深い本質を見てほしいと思います。


引っ越し、移動、方位、旅行などで関心のある方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 の「九星気学風水 」のコーナーや「安倍晴明の陰陽五行吉方位占い 」、「ルーツから覚醒するパワースポット開運法 」をご覧下さい。


ご本人の開運の手がかりの一つになることでしょう。


適職運、仕事運、転職運などについて真剣に向き合って仕事運をアップさせたい方は宝琉館にご来館下さい。


自分の「軸づくり」に取り組むために、適職運を知ることは非常に重要です。


敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


 仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。




  ☆--------☆--------☆-------☆




今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。アップ 


本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び ご覧下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2  

Ropponmatueki6_2  

Ropponmatueki7_2  

Ropponmatueki8_2  

Ropponmatueki11_2  

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17      

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

2017年が本格的にスタートしました。


1月18日(水)、1月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店行っています。


1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。


福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。


2017年の運勢はどうなるのか、関心のある方、気になる方は予約確認後、ご来館下さい。


貴重な直接開運アドバイスを受けることができるでしょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆


 


2017年に入り、すでに半月以上が過ぎました。


新年にあたり、「今年こそ実行したいこと」を新年の目標にしている人も多いはずです。


ある新聞の読者対象に調査したところ、一位は部屋の片付け・掃除、二位はダイエット、三位・旅行、四位・治癒や病気をしない、五位・節約、六位・貯蓄、七位・筋トレやストレッチなど運動、八位・間食を減らす、九位・怒らない、十位・散歩やウォーキングという順でした。


風水の観点から見ると、一位の部屋の片付け・掃除や三位の旅行、四位の病気しないなどは風水そのものですし、役に立ちますね。

 

部屋の不必要なものを断捨離し、きれいに掃除する。床に無駄なものを置かないでピカピカにする。
風水とは環境整備学。

いかに住みよい環境に創意工夫していくかが問われます。

今年こそ実行したいこと」のランキング10位までを見ると、環境整備、健康維持、上手な金運獲得、メンタル部分の安定などが上位を占めていることがわかります。


開運とは、夢の実現です。


運をつけて、実行したいことを実現する。


では、目標を達成・成就するにはどうすれば良いか。


なかなか努力を継続することが難しい人もいます。


うまくいく方法として目標を「ご褒美」「快楽」と結び付けることを勧める場合があります。


「5キロ減量できたらこの服を着る」と具体的に思い描くのはもちろんですが、行動と、もっと近い未来の喜び・快楽をリンクさせるのも効果的。

朝早く起きてジョギングウェアに着替えられたら好きなチョコを一つ、ジムに到着したらまた一つ、という具合にやっていくのです。


要は最初から完璧を目指さないこと。


ダイエットも週にビール1本、ケーキ1個減らすことから始めてみましょう。


このやり方は、人をうまく教育し、育て上げていくトレーニング方法に似ていますね。


単純でちょっと愚かかなって分かっていても、人参をぶら下げて、楽しくやっていく。


苦労も楽しく創意工夫していけば大いに成長できるということです。


人間は五感を通して様々なことを感じ取り、楽しむことができます。


風水では、それをうまく取り入れていけます。視覚、聴覚、触覚、嗅覚など。


五感を使い、目に見えない気の流れをうまく利用することです。

日本はアベノミクスの恩恵もあり、就職率は良い時期を迎えています。


とはいえ、大学生の就職活動は、なかなか大変で、内定をもらうために必死に就職活動をしていくしかありません。


就活中の学生が直接鑑定に来ると、真剣に相談と向き合うことになります。


「就活中なのですが、どんな職種が、自分にとって本当に適職か、就活しながら、ますます、わからなくなってきました」とのお悩み。


よくある、ご相談です。


まずは、名前と生年月日時、手相で鑑定。


右手はマスカケ線。左手はノーマル。


知能線の特徴から、適職を具体的に指摘し、生年月日時から、本来あるべき能力、中年に向けてどのように才能が開花されていくべきか、を伝えていきます。


「なるほど、自分で一番やりたいと思っていた業種2つがはっきりと絞り込めました。先生の指導のおかけで、自信を持って当たって砕けろの気持ちでトライしていきます」と非常に開放された笑顔で帰っていきました。


大学生になると、自分にとっての適職を悩みつつ、絞り込んで行くものです。


ただ、自分の学んでいる学部学科が専門性が漠然としている場合、なかなか、自分にとってオンリーワンの適職を選ぶのは至難の業です。


しかも、就職活動で内定をもらえる企業が、決して、自分の適職のポジションに入れるかどうか、保証はありません。

真の適職を見極めるのは、なかなか大変です。


しかし、宝琉館で鑑定を受けると、自分の適職が何なのか、具体的にわかっていきます。


最近は、日曜日は大学生が数多く来館していますが、若い人ほど、本当の適職、仕事運が見極められると、大いに自信と希望を持って、未来に向かって進んでいけるようになるはずです。

適職運、仕事運、転職運などについて真剣に向き合って仕事運をアップさせたい方は宝琉館にご来館下さい。


自分の「軸づくり」に取り組むために、適職運を知ることは非常に重要です。


敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


 仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。




  ☆--------☆--------☆-------☆




今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。アップ 


本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び ご覧下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2  

Ropponmatueki6_2  

Ropponmatueki7_2  

Ropponmatueki8_2  

Ropponmatueki11_2  

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17      




 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

2017年が本格的にスタートしました。


1月17日(火)、1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。


1月18日(水)、1月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。


福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


今日も仙台や横浜、京都からご来館されました。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。


2017年の運勢はどうなるのか、関心のある方、気になる方は予約確認後、ご来館下さい。


貴重な直接開運アドバイスを受けることができるでしょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆



 

全国各地で開運鑑定会を開くと、アラフォー世代で恋愛結婚の悩みが増えています。音譜

「地元では、どこに行けば出会いの場あるのかわかりません。来年から婚期、モテキに入ると言われても、どうすれば良いですか」

「自宅と会社の行き来だけで、なかなか異性と出会うチャンスが」

「合コンじゃ、ちょっと。お見合いも抵抗あります」

こんな声が鑑定では頻繁に出てきます
叫び


新春のこの時期は仕事運、恋愛結婚運など、自分に直接関わりの深い内容については真剣に向き合おうとする時期でもあります。


数年前から各地でメガ合コンと呼ばれる大規模な合コンが開催されています。ニコニコ

発端は栃木県宇都宮の街コン。さびれる街を再び活気づかせようという町おこしがきっかけです。2004年に居酒屋やバー、カフェなど4店舗(男女170人)で始め、今では50店舗(男女2100人)が参加して合コンはメガ化しています。!!

しくみは簡単。事務局に一人何千円か支払い、飲み放題。参加できる店舗をハシゴしながら不特定多数の異性と出会い、交流できる。

今では、全国各地のどこかで毎月、メガ合コンが開催されているとのこと。


東日本大震災の被災地だった仙台や福島でも見事に復興し、メガ合コンが行われているので希望の光が見えてきそうです。グッド!

少数の合コンと違い、気兼ねなく、多くの異性と出会える。真剣交際へつながるケースも増えているそうです。


堅苦しいお見合いと違い、ざっくばらんに気の合う異性と話をして、お付き合いできるチャンスも広がる。小規模な合コンでは出会う異性の数は限られてしまいますが、メガ合コンは自分の意気込み次第で、その数十倍は出会えるはずです。

その時、名前や生年月日も教えてもらうと良いでしょう。音譜


バブル時代、男性に求められたのは3髙(高学歴、高収入、高身長)でしたが、今は「4低」が求められているそうです。


4低とは低姿勢(女性の前で威張らない)、低依存(家事が自分でできる)、低リスク(仕事が安定している)、低燃費(無駄使いをしない)の4つです。


こんな状況では、結婚どころか恋愛すらできない若者が増えているのです。


高学歴、高収入の女性も、結婚できない大きな壁にぶつかっています。


生涯未婚率(50歳時点の未婚率)の都道府県別ランキングでは男性は一位が東京、二位が沖縄、三位は岩手、四位が高知。女性は一位が東京、二位が北海道、三位が大阪、四位は沖縄。


男性の生涯未婚率は女性の約2倍。男女の差が大きいのは「男余り」が岩手、秋田、茨城。「女余り」は福岡、京都、兵庫です。


以前も紹介しましたが、福岡では男性が関西や東京へ上京していくため、女性は九州他県から流入し、「女余り」が際立っています。



今後、日本の若者の結婚事情はしっかり注視しながら、結婚のあり方、恋愛結婚に関する若者の本音を深く掘り下げながら、恋愛結婚運に関しては鑑定を進めていく必要があります。


生年月日に秘められている運命の種(たね)をしっかり知り、自分が今、どのような状態にあり、どう行動していくべきかを丁寧にアドバイスします。運命学はその基本を教えてくれます。音譜

公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 でも、本格相性占いの申し込みが急増しています。かなり深いところまで二人の相性を掘り下げて鑑定できるのが魅力です。アップ 



 

 ☆----------☆----------☆---------☆





今年の運勢について関心がある方々は、私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。アップ 


本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。

本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。





Ropponmatueki5_2  

Ropponmatueki6_2  

Ropponmatueki7_2  

Ropponmatueki8_2  

Ropponmatueki11_2  

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17     


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

2017年が本格的にスタートしました。


1月16日(月)、18日(水)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。


1月17日(火)、1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆


 



2017年(平成29年)1月の毎日の運勢は一体どうなっているのか。

 

それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、2017年1月の運勢バイオリズムを紹介しています。


今回は本命星別に2017年の1月の毎日バイオリズム、毎月バイオリズムを細かく鑑定した内容を紹介していきます。


それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、2017年各月各日の運勢バイオリズムを一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


2017年が到来しましたので、吉方や運勢を参考に引っ越しや吉方位旅行に利用して下さい。さらに本格的に実践したい場合は福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定 「天地人の運勢鑑定」によるネット鑑定 をお申し込み下さい。気学上の運勢は非常に大まかではありますが、参考になります。ご自分の運勢傾向を見る上でチェックすると良いでしょう。

 

 

 


【2017年(平成29年)1月 一白水星の毎日の運勢バイオリズム】


【2017年(平成29年)各月の一白水星運勢バイオリズム】

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。



【一白水星 10年運勢バイオリズム】



【2017年(平成29年)1月 二黒土星の毎日運勢バイオリズム】


   


【2017年(平成29年)各月の二黒土星 運勢バイオリズム】

 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【二黒土星 10年運勢バイオリズム】


【2017年(平成29年)1月 三碧木星の毎日運勢バイオリズム】

  


【2017年(平成29年)各月の三碧木星 運勢バイオリズム】


 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【三碧木星 10年運勢バイオリズム】


【2017年(平成29年)1月 四緑木星の毎日運勢バイオリズム】





【2017年(平成29年)各月の四緑木星 運勢バイオリズム】



月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【四緑木星 10年運勢バイオリズム】



【2017年(平成29年)1月 五黄土星の毎日運勢バイオリズム】


  

【2017年(平成29年)各月の五黄土星 運勢バイオリズム】


 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【五黄土星 10年運勢バイオリズム】


【2017年(平成29年)1月 六白金星の毎日運勢バイオリズム】


   

【2017年(平成29年)各月の六白金星 運勢バイオリズム】

  


月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


六白金星 10年運勢バイオリズム】



【2017年(平成29年)1月 七赤金星の毎日運勢バイオリズム】


  

【2017年(平成29年)各月の七赤金星 運勢バイオリズム】

 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【七赤金星 10年運勢バイオリズム】


 


【2017年(平成29年)1月 八白土星の毎日運勢バイオリズム】


   


【2017年(平成29年)各月の八白土星 運勢バイオリズム】


月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【八白土星 10年運勢バイオリズム】

 
  

【2017年(平成29年)1月 九紫火星の毎日運勢バイオリズム】 

 
 

【2017年(平成29年)各月の九紫火星 運勢バイオリズム】


 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【九紫火星 10年運勢バイオリズム】



日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 九星気学でその年の運勢を見る場合、同会法を用います。年運による同会とはその年の年盤にあなたの本命星がどこに回座しているかで決まります。その回座した位置が定位盤のどこにあたるか、それが何宮に該当し、その象意を含めて見通します。


自分の本命星が定位盤の中宮の位置に回座した時が一番強い運気であり、定位盤の坎宮の位置に回座した時が弱い運気となります。九星気学では運気が9年をサイクルに循環しています。良い運気の年回りもあれば悪い運気の年回りもあるわけです。その時の対処法が大切です。


今年や今月、今日がどんな運気なのか。来年、来月、明日がどんな運気なのか――。気の強弱を知り、実生活に少しでも活用、役立つ参考にして下さい。 


 

 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

2017年が本格的にスタートしました。中華圏では春節(旧正月=今年は1月28日)の大型連休ですでに帰省シーズンになっています。


1月15日(日)、16日(月)、18日(水)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。


1月17日(火)、1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆




いよいよ本格的な2017年の到来です。


このところ、この冬一番の寒波が日本海側だけでなく、太平洋側にも流れ込み、大雪に警戒が必要な時期です。なんとか、この厳しい寒さを乗り越えていきたいものですね。


中華圏では春節(旧正月=今年は1月28日)の大型連休ですでに帰省シーズンになっています。


中国では国内主要駅で帰省による春運(春節による帰省ラッシュ)期間が始まりました。


一昔前までは、国内の主要駅、たとえば、北京駅や上海駅、成都駅などで春節に故郷でお土産を買って帰るために入りきれないほどの重い大きな荷物を持ち込んで車内がごった返す風景が多かったのですが、今年は、大きな荷物を持って帰省する人がめっきり少なくなりました。


理由は、地方都市や農村でも、ものがあふれ、大都市でないと手に入らないというモノがなくなってきたということです。ネットショッピングで注文すれば、どんなものでも配達されていく。中央と地方の物質上の格差は以前に比べて格段になくなってきています。


中華圏で新年到来を実感できるのは春節(旧正月)の時期です。


今年は1月28日が旧正月の元旦ですので、中華圏では、まだまだ酉(とり)年のムードを実感しにくいわけですが、徐々に春節ムードが出てきています。中国では酉年を鶏年と表現することも多く、ニワトリをかたどった年回りのイメージが定着しています。


大いなる飛躍のためには、備えあれば憂い無し。


開運に必要な方法を知っていけば、心身ともに良い運気を得ていけます。


幸福の種は育て方次第。


まく育てば、発芽後、メキメキ、ぐんぐんと成長し、あなたに次々と幸運を運んでくるようになります。


幸福の種をどんとん育てていきましょう。


自分の運勢を劇的に変えて改運し、内外両面の開運を実感したいと切望する人は多いものです。


そういう時、自分にピッタリ合った自分だけのオリジナルのパワースポットへ聖地(パワースポット)巡礼の開運旅行に行くことをお薦めします。


易で言えば「観光」の語源となった「国の光を見る」という「風地観(ふうちかん)」という卦の勧めです。


なぜ、自分と縁が深いパワースポットを訪れることが大切なのか、以下、説明します。


●自分のルーツから開運巡礼するパワースポット選び


ワースポットと言っても、本当に今の本人に必要なパワーを注いでくれる場所を訪れることは至難の業です。


人は、何百代にわたる歴代先祖の土台の上で生まれ、次世代にバトンを継いでいきます。


人それぞれ、先祖の土台が違い、人や土地の縁が違います。


自分の父、母、その連綿とした先祖からつながっている家系を表すのが「縦(たて)の線」。


自分が生まれ育った場所、一緒に暮らした兄弟姉妹、自分が住んでいる地域民とのつながり兄弟姉妹の関係にあるような土地柄が「横の線」です。


本人にとって「縦の線」との所縁(ゆかり)が深い場所、「横の線」との所縁(ゆかり)が深い場所は違いがあります。


先祖からつながっている神社仏閣、場所との関わり。


そして、自分が住んでいる地域と兄弟姉妹の関係にあるような土地柄を巡り、「縦の線」から燦々(さんさん)と降り注ぐエネルギーをいただき、「横の線」からの関わりで湧き出るパワーをいただいて、大いなる気をいただいていくことが大切なのです。


は、本人にピッタリのパワースポットを探し当てるには、一体どうすれば良いでしょうか。


まず、縦横の法則でも、縦軸となっている自分のルーツを探し出していくことです。


そして、それに関わる縁のある場所を聖地として巡礼していくことです。


自分のルーツを探すポイントは、自分の姓名、とくに姓です。


人は父親と母親から生まれます。


父親には父と母がいて、母親にも父と母がいます。


基本的に父方の父系、父方の母系、母方の父系、母方の母系の4家系の流れの中で「自分」が存在するということです。


兄弟姉妹によって、その家系的な影響は違い、そこから自分に一番近いルーツを探し出していく。

これは素人ではなかなかできるものではありません。


本人の姓は、9割が地名が由来となっています。


その姓はどのような土地に縁があり、たとえば、どんな神社仏閣との関わりが深いか、が分かれば、その縁の深い場所を探し出して自分だけのパワースポットとして巡礼すれば、開運していくということになります。


これは、現在、騒がれている万民が訪れる流行の人気パワースポットとは違うことは分かるはずです。

当方では、これを探し出し、推挙します。

の姓名には歴史があります。


江戸時代までは、士農工商がはっきりしていて、姓が正式に与えられたのは全体の1割程度。


それが、明治以降、身分制度が撤廃されて、特別な立場である天皇家以外は姓が等しく与えられました。

日本の命名の特徴や流れを見通し、平安時代、中世、近世を経て、明治維新から大正、昭和を経て、現代日本の姓名が流れ着いています。


自分だけのパワースポットを探し出すためには、姓は非常に大切なルーツを探る暗号であり、それを解読し、本人にピッタリなパワースポットを推挙するのが姓名学、運命学、家系学を熟知した当方の役割ということになります。


良い引っ越し先を探したい時、仕事運をアップさせたい時、良い異性との出会いを求めたい時。


本物のオリジナルパワースポットを訪れて開運を実感したい方にお薦めです。


パワースポット「開運聖地の推挙コース」は以下の3種類があります。


【開運聖地のベーシック推挙コース】
………5,000円
ご本人にとっての開運聖地を時系列的に3カ所、推挙。

【開運聖地の本格推挙コース】
………10,000円
ご本人にとっての開運聖地を時系列的に7カ所、推挙。

【開運聖地の正統推挙コース】

………30,000円
ご本人の4世代の家系から開運聖地を時系列的に12カ所推挙。


鑑定を受けたい方は、深川宝琉の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「パワースポット開運法」 からお申し込み下さい。



 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。

今回、新たにご紹介する
「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki17    













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

 
2017年が本格的にスタートしました。


1月14日(土)、1月17日(火)、1月19日(木)~21日(土)、午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


1月15日(日)、16日(月)、18日(水)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。

 宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


このところ、西日本各地や関東から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられています。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。



 

 ☆----------☆----------☆---------☆



このところ、赤ちゃんの命名を依頼するケースが増えています。

赤ちゃんのお父さん、お母さんが名づけをしようとして、いろんな候補が挙がっても、「姓名判断の吉凶をインターネット上から調べて、どれが正しいか結局わからない」と白旗を揚げるケースが増え、最終的に専門家である当方に相談に駆け込んで来るケースが多いですね。


赤ちゃんの名前をつけるのは、父親が圧倒的に多いのですが、母親が姓名判断の大切さをよく理解している場合、専門家の意見や鑑定アドバイスを受けた方が良いと考えるケースがあります。


ある意味で、そんな母親は立派です。姓名がいかに大切であるかを少なくとも理解しているのですから。


さらには、祖父母が熱心に名前を考えるケースがあります。


自分が尊敬する親族の名前の漢字をどうしても入れたいという思いを持っているケースもあり、先祖の遺徳を継ぐ人物になってほしいという願いがひしひしと伝わってきます。


赤ちゃんの命名では、最終的には両親が決めることになるのですが、祖父母も非常に熱心な場合も多いですね。


その場合、世代間のギャップというものがあります。


昭和時代の祖父母であれば、やはり、その世代の名前に対するイメージがあります。


でも、最近の両親は昭和世代の最後や平成生まれが増えつつあります。


キラキラネーム、ドキュンネームでも、まったく抵抗がありません。


もちろん、画数や漢字の意味などでの判断は必要ですが、キラキラネームは、それを度外視したものが多い。読み方も、ある意味で好き勝手放題です。



時々、出産して届け出一週間の期限直前に尋ねてこられることもあり、できるだけ早く、赤ちゃんの名づけをすることもあります。

ただ、やはり、赤ちゃんの名前は親が与える最高の贈り物ですので、じっくり考え抜いて授かった方が良いですね。


赤ちゃんの名づけでお困りの方、最高の吉祥名を授けたいと思っておられる方は「天地人の運勢鑑定」 「姓名判断」欄 あるいは福岡占いの館「宝琉館」 にお尋ね下さい。


深川宝琉 がしっかり選定していきます。


古代、女性に名前を問うことは求婚を意味しました。


万葉集巻頭の雄略天皇の歌も、菜を摘む娘に「あなたはどちらの家の人ですか。名前を教えて下さい」と迫って猛アタックしています。


名前にはその人の魂がこもり、名乗ることは魂を相手に渡すこと、結婚を受け入れることだったのです。


2016年に生まれた赤ちゃんの名前のランキングは男の子が「大翔」(ひろと、やまと、はると=主な読み方)、女の子が「葵」(あおい、めい)が2年連続で1位――。


明治安田生命保険は昨年11月28日、保険加入者の子ども1万7456人を調べた結果として発表しました。

男の子は「大」「翔」「悠」「陽」などスケールの大きさを感じさせる漢字を使った名前、女の子は「花」「菜」「咲」「さくら」など花に関連する名前が多いのが特徴。


昨年(2016年)はリオデジャネイロ五輪の開催年ということもあり、リオ五輪で活躍した体操の内村航平選手の「航平」が41位(同312位)、銅メダルを取ったテニスの錦織圭選手の「圭」が60位(同878位)に急上昇し、一つのブームとなりました。


大翔はここ10年間で計7回、葵は計3回で1位となり、根強い人気が続いています。男の子の2位は蓮(れん)、3位は悠真(ゆうま)。女の子の2位はさくら、3位は陽菜(ひな)でした。

女の子で1位の「葵」は、男の子でも9位。1989年の調査開始以来、同じ名前が男女ともトップ10に入るのは初めての結果。


今年(2017年)の注目の名前としては大ヒットアニメ映画「君の名は。」の男性主人公の瀧(たき)と女性主人公の三葉(みつは)が挙げられていて、ランクインすると予想しているほどブームになっています。


いずれにしても、10年前、20年前の名前よりも、漢字の読み方が多様化し、どう読めば良いか、わかりづらい状況が強まっていて、だれでも共通して読めるわかりやすい名前が良いとする姓名学の観点から見ると、決して良い流れになっているとは言い難い側面が多くなっています。


米国では男性でも女性でも使えるユニセックスの名前が静かなブームとなっていて、毎月500万人が閲覧する赤ちゃん命名の人気サイト「ネームベリー(Nameberry)」は、その流れや価値観の浸透を加速させています。


2016年生まれの子どもの名前ランキング


《男の子》
1 (1)大翔〈ひろと、やまと、はると〉
2 (3)蓮〈れん〉
3 (2)悠真〈ゆうま、はるま、ゆうしん〉
4 (6)陽翔〈はると、ひなと、ひゅうが〉
5(18)朝陽〈あさひ〉


《女の子》
1 (1)葵〈あおい、めい〉
2 (4)さくら
3 (2)陽菜〈ひな、はるな、はな〉
4 (5)凛〈りん〉
5(11)結菜〈ゆいな、ゆな、ゆうな〉
5(13)咲良〈さくら、さら〉
5(13)莉子〈りこ〉

※かっこ内は前年順位。〈 〉内は主な読み方


知り合いの小学校教師に話を聞く機会が何度かあり、「一番緊張して困るのは、小学新一年生の担任になり、入学式の時に生徒の名前を呼ぶ時」という生の声を聞きました。かなり無茶な当て字になっている名前が多いため、素直に読める名前が少なくなっている現実があります。


これは「たまごクラブ」「ひよこクラブ」などでキラキラネームをブーム化した元凶が大きいのですが、そこに協力した姓名判断の専門家らの問題は非常に大きいと言えるでしょう。


20年前、30年前は、そのようなことは、ほとんどありませんでした。


名前は素直にそのまま読める名前が圧倒的に多かったからです。


今は、まるで当て字のような読み方をさせるケースが増え、かなり、読み方自体が崩れてきています。

祖父母の世代も、その動きに反発を覚えていて、赤ちゃんの名づけの時に意見がぶつかってしまうわけです。


そういう時、命名の基本をしっかり理解した上で決めていくと良いでしょう。


姓名判断に関する書籍には、その基本すら、無視するケースもあり、悪い意味での多様化が進んでいますが、決して良い兆候ではありません。


日本で吉祥名の赤ちゃんが増えれば、今後の日本の未来は明るい。


吉祥名が減ると、日本の国運は暗くなります。

ですから、いかに多くの吉祥名が日本国内に輩出できるかは、今後の日本の
未来を占うものでもあるのです。


名前は、まず、だれが読んでも、素直に読める名前が良いのです。


当て字のような無理矢理読ませる名前は、運勢的に辛いものがあります。


時代の流行のようなものもありますね。


天皇家の婚姻で、美智子さまの名前が流行ったりしましたね。


吉祥名をつけるには、実は非常に厳しいルールがあり、その中から絞り込んで行きます。


出産予定が分かった段階で、そろそろ、名前をつけないといけない時期だと思われた場合、最初は自分たちで考えてつけてみようとトライするケースが多いのですが、すべて吉となる名前を探し出すことは、大海原の海底にある砂から一粒を拾い集めるぐらい難しい側面です。


宝琉館では、その非常に厳しい赤ちゃんの名づけを行ってきています。


関心のある方々は宝琉館 に直接ご連絡下さい。


昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。


流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。


姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。


多くのパパさん、ママさんのご相談に答え、開運する名前を授け続けて来ています。


自分の名前の画数や意味、家運についてなど、姓名判断にご興味のある方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 姓名判断のコーナー をご覧下さい。改名、赤ちゃんの名付け、夫婦別姓を通した名前の吉凶について詳しく鑑定できます。アップ


【天地人の姓名判断/鑑定項目】


●十干配合法による字画・数理診断。
●三才・五行相剋法による診断。
●字源・字形・紫微斗数による診断。
●音韻・読み方による発音診断。
●人象地象配合干によるその年代の年運診断


名判断は、一人2,000円(姓名判断による相性は500円プラス)。代金引換による鑑定書印刷送付の場合、送料と印刷代合わせて一人3,000円になっております。


ちゃんの名づけは、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。
改名は2万5千円です。


業の際の商号・屋号・会社名の命名。

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件3万円です。





当方では赤ちゃんの名づけの依頼が多く、天神や博多、六本松周辺だけでなく、福岡市内や福岡県内、佐賀、熊本、長崎、大分などから出産予定日の直前や1~5ヶ月前にご相談される方が多いですね。

 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。

今回、新たにご紹介する
「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2  

Ropponmatueki17    












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

 
2017年が本格的にスタートしました。


1月13日(金)、14日(土)の期間、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


1月15日(日)、16日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。

 宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


前日も西日本各地から新幹線や飛行機で、直接鑑定を受けに熱心に通ってこられました。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。
 


 ☆----------☆----------☆---------☆




手相を鑑定すると、時々、非常におそるおそる慎重に手のひらを出す人がいます。

 

慎重で臆病なタイプが多いのですが、中には、とても手相が薄いために気になって仕方がなく、悪い手相なのではないかと心配で、そのような態度を取る人がいます。

 

双子の女子中学生で、手相が非常に薄い子たちがいました。

 

本人たちに聞くと、早産で未熟児状態で生まれてきたそうで、乳幼児期は非常に弱かったそうです。

 

手相自体が薄い人は母胎の中にいる時の最も手相を形作る貴重な期間に何らかのトラブルがあった場合になりやすいですね。

 


難産、早産、未熟児……。これらは手相が薄い人の典型例です。



その未熟児で生まれてきた双子の姉妹がそのような手のひらでした。


手相は子宮の中での発育状況に強い影響を受けます。


皮膚紋は妊娠3ヶ月目あたりから発育が始まり、4ヶ月目前後にできあがります。


医学的に細かく説明すると、皮膚は表皮と真皮、皮下組織によって形成され、表皮の凸凹は新陳代謝によって真皮にある乳頭線が表皮になった時にできるもので、これが指紋と掌紋を構成することになります。

 

実は指紋は出生時に確定し、生涯変わることはありません。


 しかし、手相の掌紋は年齢、生活環境、経歴、飲食習慣、疾病などの生活要因によって深く刻まれたり、浅くなったり、消えたり、長くなったり、短くなったりするのです。


とりわけ、手相学で言う感情線、知能線、生命線の三大主要線は、子宮内での胎児の握力や姿勢、その時の圧力と非常に密接に関係します。


胎児が子宮内で手を強く握った姿勢であれば、この三つの主要な線が深くて長くなります。


逆に五本の指を開いた姿勢であれば、この三本の主要線は浅く、弱い線となります。

この三線以外の手のひらの細くて小さい紋は、後天的な生存環境、手の運動量、疾病の発生と深く関わります。


たとえば盲腸炎を患った人の手のひらは、盲腸を表すエリアに※紋や井紋ができて、正常ではこうした紋は見当たりません。


さらに、手術後、対応領域に☓紋か、○に十字が入っている紋が出る場合もあります。手術後、何年間かが過ぎて後遺症がなければ、これらの病理紋は自然に消えていきます。


また、後遺症が残った場合、病気の紋を示していた※紋、☓紋が□に囲まれるような病理紋が現れたりします。後天的な環境や体調で紋を生んだり、消したりする現象を起こすのです。

とくに日常生活の中での飲食、睡眠、呼吸は手相の変化としてしっかり反映されます。


手相が薄い人の場合、改善方法としては、呼吸法、日常の食生活、睡眠をいかに良好に行い、体調を改善していくかがポイントとなります。


私は東洋式の手診(手のひらを見て病気を診断する)を健康運で特別に見てもらいたい人の場合、行っています。通常の手相鑑定よりも料金が高いですが、健康運を見てもらいたい人にとっては大変役立つ内容で、大変ありがたがられています。もし、健康運に関心のある方は直接鑑定を受けてみると良いでしょう。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 2015年に運命学教室「宝琉館」 を福岡市六本松に移動させて以来、多くの受講生が四柱推命や風水、手相、易学を学んできています。

手相の講義 をして受講生は、講義の内容を通し、自分が新たに発見した線や丘に新鮮な感動を覚えていました。

手相は新たな線や丘の意味を理解した瞬間から開運が始まります。

しかも、その線が成長していく。

興隆していく場合もあるし、衰退していく場合もあります。


一部上場企業の社長、中小企業の社長の手相を定期的に見ていると、半年前、一年前、3年前、5年前では大きく変化していることが多いですね。手相も年齢に伴って変化しますし、経営者の場合、その時の運気はかなり違うものです。

顔相も手相と表裏一体です。

中国式の顔相の見方は手相と共に発達してきました。

深い意味に深く納得する内容があります。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 顔相は顔だけを見て鑑定していると思っている人もいるかもしれません。

実は、体型や足の形、バランスなどもすべて見ていくのです。

手相も顔相もいわば、「体相」から細かくその部分に特化して見ていくというのが中国の「相学」の基本なのです。

ただ、顔や耳、目、華、口、手の流年法は基本がしっかりあって、そこから見ていくのです。
日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 驚いたことに、日本では相学は中国のように体系的に学ぶ人は少なく、手相は手相のみ、顔相は顔相のみで学んでいる場合が多い。


手相の専門家は手相しかできず、顔相の専門家は顔相しか見ることができない場合が圧倒的に多く、本来、中国から流入した日本の相学はいまや、風前の灯火です。水野南北以来の顔相の伝統は、いつの間にか失われてきているのです。

ですから、日本で本来ある相学をもう一度、再構築する必要があります。

風水を含め、「相学」は、目に見えるものしか信じにくい人にとっては、打って付けの鑑定法です。逆に見えないものは信じられない、ということでもあります。

そこに何が存在しているから、こうなのだ、という相学の理論が、本人にとって納得するに足る十分な内容がある場合、本人の経験と照らし合わせて、深く理解していく内容があります。見える内容から見えない内性を悟り、改善していくというのが相学の本質であり、目的です。

ここでは詳細は説明しませんが、額の線一本に至るまで、詳細かつ正確にその人の運命を悟ることができます。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー よく、整形している人はどうなるのか、という愚問が出たりします。

韓国あたりでは、手相ですら、整形するケースがあるようで、これで運命が変わるか、と問われれば、表向きの顔と裏の顔を持つ運命ということになります。

整形だけで運命が変わるわけではありません。

天から与えられた性格や個性は整形で変わるでしょうか。

人間には、見える外形と見えない内性があります。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 見える外形は見えない内性の反映と言われますが、整形による外形の変化が、その人の内性まで帰ることができるか。

答えは「ノー」です。

外形だけ変われば、すべてがうまくいくと過信すると、内性と外形のギャップが激しくなり、逆に苦労が増えるでしょう。
日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

外形が良くなったならば、それにふさわしい内性に変わろうと努力する姿は美しいものがあります。

その努力こそ、開運に必要なポイントといえるでしょう。

手相や風水について、鑑定を受けたい方、興味がある方は
公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「手相」欄 「風水」欄 をご覧下さい。

新たな発見による開運の道が得られるはずです。



 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。

今回、新たにご紹介する
「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

 

2017年が本格的にスタートしました。


1月12日(木)~1月14日(土)の期間、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


1月15日(日)、16日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。

 宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


昨日も広島や島根から、平成時代の若人たちが、わざわざ直接鑑定を受けに熱心に通ってこられました。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。
 


 ☆----------☆----------☆---------☆




日本の国運が大きく変わろうとしています。


天皇陛下の退位をめぐり、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同日から新たな元号とする方向で政府は検討に入りました。


運命学を学べば、日本の国運が大きく変わるのは、元号が変わる時だということがわかります。


国民生活への影響を最小限に抑えるため、元日の改元が望ましいと政府が判断し、想定通り進めば、いまの陛下は18年12月31日に退位し、平成は30年で幕を閉じることになります。


私は自分の主宰する運命学スクールで3年ほど前から「平成は元号として33年を超えることができない」と繰り返し話してきました。それは平成天皇の退位に対するお気持ちにも表れていると思います。


このところ、新元号については新聞各紙で1面トップで報じていますが、昨年7月ごろから、すでにNHKの解説報道などを見ると、2020年の東京オリンピックの時から新たな年号となり、新たな時代が始まることを示唆していました。


場合によっては4年以内に年号が変わる可能性があるということを、私はこのブログで昨年7月段階で紹介しています。


いずれにしても、国民生活に配慮と国民生活への影響を最小限に抑えるために新元号は元日からスタートし、事前に公表することが望ましいと政府が判断し、国内主要メディアが報じ始めたということに尽きます。


天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁関係者に伝えられて、皇室典範改正が必要とはいえ、政府は皇位継承のあり方などについて検討を重ねている段階です。

当然、今の元号である「平成」も生前退位すれば、変わることになります。


天皇陛下のご意向から皇室典範の改正で皇位継承が進めば、平成時代は数年で幕を閉じることになりそうです。


 ただし、皇室典範の改正に時間がかかれば、5~7年ぐらいかかることもあり得ます。


日本の国運は天皇家、とくに天皇の運勢と現職総理大臣の運勢で大きく変わっていきます。


「平成」という元号は安岡正篤氏が発案者と言われています(1990年に竹下登氏がが記者会見で示唆)が、実際は故・山本達郎東京大学名誉教授が名づけ親です。

 

新元号候補の勘案は、実に静かに水面下で行われていて、目加田誠九州大学名誉教授、宇野精一東京大学名誉教授、山本達郎東京大学名誉教授の3人に嘱託され、このうち目加田氏が「修文」を、宇野氏が「正化」を提案していました。最終的に決定したのが山本案の「平成」です。


最終案である「平成」「修文」「正化」の他に「文思」「天章」「光昭」などの案も存在したそうです。

 

ですから、平成に続く新元号がどうなるか、については、すでに水面下で候補案がいくつかあるはずで、風格と格調の高い元号が誕生することでしょう。


「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が達成される」という意味です。日本で元号に「成」が付くのは初めて。


江戸時代最末期、「慶応」と改元された際の別案に「平成」があったそうです。


陛下は82歳になられ、昨年12月の82歳の誕生日を前にした記者会見で「年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました」と、年齢を重ねることについての考えを述べられていました。


ご健康面では、平成23年に気管支肺炎のため入院、翌24年には心臓のバイパス手術を受けられました。宮内庁は天皇、皇后両陛下の負担軽減のため地方ご訪問の日程を短縮し、一部は皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が引き継がれています。


天皇が崩御前に皇位を退く生前退位は、歴代天皇では生前に譲位を行った例も多く、上皇となって院政を敷いたケースや出家して法皇となったケースもあり、法皇が院政を敷いたこともありました。


しかし、明治22(1889)年に制定された旧皇室典範と登極令で、皇位継承は天皇の崩御を前提としたため、存命中の退位はできない制度のままとなり、現行の皇室典範もこれを踏襲していていますが、あまりにも在位している天皇には酷な内容です。


今後、日本の国運が大きく変わっていくとすれば、それは元号が変わる時であり、首相が変わる時です。


日本の新時代の地平を切り開く新元号が登場することで日本で運命学に携わる者はそのための準備と心がけをしていく時を迎えています。


万民にとって日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 今年の運勢が気になる時期ですね。


昨年の自分の生き方を振り返り、反省すべきは反省し、今年に生かしましょう。


天地人の運勢鑑定 はその点でとても参考になります。


重要ポイントをしっかり心に刻みましょう。


ポイントとなるのは次のような内容です。



■どういう時が人生の転機か


■大きく人生が変わるのはいつか


■最近他人からどのように見られているか


■あなたに秘められた性格と能力


■あなたの不足部分を補うパートナー


■あなたの金銭感覚


■あなたにあったビジネススタイル


■前世と現世の生きるテーマ(あなたの価値観と生きる課題)
 

ホームページ からネット鑑定を申し込む方々は全国、海外からも申し込まれますが、最近は鑑定所での直接鑑定が多く、時間調整しながら、一人一人、丁寧に直接対面鑑定しています。


直接鑑定の長所は、ご本人の課題を細かく聞き取りながら、本質的な課題を絞り込み、いかに開運へ導くアドバイスをしていくか、直接指導できる点です。

 

直接鑑定の方法がわからない方々のために基本的な部分を紹介しておきます。

 

まずは、電話(090-3416-6230)か福岡占いの館「宝琉館」問い合わせフォーム で鑑定してほしい内容を伝えていただき、直接鑑定する日時候補を調整していきます。

 

日時が決定すれば、鑑定に必要な内容を伝えてもらい、事前にその人に必要な鑑定書をオリジナルで作成しておきます。

そして、実際に直接対面鑑定の際には、さらに深い鑑定に必要な内容を尋ねながら、より深い本質的な開運アドバイスをしていきます。

 

福岡占いの館「宝琉館」 での直接鑑定の素晴らしさ、醍醐味は、まず、手相などを直接鑑定して細かい部分まで見てあげて、より本質的な開運への道を示すことができることです。


ケースバイケースで易を立てることもあり、さらに今後を見通すことができます。

 

鑑定料金は最初の30分が7000円(鑑定書を準備してご提供します)、その後は30分後に5000円です。


直接対面鑑定が増えてくると、場所を詳細に教えることが多くなります。

 

全国各地から訪ねてこられる場合が多く、博多駅や福岡空港、天神からのルートを教える必要があります。

 

鑑定所がある福岡市中央区六本松は七隈線の六本松駅から徒歩3分の場所にあり、便利なのですが、バスで来る場合、六本松行きのバスが天神や博多駅から頻繁に出ていることを知らない方もおられるので、細かく教えてあげることも多いですね。


鑑定所の場所に関する地図は示してあるのですが、あくまでも地下鉄六本松駅からのルート。

 

詳細に鑑定所までのルートを以下、示していますので、そちらをご覧になってご来館下さい。地下鉄の駅からのルートは、かなり簡単です。


 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。

今回、新たにご紹介する
「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。


2017年が本格的にスタートしました。


「福の神」を見ながら、大いに開運アップへ結びつけていきましょう。


1月11日(水)午前11時~午後2時、1月12日(木)~1月14日(土)の期間、深川宝琉による「2017年福岡大開運鑑定会」宝琉館六本松本館 行っています。


1月11日(水)午後4時~午後7時、1月15日(日)、16日(月)午前11時~午後7時の時間帯、深川宝琉による直接鑑定会を西鉄福岡天神駅構内のソラリアステージ2階にある福岡占いの館「 宝琉館」天神店 で行っています。

宝琉館天神店よりも、さらに深くjじっくりと詳細な鑑定を対面で行うことができます。福岡占いの館「宝琉館」 では、新春になって直接鑑定を受けに来る人たちが全国各地から集まってきています。


昨日も広島や島根から、平成時代の若人たちが、わざわざ直接鑑定を受けに熱心に通ってこられました。ありがとうございます。


小中高校生、大学生、若者から高齢者まで老若男女、様々な課題を持ちながら開運への道を模索している人が多いものです。


昭和50年代、60年代から平成生まれにかけては、恋愛結婚運や適職、仕事運を知りたくて相談するケースが多いですね。30代、40代、50代、60代、70代でそれぞれ、悩みや課題が共通している部分が多いのが特徴です。


直接鑑定を通し、しっかりと自分のライフデザインを描き、大いなる夢の実現に向かって歩き始めましょう。
 



 ☆----------☆----------☆---------☆


長年、運勢鑑定をしていると、時々、本当に運の良い人が鑑定を受けに来ます。


「来年○月ごろ、南東に引っ越そうと思うのですが、良いでしょうか」


「今年○月ごろ、転職しようと思うのですが、吉日を教えて下さい」


「○○さんと結婚する予定ですが、結婚式の時期や相性を教えて下さい」


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー こんな質問をされた場合、本当に運の良い人は、自分が予定している事柄の日時がピッタリ、運が良い時期と重なるものです。これは不思議なほど、そうなっています。


これは、自分の最終判断が正しいかどうか、確認するために鑑定を受けられるケースです。


運命学は、そのために大変役に立つ学問です。


逆に、運が悪い人、何か課題や問題を抱えている人は、自分がやろうと予定している時期が運の良い時期や方向と重ならないことが多いです。


実際には、こちらのケースが多いわけです。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 「時が満ちるのを待つ」
ということも大切ですね。


そのためにどうすれば良いかを、その人に合った形でアドバイスするか。


運が悪い人を良くするのが開運を助けていくプロの占い師の仕事です。


凶運時に「改運」→「開運」する。


人によって、自力運が良い人、悪い人、他力運が良い人、悪い人、それぞれです。


細かいことになりますが、そのバランスの偏り方によって改運するためのアドバイスは違ってきます。


ご相談内容は多種多様で、以下のような相談が多いですね。


■自分の適職が何か知りたい(自分の天命を知りたい)


■いま、就職している会社に勤務し続けた方がよいか


■転職に最適な時期はいつぐらいか(第二の人生スタートの時期を知りたい)


■恋愛結婚の時期を知りたい(良縁に恵まれる時期を知りたい)


■同性、異性との相性を知りたい(異性との相性詳細や人間関係を知りたい)


■引っ越しの時期と方位を知りたい(吉方鑑定)


■吉方位旅行の方位を知りたい(パワースポットを含め、吉方旅行で開運したい)


■自分の気づかない才能、能力を知りたい(潜在能力鑑定)


■自分の深層心理から何をするのが良いかを知りたい


■今のこの時にAをするのがよいか、Bをするのがよいか(二者択一)


■近未来のこの時期でAをした方がよいか、しないほうが良いか


■今後、A社、B社、C社、D社のうち、どの会社と提携した方が良いか


■現職引退後、シルバーライフをどのように過ごせばよいか


■子どもや孫の将来を知りたい


などなど、様々です。


これらも、自力と他力のバランス良い判断で開運していけます。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 鑑定を受けたい方は私の公式ホームページ「四柱推命/天地人の運勢鑑定」 のトップページ右下のリンクのご案内にある「お問い合わせフォーム」(⇚クリックして下さい から予約申し込み内容を書き込んでご連絡下さい。ひらめき電球


人はそれぞれ、事情が違い、悩みや課題も違います。心機一転、開運のためのアドバイスを受けたいという方々は、改運→開運の好機です。お気軽にお越し下さい。アップ


たとえば、四柱推命の場合、仕事運、適職、転職などを鑑定する上では占術の一つとして大いに活用できます。



 ☆----------☆----------☆---------☆




本ブログでは、大変好評になっている九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。


有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「
天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。
真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。


今回、新たにご紹介する
「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。


【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17    










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)