1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-29 17:20:00

さくらは天国へ羽ばたく。

テーマ:インコとジュウシマツとチームヤドカリ

 

1人暮らしをしてから長年、苦楽をともにしてきた、もはやペットではなく、

 

大切な大切な相棒だったさくらが3月23日19時30分頃、天国へ出掛けてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13才と5カ月。

 

享年14歳でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日。

 

あの悲しみの晩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの高齢ゆえ、覚悟の毎日を送ってきたつもりですが、

 

それでも最期の覚悟を決めるだけの時間もありませんでした。

 

たった数十秒のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくらはお昼間、ストーブの入ったカゴの上でビニールにくるまって暖をとりながら、

 

お昼寝して留守番しています。

 

 

 

 

 

私が帰ってきて、玄関ドアを開ける音が聞こえると、

 

 

ギャギャギャー!!とアマゾンのジャングル風に大声で叫んで、

 

自分の持ち場であるソファのほうに飛んでいき、ぬいぐるみの横で私を出迎えるのです。

 

 

 

毎日、変わらない光景でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日も私は帰ってきて玄関ドアを開けて、さくらのシャウトを聞き、

 

「ああ、今日も元気でいてくれた」

 

と安堵し、

 

カギとカバンを置いて、部屋の戸をガラリと開けると、

 

さくらはジュウシマツさんのカゴの上に飛んでいき、

 

左右にふらふら~と体が揺れ始めました。

 

 

 

 

 

 

 

脳に深刻な症状があると一瞬で理解し、大急ぎでタオルを広げて、こっちにおいで、と。

 

外から帰ってきてすぐで手が冷たかったのでタオルにしましたが、

 

今思えば、最期ぐらい手の上に乗せてあげたかった。

 

でも彼女は日頃から私の冷たい手を嫌がってましたので、仕方ない、か。

 

 

 

 

 

 

さくらはもう立っていられなくて、おなかをべちゃっとつけてなんとか体を支えていましたが、

 

タオルを広げると、一生懸命飛び込んできました。

 

 

 

 

 

ソファに連れていき、下ろすと、すぐ、

 

パクッパクッと初めて聞くような声を出しながら、翼を大きく広げ、

アゴをすくい上げるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしい下顎呼吸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうダメなんだ、もうさくらは逝っちゃうんだ、病院も何をしても間に合わないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

驚きと混乱と諦めと絶望のまま、

 

死の呼吸もたった5、6回のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくらは首まわりがおハゲちゃんなので、わかったのですが、

 

普段、ピンク色の地肌が、すでに怖いぐらい真っ青になっていました。

 

 

 

 

 

すでに呼吸が止まったことも理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

手の上に広げたタオルの上で、さくらはゆっくりと、翼をもとに戻し、

 

静かにまぶたを閉じていきました。

 

 

 

 

 

きっと苦しむことなく、足ももがかず、目もちゃんと閉じて、

 

寝てる体勢のまま、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9歳か10歳の頃、病院で 「平均寿命すれすれ」と言われ、

 

さくらとのお別れの時が現実味をおびて意識したあの日から、

 

毎日、さくらの長寿に感謝しながら、覚悟もそれなりにしてきた日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、最期のお別れはたった1分か2分でした。

 

 

 

 

 

 

 

さくらは死にそうになりながら私の帰りを待っていたわけではないのです。

 

だって、いつも通り、お帰り、とギャーギャー叫んで飛んでいったんだもの。

 

さくらだってまだまだ生きるつもりだったんだと思うもの。

 

本人も驚いたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はずいぶん若い時から足マヒの持病がありました。

 

最初の2回の発作はかなり大きく、足がグーのまま開かなくなったり、歩けなくなったりで、

 

感覚が無いのが気持ち悪いらしく、自分で噛みついて流血という2次被害まで出ました。

 

 

 

 

 

 

 

レントゲンは撮ったものの、骨には異常無し。

 

精密検査は出来ないので確定診断はおりませんでしたが、

 

●脳神経

●脊髄

●坐骨神経

 

いずれかの神経疾患だろうと、堺のお父さん先生はおっしゃってました。

 

それから、たまに小さい発作が起きて、止まり木から落ちたりもしましたが、

 

数分程度でもとに戻っていました。

 

 

 

 

 

 

 

ここ半年ぐらいはごく小さな発作が頻発するようになったのですが、

 

病気の確定ができないことには治療も出来ませんし、

 

そもそもこんな小さな体で治療が出来るのか、わかりませんが。

 

 

 

 

さくらの人生後半は、夕陽ヶ丘の息子さん先生に診ていただいてましたが、

 

先生は、「もしかしたら脳梗塞かもよ」とおっしゃっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最期の日に私は、やっぱり脳梗塞だったのだと確信しました。

 

ずっとお昼寝していて、お帰り、とソファに移動した瞬間に、おそらく血栓が脳にとんだのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという理想的な人生の幕引きなんでしょう?

 

 

 

 

 

前日も変わりなく、ごはんを食べ、飛び、歩き、私が捕獲できないほどのスピードで走り、

 

おやつのパンも私の肩のうえで、いつも通り口うつしで食べ、

 

止まり木に止まって眠り、

 

亡くなる日の朝もいつも通りの目覚めでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お葬式は中1日あけて予定し、それまでゆっくりさくらと向き合うことが出来ました。

 

 

 

仕事に行っている間は、大好きだったぬいぐるみの陰で寝てもらい、

 

夜は彼女のテリトリーであるソファの上に寝かせ、

 

私はその横でざぶとん敷いて毛布持ってきて、最後の添い寝をしました。

 

普段から顔をべちゃっと横向きにして鳥らしくない寝方をしている子だったので、

 

いつも通りの寝姿でした。

 

 

これは生前の寝姿ですよ。

 

永遠の寝姿もこんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部屋のなかが彼女の世界のすべてだった箱入り娘のために、

 

葬儀場に向かう前に、部屋のなかを連れてまわりました。

 

まわるほど広くないんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さくちゃん、カゴの上のほかほかビニールは良いアイデアだったよね。

基本、ずっとそこにいたよね。

 

 

さくちゃん、いつのまにかソファの上は完全にあなたの持ち場になってしまったね。

私はもう長いこと座ってないよ。

 

 

さくちゃん、私が帰ってきて着替えをすませて洗面所に立つと、急いで飛んできて、水浴びをしたね。

顔しか洗えてなかったけどね。

 

 

さくちゃん、水浴びのあと、カゴ掃除して、終わったら、一緒に台所にいたね。

私がごはん作ってる間、肩に止まって監視していましたね。

 

 

そして、炊きたてのごはんを最初に食べるのはさくらさんでしたね。

 

必ず、口うつしでないとゴキゲンが悪くなってしまうので、飼い主の食事はさくらさんが満腹してからでした。

 

 

 

そのあと、またカゴ上のビニールにくるまりながら、私が食べ終わるのを見張り、

 

お箸を置いたとたんに飛んできて、手の上で寝ていたね。

 

 

 

もっともっと若い時はお風呂にまでついてきて、浴槽のフチに止まってお水なめてたね(笑)

 

 

さくちゃん、インコ立ち入り禁止部屋にもコッソリ入って紙を食いちぎりまくりでしたね。

噛みかけの紙、捨てられないよ。

いつも私に見つかってスグ連れ戻されてたけど、今日はゆっくり部屋を眺めてみてね。

 

 

 

 

 

 

お部屋のなかを小さな小さな最後のパレードをして、

 

先代、先々代のワンコがお世話になった宝塚動物霊園までドライブです。

 

 

 

土曜日で妹が車出してくれたので助かりました。

 

あの日、私の運転ではきっと危なかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物霊園の草分け的存在の宝塚動物霊園にて、

 

「コザクラさんの10歳以上はあまり聞いたことがありません」

 

 

 

そうか。

 

やっぱりさくらさん、長生きでしたね。

 

飼い主の責任を少し、肩からおろせた思いです。

 

火葬場の方も、

 

「年をとるとお骨が赤茶けてくるのですが、この子は真っ白ですね。」

 

「頭のお骨もしっかりしていて、ちゃんと拾えると思いますよ」 と。

 

飼い主の努力やお世話の成果じゃない。

 

だって全然いけてない飼い主だったもの、私。

 

さくらが持って生まれた強い体だったんだ。

 

しょっちゅう通院はしてたけど、基本的に強い子だったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年2回お参りする地元の神社で、

 

まず、とにかくさくらを元気で生かしてやって下さい。

 

私の寿命をわけてやって下さい。

 

 

 

 

 

 

何回もお願いしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

願いが叶ったかどうかはわかりませんが、

 

長らく患うことなく、痛むことなく、苦しむことなく、最期を迎えることができて、

 

それは神様に感謝、です。

 

 

 

 

 

 

 

あの日、いつも行くスーパーに寄らなかったので30分帰宅が早かった。

 

何故かその日は、行くのやめておこう、って思ったの。

 

仕事終わりのネット遊びもそこそこに早く帰ったの。

 

 

 

 

買い物していたら、さくらの最期に立ち会えなかったかもしれない。

 

最高のタイミングを神様ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飼い主のエゴ満開で言わせて貰えれば、

 

 

 

 

さくらはどこにも行かない。

 

生まれ変わらない。さくらはさくらのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

火葬の時に書く太いお線香にも、

 

「いってらっしゃい、すぐ帰ってくるんだよ」と。

 

そして火葬後、そのお線香の文字も残りますので、お骨と一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

 

通常、四十九日にこの世から旅立つとされてはいますが、

 

さくらはその日に私のもとに帰ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

天国のパスポートにハンコだけ押してもらって、スグ帰ってくる。

 

夏休みのラジオ体操みたいなものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊園では、ペットちゃんのことを「お子様」と呼んでいただけます。

 

四十九日の日、さくらは正真正銘、私のお子様になる。

 

 

 

 

 

 

これからもずっと一緒に暮らします。

 

お骨はいずれ私の骨とMIX、シェイク♪シェイク♪してもらって、一心同体になります(*^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、ソファの上で大好きだったぬいぐるみの横で仮のお仏壇。

 

 

 

 

 

ちゃんとしたお仏壇とお位牌のデザインを思案中☆

 

 

 

 

 

葬儀の時に写真を持っていきますと、

 

係の方に、

 

「まんまるですね(*^^)」って。

 

 

 

 

13才過ぎてると言うとびっくりされ、

 

そこまでのご長寿は私、初めてです~、でも羽の発色も大変綺麗ですねって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった。

 

 

とにかく、すべて、よかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※前記事、前々記事にいただいているコメントのお返事も出来ていません。

ごめんなさい。

おいおい、お返事させていただきますので、今回はコメ閉じでお願いします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-23 17:00:00

ひとりスノーボード部2017@高鷲SP&ダイナ

テーマ:趣味

 

皆様こんにちは~

 

全身筋肉痛ヨレヨレのゆみバアですよヽ(*・ω・)

 

 

 

 

 

 

年イチボーダー今季2回目。これでノルマ達成(笑)

 

 

 

 

だが、思わぬところに試練が。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何年ぶりかわからんほど久しぶりの夜発バスで出かけたのですけど、

 

4時間で着くとこを7時間かけて行くのよね・・・

 

で、ひどいバス酔いしてもーたー(つД`)ノ

 

まさか酔っ払うなんて思いもしないから、酔い止めも持ってないし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって途中で下道に降りるんやもん~

 

普通のほっそい道をバスであっち曲がったりこっち曲がったりしてめちゃくちゃ揺れるから、

 

下道おりてソッコーで酔っ払った!(笑)

 

 

 

普通に高鷲まで高速で行けよ・・・なんで下りてまうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣の女性もおひとり様で、

 

「ひとりって楽よね爆  笑 気ぃ使わんでもいいし、好きなとこ滑れるしw」

 

ってケラケラ笑って気さくな方で、

 

ひとりで雪山行く私を周囲は変わり者呼ばわりするんだけど、

 

 

 

私だけじゃなかったッ

 

 

 

って安心しつつ、

 

 

 

 

酔っ払ってからは、しゃべるとゲロッピが出そうになるので

↑やめい!

 

黙りこくってたら、冷やしたウィダーインゼリかアイスノンか知らんけど、

 

おでこに当ててくれて、「きっと疲れてたんやねー」って。

 

 

 

 

うー・・・優しさが沁みるぅえーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なんとかかんとか到着して、

 

とりあえず今回は雪山同好会の方と待ち合わせしていたので、

 

必死に準備して、ヨロヨロとゲレンデに登場☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日に季節はずれの積雪があり、しかもお天気は上々口笛

 

コンディション的には最高でしたー!

 

 

 

今回の雪山同好会の方はもともと水曜日がお休みと伺ってましたので、

 

車屋さんですか、と聞いてみると、

 

同業のイケメン爽やか不動産屋だったチュー

 

 

 

 

 

 

 

ま、水曜が定休の人ってたいてい不動産か自動車関係の人だしね。

 

 

 

 

 

 

しかもごく近い市内の業者の人だったので、

 

スキーゴンドラの中でローカル地域の土地相場について盛り上がるw

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、リフトを使わず、ゴンドラ移動を繰り返していたので、

 

この揺れがさらに酔いをパワーアップさせることになり、

 

この方の超絶イケメンぶりをもってしても私の体調改善には効果がみられませんでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーしかし、めっちゃ上手いし!

 

スタンスはグーフィー、

 

猛スピードのフリーランに加え、グラトリ、キッカー、ジブアイテムもこなす!

 

 

 

 

 

 

男前はどこまでいっても男前なのだな。。。

 

 

 

※私はレギュラースタンスなので、グーフィーの人と向かい合わせにリフト降りて滑ってゆくのが好きなのですてへぺろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとヘタレなうえに体調不良もあって、ついていくのに必死!

 

お待たせして足引っ張るのは申し訳ないので。。。

 

結局、気分悪すぎてなんにも食べれず、朝から夜まで水のみで頑張りましたてへぺろ

 

 

 

 

 

 

お昼ぐらいからは、同じ雪組←なんやねんそれ の方達がダイナのほうにいるという情報で、

 

探しに2人で出かけていきました☆

 

 

 

 

 

 

 

で、無事に合流できて、男3女3のグループでご一緒させていただきました。

 

男の人の豪快な滑りも見てて尊敬&感動だけど、

 

女同志、似たようなレベルだったので一緒に滑ることが出来てすっごく楽しかったです。

 

 

 

しかもまたまたご近所さんだったようで、地元の話に花が咲きました照れ

 

 

 

 

 

 

 

男子上手すぎ、豪快すぎ!

 

レールからのキッカーってどんな度胸試しコースですか

(;・`ω・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖くないの!?て聞いたら、全然♪って。

 

 

 

で、最後に、

 

 

 

 

 

全員で連続でキッカー跳ぶでーって誰かが言いだしたんだけど、

 

女の子2人が気付かず、スイスイっと下りてしまったので、

↑逃げたのか?

 

 

 

 

 

 

 

ハイ、あなたからどうぞ~♪って言われたんだけど、

 

「私、無理です、、、こわくて出来ません」って言ったら

 

雪組リーダー(笑)が

 

 

 

 

 

「あーもうそういうこと言ってたら一生そのままだから」

 

 

 

 

「スタート地点ってなってるトコからそろっと入って、最悪跳ばずに傾斜なめて抜けたらいいから。 さ、行ってー♪」

 

 

 

 

まさに的確。

的を得たお言葉ですこと。と妙に納得。

 

 

 

私は一生「出来ません」を叫ぶんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で一応、、、入りました、、、キッカー、、、

 

 

入っただけやで(笑)

 

 

 

 

 

でも確かにほんのちょっとだけ恐怖心1%ぐらいだけは減ったような気がするわ真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーランでもそうだけど、

 

ふだん1人で気楽にのたりのたりやってるけど、

 

たまにはこうやって皆さんとご一緒させてもらって刺激もらったほうがよいなーニコニコ

 

 

 

楽しかった~ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番後ろの女子が知らん間に雪組ショット撮ってくれてた。

 

 

 

 

食事休憩とかもナシで滑り倒したので、十分堪能。満喫。

 

4月も行こうかなって思ってたけど、

 

今季はこれでもう納めてもいいかなー照れ

 

ゆみバア頑張ったしなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキー場ではケータイの電池の減りが異常に早いので、

 

届きたてのモバイルバッテリーがさっそく大活躍でしたわー。

 

 

 

 

これは便利。

 

これは使える(*´艸`*)

 

 

 

 

 

 

WE ARE X。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2017-03-18 13:41:01

ジュウシマツメンバー表とライブ発表キタ!

テーマ:インコとジュウシマツとチームヤドカリ

 

皆様こんにちは~(・∀・)/

 

3連休ですね☆

私は仕事ですが、当店はこの業種にしては珍しく祝日・連休はゆっくりな感じですので、

ゆるやかに過ごしております。

 

 

 

 

 

 

さて。

 

ジュウシマツベイビーですが、順調に育っております。

 

 

 

 

 

前の日記を書いた日の夜だったかなぁ・・・

 

真夜中に突然ジュウシマツ達が何かに驚いたようにバタバタと騒ぎだて、

しばらく収まりませんでした。

 

 

 

以前、というか最近ですが、1月に新生児が生まれた時にも同じように夜中に騒ぎが起きて、

翌日亡くなっていた、という悲しい事件がありましたので、

 

↑ オトナ達が暴れた瞬間に頭蹴られて死んだのか、ヒナが死んでるのに気付いてオトナ達が驚いて暴れたのかは不明ですが。

 

 

 

 

今回も、「あー、、、1匹死んだんやわー泣」って思いまして、

 

朝、確認するのがコワかったんですけど、嬉しいことに全員無事でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもそのうえ、、、

 

 

 

 

 

 

 

もう1匹増えてました・・・(;´▽`A``

 

 

 

 

 

ヽ(*'0'*)ツ

 

 

合計ヒナ5匹です。。。

 

 

なんか今回すごいことになってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の鳥さんでは一般的な数のヒナさんなのですけど、

 

うちは少子傾向にありまして、1匹かよくて2匹しか生まれなく、

 

しかもそのうちどっちかが育たないこともありまして。

 

 

 

 

今回一気に家族が増えることになります( ´艸`)

 

 

 

 

飼い主は写真が撮りたくてたまんないんですけど、ヒナはともかく、

 

親たちの負担になるといけないのでガマンしてます☆

 

基本、巣のなかもあまり覗いてはいけないらしいんですけど、

 

そこは遠慮なくガン見させてもらってます♪

 

 

 

 

 

今までの少子の我が家では、ヒナの給餌が強烈なんですよ(笑)

 

普通、ヒナがずらっと並んでて、親鳥が交代で一生懸命エサやりして、

 

なかなか順番まわってこないヒナもいて、ちゃんと貰えてるのかしらって不安になったりするじゃないですか?

 

 

それがエサやりしたいオトナ達がうちは数羽いるもんですから、

 

たった1羽のヒナをオトナ達が囲い込み(笑)

 

順番にワンコそばならぬ、ワンコ給餌( ´艸`)

 

ヒナさん、一生懸命息継ぎして連続給餌(笑)

 

 

 

1番最近の子供だったくわいなんか、5羽ぐらいのオトナに囲まれてお世話されてましたからね(*^o^*)

 

まだ自分も子供のなすびまでもがくわいにエサやりしようとしてましたから。

 

オトナ達にやめさせられてましたが。

 

 

 

 

 

 

 

今はさらになすびもくわいも立派なオトナになりましたので、さらに賑やかな子育ての毎日となております。

 

今回はヒナさん5匹いるので、育ての親たちがたくさんいてちょうどいいぐらいですね。

 

 

 

 

 

ジュウシマツのヒナって鳥のなかでも最小クラスだと思うんですよ。

 

ほんっとに小さくて生まれた初日は声も出せないぐらい。

 

ヒエアワの粒々もきっと飲み込めないぐらい小さいので菜っ葉メインのごはんを

 

30分置きぐらいに1日中食事してる感じで忙しいので働き手は多いほうがいいですね。

 

 

 

 

 

小さいけど成長は早いので1日でむくむくと大きくなるので、

 

1番最初に生まれた子と最後の子とではだいぶ体格差があります。

 

上の子は手羽先に軸毛が出てきて、母ぶちこ譲りの白い羽根のようです(*^o^*)

 

 

 

 

 

 

とにかく菜っ葉の消費量がものすごく、朝の1回だけでは足りないので、

 

夜、仕事から帰ってきたら2回目の菜っ葉をあげるのですが、またたくまになくなります。

 

子供がいない時は菜っ葉が余って遊んでちぎって落としたり、もったいないことをしてましたが、

 

今は菜っ葉がないと子供たちが困るのでオトナ達はまるで打ち合わせをしたかのように

 

全員、下に落とさずに丁寧に丁寧に食べてはります。

 

 

 

 

 

 

なんかそういう些細なこともすごいなーって毎日感心しながら観察してます。

 

飼い主の知らない間にオトナ達が「菜っ葉は大切に食べよう」ミーティングでもしているのか、

 

それとも以心伝心? 目と目ぇ~で通じあう~♪ みたいな感じなのか?

 

連携がすごいなーって:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族が増えてきたのと、飼い主の記憶力が不安なのとで、

 

一覧表を作りました。

 

 

 

これだけいるといろんな性格の子がいて、

 

ヒナ時代、飼い主旅行中に何回も巣から落ちて手を焼いた腕白小僧のよもぎ&ごまめは

 

オトナになってもやっぱり腕白小僧で物おじしないし、好奇心旺盛で、

 

カゴ掃除中にもよく脱走します。

 

 

 

 

 

他の子は 「掃除ですよー」っていってカゴの引き出しを開けるとおびえて上のほうで

 

固まっているのですが。

 

 

 

 

最近、よもぎ先輩のマネをしてなすび&くわいまで腕白小僧になりつつある今日この頃・・・

 

 

 

 

 

 

 

脱走よもぎの捕獲画像~XJAPANとともに~

 

 

なにこの反抗的な顔w

 

 

怖がりなぶちこなんかこんなふうに握ったら気絶してしまうんですよ?

 

 

 

 

 

 

よもぎめー(笑)

 

手乗りでないジュウシマツさんを触れる貴重な瞬間なので、

 

飼い主は、よもぎめーとか言いながら嬉しかったり( ´艸`)

 

 

 

 

 

ヒナ達も目が開いて立てるようになったら一度ぐらい記念撮影をしたいなーって

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話変わりますが、

 

 

きましたね!

 

 

 

XJAPANワールドツアー、日本公演有り☆

 

 

 

 

 

 

7月です。

 

大阪城ホール2DAYS

 

横浜アリーナ怒涛の4DAYS

 

よく会場取れたなー

 

 

 

ヨシキの手首とトシの喉は大丈夫かな?

 

 

 

 

 

 

いやーーーーー楽しみすぎて・・・( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

それに渋谷でファン300名招いてのサイン会だったり、ヨシキの舞台挨拶もありましたね。

 

私はもちろん行けませんでしたが、

 

世界進出しようとしている彼らが、こういった小さいめのイベントにも頑張って出てきてくれて

 

日本のファンも変わらず大切にしてくれているんだなって心が熱くなります☆

 

 

 

 

 

ディスるつもりはないけども、

 

「いつでもどこでも海外でもライブの最前列が同じ顔ぶれ。海外で俺らがやる意味わかってよ」的発言する人いたじゃない。

 

絶対無いけど、もしもヨシキがそんなこと言ったら私はファンやめるかもなー・・・

 

ヨシキはれっきとしたモーレツビジネスマンなので(笑)そんな発言はまず、しないけどね(≧∇≦)

 

日本から来てくれてありがとう、ってきっと言ってくれるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽もビジュアルもファンにたいする姿勢も超一流である彼らのファンであることを誇らしく思います。

 

 

 

 

 

 

映画もサントラも世界的ヒットおめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね照れ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。