2013年10月05日

ヒューマン・シネマ・フェスティバルと「ご当地スタンド・アップ」

テーマ:キャンペーンの裏側
本日はグローバルフェスタ1日目。しかしあいにくの雨でしかも肌寒く、スタンド・アップへの参加(ブースでの写真撮影)呼びかけも大変でした。

しかし明日の天気は今日よりは良さそうなので、がんばって呼び込みをしたいと思います。

さてこの週末全国30カ所のイオンシネマで、ヒューマン・シネマ・フェスティバル2013(主催:国連UNHCR協会)が行われています。
$STAND UP TAKE ACTIONオフィシャルブログ  ウェブサイト

このシネマ・フェスは、戦争や災害で故郷を追われて困難に直面しながらも、必死に生き抜いている人々を描いた映画2本を上映しています。

実はこのコンセプト、「ご当地スタンド・アップ」の基本コンセプトと一緒なのです。

現在のご当地スタンド・アップの説明は、こちらのようになっています。


しかし当初のコンセプトは、戦争や災害などで住み慣れた土地を追われた人々が、新たな土地で貧困に陥ることが多々あるということから、自分の住んでいる土地やコミュニティーの役割や重要性を考えようということで企画したものでした。

戦争によって難民キャンプへと逃れる人々、地球温暖化による洪水や干ばつ、あるいは農作物の不作による収入の激減や食料不足によって農村から都市部へ移住して、スラムに住まざるを得なくなる人々・・・。このような人々は、突然の災難が起こらなければ、元々の土地で何とか暮らしていた人々でした。つまり、住み慣れた土地を追われたことが貧困に陥る原因と言えます。

多くの日本人にしてみれば、住み慣れた土地を突然追われて困窮するということは、もちろん東日本大震災でそれは現在も続いている現実がありますが、身近には想像しにくいのではないかと思い、現在のコンセプトに落ち着きました。

ご当地スタンド・アップのコンセプトとは直接関係はありませんが、このヒューマン・シネマ・フェスティバルには、貧困問題の解決という共通の目的があり、スタンド・アップの広報にご協力いただいています。会場にはチラシとポストカードが置かれています。

予約が必要ですが、予約・お問い合わせ専用フリーダイアルは6日(日)18時まで予約できるそうなので、ぜひお出かけください。入場無料です。詳細はこちら


東京周辺の方は、もちろんグローバルフェスタにもお越しください。

また、地域やコミュニティーについて意識して、そこからできることを考えて立ち上がるご当地スタンド・アップにもぜひご参加ください。

(事務局 諸)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

STAND UP TAKE ACTIONさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。