財務省が21日に発表する2013年度の貿易収支は過去最大の赤字となる見通しだ。過去最大だった12年度の赤字額8兆1763億円を大きく上回る十数兆円規模の赤字が見込まれている。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」により円安が進んだにもかかわらず、輸出が伸び悩んでいる影響が大きい。こうした貿易赤字構造から脱却するには、日本企業の国際競争力を強化することが欠かせない。政権は6月に打ち出す新成長戦略をテコに、黒字転換への道筋をつけてもらいたい。 単月の貿易収支は2月まで20カ月連続の赤字で、ここまでの長期間は過去に例がない。政府が3月にまとめた月例経済報告によると、輸入は「このところ増加している」半面、輸出は「横ばいとなっている」と伸び悩んでいる。2月の平均為替レートは1ドル=102円83銭と前年同月より12・4%も円安が進んだが、輸出が増えないのはなぜか。一つは、安倍政権発足まで続いた円高により日本企業がなた豆歯磨き粉 の海外生産シフトを進めたためだ。12年の平均為替レートは同79円と、この10年間で37%も円高になったことが足元の輸出環境を悪化させた一因であるのは明らかだ。 二つ目の理由は“失われた10―20年”の間、新興国との価格競争に奔走するあまり、モノづくり産業の発展に不可欠な製品の高付加価値化を怠った日本企業が少なくないこと。収益悪化から経営の効率化に動き、成長分野への投資を抑制したことが企業のイノベーション(技術革新)を停滞させ、国際競争力を低下させてしまった。 アベノミクスによって貿易収支は黒字転換できるのか。成長分野の“岩盤規制”に風穴を開ける規制改革はもとより、日米間でなお溝が深い環太平洋連携協定(TPP)交渉の決着、さらに企業に設備投資と研究開発を促す法人実効税率の引き下げなど、山積する課題を一つひとつ解決することが政権に求められる。 他方、足元の貿易赤字は円安と原子力発電所の稼働停止に伴う輸入燃料費の高騰を反映したものでもある。だが政府はエネルギー基本計画の中で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、再稼働を推進する方針を盛り込んだ。割高な燃料コストが中長期的に是正されると期待したい。 10―20年のタームでみれば、少子化の影響によって経常赤字に陥る危険を予測する有識者は多い。財政赤字との“双子の赤字”となれば日本国債への信認が失われ、世界経済にも悪影響を及ぼす。日本のなた豆歯磨き粉 企業のイノベーション力強化による貿易収支の改善と、財政健全化の“二兎(にと)”を捕まえる施策を怠れば、日本再生などおぼつかない。
AD
全て親がかりであればお金の心配なんてせずに済むのでしょうが、私の場合、海外留学に付随するホームステイの費用も全て、高校から続けているアルバイト代で賄わなくてはいけないので、留学先を含め色々なことで頭が痛いです。いくらお金に余裕がないとはいえ失敗はしたくないし...。それどころか有意義に過ごしたいと思っていますから、今は情報を集めるのに正に「必死」のひと言。だって仲良しの子達が、バンビーナのカラコンとかを通販で買って、目元キラキラ可愛くしている横で、私は笑顔でガマンしたんだもの。将来のためにも海外留学だけは成功させたいと思っているんです。
AD

転勤!エステサロンのジレンマ

テーマ:
我が家は転勤族ということもあって、数年に1度は引っ越しをします。実は近々関西行きも決まっていて、その際、私が通うエステサロンをどうするかでもっか悩み中なんです。全国展開とはいいながらも、店舗があってほしいところにないっていうんですかね?前回の転勤では問題ありませんでしたが、さすがに今回は無理そうなんです(汗)。ちなみに1番近くて兵庫。主婦がエステサロンへ通うのに片道1時間半強というのは、少し遠いような気がしてしまって。長いお付き合いでしたけど、別のエステサロンに変えることも考えています。
AD