バスバリトン 根本 龍之介 オフィシャルブログ

バスバリトン歌手の日常と活動。


テーマ:
こんにちは、お久しぶりです。

暑い日が続きますね、まだまだ油断できません。

6月と7月頭にオペラが終わり、1〜2ヶ月コンサートやオペラのお休み期間でしたが、秋と冬の公演に向けて稽古が始まっています。

一番近いのがコレ!

道化師1

道化師2

「道化師」「椿姫」ハイライト公演
ナレーション付き原語上演
2016年10月22日(土)
三鷹市芸術文化センター
風のホール
 
18:20 ロビー開場
18:45 客席開場
19:00 開演

演出・指揮 塩塚隆則
舞台監督  たきざわ勝彦
ピアノ   岩渕 静 

【道化師】
カニオ   塩塚隆則
ネッダ   八方久美子
トニオ   堀内士功
ペッペ   佐々木 睦
シルヴィオ 根本龍之介
村人1   加藤 航
村人2   堀田高弘

【椿姫】
ヴィオレッタ  平川玲子
アンニーナ   中村 文
アルフレード  稲垣 優
ジェルモン   青木貴義
ガストン    加藤航
グランヴィル  田中拓風

コーラス:コール フォレスタ
   コール ARTE Jr
  
全席自由 3000円

※未就学児のご入場はご遠慮頂いております。

<風のホールアスセス>
JR三鷹駅南口より徒歩15分(1.2km)
<バスご利用の方>
★JR三鷹駅南口
・(4)(5)バス乗り場から3つ目「八幡前・芸術文化センター」下車
・(6)(7)乗り場から「八幡前」下車1分
★調布駅北口(13)乗り場より「八幡前・芸術文化センター」下車
<お車ご利用の方>
★地下有料駐車場がございます。

歌の森工房
 utanomorikoubou@gmail.com


再び道化師をやります!シルヴィオです!

何回カニオに殺されればいいのだろう…

風のホールは本当にいい音響のホールということで、とても楽しみです。

稽古をして、歌った瞬間にシルヴィオのキツさを思い出しました。

あぁ、こんなに高音多用して…(´;ω;`)


さぁ、そして2017年1月17日には杉並公会堂で「ホフマン物語」全曲やります!

かねてから夢見てた悪漢の四役!
リンドルフ・コッペリウス・ダペルトゥット・ミラクルをやります!

正直、歌う量が半端じゃなく多いこの役!

歌っていて楽しんだけれども正直かなりプレッシャーです…。

カット無し!原語上演!全フランス語!

詳しくはこちらから!


その他、多数コンサートを予定しております。

随時お知らせするのでチェックしてくださいね!

ではまた!

Ryu.N


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
見失いがちなもの


そう、それはブログを書く事。


ここの所、本当に手をつけてなかったですすみません。


この数ヶ月をまとめて…


{3D876162-EB3D-44F5-A11B-D9306DB2266D}


{B0C5A9AD-2807-4F1B-92A5-F8E7632CAD26}


6月末には鎌倉芸術館大ホールでヴェルディの『椿姫』でグランヴィルを、

藤原歌劇団のウクライナ出身のソプラノ。

オクサーナ・ステパニュックさん。

素晴らしい歌声だった。


そして、7月には埼玉オペラ協会の本公演、林光作曲。『あまんじゃくとうりこひめ』のとのさん。

彩の国芸術劇場小ホールにて!

{EF509DCA-9C02-4A53-B5C9-D262F1FF001A}

演出は岩田達宗さんでした。

熱い稽古で、オペラに向ける心を勉強させていただきました。

そして、変態とのさんを目指して躍進しました。

写真だけみると本当に危険人物だ(笑)


そんな夏、、、



夏といえば、今月の末にドバイでオペラハウスがオープンしますね。

ドバイ・オペラ ←ウェブサイト

{BE9C6C33-0DB2-42E8-BF77-978EAD42ADC2}

こけら落としは、ジュゼッペ・ヴェルディ歌劇場管弦楽団とプラシド・ドミンゴによるコンサートだそうな。

その他、カレーラスのワールドツアーや、

歌劇ならビゼーの『真珠採り』

ミュージカルなら『Les Misérables』『West side story』

とラインナップがすごい。

生唾を抑えきれないような状態だ。

きっと、著名人が詰め掛けるに違いない。

Ryu.N
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は椿姫の最後の稽古だった。

あとは、本番を残すのみだ。

ヴィオレッタ役のオクサーナ・ステパニュックさん。

これまでの稽古で、普通に仲良しなんだけれども、これまで深い話をした事がなかった。

たまたまオクサーナさんと二人で帰る感じになって、色々な話をした。

驚いたのは、常にヴォーカルスコアを手にしてる事。

稽古は終わったのに、駅でずっとスコアを片手にニコニコしながら、

「私はここをこうやって歌いたい。」

って話すんだ。

そんなオクサーナさんを見てたら、不意に殴られたような気がした。

オペラデビューが決まって、初めてスコアを手にした時の自分もこんな感じだった。

いつのまにか日常に追われてなくなってしまったデビューしたばかりの頃の自分を見てるようで、

自分の音楽に向かっている姿勢を反省した。

同時にかなり燃えた。

椿姫は初めてじゃないし、グランヴィルも初役じゃないけれど、

もう一度でももう二度でも、何百回でもスコアに向き合わなければならないと思った。

楽譜から見つかるものは無限大だ。

いつのまにか、椿姫の楽譜から何かを見つけることをやめてしまっていた。

そんな自分を見つけてしまった。

あと数日ある。

医者として、椿姫のキャラクターにどう向き合うべきか、どう言葉をかけるべきか。

楽譜をみればヴェルディがきっと教えてくれるはず。

自分にはそれを見つけられるはず。

やるぞ、最後まで!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。