日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

「古教 心を照らし 心 古教を照らす」という中国の教え。本に読まれるのではなく、自分が主体となって読むことこそ「活学」になるという意味です。運命学も各占術の書籍のみに盲従せず、実占を通して活きた開運学に醸成することが肝要。おもむくまま雑感を記します。

NEW !
テーマ:

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。


4月中盤に入り、新しい環境に少しずつ慣れ始める時期になりました。


進学、就職そして転職してジワジワと緊張がほぐれ始める時期です。

 

若い人だけでなく、中年期に転職する人にとっては、自分の人生の大きな転機ですね。

   

4月中旬は本格的にスタートを切る上で「緊張と弛緩(しかん)、張りと緩みが不規則に訪れる助走期間の運勢」と言えるでしょう。


日本人にとっては新たな1年を過ごす上で指針となる何らかのライフコンパスを求めるものです。



これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。



  全国各地から福岡、天神、六本松にやってきて
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館する方々がどんどん増えています。


しかも、自分の開運、家族の開運のためにどうすれば良いか、熱心にお尋ねになっています。


4月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店 では深川宝琉による開運鑑定を行っています。

 4月24日(火)~28日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館のプロ鑑定士メンバーたちによる開運鑑定会は宝琉館天神店 で行っています。

 

深川宝琉による鑑定はこの期間、宝琉館天神店か宝琉館六本松本館で行っています。


福岡占いの館「宝琉館」 では、様々な占術の観点を含め、開運のために深く、直接鑑定していきます。


関心のある方は
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館ください。


直接鑑定を希望の方は鑑定申し込みフォーム あるいは電話、福岡占いの館「宝琉館」 のウェブサイト からお申し込み下さい。


直接鑑定ができない方は公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 からネット鑑定をお申し込み下さい。福のある充実した人生を送っていきましょう。




   ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★





国内最高齢の女性で、世界最高齢ともみられていた鹿児島県喜界町の田島ナビさんが21日、老衰のため、117歳で永眠されました。


田島さんのふるさと喜界島といえば、奄美大島から船で2時間ぐらいの場所にありますね。


不思議なことに数日前、喜界島出身の方が鑑定に来館されていて、奄美の魅力を話し合っていましたので、記憶に残ります。


1900(明治33)年8月4日、同町生まれ。サトウキビやゴマなどの栽培に励みながら、夫との間に7男2女を育て、子ども、孫、ひ孫、やしゃご、来孫(らいそん)(やしゃごの子)を合わせると、160人を超えるとか。


手相で二重生命線の人は普通の人の1.5倍の生命力があると言われていますが、田島さんのように最高齢となると、すごい手相であるはずです。


玄孫(やしゃご)の次は来孫(らいそん)と良い、それを生きて見ることができる子孫繁栄の至福の喜びは喩えようもないでしょう。

 

【田島ナビさんの子孫】

子・・・9人(7男2女)

孫・・・28人

ひ孫・・・56人

玄孫・・・35人

来孫・・・32人推定(2017年9月時点)

■玄孫(やしゃご)…4親等の直系親族、孫の孫

■来孫(らいそん)…5親等の直系親族、孫の孫の子

鹿児島県で昨年9月現在、満100歳以上になる男性は165人で、女性は1328人。昨年同期比で微増しています。


人口10万人あたりでは91・20人で、島根県、鳥取県、高知県に続いて4番目に多い。


県内の地域別に見ると西郷隆盛とも縁が深い奄美群島が最も多く、人口10万人あたり144・50人。次いで南薩地区の124・33人、北薩地区の105・46人。


長寿のひけつは「くよくよしない」「目標をもつ」「よく食べる」「体を動かす」が多く、そこにも健康保持のポイントがあるようです。


では、どうすれば、田島さんのような長寿になれるのか。


脳と手相は直結していると言われます。


脳の運動野に関する解剖図として有名なカナダの脳神経科医ペンフィールド博士の「ホムンクルスの図」を見ると、「手」の感覚と運動を処理する部分が異常に大きいことがわかります。


猫と比較すると、人間は脳の中の手の領域は非常に大きい。


人間は約60兆個の細胞でできていて、脳は毎日、4千億個の細胞に自殺命令を出しつつ、代わりに4千億個の新しい細胞を毎日作っています。


大脳の運動領域の中で約三分の一は「手」に関する分野で占められています。     

ペンフィード博士が1000人以上の脳を分析して作成した作成した随意運動をつかさどる運動野マップで見ても,かなり大きい。


そして、脳が若返るには、その脳の中にある脳幹(生命の中枢)、大脳辺縁系(感情の中枢)、大脳新皮質(理性の中枢)の三つをうまく守って、連携しながら刺激することで若々しさを保つことができることが脳科学の分野で解明されてきています。


手相を研究していくと、左手は右脳(直感)、右手は左脳(論理)と直結していて、その双方をバランス良く使って脳を成長させていくことが、心身のバランスを取りながら、本来あるべき本人らしい生き方、キラキラ光る唯一無二の充実感ある生き方にたどり着くと思います。


その根源にあるのが、脳幹(生命の中枢)、大脳辺縁系(感情の中枢)、大脳新皮質(理性の中枢)の3つ。


手相で見ると、脳幹(生命の中枢)が生命線、大脳辺縁系(感情の中枢)が感情線、大脳新皮質(理性の中枢)が知能線ということになるでしょう。


人間には感性脳(右脳)と知性脳(左脳)があり、赤ちゃんは、生まれてくる時、大脳辺縁系という古い脳(右脳)しか持っていない。


チンパンジーは獣的な本能として機能していますが、人は親から真善美の刺激を与えられて、人間の古い脳(感性脳)は人格を形成し、人間として善く生きることを考えるようになります。


それに対して新しい脳である左脳(知性脳)はうまく要領よく生きることを考え、知性を司るようになります。


ですから、脳幹(生命の中枢)=生命線、大脳辺縁系(感情の中枢)=感情線、大脳新皮質(理性の中枢)=知能線のバランスの良い成長、発達度合いこそ、長寿には大切と言うことになります。


では、どうすれば、年を取っても若々しく、健康で長生きできるのか。


第一に、脳幹(生命の中枢)=生命線を鍛えるには、①睡眠を確保する②体温を一定に保つ③水分補給を怠らない④毎日、8000歩を歩く⑤体重を一定に保つ、の5つが大切です。


脳幹を守るとは、「負荷をかけない」ことです。よく寝て、決まった時間に起きる。水分を補給し、からだの活動を維持する。一定の体重と体温を保つ。当たり前のことですが、これらができていれば、身体の環境は安定し、神経の根も一定の状態を維持することができるのです。


第二に、大脳辺縁系(感情の中枢)=感情線を鍛えるには①喜怒哀楽を少なく、やわらかな心を持つ②人間関係を5人以上持つ③暴走のきっかけ自体を絶つ④ストレスをため込まない⑤前頭葉を活性化させる⑥時間軸のノートをつける、の6つの習慣をつけることです。


大脳辺縁系は“感情”と“欲望”をつかさどる中枢です。食欲や、やる気など、自分を突き動かし牽引してくれる感情エネルギーの源。ふだんは、理性をつかさどる大脳新皮質と通信し合うことで適切にコントロールされていますが、過剰に興奮してしまうと大脳新皮質は機能を停止してしまいます。そうならないよう大脳辺縁系の手綱をしっかりと握りましょう。


第三に、大脳新皮質(理性の中枢)を鍛えるには、①脳の仕事量を把握して、きちんと休ませる②休ませた後に使う③感情を制御する習慣を持つ④常に変化を入れて、前頭葉の対応力を鍛える⑤1日2回の思考力ピークを逃さない⑥転職力を鍛えて、いつまでも仕事を辞めない、の6つです。


大脳新皮質はとても複雑ですが、「新しい世界を開き続けること」が適切な取り扱い方となります。脳は変化に気づくと働くようになります。



   ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。






☆--------☆--------☆-------☆

 
 



 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。



 
 
 



















 

 

















テーマ:

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。


 4月中盤に入り、新しい環境に少しずつ慣れ始める時期になりました。


進学、就職そして転職してジワジワと緊張がほぐれ始める時期です。

 

若い人だけでなく、中年期に転職する人にとっては、自分の人生の大きな転機ですね。

  

4月中旬は本格的にスタートを切る上で「緊張と弛緩(しかん)、張りと緩みが不規則に訪れる助走期間の運勢」と言えるでしょう。


日本人にとっては新たな1年を過ごす上で指針となる何らかのライフコンパスを求めるものです。



これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。



  全国各地から福岡、天神、六本松にやってきて
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館する方々がどんどん増えています。


しかも、自分の開運、家族の開運のためにどうすれば良いか、熱心にお尋ねになっています。


4月20日(金)、21日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館のプロ鑑定士メンバーたちによる開運鑑定会は宝琉館天神店 で行っています。

4月22日(日)、23日(月)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店 では深川宝琉による開運鑑定を行っています。
 

深川宝琉による鑑定はこの期間、宝琉館天神店か宝琉館六本松本館で行っています。


福岡占いの館「宝琉館」 では、様々な占術の観点を含め、開運のために深く、直接鑑定していきます。


関心のある方は
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館ください。


直接鑑定を希望の方は鑑定申し込みフォーム あるいは電話、福岡占いの館「宝琉館」 のウェブサイト からお申し込み下さい。


直接鑑定ができない方は公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 からネット鑑定をお申し込み下さい。福のある充実した人生を送っていきましょう。




   ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★





四月から新学期が始まり、現代のお父さん、お母さんが常に悩んでいるのが子どもの教育です。



宝琉館にも、子育ての相談でご来館される方も多々いますね。



最近は、親子で心身ともに不調をきたすケースが多く、脱ゆとり教育の時代に入り、ますます、戸惑うことも多くなってきています。



ADHD(注意欠如・多動症)などの発達障害や適応障害、社会不安障害など、専門医のカウンセリングなどでしか、はっきりしたことがわかりにくいケースも増えています。



学校教育では、いろんな子どもたちがいて、教師が全部を完全にフォローできることは難しい時代です。



だからこそ、家庭教育が大切なのですが、親も共働きが多く、父子家庭、母子家庭も増え、なかなか、子どもたちと深く対面する機会が少なくなっていて、親自体もイライラして、子どもに当たってしまう例も多いですね。



だからこそ、親が子どものしつけや教育をどうすべきか、教師が生徒への教育をどうすべきか、改めて問われる時代になりました。



親子関係、師弟関係、先生と生徒との関係をどうしていくべきかを知る上では、易経64卦の中の4番目の卦である山水蒙(さんすいもう)はとても大切な人の教育のことを伝えています。



易経の「山水蒙(さんすいもう)」にある卦辞(かじ=卦の解説文)は次の通りです。



【山水蒙(さんすいもう) 卦辞原文】


蒙亨。匪我求童蒙。童蒙求我。初筮告。再三涜。涜則不告。利貞。



【山水蒙(さんすいもう) 卦辞読み下し文】



蒙(もう)は亨(とお)る。我(われ)童蒙(どうもう)を求むるに匪(あら)ず。童蒙(どうもう)我(われ)を求(もと)む。初筮(しょぜい)は吿(つ)ぐ。再三(さいさん)すれば瀆(みだ)る。瀆(みだ)るれば則(すなわ)ち吿(つ)げず。貞(てい)に利(よろ)し。



【山水蒙の卦辞の解説】



「蒙」とは、木をおおいつくしてしまうつる草のことで、何が何だか知的に混乱していて、文字どおり朦朧(もうろう)としている状態です。



「山水蒙の時、通じる。教える側が生徒を求めるのではなく、生徒が先生を求めて教えを乞うのが本来の教育の姿。



第一回目の初筮は正しい答えを告げるが、何度も何度も占うと、疑う心によって天が 正しい答えを告げない。貞正であればよい」。


山水蒙の時は、先が朦朧(もうろう)として見通せず、あたかも将来が未知数の子どもの状態を言います。この卦は「教育の卦」とも言われていて、「人づくりは国づくり」であり、「教育は国家百年の大計」と言われる通り、とても大切です。


ここでは、学ぶ側の意欲に基づく自主性と謙虚さが教育の原点であり、易の精神と共通するものであることが述べられています。



山水蒙の時には、未熟な自分を啓発するよう、良き指導者を求めて、学問や稽古ごとに励んで教養を高めることです。童心に帰って、親や先生を求める幼子の気持ちのように純粋無垢(むく)な心で謙虚に自己啓発していくことが求められるということです。


ただ、これだけでは、複雑な現代社会の病んだ世界では、なかなか教育は難しいでしょう。




ただでさえ、様々なメンタル面での課題を持った人々が増えています。


ようやく小中学校では、道徳の教科化が始まり、道徳の教科書を使って、正規の授業時間にじっくり考え抜くモラルの啓発が問われていく時代となりました。

これ自体は、必要なことです。


佐藤一斎(写真右)という偉大な教育家(江戸時代の儒学者)が自著「言志録」の中で「化(か)して教(おし)う」ということを言っています。


ちなみに佐藤一斎が記した「言志録」など指導者のための随想録「言志四録」は終生、西郷隆盛の愛読書だったことでも知られています


まさに山水蒙という教育の卦の補足となる内容。




具体的な原文は次の通りです。

「教(かし)えて化(か)すれば、化(か)、及(およ)びがたく、化(か)して教(おし)うれば、教(おしえ)、入(い)りやすし」。


まずは教え、それから感化しようとしても、感化することは容易ではない。感化して、それから教えれば教えは容易に入りやすい。


易経の山水蒙の卦のように、教師が教師たる威厳と風格を保って、川の水が上から下に流れていくように教師から生徒へ徳が流れていくのが自然の道理なのですが、だからといって、内容のない教師が偉そうにしてもダメだということです。


教師や親の人格に惹き付けられ、学ぼうとする生徒たちになるには、学ぶ者の心が師に魅せられて、そうなるということを言っています。


教師や親の人格的な魅力が、学ぶ者の魂を覚醒させ、動かしていく。


親子、師弟、先生と生徒との精神的な結びつきが「化」であり、直観的、精神的な結びつきの基盤の上で言葉を通した教育も可能になるということです。


教養や知識を押しつけるだけでは、教師にはなれないということですね。


ニューヨーク市立大学病院の壁に残されていた作者不明の落書きにはこんな詩が書かれているそうです。


◇大きなことを成し遂げるために/力を与えてほしいと神様に求めたら/謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。


◇より偉大なことができるようにと健康を求めたのに/より良きことができるようにと病弱を与えられた。


◇幸せになろうとして富を求めたのに/賢明であるようにと貧困を授かった。


◇世の中の人々の賞賛を得ようとして成功を求めたのに/得意にならないようにと失敗を授かった。


◇人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに/あらゆることを喜べるようにといのちを授かった。


◇求めたものは一つとして与えられなかったが/願いはすべて聞き届けられた。
◇神の意に添わない者であるにもかかわらず/心の中で言い表せないものはすべて与えられた。


◇私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されていたのだ。


【A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED】

I asked God for strength,that I might achieve.
I was made weak, that I might learn humbly to obey.
I asked for health, that I might do greater things.
I was given infirmity, that I might do better things.
I asked for riches, that I might be happy.
I was given poverty, that I might be wise.
I asked for power, that I might have the praise of men.
I was given weakness, that I might feel the need of God.
I asked for all things, that I might enjoy life.
I was given life, that I might enjoy all things.
I got nothing that I asked for—but everything I had hoped for.
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!
"

天の訓練(人生の師)は偉大であることを深く表す名もなきポエムです。


「山水蒙」の各爻(こう)の爻辞(こうじ=爻の解説文)は次の通りです。



【山水蒙(さんすいもう) 爻辞原文と爻辞読み下し文】


初六 発蒙。利用刑人。用説桎梏。以往吝。


初六 蒙(もう)を發(はっ)す。用(もちい)て人(ひと)を刑(けい)するに利(よろ)し。用(もちい)て桎梏(しっこく)を說(と)く。以(もっ)て往(ゆ)けば吝(りん)。



【初爻の解説】



「刑」は刑罰、「桎梏」は手かせ足かせのこと。「無智蒙昧の者がいる。刑罰を用いるぐらいに厳しい態度が良い。わかれば手かせ足かせを外してやる。いきすぎた仕打ちは良くない」。物事の始めに当たっては厳しい態度で臨むべきですが、限度は知っておくことです。


九二 包蒙吉。納婦吉。子克家。


九二 蒙(もう)を包(くく)る 吉(きつ)。婦(ふ)を納󠄁(おさめ)る 吉(きつ)。子し) 家(いえ)を克(こ)くす。



【二爻の解説】


「包」は包容すること。「道理のわからない者を包容し、妻を迎えて吉。子がよく家を治める」。良き指導者の態度です。縁談のある人は 乗ってみて良い。



六三 勿用取女。見金夫不有躬。无攸利。


六三 女(じょ)を取(と)るに用(もち)うる勿(なか)れ。金夫(きんぷ)を見(み)て 躬(きゅう)を有󠄁(ゆう)せず。利(よろ)しき攸(ところ)无(な)し。


【三爻の解説】


「その女を妻に迎えてはならない。金持ちの男とみれば近づいて、身持ちが悪い。良いことはない」。文字通り、縁談は避ける時。金持ちの男を目当てとするような打算的な行動では、良い事はないでしょう。金銭のトラブルに巻き込まれないよう心すること。



六四 困蒙吝。


六四 蒙(もう)に困(くる)しむ。吝(りん)。


【四爻の解説】


「無知蒙昧の愚かしさに苦しんでもどうしようもない」。あなたが孤立無援なのは、人の忠告もろくに聞かないからです。人からわからず屋といわれないよう頑固な考え方を改め、教養を高めること。



六五 童蒙吉。


六五 童蒙(どうもう)。吉(きつ)。


【五爻の解説】


「学ぼうとする幼子のように素直で謙虚だ。吉」。何事も学び取ろうとする素直な態度があなたを大きく成長させます。先輩の意見を素直な態度で求めること。



上九 撃蒙。不利為寇。利禦寇。


上九 蒙(もう)を擊(う)つ。寇(あだ)を爲(な)すに利(よろ)しからず。寇(あだ)を禦(ふせ)ぐに利(よろ)し。


【上爻の解説文】
「寇」は敵、賊。「思い上がった無知の者を厳しく指導する。この者が他人に対して迷惑とならないように、また、この者が他人の憎しみを買わないようにするのが良い」。下手に敵を作らないように言動に注意する時。今は守りの姿勢に徹すること。




   ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。






☆--------☆--------☆-------☆

 
 



 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。



 
 
 



















 

 



















テーマ:

ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。


4月中盤に入り、新しい環境に少しずつ慣れ始める時期になりました。


進学、就職そして転職してジワジワと緊張がほぐれ始める時期です。

 

若い人だけでなく、中年期に転職する人にとっては、自分の人生の大きな転機ですね。

 

4月中旬は本格的にスタートを切る上で「緊張と弛緩(しかん)、張りと緩みが不規則に訪れる助走期間の運勢」と言えるでしょう。


日本人にとっては新たな1年を過ごす上で指針となる何らかのライフコンパスを求めるものです。



これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。



  全国各地から福岡、天神、六本松にやってきて
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館する方々がどんどん増えています。


しかも、自分の開運、家族の開運のためにどうすれば良いか、熱心にお尋ねになっています。


4月15日(日)、16日(月)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館天神店 では深川宝琉による開運鑑定を行っています。


4月17日(火)~21日(土)午前11時~午後7時の時間帯、宝琉館のプロ鑑定士メンバーたちによる開運鑑定会は
宝琉館天神店 で行っています。


深川宝琉による鑑定はこの期間、宝琉館天神店か宝琉館六本松本館で行っています。


福岡占いの館「宝琉館」 では、様々な占術の観点を含め、開運のために深く、直接鑑定していきます。



関心のある方は
福岡占いの館「宝琉館」 にご来館ください。


直接鑑定を希望の方は鑑定申し込みフォーム あるいは電話、福岡占いの館「宝琉館」 のウェブサイト からお申し込み下さい。


直接鑑定ができない方は公式ウェブサイト「天地人の運勢鑑定」 からネット鑑定をお申し込み下さい。福のある充実した人生を送っていきましょう。





   ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★ ―― ☆ ―― ★







4月も中盤になり、新入生や新社会人、新職場の人は少しだけその環境やすることに慣れてくる時期です。


少しだけ友達もできて、そろそろ歓迎会以外に1回は遊びに行ったり、「Aさんと話した?どんな人かな」とか「あの人はこう見える」「Bさんの第一印象は」なんて話し始めているころです。


以前からの友人に会って「この職場(学校) はここが苦手」など、愚痴を少し言いたいために早くも「同窓会」を開こうと計画している人もいますね。


ある程度、職場や学校の環境に慣れてくると、そわそわしていたハイな気分がクールダウンしてきます。


自分を少し冷静に見ることができるようになるのです。


受験生が寝食を忘れて勉強してようやく合格して、4月は新しい環境でワイワイできる時期。



でも、ゴールデンウイークを過ぎた頃から大きな目標を達成して「次の目標」が見つからず、自分の目標がどこにあるかわからないで、ついついボーっとしたり、目標がないため情緒不安定になったりすることがあります。


これが五月病ですね。


社会人も同じです。



4月はバタバタと忙しかったり、研修期間なで、まだまだ馴染めなかったり……。


やはり、5月のGW、長期連休でだらけてしまい、連休明けに、ボーっとしがちになる。


心のバランスを壊しがちになり、鬱(うつ)状態となりやすいのです。



学校や職場で、この時期に心身のバランスが悪くて、休みがちになる人がいますが、私が今まで実占鑑定していて思うのは、この時期に相談に来る方々には、いくつか共通点があって、なるほど、と感心させられることが多い。


かなりの頑張り屋。燃え尽き症候群になりやすいタイプが多いです。



4月(4月5日~5月5日)と5月(5月6日~6月5日)は辰巳(たつみ)月であり、辰巳空亡(辰年と巳年が天中殺あるいは辰月と巳月が天中殺)の人にとっては、この傾向が強くなるでしょう。


五月病は一般的に一、二ヶ月で治るとされていますば、これも辰巳空亡という二ヶ月と重なっていて興味深い一致です。



別に、五月病になりやすい人だけが、春の時期に占いの鑑定を受けに来て下さるわけではなく、定期的にご来館されたり、ネット鑑定を受ける方もいますし、熱心に開運の方法を探っていこうとします。


ただ、比較的に四月の時期は、ソワソワ、ザワザワ感があり、生命の息吹と躍動が目に見える形でわかる時期ですので、心もざわつきます。



そのざわつきの「震(ふるえ)」をうまく、自分の運気のリズムに生かすことが大切ですね。


易で言えば、震(しん)=雷(かみなり=らい)。


震為雷(しんいらい)の象意を見ていくと、この時期の深い「時」の流れと対処法がわかります。


ちょっとしたハプニング、驚きがあって、心がハッとしますが、それが、後で喜びに変わるという意味があります。



あるいは、やじさん、きたさんが江戸八百八町で「てーへんだ!てーへんだ!」とどうでも良い事で騒ぎまくっていても、結局、何も大したことがない。ただ、ザワついただけという状態。


こんな運気の時に、どんな対処をすれば良いか。


しっかり、じっくりと鑑定を受けて四月、五月を乗り越え、夏へ向かう準備をしていきましょう。


ネットでも鑑定は可能ですし、いつも通り、しっかり鑑定をしていきます。

電話予約やネット予約をしている方が優先となりますが、突然、すぐに鑑定をしてほしい方もいますので、連絡していただければ、調整していきます。






   ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆



敵を知り、己を知れば百戦危うからず。


公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」本格仕事運鑑定で適職運、就活運、仕事運、転職運を知り、自分の「軸づくり」をして短期決戦の就活成功のセオリーを培っていきましょう。


【本格仕事運鑑定コース】
…適職、転職、能力、今後の生き方、人間関係をアドバイス。
…5,000円、1万円各コース。


公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 では、本格的な仕事運の鑑定がお陰様で好評です。


ご依頼として「四柱推命基本コース(3000円)」+「オプション-仕事・適職・転職運コース(1500円)」を選択される方がいるのですが、「本格仕事運鑑定コース(5000円または1万円)」の方がより仕事運が本格的に分かりますので、ご説明することが多いです。


仕事運に関しては、組織の中にいての上司や部下との人間関係、組織改編による異動への不安や葛藤が悩みの種となるケースが多いものです。


いかにご本人の置かれた立場を客観的、冷静に見通し、将来を見据えてどう行動するか、様々な占術の深い角度から紐解いていきます。


関心のある方は公式ホームページ「四柱推命 天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。


解決の糸口が見つかる一助として下さい。






☆--------☆--------☆-------☆

 
 



 

【運命学スクール 宝琉館】

運命学スクール「宝琉館」 館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403


※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。


鑑定予約 ℡090-3416-6230
 

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)


■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。


《ホームページ》
天地人の運勢鑑定

関心のある方はご覧下さい。

【占い開運館ホウリュウ(宝琉館)のルートマップ】

Fukuokachikateturute  開運館ホウリュウ(宝琉館)は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。


博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅

六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。


福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。


場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。