2011年10月18日

それぞれが何かを感じたメインイベント第2部

テーマ:日本のSTAND UP
ボランティアのひらきです。

2011年のメインイベントは、音楽ライブ&パレードからなる第1部と、
ゲストを招いてのパネルトークからなる2部構成です。
10月15日(土)の午後の時間帯に、東京・表参道で行われました。

屋外での第1部を経て、第2部の会場である国連大学のウ・タントホールへ。
パネルトークのテーマは、「震災をとおして見えた世界と日本」です。

津波で大きな被害を受け、現在地域の振興に向け尽力されている
宮城県・石巻市の亀山紘市長からの、スタンド・アップに寄せた
あたたかいメッセージとともに、第2部ははじまりました。

$STAND UP TAKE ACTIONオフィシャルブログ


冒頭の同じく被災地である岩手県の不来方(こずかた)高校から
来ていただいた生徒さん2名のスライドを使った発表を聞いていると
胸に込み上げてくるものがあり、自分にもできることがあるはずと、
深く考えさせられてしまいました。

続けては、サッカー元日本代表の北澤豪さん、絵本作家の伊藤恵美子さん、
スリランカよりはるばるお越しいただいたバサンタカラさんによるトークセッション。
丹羽さんのテンポの良いナビゲートで、それぞれの観点から見た震災、震災後、
そしてこれからを語っていただきました。

$STAND UP TAKE ACTIONオフィシャルブログ


コミュニティ再建のリーダーであるバサンタカラさんは、主に女性の参政権に、
伊藤さんは放射能から子どもを守ることに対する保護者と周りのあり方に、
北澤さんはサッカーを通じての支援に、それぞれ重きを置いて話されていました。
参加者のみなさんは熱心に頷いていて、それぞれの立場から共感できる部分が
あったのではないでしょうか。

また、北澤さんが最前列に座って聞いていた小さなお子さん2人に、
壇上から目配せしたり笑いかける姿がとても印象的でした。

そして最後は、ゲストと参加者全員が思い思いの「テイクアクション」を胸にスタンドアップ!! 
ことしのメインイベントも無事、締めくくられました。

$STAND UP TAKE ACTIONオフィシャルブログ


私のテイクアクションは「動く→動かす」にあやかって(笑)、「知る→伝える」。
正直、スタンドアップに参加するのは今回が初めてですが、これを大きなきっかけに、
まずは小さなことからでもよいので、自分にできることから始めよう! 
そう思った初めてのスタンドアップでした。

(ボランティア・ひらき)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

STAND UP TAKE ACTIONさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。