2014年02月10日

【@福岡】障害の視点で考える国際協力と開発目標MDGs~取り残される人のいない社会を目指して

テーマ:お知らせ
みなさん、こんばんは。

来月はNGO福岡ネットワークと共催で、福岡でセミナーを行うことになりました。

DPI日本会議の田丸さんをお招きし、開発途上国における障害者の現状、そしてMDGs/ポストMDGsが障害者の状況改善にどう役立っているのか(いないのか)、どうすべきかというようなお話を聞くセミナーです。

なかなか聞く機会のない内容ですので、ぜひご参加ください。

-----------
今回のセミナーでは、障害当事者が集まって問題に取り組むDPI(障害者インターナショナル)日本会議からゲストを招き、開発途上国における障害者の現状、課題、その取り組みについて報告していただきます。

日本ではたびたび障害者関連の福祉や雇用の話、教育や交通機関へのアクセスの問題などが話題に上りますが、政策や暮らしの面でより状況が厳しい開発途上国では、障害者はどのように暮らし、どのような課題を抱えているのでしょうか。そして、「社会的弱者」と呼ばれる人々の状況改善を目指す国際開発目標は、障害者の人々の状況改善にはどのように関係しているのでしょうか。

今回は、2000年にまとめられ、2015年までに貧困・飢餓、教育、ジェンダー、子どもの健康、妊産婦の健康、感染症、環境、先進国の責任の各分野における目標達成を目指している国連ミレニアム開発目標(MDGs)と、その後の開発目標で現在検討が行われているポストMDGs(ポスト2015年開発枠組み)についても、障害という視点から考えます。

取り残される人のいない社会を目指して、地域からできることを一緒に考えてみましょう。

日時:2014年3月1日(土)14時~17時
場所:リフェレンス駅東ビル貸会議室 会議室F 地図
(福岡市博多区博多駅東1丁目16-14リファレンス駅東ビル)

参加費:無料 要申し込み
定員:30名
共催:動く→動かす、(特活)NGO福岡ネットワーク

<ゲスト>
田丸敬一朗さん
特定非営利活動法人DPI(障害者インターナショナル)日本会議

<プログラム>
(1)講演:開発途上国における障害者の暮らしや権利についての報告とMDGs/ポストMDGsの可能性
(2)NGO福岡ネットワークの活動紹介
(3)地域からできることをみんなで話し合ってみましょう

【お申込・お問い合わせ先】
特活)NGO福岡ネットワーク(FUNN)  担当:本田
次のいずれかの方法でお申し込みください。
1.申込み専用フォームでのお申し込み
  http://bit.ly/1d1Et1w
2.メールまたはFAXの場合、下記を明記の上お申し込みください。
(1)名前(ふりがな)、(2)職業、(3)所属、(4)連絡先(E-mail)、
(5)このイベントへの期待、聞いてみたいこと、特に関心があることなどがあればお書きください。
TEL/FAX:092-405-9870
E-mail:funn@mbk.nifty.com






 2013年ご当地スタンド・アップ「ご当地賞」受賞作品
       (西南学院大学 富田・小寺ゼミ)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

STAND UP TAKE ACTIONさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。