2014年01月02日

「清水寺で世界を語る」イベントの報告

テーマ:日本のSTAND UP
みなさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、10月のイベントの報告が遅くなっていましたが、お正月ということで、このイベントを報告するのにぴったり(?)な季節になりました。それは、清水寺で行われたイベント「清水寺で世界を語る~ともに生きる国際協力」です。

このイベントは、10月14日と19日に行われました。国際協力にさまざまな形でかかわっている京都の団体が協力し、京都(そして日本)を象徴するお寺である清水寺にて国際協力イベントを行いました。そのイベントの趣旨は、こちらをご覧ください。

このイベントは、スタンド・アップを通じていろいろなご縁があって「動く→動かす」が各団体をつなぎ実施することになりました。以下写真を見ながら簡単に報告します。


イベント第1日目、10月14日(月・祝)はとても良い天気になりました。本堂と清水の舞台に向かう多くの参拝者で賑わう経堂の前。中央の屋根が経堂ですが、その前にテントを張り、この周囲で同志社中学校の生徒さんがエコキャップ集めとメッセージ集めを行い、東稜高校の生徒さんたちがアートライブ、弾き語り、スタンド・アップ写真撮影への呼びかけを行いました。そしてNGO(テラ・ルネッサンス、日本国際民間協力会、道普請人)は、活動紹介や物品販売をする机(手前左側)も置きました。奥に見えるのは三重塔です。

  
同志社中学校の生徒さんが作ったボードには「私達は世界の平和のためにどんな貢献ができると思いますか?」と書いてあります。経堂の前を通る人々に平和に関するメッセージや自分ができることを書いてもらい、このボードに貼りました。最初は声をかけにくそうにしていた中学生たちですが、だんだんと慣れ、外国人にも物おじせずに英語でメッセージをお願いしていました(右の写真)。


そして最後には日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、その他不明の言語も含め、ボードを埋め尽くすほどのメッセージが集まりました。


そしてこちらが学校でも行っているというエコキャップ集め。ペットボトルのふたを集めて再資源化し、その売却益で途上国にワクチンを寄付するという活動です。この活動がどんな問題をどう解決できるのか、説明しながら呼びかけていました。


こちらは東稜高校のガールズバンド。エレキギターとカホン(箱形の打楽器)というシンプルな編成ですが、とてもいい味を出していました。音楽だけでなく、授業で習ったという子ども兵士や世界の貧困の現実について感じたことも率直に語り、その言葉も響きました。

  
テントの中では美術部企画のアートライブ。「平和について」「理想を現実に」など4つのテーマを設け、訪れる人々は自由に好きなことを書きます。左側の写真は、「理想を現実に」というお題で描く人々。右側は「平和」をお題に完成したボードです。一人一人が持つさまざまなイメージが集まっていますが、混沌としているようでも色といい、バランスといい、なんだか調和のとれた良い感じの1枚に仕上がっていますね。

  
スタンド・アップの写真撮影ですが、14日は東稜高校の生徒さんたちが、19日は京都学園中学校の生徒さんたちが経堂の前で呼びかけてくれました。海外からの方々も気さくに協力してくれました(写真左、14日)。そして、なんとも京都らしい和服の方も参加です(写真右、19日)。


14日の最後には、西門の下でスタンド・アップを行いました。重なって一体に見えますが、階段の上の西門の背後に見えるのは三重塔です。

  
さて10月19日(土)ですが、天気が心配だったものの何とかもってくれました。この日はNGOによる展示と販売、桧垣バレエ団によるバレエの上演、京都学園中学校とNGOスタッフによるトークライブが行われました。バレエはお堂の中でお釈迦様の前で行われ、「オーベールのパ・クラシック」(写真左)と「瀕死の白鳥」(写真右)が上演されました。バレエによる表現はやはり世界共通語のようで、日本人だけでなく多くの外国人も魅了され、足を止めて見入っていました。

  
そしてトークライブですが、写真左のように経堂の縁側の左側に京都学園中学校の生徒さんが、右側にNGOスタッフ&インターンが数名ずつ座る形で行われました。京都をベースに開発途上国で活動するNGO(テラ・ルネッサンス、日本国際民間協力会、道普請人)が、各団体の活動を説明し、それに対して中学生が質問をぶつけるという形で進みました。生徒さんは途上国に関して「どのくらい道を直せばいいのか?」「マラリアは大変なのか?」「学校には何人の先生がいるのか?」といった質問から、「NGOで働くには何が必要か?」「なぜNGOという仕事に就いたのか?」というNGO自体に関する質問まで、右側の写真にあるような感じで活発なやりとりが行われました。また、清水寺のお坊さんからも人を助けることや途上国の問題についてより突っ込んだ質問があり、とても興味深いセッションになりました。

  
19日も最後に周囲の人々も一緒にスタンド・アップを行いました。左の写真は経堂の前。右は、西門下に集まって14日とは逆のアングルから仁王門と京都市街をバックにスタンド・アップを実施した写真です。

清水寺でのスタンド・アップの写真はこちらをご覧ください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

STAND UP TAKE ACTIONさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。