昔のネタを引っ張り出して、ちょっと懐かしくなって、加筆修正して更新します。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓昔のまんま↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


今日はフジテレビで「星に願いを」 がやっておりました。
プラネタリウムを自作した大平貴之さん の話です。(多分今はすんごい繋がりにくい)

やっぱり星はいいですね。
星空は一番です。
番組の中で堂本剛が上司から趣味で有休をもらうところ。
「趣味なんです。自分の時間でやっているし、仕事もきちんとやっています。誰にも迷惑かけていません。趣味だからつらくたって、誰にも文句を言えないんです。」
「始めてしまったんだから、完成させるしかないんです。」
だっけかな?
俺が大学まで来ることになった理由は宇宙に興味を持っていたから。
宇宙に興味を持っていたというより、星に気興味を持って、そんで神話に興味を持ってた。
それを高校時代まで引っ張って、それで宇宙とか星を勉強したいなと思って、大学受験。
一番行きたかったことは天下の東大。
でも断念。
宮城のほうにある国立大学の理学部には、
宇宙惑星物理学っていう講座があってそこに行きたかった。
まぁそこは落ちて結局は今の大学にいるんです。
でも後悔はしてません。
てか後悔しないように今を頑張って明日を変えていくんです。


記:2005-08-26 23:21:18
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑昔のまんま↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



結局今は、宇宙にはまったく関係のない、IT業界でさらに自動車業界のシステム作ってるから、全然関係ないことやってる。

けど、上にも書いてあるように、後悔はしていない。


後悔だと感じない為に、今を生きる。

その気持ちに今も昔も変わりはない。



俺の友人のmixi日記に書いてあったけど、


「後ろを振り返ることは出来ても、後ろに進むことは出来ない。」


「後ろばかり気にして前をしっかり見ていないと、小さなことに足元を取られる。 」


「何に足元を取られたのか気にしすぎると、また後ろばかり見ることになって、再びつまづく。 」


「見るべきは前。一歩を踏み出す足元。 」



なかなかいいことを言ってます。

この発言のネタが麻雀っていうのが、彼らしいけどね。


後ろを振り返ることはできるし、しょっちゅう振り返ってる。

けど、後ろには進めない。

できるのは、今に留まることと、明日の為の道を変えること。


今に留まることは、簡単だ。

時には必要なときもあると思う。


でも、今に留まってばかりではいられない。


やはり、毎日を少しずつ変えていかなきゃ。


どう変えるべきかははっきりしてないけど、

少しずつ、少しずつ、変えていこう・・・。







AD