DEATH NOTE

テーマ:

以下、これから観る人は観ないほうが良いかもな内容。












原作大好きなんだけど。


ちょっとコレは、、


「こんなのはDEATH NOTEじゃな~い!!」


という感じでした。


ストーリー大改造すること自体はよいけど、

改造の内容がね!

根本的なところを改造しちゃってるとおもう。

それをやっちゃダメでしょー。という。

南空ナオミも私的にはいじりすぎ。

読み手に対してかなりの後半まで

「もしかしたら…」

という謎を残すのが彼女の良いところと思う。



うーん、漫画や小説の映画化って難しそうだとは思うんだけど。

読者のイメージと原作自体をもーちょい大事にして欲しい。

最近人気コミックを映画化するのが流行りまくりで

撮れば売れるようだけど

なんだかなあ、、安っぽいのよね。


AD

Corps Bride

テーマ:

そういえば先輩からずーっと借りっぱなしだったDVD。

貸してと頼んだわけじゃなかったからなんとなく見ないまま放置してたけど、あまりの暇さにようやく鑑賞にいたった。

先輩から借りてるなら早くみなさいよという感じですけど…

昨日も今日も雨で自宅待機でスポーツクラブ行っても閉まってたから観てみた。

なかなか映画って好みあるから、あんまり期待してなかったけど、意外にも結構おもしろかった。

話の構成は至ってシンプル。
わかりやすい。

テンポがよいから最後まで飽きない感じ。

ちょっとホロリもあるし。
可愛くて優しいお話。

子どもも大人も楽しめるとおもう。

中でも一番感動したのはその製作方法。
CGかと思ってみてたらなんとストップ・モーション。

1コマ1コマちょっとずつ人形を動かして撮るやつ。

延々と…

ウォレスとグルーミットみたいなやつですよ。

あれよりももっと繊細な感じかな。


恐るべし。。。

AD

松子

テーマ:
おもしろかった。
テンポといい、
役者の贅沢さといい、
衣装といい、
セットといい、
ストーリーは悲しいけどコミカルに描いてる感じといい、
良かったー。

中谷さんの迫真の演技も素敵だった。

悪く言えばただの単純なんだけど、すごく純粋でキラキラして見えた。

突き放されても決してすがりつく訳でもなく、受け入れて、次へ次へと進む姿に眩しさを感じる。


人生思い通りにはならない

当たり前なんだけど
本当にそういうものなんよね

どう受け入れるかなんだよねえ
AD

嫌われ松子の一生

テーマ:

久々に公開が楽しみな映画。


理由はみっつ。


そのいち。

ボニーピンク。

ボニーピンクが好きだから。

テーマソングなばかりかなんと出演!

歌もジャジーで超好み。


そのに。

中嶋哲也監督。

下妻物語がおもしろかったから。


そのさん。

中谷美紀。

映画雑誌で立ち読みしたのだけども

あの中谷美紀が、

監督からそれはもう毎日怒鳴られ

罵声を浴びせられながら撮影したのだそう。

もう毎日毎日嫌で嫌で辞めたくて辞めたくて、、

だったのだそう。

あんなにいろんな映画とかドラマとか出てて実力もたっぷりなのに。

それ読んで、

「あ、なるほど」

と何かちょっと悟ったような気になった。

それで、見に行くべきだと。


仕事しだしてからあんまり映画みなくなっちゃったけど

これは絶対観にいく。

星になった少年

テーマ:
観てきた。

久々の映画館。

前はよく観に行ったもんだけど最近はさっぱりだった。

やっぱ映画館はいい。
いいよ。

映画は、ぞーさんが可愛かった。

次はあれだ、ペンギンだ。


そんで映画のあとは、お買い物。

久しぶりに楽しくお買い物だったけど、すでにファッション界は秋。

夏モノは売れのこり。
売れのこりで安くなってるだけで安っぽく見えて、萎えてしまう。
かといって、欲しいブランドの服はセールとはいえお高いし。


来月は残業代もいっぱいでるし。
来月に買っちゃおー!

明日は京都にでも行こー。

いいね、ふらりと行けるこの近さ!