日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

「古教 心を照らし 心 古教を照らす」という中国の教え。本に読まれるのではなく、自分が主体となって読むことこそ「活学」になるという意味です。運命学も各占術の書籍のみに盲従せず、実占を通して活きた開運学に醸成することが肝要。おもむくまま雑感を記します。

NEW !
テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

 紅葉が色づく実りの晩秋・12月を迎えました。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。

全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月6日(火)~10日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館   で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 


  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


吉方へ旅行に行きたい場合、ただ、その方位に行くだけで効果が上がるかと言えば、やはり、基本的な正しい知識が必要です。


祐気(ゆうき)取りは、祐気(良い気)を自分の体に取り込むこと。


そして、本当の意味で自分が元気になることです。


方位をとる場合、距離は力となり、時間は深度を増します。


旅行は、できれば短くても70キロ以上、できれば120キロ以上遠いところでないと効果を表す実感を得られにくい。当然、海外旅行など、かなり遠い距離への移動であれば、吉方の効果は上がりやすい。


時間も日帰りでは効果は少なく、やはり、最低でも1泊から2泊、できれば3泊以上滞在した方が確実に効果が上がります。


できるだけ遠くへ、できるだけ長い期間、滞在する方が祐気を体に馴染ませるには有利なのです。
 
 人には移動運があり、手相を見ても、生年月日を見ても、移動した方が良い人、あまり地元から外に出ずに定着した方が良い人がいます。


移動運が強く、駅馬(えきば)のような特殊な星を持っていたり、大いに移動することで開運する人の場合、祐気取り、吉方取りは利用価値ありです。
 

でも、そんな人でも八方塞がりの時期があり、その場合は、素直に動かずにいた方が良いのです。


易でも三大難卦(さんだいなんげ)があり、坎為水(かんいすい)や沢水困(たくすいこん)、水山蹇(すいざんけん)の時は、動けば大凶。動いてはいけない時です。


しっかり時を待って準備する時も必要です。


祐気取りで「近所」といえるのは、自宅から400~500メートルぐらいの距離。祐気取りが可能な距離の最低限であり、それより遠くへ離れることで作用が大きくなり、とくに100キロ、200キロ、300キロと遠くになればなるほど、その効果は大きくなります


気学を学べばよくわかると思いますが、九星は年、月、日、時のそれぞれにあり、違ったペースで循環(遁甲=とんこう)しています。

 

当然、生年月日によって吉方、凶方がそれぞれ異なってきます。


どの吉方を採用して旅行するか、移動するかは滞在時間や目的によって決めると良いでしょう。


数時間から一日の範囲であれば日の吉方、それ以上であれば月の吉方を使い、滞在時間に応じた規模の吉方をうまく選択していきます。
 
滞在時間が長ければ長いほど、祐気の馴染み方が違ってきて、深みと充実度を増していきます。


代表的な祐気取りの方法の一つとして、昔から行われているのがお水取り。


吉方となる方位に出かけて、その土地の湧き水を飲むというものです。


ただ単純に滞在することに比べ、より祐気を撮るために浸透力が深く、より強い方徳(記吉方に行った時の効果)を素直に実感できます。

その土地の気を含んだ水を持ち帰ることで大いに良い気を体に取り込めるという考え方です。


本人が直接出向くことが一番良いわけですが、それができない場合、代理の人に持ち帰ってもらうことも可能です。


お水取りは現地で湧き水を探し、無理のない適度な量を飲みます。


ペットボトル500ミリリットルぐらいで充分です。


その水を持ち帰って、翌日から一日一回少量ずつ、9日間にわたって飲み続けると良いでしょう。


他にもお砂取り、埋金法、生火法、木気法など、五行に合わせた祐気取りの利用方法があり、それを実践している人もいます。


森林浴や現地のご神木から気を得たり、岩や土から気を得たり、滝や川から気を得るなど、ほかにも大いに実践できる方法はありますね。


吉方に訪れても、現地でのマナーは大切です。それを逸脱するような行為でこれらの方法を使うことは道徳倫理上、許されません。旅先では礼儀を大切に行動しましょう。


自分が父方や母方の先祖からの血筋でどのような背景を持ち、その縁のあるパワースポットに時を得て訪れることで大いなるパワーが注がれるものです。


自分だけのパワースポットを探し出すためには、姓は非常に大切なルーツを探る暗号であり、それを解読し、本人にピッタリなパワースポットを推挙するのが姓名学、運命学、家系学を熟知した当方の役割ということになります。

さらに、その人自身にピッタリ合う開運パワースポットは限定された神社仏閣など、絞られていくものです。


いかに有効にそれを探し出し、開運旅行として生かしていけるか。


これが非常に大切なポイントとなります。



もちろん、自分に縁の深いパワースポットに訪れるには、「縦横の法則」以外に「時運・方位の法則」があり、行くべき時期がそれぞれ違います。これを選定し、真の開運へ導いていくのが、本物のパワースポット開運法です。


ルーツから巡礼するパワースポットの推挙 」にご興味がある方々は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定 」を閲覧くださり、お申し込み下さい。




  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの晩秋・12月を迎えました。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




2016年(平成28年)12月の毎日の運勢は一体どうなっているのか。それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、2016年12月の運勢バイオリズムを紹介しています。


今回は本命星別に2016年の12月の毎日バイオリズム、毎月バイオリズムを細かく鑑定した内容を紹介していきます。


それぞれの本命星(生まれた年の星)に合わせ、2016年各月各日の運勢バイオリズムを一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


さらには、本命星(生まれた年の星)に合わせ、2017年の運勢と吉方位を
一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい) の順に紹介しています。

2017年は、もう1ヶ月足らずで到来します。吉方や運勢を参考に引っ越しや吉方位旅行に利用して下さい。さらに本格的に実践したい場合は福岡占いの館「宝琉館」の直接鑑定 「天地人の運勢鑑定」によるネット鑑定 をお申し込み下さい。


【2016年(平成28年)12月 一白水星の毎日の運勢バイオリズム】











【2016年(平成28年)各月の一白水星運勢バイオリズム】










月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。

【一白水星 10年運勢バイオリズム】










【2016年(平成28年)12月 二黒土星の毎日運勢バイオリズム】

  


【2016年(平成28年)各月の二黒土星 運勢バイオリズム】


月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。



【二黒土星 10年運勢バイオリズム】


【2016年(平成28年)12月 三碧木星の毎日運勢バイオリズム】

  


【2016年(平成28年)各月の三碧木星 運勢バイオリズム】

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【三碧木星 10年運勢バイオリズム】



【2016年(平成28年)12月 四緑木星の毎日運勢バイオリズム】

 

【2016年(平成28年)各月の四緑木星 運勢バイオリズム】

 

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【四緑木星 10年運勢バイオリズム】


【2016年(平成28年)12月 五黄土星の毎日運勢バイオリズム】


  

【2016年(平成28年)各月の五黄土星 運勢バイオリズム】


月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【五黄土星 10年運勢バイオリズム】


【2016年(平成28年)12月 六白金星の毎日運勢バイオリズム】


  

【2016年(平成28年)各月の六白金星 運勢バイオリズム】



月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【六白金星 10年運勢バイオリズム】


【2016年(平成28年)12月 七赤金星の毎日運勢バイオリズム】

 

【2016年(平成28年)各月の七赤金星 運勢バイオリズム】

月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【七赤金星 10年運勢バイオリズム】


 

【2016年(平成28年)12月 八白土星の毎日運勢バイオリズム】


  


【2016年(平成28年)各月の八白土星 運勢バイオリズム】



月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【八白土星 10年運勢バイオリズム】


【2016年(平成28年)12月 九紫火星の毎日運勢バイオリズム】 

 

【2016年(平成28年)各月の九紫火星 運勢バイオリズム】


月運を見通す上では日盤と月盤を同会させて鑑定していきます。


【九紫火星 10年運勢バイオリズム】



日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 九星気学でその年の運勢を見る場合、同会法を用います。年運による同会とはその年の年盤にあなたの本命星がどこに回座しているかで決まります。その回座した位置が定位盤のどこにあたるか、それが何宮に該当し、その象意を含めて見通します。


自分の本命星が定位盤の中宮の位置に回座した時が一番強い運気であり、定位盤の坎宮の位置に回座した時が弱い運気となります。九星気学では運気が9年をサイクルに循環しています。良い運気の年回りもあれば悪い運気の年回りもあるわけです。その時の対処法が大切です。

今年や今月、今日がどんな運気なのか。来年、来月、明日がどんな運気なのか――。気の強弱を知り、実生活に少しでも活用、役立つ参考にして下さい。


 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの晩秋・12月を迎えました。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


12月2日(金)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 

12月に入り、いよいよ2017年の到来まで1ヶ月を切りました。

 

日本人は正月元旦に縁起を担ぐ人が圧倒的に多く、とくに初詣(はつもうで)はどの神社に参拝に行こうか順番など迷うものです。

 

やはり、確実に吉祥運を得られる初詣を望むのは、日本人の「一年の計は元旦にあり」という気持ちが大きいからでしょう。

 

2017年(平成29年)は丁酉一白水星中宮の年で、酉年自体は縁起の良い年です。


酉(とり)は暗い夜を明るく照らす太陽をもたらす曙であり、五行では金、方位は西、象意は金の極まる所という意味があり、これを使うことで財運が直結します。

 

象意通りならば、2017年は一年を通して理財、蓄財に励み、思いを巡らせることが良いのですが、2017年は一白水星中宮の年であり、「坎」という「陥没」、落ち込むという意味が含まれているため、経済的な落ち込みが大企業を中心に起こってくるため、経済は停滞気味であり、大震災や天変地異で経済的な落ち込みがあることを暗示しています。

 
経済的な落ち込み、不景気は、順調なお金の循環の流れが何らかの原因で止まり、本来、お金は天下の回りものでありながら、活発にお金が循環する正常な状態が滞ってしまうことで起こってしまいます。

 

では、健全なお金の循環、巨額の財がグローバルな世界で健全に流れて回っていくためには、その流れを造成し、その財の流れを呼び込む作用が不可欠です。

 

そのための最良のツキを呼び込む方法が初詣であれば「三合(さんごう)参り」という方法です。

 
四柱推命や中国算命学では、三合は三つの相性の良い十二支が手を取り合って「」を成して合体すると、団子三兄弟のように大きな力を発揮するようになると解釈しています。

 

その三つの干支(えと)は一つに合わせると、生(万物を生成する)→旺(万物が旺盛に極まるピーク)→墓(万物が充実して納まるべき場所に納まる)というヘーゲルの弁証法的な発展を見せ、とくに財運に作用する酉(とり)を中心とした巳(み)・酉(とり)・丑(うし)の三合会局は大いに財運を呼び込みます。


「巳(み)」は金局の生(財運がうまれる場所)であり、「酉(とり)」は金局の旺(財の勢いが最高に極まっていく場所)、「丑(うし)」は金局の墓(散財することなく終焉する場所に納まる)という流れをたどっていくと、金運財運が大いに呼び込めることになります。

 

では、どうすれば、三合参りを実践できるか――。

 

それはメールによる有料鑑定(メール鑑定 1件5000円、1万円、3万円の各コースあり)でアドバイスします。

 

三合は三合火局(名誉や地位を得やすい)三合木局(大いなる権力、パワー、生命力を得やすい)三合水局(良い人間関係や男女の縁を得る)三合金局(財運、勝負運を得る)が方徳(方位に行った時の効果)があり、いかにそれを実践するかで運とツキを呼び込めるかが決まります。

 

三合参りによるパワースポット巡りや三社参りは正しい方法で行わないと効果が上がらないし、むしろ、逆効果になることがあります。

 

効果のある祐気取りを行いたい場合は宝琉館での直接鑑定を受けるか、ネット鑑定でアドバイスを受けることをお薦めします。

 

鑑定を受けたい方は公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」問い合わせフォーム から「三合参り希望」と表記(各コースの鑑定料も明記)し、ご連絡下さい。



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



さて、本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に

自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。


本ブログでは、大変好評になっている
九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。

有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。

 

 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの晩秋・12月をもうすぐ迎えます。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月30日(水)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



今年生まれた赤ちゃんの名前のランキングは男の子が「大翔」(ひろと、やまと、はると=主な読み方)、女の子が「葵」(あおい、めい)が2年連続で1位――。


明治安田生命保険は11月28日、保険加入者の子ども1万7456人を調べた結果として発表しました。

男の子は「大」「翔」「悠」「陽」などスケールの大きさを感じさせる漢字を使った名前、女の子は「花」「菜」「咲」「さくら」など花に関連する名前が多いのが特徴。


今年(2016年)はリオデジャネイロ五輪の開催年ということもあり、リオ五輪で活躍した体操の内村航平選手の「航平」が41位(同312位)、銅メダルを取ったテニスの錦織圭選手の「圭」が60位(同878位)に急上昇し、一つのブームとなっています。


大翔はここ10年間で計7回、葵は計3回で1位となり、根強い人気が続いています。男の子の2位は蓮(れん)、3位は悠真(ゆうま)。女の子の2位はさくら、3位は陽菜(ひな)でした。

女の子で1位の「葵」は、男の子でも9位。1989年の調査開始以来、同じ名前が男女ともトップ10に入るのは初めての結果。


来年(2017年)の注目の名前としては大ヒットアニメ映画「君の名は。」の男性主人公の瀧(たき)と女性主人公の三葉(みつは)が挙げられていて、ランクインすると予想しているほどです。


いずれにしても、10年前、20年前の名前よりも、漢字の読み方が多様化し、どう読めば良いか、わかりづらい状況が強まっていて、だれでも共通して読めるわかりやすい名前が良いとする姓名学の観点から見ると、決して良い流れになっているとは言い難い側面が多くなっています。


米国では男性でも女性でも使えるユニセックスの名前が静かなブームとなっていて、毎月500万人が閲覧する赤ちゃん命名の人気サイト「ネームベリー(Nameberry)」は、その流れや価値観の浸透を加速させています。


2016年生まれの子どもの名前ランキング


《男の子》
1 (1)大翔〈ひろと、やまと、はると〉
2 (3)蓮〈れん〉
3 (2)悠真〈ゆうま、はるま、ゆうしん〉
4 (6)陽翔〈はると、ひなと、ひゅうが〉
5(18)朝陽〈あさひ〉


《女の子》
1 (1)葵〈あおい、めい〉
2 (4)さくら
3 (2)陽菜〈ひな、はるな、はな〉
4 (5)凛〈りん〉
5(11)結菜〈ゆいな、ゆな、ゆうな〉
5(13)咲良〈さくら、さら〉
5(13)莉子〈りこ〉

※かっこ内は前年順位。〈 〉内は主な読み方


知り合いの小学校教師に話を聞く機会が何度かあり、「一番緊張して困るのは、小学新一年生の担任になり、入学式の時に生徒の名前を呼ぶ時」という生の声を聞きました。かなり無茶な当て字になっている名前が多いため、素直に読める名前が少なくなっている現実があります。


これは「たまごクラブ」「ひよこクラブ」などでキラキラネームをブーム化した元凶が大きいのですが、そこに協力した姓名判断の専門家らの問題は非常に大きいと言えるでしょう。


20年前、30年前は、そのようなことは、ほとんどありませんでした。


名前は素直にそのまま読める名前が圧倒的に多かったからです。


今は、まるで当て字のような読み方をさせるケースが増え、かなり、読み方自体が崩れてきています。

祖父母の世代も、その動きに反発を覚えていて、赤ちゃんの名づけの時に意見がぶつかってしまうわけです。


そういう時、命名の基本をしっかり理解した上で決めていくと良いでしょう。


姓名判断に関する書籍には、その基本すら、無視するケースもあり、悪い意味での多様化が進んでいますが、決して良い兆候ではありません。


日本で吉祥名の赤ちゃんが増えれば、今後の日本の未来は明るい。


吉祥名が減ると、日本の国運は暗くなります。

ですから、いかに多くの吉祥名が日本国内に輩出できるかは、今後の日本の
未来を占うものでもあるのです。


名前は、まず、だれが読んでも、素直に読める名前が良いのです。


当て字のような無理矢理読ませる名前は、運勢的に辛いものがあります。


時代の流行のようなものもありますね。


天皇家の婚姻で、美智子さまの名前が流行ったりしましたね。


吉祥名をつけるには、実は非常に厳しいルールがあり、その中から絞り込んで行きます。


出産予定が分かった段階で、そろそろ、名前をつけないといけない時期だと思われた場合、最初は自分たちで考えてつけてみようとトライするケースが多いのですが、すべて吉となる名前を探し出すことは、大海原の海底にある砂から一粒を拾い集めるぐらい難しい側面です。


宝琉館では、その非常に厳しい赤ちゃんの名づけを行ってきています。


関心のある方々は宝琉館 に直接ご連絡下さい。


昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。


流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。


姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。


多くのパパさん、ママさんのご相談に答え、開運する名前を授け続けて来ています。


自分の名前の画数や意味、家運についてなど、姓名判断にご興味のある方は私の公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 姓名判断のコーナー をご覧下さい。改名、赤ちゃんの名付け、夫婦別姓を通した名前の吉凶について詳しく鑑定できます。アップ


【天地人の姓名判断/鑑定項目】


●十干配合法による字画・数理診断。
●三才・五行相剋法による診断。
●字源・字形・紫微斗数による診断。
●音韻・読み方による発音診断。
●人象地象配合干によるその年代の年運診断


名判断は、一人2,000円(姓名判断による相性は500円プラス)。代金引換による鑑定書印刷送付の場合、送料と印刷代合わせて一人3,000円になっております。


ちゃんの名づけは、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。
改名は2万5千円です。


業の際の商号・屋号・会社名の命名。

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件3万円です。


さて、本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に

自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。


本ブログでは、大変好評になっている
九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。

有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。


 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの晩秋・12月をもうすぐ迎えます。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月30日(水)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




中国について現地で学び始めた頃、「中国人でも東北地方のような寒い地域の人々は熱いか寒いか、白黒はっきりするのを好み、南方の人々は、白黒つけず曖昧な傾向にある」と具体的な地方出身者の性格を挙げて教えてもらったことがありました。


たしかに、長年、香港で生活し、北京に留学して台湾や福建省、海南省などをめぐってみると、華南地方は比較的曖昧で陽気。ハルピンや瀋陽などの東北地方の人々は、明確に意思表示し、知り合いが金持ちになれば、自分も同じようになれるはずだとの嫉妬のような部分が強いことを感じます。


ただ、性格がはっきりしているので、付き合いやすいといえば付き合いやすい。


広大な中国の場合、やはり、東西南北、生まれ育ちで性格や風土が違いますね。


物事は白黒はっきりした方がよいか、曖昧な方がよいか。


人生の転換期の場合、明らかに白黒はっきりした方が方向性を見出しやすいですね。


易はその点、非常に明解に生きる方向性を示してくれます。


ただ、時と場合によっては、中庸(ちゅうよう)という「ほどほど」が良い場合もあります。


中国では儒教の祖である孔子が説いている、過不足のない適度な態度を保つことです。


この中国思想に流れている中庸という考え方とまったく同じことが、古代ギリシアでも「メトテース」(中庸と訳します)という用語で使われています。


東洋でも、西洋でも、「ほどほどが良い」とする中庸の精神は古代から生き続けているのです。


アリストテレスの場合、メトテースは推奨されるべき「最善の徳(モラル)」と言っています。


恐怖、自信、欲望、怒り、哀れみ。


その快不快は時と場合により、適切な方法で感じることが中庸であり最善の徳だというのです。


つまり、陰陽、プラスとマイナスの両極端のほぼ中間ということ。


たとえば、臆病と無謀の中間は勇敢。


追従と無愛想の中間は好意。


無感覚と放蕩(ほうとう)の中間は節制。


卑下と自慢の中間は誠実。


人間は、得てして、どちらかに偏(かたよ)ってしまいがちです。


中庸を見出すためには、経験上、両極端の過激に走ることで学習していくものなのかもしれません。


若い頃は、大いに失敗し、大いに悩め。


最初から「ほどほど」を選ぶような人間は人生の醍醐味を知らないままの人間です。


人は失敗から学び、成功していくもの。


古代ギリシャには、禁欲によって心の平安を求めるストア派と快楽によって心の平安を求めるエピクロス派がありましたが、いずれも、両極端ですね。


でも、人生、そのいずれかに傾き、様々な経験をして、最後に「ほどほど」の最善に行き着いていくもの。


波瀾万丈な人生の場合、未来を悲観するのではなく、その時、その時をわくわくしながら楽しむこころの余裕があると、どんな試練や苦難の中にあっても突破できる源泉になりますね。


現場に置かれた環境の逆の立場を考えることで「中庸」を見出していく。


困難な時は安らぎを、幸福な時は厳しい状態をイメージすることで現状を越えていく。


これは、生きる上で、とても大切な開運への道です。


ただ、そのためのアドバイスは、自力ではできないもの。


様々な占術を通して、開運ナビゲートしてもらうのが良いでしょう。


宝琉館での直接鑑定は、新たな人生目標を設定できますので、大いなる生きる活力を得る機会となるでしょう。


関心のある方は宝琉館(携帯電話090-3416-6230 固定電話092-771-8867=固定は不在の場合があり、携帯が確実です)に電話でお尋ね下さい。


本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に

自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。


本ブログでは、大変好評になっている
九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。

有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。




 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの晩秋・12月をもうすぐ迎えます。秋が日に日に深まり、2016年も残すところ1ヶ月
。いよいよ師走、年の瀬です。


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月29日(火)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。
 

12月4日(日)、5日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


11月も月末となり、師走となれば、年の瀬です。


もうそろそろ、来年の運勢が気になる頃です。

干支(えと)別に2017年(平成29年)の運勢吉凶傾向を簡単に見通していきましょう。

 

昨日まで連日、2017年の干支(えと)別の運勢傾向を紹介してきました。


来年は酉(とり)年です。
 

中国では、その年の干支の方位が太歳を犯す方位(凶方)として忌み嫌われ、西が「太歳方」となり、三煞位(さんあつい)であり、冲太歳方である東と共に、土を動かしてはならない方位となります。


まずは酉年生まれは太歳を犯している方位なので、メンタル部分が低迷し、人間関係の不和も多い。

次は酉年とは正反対の卯(うさぎ)年生まれは冲太歳で感情の変化が起こりやすく、仕事運、住居運も変わっていきます。変化するとうまく行きにくい。


戌(いぬ)年生まれもやや低迷しますが、西方位にピンク色のものを置くと、凶意を避けられやすい。


午(うま)年生まれは吉凶が激しく、恋愛結婚運は良好ですが、皮膚や呼吸器系に問題が起こりやすい。
 

辰(たつ)年生まれは他人に助けられやすく、良い人脈をつかむことができやすい傾向です。

恋愛結婚運の象徴である桃花運が良いのは午(うま)年生まれ、子(ねずみ)年生まれ。

 

午(うま)年生まれは今年は紅鸞桃花年で、異性との付き合いがない人が付き合い始めやすく、付き合っている相手がいる人は結婚するチャンス。咸池桃花年も巡っていて刹那(せつな)的な恋に陥りやすい。


子(ねずみ)年生まれは天喜桃花年で未婚者が結婚する機会が増えます。

本ブログでは2017年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介しています(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます) 
 
それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に

自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。 

 

その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支、ユダヤの
カバラ数秘術西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで覚醒する開運の極意と奥義」 をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


また、引っ越しや吉方位旅行の参考にしたいと思う方や気になる方は、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 九星気学風水 開運聖地のパワースポット選び をご覧下さい。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。大好評で12月から1月の時期は申し込みが殺到します。できるだけ早めに鑑定依頼されることをお薦めします。


本ブログでは、大変好評になっている
九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。


ご興味のある方は読んでみて下さい。それぞれの星の特徴から見た運気を詳細に説明してあります。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2017年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2017年の運勢」 をお申し込み下さい。

有料鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 から鑑定をお申し込み下さい。



 

  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 


直接鑑定を受けたい場合は、
対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。


 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute 開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの秋・11月を迎えました。秋が日に日に深まっています


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


 これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月28日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。


11月29日(火)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。 
 


西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 


  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



2017年(平成29年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。


ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に見ていきます(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)


今回はいのしし年(亥年)生まれの2017年(平成29年)の運勢を見ていきます。


いのしし年(亥年)生まれは、1935年(昭和10年=乙亥年)生まれ、1947年(昭和22年=丁亥年)生まれ、1959年(昭和34年=己亥年)生まれ、1971年(昭和46年=辛亥年)生まれ、1983年(昭和58年=癸亥年)生まれ、1995年(平成7年=乙亥年)生まれ、2007年(平成18年=丁亥年)生まれです。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 【亥(い・ガイ)】


天源占いでは実(ジツ)。テキパキしている能率主義。合理的で徹頭徹尾やり抜く精神あり。理論家で率直、時に豪快。熱しやすく冷めやすい。衝動的で他人の意見を聞かない。独断行動。強引に押し切る頑固者。時でいえば11月、午後9~11時、冬。方位は北。五行は水。正気蔵干は壬(みずのえ=水の兄)。


【2017年(平成29年)のイノシシ年(亥年)生まれの運勢】

 十二ある干支(えと)生まれの中で、今年は盤に入る星の配列が一、二番目ぐらい良いので、非常に強い吉星が入っていないが、総じて吉祥年と言える。易で見ると乾為天4爻。


運気のバランスが相対的に良いが、油断は禁物。きちんと風水上の対策を施し、祐気取り(吉方旅行)を行うと良い。各所で様々な圧力がかかりやすいが、小さなトラブルの次元できちんと処理していけば手痛い失敗を回避できる。


吉星としては駅馬、福星貴人、天乙貴人が命宮に入宮し、凶星としては孤神、年飛廉、地雌、地解、喪門、地喪が回座しているので、吉凶両方が交錯し、判断や行動次第で吉凶がはっきり出やすい。


とくに凶星である孤神のメンタル部分で孤独感を支配する力は絶大で、桃花星(異性縁を司る)が今年は入宮していないので、娯楽場での誘惑やトラブル、自分の立身出世にも影響が出かねないので、トラブルメーカーとは極力付き合わず、平穏無事を第一とするべき。


とくに年下、後輩、部下の様々な問題が起こりやすく、以前に契約していたこと、約束事が翻意されることがあるので注意が必要。


吉星として天乙貴人と福星貴人が入宮していることで多くの立派な人々の支援や引き立てを受けやすく、吉星である駅馬と凶星である地喪や喪門が激しくぶつかるためトラブルが沸いて出た後、立派な人々の助けでなんとか困難をクリアーできる場面が多くなる。
 

吉星である駅馬が命宮に入宮しているので移動が多くなり、旅があまり好きでない人でも安近短の旅行を計画してやってみると良く、旅好きな人であれば、ロングバケーションの吉方位旅行として思い切って海外の遠距離の旅行を行うと良い。
 

疾病宮には吉星と凶星が双方入り組んで入り、凶星である地雌、地解が入宮していることで皮膚病の感染、眼の網膜などの病気、視力に関わる病状に神経を使うべきで、的確な治療が求められる。
 

金運については、徹底した利益追求型ではなく、周縁からの収入で何とか収支を保ち、大きな収益を求めないこと。私事や公事で困窮した実情を友人や地域社会に正直に伝えれば予想をはるかに超える様々な人々からの支援、援助を得られる。
 

愛情面では個人的な愛情ではなく、国や地域社会への愛情を注ぐことに大きな価値を得る年回り。凶星の孤辰星が夫妻宮に入宮していることで第三者の嫌がらせなどが発生しやすく、身の安全を大切にしていく必要がある。
 

 【金運】

 

立派な人が陰に陽に助けてくれる好運な金運の時期。時間とお金の余裕がなかなかなくても、長期休暇を利用して旅行に行くことで自己発展の大きな契機となる。今年の財運は厳しすぎることもなければ緩すぎることもない。着実にコツコツ運用していくことで実りを結ぶ。

 

【仕事運】

 

仕事は、あまり積極的過ぎてはいけない。1971年生まれ以外は厳しい年回り。仕事量は多く、多忙を極める。外出、出張が多く、いろんな世界を見せられ、経験を積むことになる。当初の目標をしっかり獲得しにくいので、最初から背伸びすると、苦しい結果を招きやすい。

 

【恋愛結婚運】

 

今年は桃花年ではなく、異性縁のある時期ではないが、昨年よりも異性縁は良い。異性縁だけでなく、友人関係、仕事上の人間関係も昨年より良好。感情面、メンタル面では昨年より安定する。

 

【健康運】

 

上半期は腎臓、膀胱、泌尿器系の病気に注意。旧暦4、7月が体調が不安定な時期。体が冷える食物を避け、健康を保持するために食生活などを見直していく時。

 

【総合運】

 

春、夏までは昨年の悪影響を受けやすいが、その後、安定していく。守りばかりを意識せず、チャンスを積極的に活かすことが大切。


※いのしし年(亥年)生まれの2017年(平成29年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。


あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。


それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで開運覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで開運覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで開運覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。


また、九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介していきます。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は天地人の運勢鑑定」 にある本格仕事運鑑定コースでは、この点、本格的に鑑定を受けられますので、関心のある方々は鑑定申し込みフォーム からお申し込み下さい。音譜


仕事運についても、国や地域を越え、この問題については全世界共通ですね。

ネットで鑑定を受けたい方は式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。




  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆


 



直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの秋・11月を迎えました。秋が日に日に深まっています


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月27日(日)、28日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。


11月29日(火)~12月3日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。

西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




2017年(平成29年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。


ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に見ていきます(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)


今回はいぬ年(戌年)生まれの2017年(平成29年)の運勢を見ていきます。


いぬ年(戌年)生まれは、1934年(昭和9年=甲戌年)生まれ、1946年(昭和21年=丙戌年)生まれ、1958年(昭和33年=戊戌年)生まれ、1970年(昭和45年=庚戌年)生まれ、1982年(昭和57年=壬戌年)生まれ、1994年(平成6年=甲戌年)生まれ、2006年(平成17年=丙戌年)生まれです。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 【戌(いぬ・ジュツ)】


天源占いでは煉(レン)。公平で負けず嫌い。潔癖症で責任感あり。粘り強い。活発で努力の人。批判精神が旺盛。売られたケンカは買う、ケンカっ早さ。融通性がない。用心深く理屈っぽい。やせ我慢する。時で言えば10月、午後7~9時、秋(土用)。方位は北西。五行は土。正気蔵干は戊(つちのえ=土の兄)。


【2017年(平成29年)のイヌ年(戌年)生まれの運勢】

今年の干支(えと)の星宮図は配置が良く、流年命卦(風火家人5爻)も良い。運命学の知識をかじった人ならば2018年が戌年なので太歳(年男、年女)になるのは18年だと思う人もいるが、戌年生まれは太歳星の前鋒が今年中に周辺に到達するので、その因果で今年5、6月以降から喜び事や遺憾な出来事が発生しやすく、2018年の前倒し現象が起こりやすい。


今年は個人的な事では守りに徹していけば、来年は次第にチャンスに恵まれやすい環境になる。


チャンスを得るために祭祀を行う貴重な期間が芒種(ぼうしゅ=6月5日)の時期からの一週間。これが厄を祓うための大切な期間となる。


駅馬(えきば=移動を転々とする星)が遷移宮に入宮するために生活が非常に多忙となり、休息を取ることが困難になりやすい。東奔西走し、自分のプライベートな時間を取りにくいので、時間の管理、調整が大きな鍵を握る年となる。


吉星の女性星である「太陽」が命宮に入宮しているので、戌年の女性は男性よりも運が強くなり、異性運においても圧倒するので、そのコントロールが大切となる。良い意味で女性は男性のサポートを得ることができる。太陽が入宮していることで、社長、経営者、トップ層につながる勢いを秘める。


凶星の板鞍、晦気が入宮しているので、過去の事情のことでトラブルが再燃したり、複雑化したりしやすく、持病の再発などに注意。自分と直接関係がないことでも、状況が悪化再燃しやすい。これまで未解決な出来事があれば、その9割が身に降りかかりやすいので、うまく処理して細心の注意が必要。今年は太歳相穿相害年(太歳年の一種)で小凶だが軽微。


今年は身の上に起こりうる様々な出来事を「お知らせ現象」による予兆でいかに回避できるかがポイントとなる。それは吉星である太陽が入宮しているために、予兆が通常よりもはっきり出やすく、いままで暗闇で見えなかった陰徳も巨悪も露見しやすく、仕事も金運も愛情運、健康運も直接関わってくる。


いかに自制し、祭祀をしっかり行い、環境を整えるかで公のこともプライベートも新たなバランスが組まれて危機を回避していける運を持っている。


 【金運】


 今年は学習のために投資する年回り。通常よりも出費は増えるが学ぶために生きたお金として先行投資する。だが、予算の範囲内で行うべきであり、無駄使いは決してしてはいけない。そうしていけば資産運用は良好になっていく。


 【仕事運】


計画をしっかり立てて無謀な行いをしない。仕事は新規の展開が見込まれ、途中で波乱が起こるが、そこで一喜一憂してはいけない。平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)、熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は一歩先を行き、前向きに判断していくこと。寒命(陽暦8月8日生まれ~翌年3月5日生まれ)の人は守りに徹していく方が得策。


【恋愛結婚運】


 生活上、小さな意見の食い違いからトラブルを生みやすい。独身者は長期間、感情が落ち込みやすい時期があるが、旧暦2月、4月、10月がラブチャンスの時期であり、新たなお付き合いができる異性縁がある。


 【健康運】


些細なことから病状が悪化しやすい。皮膚病、肺や呼吸器系、胃などの病気に注意。ストレス性の病であれば、体力増進していけば問題なくなる。今年はメンタル面で精神力を上昇していけば身体能力がアップし、安定する。


【総合運】


些細なことからトラブルに見舞われやすいので、うっかりミスに気をつける。レストランの予約ミス、旅行計画のミスなどが起こりやすいので、再確認してトラブルを最小限に防ぐようにすれば大きな失敗は防げる。


 いぬ年(戌年)生まれの2017年(平成29年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。


あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。


それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで開運覚醒する2017年の運勢」  を本格鑑定できるようにしました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで開運覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで開運覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」  では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。


また、九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介していきます。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は天地人の運勢鑑定」  にある本格仕事運鑑定コースでは、この点、本格的に鑑定を受けられますので、関心のある方々は鑑定申し込みフォーム  からお申し込み下さい。音譜


仕事運についても、国や地域を越え、この問題については全世界共通ですね。

ネットで鑑定を受けたい方は式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。


 

 ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。


直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」  でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。



【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 

Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの秋・11月を迎えました。秋が日に日に深まっています


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月26日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。


11月27日(日)、28日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。

西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




2017年(平成29年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。


ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に見ていきます(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)

今回はとり年(酉年)生まれの2017年(平成29年)の運勢を見ていきます。


とり年(酉年)生まれは、1933年(昭和8年=癸酉年)生まれ、1945年(昭和20年=乙酉年)生まれ、1957年(昭和32年=丁酉年)生まれ、1969年(昭和44年=己酉年)生まれ、1981年(昭和56年=辛酉年)生まれ、1993年(平成5年=癸酉年)生まれ、2005年(平成16年=乙酉年)生まれです。

 
日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 【酉(とり・ユウ)】


天源占いでは堕(ダ)。計画性があり、先見の明あり。創意工夫し、実利的な知恵がある。几帳面で理解力あり。世情に通じ、好き嫌いで判断。人の気持ちを気にする。余裕があり、大事を企てる。格好良さ、体面を重んじる。せっかちで短気。時で言えば9月、午後5~7時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は辛(かのと=金の弟)。


【2017年(平成29年)のトリ年(酉年)生まれの運勢】


年男、年女で太歳(木星を意味=その年の干支)を犯しているので読み誤ると大変なトラブルを起こしやすいが、十二のえと生まれのうち、最も運は良いので、風水や祭祀を通していかに吉運を呼び込んでいけるかがポイント。皮膚感染、切り傷、擦り傷などを避け、減量に励んでストイックに生きようとすると良い一年を過ごせる。とくに年女の運気は年男の運気よりもかなり良い。


太歳を犯しているので悲観的な見方をしやすく、とくに1981年生まれは最も厳しい。2005年生まれ、1969年生まれは情緒不安定な部分に注意を払う必要あり。旧暦8月に旅行へ行くなどリフレッシュすると良い。


全体的に平穏な日々は少なく、巨大な圧力を受け、波乱が多い。とくに旧暦5月前後から、その渦中に入りやすい。吉星として将星、太歳が命宮に入り、権力や主導権を得る吉兆があり、トップ(帝王)を狙える勢いがある。吉星として金匱が回座しているので自営業者は財運がアップしやすく、蓄財しやすい。


結婚、子育てにも良い傾向があり、仕事上の援助も得やすい。他のえと生まれの人が大きなトラブルに見舞われた時、風水の対処をしっかりしていればテロや悲劇的な事件から逃れやすい運があり、凶を吉に変える側面がある。


厄払いのために年末年始に花火を見に行ったり、花火のような華々しいショーを見に行くことで難を逃れやすい。


凶星である天哭、伏屍、剣鋒が回座しているので、刃物や金属による切り傷などに注意。年始めのころ、事業が突然、中止になったり、中途挫折することがある。旧暦2月と8月は厳しいので、献血に行ったり、陰徳を積むためにボランティア活動をすると運が向いてくる。


今年は新天地で新しいビジネスをスタートし、新たな利益を生み出しやすいが、利益は損害も生む。双方が激しく衝突し、時には大きな損害を被ることもあるので波乱に注意が必要。財運面ではお金の出し入れでトラブルが起こりやすく、賭博は大損になりやすい。財運アップのための準備期であり、突発的なトラブルが重なりやすいので、無理無茶はしてはいけない。


愛情面では準備と計画が必要で、夫婦関係など突発的なトラブルに見舞われやすい。


 【金運】


自分の力量次第で苦労しながら財を得ていく年。不安定な自営業には有力な助けがあり、仕事上のトラブルから動揺する時間もないほど必死に働いて稼ぐことで財運はアップしやすいが、会社員はネガティブな行動がひんしゅくを買いやすいので注意が必要。


 【仕事運】


労多くして益が少ないが、地道にやっていくことで財運は後半、徐々についてくる。マイナス思考は足手まといになり、仕事自体が低迷しても、安定を保持していこうと心がけて行けば乗り越えられる。


【恋愛結婚運】


メンタル部分が不安定で傷つきやすく落ち込みやすい。1981年生まれと1993年生まれは心がヘコみやすいが、一喜三災で4回に1度が良いことがあると思って、希望を捨てずにやっていけば、快方に向かう。


 【健康運】


太歳を犯している年回りなのでトラブルが起こりやすい。とくに旧暦2月、8月はリスクが高い。皮膚、喉、気管支などの病気に注意。


【総合運】


マイナス面の思い込みから知らず知らずのトラブルが起こりやすいが、ポイントを抑えて難を逃れていけば、権力を掌握したり、事業が後半から良い方向に展開できる潜在力を持っている。潜在意識をいかにプラス思考に変え、トラブルを避けていけるかが大きな開運ポイントとなる。


※とり年(酉年)生まれの2017年(平成29年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。


あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。


それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで開運覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで開運覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで開運覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。


とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。


また、九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介していきます。


引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は天地人の運勢鑑定」 にある本格仕事運鑑定コースでは、この点、本格的に鑑定を受けられますので、関心のある方々は鑑定申し込みフォーム からお申し込み下さい。音譜


仕事運についても、国や地域を越え、この問題については全世界共通ですね。

ネットで鑑定を受けたい方は式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。


 

 ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。



【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 


Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。

紅葉が色づく実りの秋・11月を迎えました。秋が日に日に深まっています


西日本各地から福岡、天神にやってきて福岡占いの館「宝琉館」 で直接鑑定を受ける人が増えています。六本松本館での直接鑑定も遠くから来館される方々が多いですね


実りの秋であるとともに、秋が深まるほど、物思いにふけり、郷愁の中から新たな運命の躍動感や息吹を感じることができる時期に入っていきます。


これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


11月25日(金)から26日(土)は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」六本松本館  で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。


11月27日(日)、28日(月) は午前11時~午後7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。

西鉄大牟田線近郊だけでなく、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県からも多く来館されています。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。

引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。 



  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




2016年(平成28年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。

ねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれ とら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれ たつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれ ひつじ年(未年)生まれ さる年(申年)生まれ とり年(酉年)生まれ いぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に見ていきます(←クリックすると各えとの運勢が閲覧できます)


今回はさる年(申年)生まれの平成29年(2017年)の運勢を見ていきます。


さる年(申年)生まれは、1932年(昭和7年=壬申年)生まれ、1944年(昭和19年=甲申年)生まれ、1956年(昭和31年=丙申年)生まれ、1968年(昭和43年=戊申年)生まれ、1980年(昭和55年=庚申年)生まれ、1992年(平成4年=壬申年)生まれ、2004年(平成15年=甲申年)生まれです。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 【申(さる・シン)】


天源占いでは緩(カン)。世話好きで親切。お節介。臨機応変で機転が利く。利発で才智あり。体が丈夫で女性はお茶目。あわてん坊で気が小さい。気が変わりやすい。口が悪く、一言多い。人を値踏みし、人を見下す。時で言えば8月、午後3~5時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は庚(かのえ=金の兄)。


【2017年(平成29年)のサル年(申年)生まれの運勢】

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー
今年は吉凶が激しく交錯し、健康に注意の年回り。


昨年が太歳(木星を意味=その年の干支)を犯していたので一喜三災(喜び事が1度あれば3回の災いがある)の状況で今年前半までその影響を受けやすい。


吉星である天医が回座しているので子育てには大変良いが、凶星の血支、流霞、病符、亡神が集中して田宅宮や疾病宮に入宮しているために健康問題が浮上しやすい。

さらには両親との関わりで様々なトラブルが起こりやすく、日常生活の中で家の壁が壊れたり、剥がれ落ちたりしやすい。とくに今年前半は経済環境が非常に厳しく、破産の兆候があるので経済問題にはとくに注意する必要がある。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー とくに凶星である亡神と病符が入宮しているので、床やベッドを象徴し、自分の寝床、ベッドの破損や崩壊に注意し、よくメインテナンスを行って安眠できる環境にすること。早めに対処すると、名声と財を得られやすくなる。


夏期の旅行は心身ともにリフレッシュできる良い機会なのでお薦め。


吉星の金輿が回座しているので車輌、船舶、飛行機などの交通機関に関わる仕事をしている場合、椅子や座席の足元などに注意しないとトラブルに巻き込まれやすい。常に整理整頓を心がけること。


人との関わりのある吉星の正桃花が入宮していると同時に吉星の陌越があるために地位が向上しやすいが、凶星の病符、亡神が入宮しているので生命の危機にも直面しやすい。一時的に学業や仕事を休む羽目になったりするが、家族や親族、社会のために避けられないことで、人助けをすることで大難を小難に変えることができる。


 異性縁がある時期は男性が旧暦3月と4月。女性は旧暦5月と6月。


財運に関しては苦労しながら財を得る年で、意外な財を得られやすいが、ビジネス上の失敗で足元をすくわれやすい。あくまで自己中心的な思いから出発せず、公共心からの動機でビジネスを行うと難を逃れやすい。そうしないと投資しても利益は少ない。


愛情面では易の山沢損(さんたくそん)にあるように損して得を取る姿が良い。子育てには愛情をたっぷり注いで良い時期だが、異性運や夫婦運が不安定なので地縁血縁など第三者の影響を強く受けやすい。ボランティアや寄付行為で運を回していくと良い。


【金運】


個人の努力力量で苦労しながら財を得ていく年回り。収入は仕事量に応じて増加し、平命(陽暦3月6日生まれ~5月5日生まれ)の人は収入が安定。熱命(陽暦5月6日生まれ~8月7日生まれ)の人は転職したり、異動することでチャンスが生まれる。

【仕事運】


仕事に心血を注ぐことで先行きが見通せ始める。今年は昨年よりも苦労が多いが、仕事量の多さで安定してくる。サラリーマンやOLの場合、努力によって収入が安定してくることで自己の存在価値が証明される。


【恋愛結婚運】


前半は昨年の影響で感情が不安定。独身者の場合、相手とぶつかって意見の相違から反りが合わなくなることも。ただ、後半になると、メンタル部分が落ち着き始め、異性運は上昇に転じる。


【健康運】

旧暦1月、4月は車の運転に注意。極力、運転は避けよう。とくに高齢者の運転は危険。秋以降は健康状態が安定する。今年は凶星の病符が回座しているが、さほど強くは影響しない。


【総合運】

上半期とくに旧暦1月と4月は昨年の影響(太歳を犯している)で不安定な状況だが、秋以降は安定する。


※さる年(申年)生まれの2017年(平成29年)の運勢については、あくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。


それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで開運覚醒する2017年の運勢」 を本格鑑定できるようにしました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー その年回りによって大きく変化していくのが人の運命です。


東洋占術の核心である干支ユダヤのカバラ数秘術、西洋占術の核心である支配星座を通し、その年に直面する課題について「読むだけで開運覚醒する開運の極意と奥義」をアドバイスします。


東洋と西洋では運命に対する見方、角度が大きく違います。その双方から複眼的に運命に光をあて、その年の開運ポイントを導き出します。


今回、新たにご紹介する「大吉祥!読むだけで開運覚醒する2017年の運勢(東洋占術と西洋占術)」 では、この世で生きる最重要なテーマと課題、持つべき価値観、金銭感覚、友達の増やし方、恋愛必勝法、本来必要なパートナー、成功に導く金運、仕事運などを深く掘り下げて鑑定します。

とくに四柱推命、気学、27宿曜占術、紫微斗推命、カバラ数秘術、西洋占星術を通して年運や運勢全体を見ていきます。本当に必要な今後1年間の運勢を東西両洋の深い視点から見つめ直し、明確な目的、目標達成に向けての指針としてください。


鑑定コースは3,000円、5,000円、1万円の各コースがあります。


また、九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい) 二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい) 四緑木星(しろくもくせい) 五黄土星(ごおうどせい) 六白金星(ろっぱくきんせい) 七赤金星(しちせききんせい) 八白土星(はっぱくどせい) 九紫火星(きゅうしかせい)  の順で紹介していきます。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は天地人の運勢鑑定」 にある本格仕事運鑑定コースでは、この点、本格的に鑑定を受けられますので、関心のある方々は鑑定申し込みフォーム からお申し込み下さい。音譜


仕事運についても、国や地域を越え、この問題については全世界共通ですね。

ネットで鑑定を受けたい方は式ホームページ「天地人の運勢鑑定」  をご覧下さい。


 

 ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



直接鑑定を受けたい場合は、対面鑑定の宝琉館(ほうりゅうかん) へ訪れて下さい。


占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。


ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

直接鑑定を受けたい方は宝琉館へご連絡下さい。

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


秋を迎え、進学、就職、転職、引っ越し、移転などの季節となってきました。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 占星術は多種多様にありますが、四柱推命や紫微斗推命、西洋占星術を通して自分の社会的能力、つまり仕事運をじっくり見つめ直す機会とすることは大変有効なことだと思います。易占は、自分の進路を見る上でそのものズバリを示します。

さらには運命学を学んでみたい方々のために運命学スクール「宝琉館」 でさまざまな占いの講座を開講していますので、興味のある方はマンツーマンで講義し、初歩から応用までを指導していきます。

鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。



【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


 六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。 


Ropponmatueki5_2

Ropponmatueki6_2

Ropponmatueki7_2

Ropponmatueki8_2

Ropponmatueki11_2

Ropponmatueki12_2

Ropponmatueki14_2

Ropponmatueki17  






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)