「Google Book Search」、一部書籍の無償配布を開始


Googleは米国時間8月30日、

書籍をスキャンして作成したPDFファイルの提供を

Google Book Searchで開始したことを発表した。


ファイルは無償でダウンロードおよびプリントすることができる。


これらの書籍は、検索開始前にGoogle Book Search

ホームページで「Full view books(書籍全表示)」オプションを

選べば見つけ出せる。


検索結果ページで書籍を選ぶと、

ページの右上にダウンロードボタンが表示される。


PDFで提供される書籍はパブリックドメイン限定で、

個人利用が対象になる。



Google Book Searchでは、1人のユーザーが1セッションで

見ることのできる著作権物の量を制限しているが、

それでもGoogleは同プロジェクトを巡って非難されてきた



同プロジェクトでは、オンライン検索を可能にするために、

その多くが著作権で保護されている作品の全体をスキャン

しなくてはならない。

AD
動画共有サイト利用者は3割、 6割がYouTubeを利用--gooリサーチ調査
ネットユーザーの3割以上が動画共有サイトを利用しており、
未利用者でも約3割が今後の利用意向を示す。

NTTレゾナントと三菱総合研究所がgooリサーチで行った
「第4回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査」(8月30日発表)は、
動画共有サイトの利用実態を調査した。


調査結果によると、有効回答者のうち30.7%が
動画共有サイトを利用した経験があり、
未利用者でも約3割に今後の利用意向があった。
また、動画共有サイト利用者のうち7割が
満足していると答えている。


利用サイトでは「YouTube」が最も多く、6割を占めた。
また、ブログ利用者は、ブログ未利用者に比べ動画
共有サイトの利用経験率が高いという結果となった。


動画共有サイト利用者のうち、
週1回以上アクセスするというユーザーは4割を占めており、
利用者の利用頻度は高い傾向にある。

動画共有サイトを利用する機会として
最も多かったのは「ひまな時にアクセスしている」で、
過半数を占めた。

一方、5割弱のユーザーが「ブログやネット上のニュースなどで、
興味のある動画が紹介されている場合にアクセスする」を挙げた。


調査はgooリサーチ登録モニターおよび
gooユーザーを対象に行ったもので、
インターネット利用ユーザーのブロードバンドコンテンツの
利用状況について、最新の実態を把握することを目的と
した定点調査。有効回答者数は4万717名であった。


というわけでくだらない動画をどうぞ。
AD

最近アメブロでもはじまった広告クリックPointシステム。


本日は、このアフィリエイトや広告をクリックするとポイントが
もらえるという仕組み、なんでこんなに蔓延してるんじゃという点に
スポットを当ててみたいと思います。



このシステム、単純に言えばお客様が広告を掲載する。
商品が売れたらマージンを広告主が支払うというスタイルです。


本件は広告を出稿するメーカー側からみれば、
メインの広告出稿並みにバカにならない効果を生み出します。

しかも費用対効果がいいので、費用対効果は
(広告の掲載費用に対して費用が見合っているということ。広告だして利益が出る場合)
巷で言われているロングテール効果を生み出す大事な材料になります。


ほそぼそとしてはいますけども、全体売り上げの%はバカになりません。

時によってはメインの広告効果をしのぐ効果も生み出します。



結果としては、このビジネスモデル、


ユーザー視点からみれば売れればラッキー。
企業側からしてみれば、掲載されればラッキー、
売れたらもっとラッキーと、いうことになります。



その際、掲載はお客様の判断となりますが
手間がかかるのは基本的にお客さんで、
広告ソースだけ提供する企業側にはそれほど手間はかかりません。


そういう点でも、このアフィリエイトシステムというものは
爆発力はないものの、広範囲で製品をPRするための
良質なツールということになるわけです。



個人単位で儲けようと思えばめっちゃ必死でやらなくてはいけないですが
会社単位で実行するのは悪くない話だと思いますので
アフィリエイトはオススメいたします。



今後は検索機能を意識したマーケティング方法や
アフィリエイトモデルのビジネスももっとでてくると思いますので
その辺はウォッチしておいて損はないと思われます。


AD

ビデオ共有サービスの米YouTubeは8月22日(米国時間)、

ビデオ広告プログラムを正式に開始した。


第一弾は同日に米国でCD「Paris」を発売した

パリス・ヒルトン(Paris Hilton)のチャンネル だそうだ。


広告用チャンネルの契約の詳細は明らかにされていないが、

1日のビデオ閲覧数が1億以上という人気から売上げを生み出すための

YouTubeの新戦略として注目されている。


YouTubeは、ユーザーのプロフィールや公開中のビデオ、

お気に入りなどがまとめられたページで、

アカウントユーザーであれば誰でも作成できるもの。


広告プログラムは、Participatory Video Ad(PVA)と呼ばれており、

YouTubeのHomeページに専用スペースが設けられるなど、

利用者の目にとまりやすい仕組みとなっている。


しかし、見る/見ないは視聴者の自由のため、

ここがYouTubeの広告プログラムの特徴となり

広告主に"競争"というリスクを負わせる、

面白い広告モデルという点では要注目なところ。


それゆえ金をかけて映像を作っても、見られなければ意味がない。

ただしおもしろいと口込みで広がりやすいというメリットも持つ、

まさにリスクとリターンが見えやすいもの。


さらに、他のYouTubeユーザーと同様に、面白いビデオや情報を提供し、

コミュニティの中で評価を上げなければ数多くのビデオの中に埋まってしまうため、


クリエイティブだけでなく、マーケティング、運営のセンスとパワーも必要になる。

そう考えると、TVのCMなんかとはワケが違うちょっと敷居の高い広告となるかもしれない。


だが、ユーザーから購読されるようなチャンネルを提供できれば、

高い広告効果を期待できるとも見込めるため、やってみる価値はありそうだが・・・


【ソース元 MYCOMジャーナル】

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/08/23/100.html


グーグルは、Webメールサービス「Gmail」日本語版の一般公開を開始した。

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/15133.html

2.5GB以上のメールボックス容量が無料で利用できる

Webメールサービスが先日開始した。


機能面では、Googleの検索技術をベースとしたメール検索機能やスパムフィルター機能、

POP受信機能、ウィルスチェック機能、PDFなどの添付ファイルをHTML形式で表示する

機能などを装備。


これまでGmailは招待制を採用しており、

他のGmailユーザーからの招待を受けなければGmailを利用できなかったが

今回の登録制になったことで、googleIDを取得すればだれもが使えるようになった。


カレンダー機能も含めて便利なので、

ぜひとも一度お試しになってみてください。

バイラル広告

テーマ:

ちょっと前になりますが

映画「サイレントヒル 」やコンシューマゲームメーカーのカプコンなど

Webに関するバイラル広告に力を入れてました。


海外では比較的よく見られる広告、まだまだ日本では少ないわけですが

やっても商品購入までにつながりにくいってのが

まだまだオフライン、オンラインの世界での広告の課題ですねーと。


カプコンPSPソフト「超魔界村」のバイラルCM

http://www.makai.jp/

企画としては面白いんだけど購入までにつながらないので

金だけかかって元が取れないような気が・・・


あとは

①これがどれぐらい張られたか?

②この広告からどれだけの人が公式サイトに飛び、商品を購入してくれたか?

のシステムができれば、オンラインコンテンツ媒体ではいいですな。

Web上での楽曲著作料

テーマ:

音楽著作権、ネットCM使用料率の設定で合意


Webコンテンツで音楽を流す。これに関して著作に関する取り決めがあやふやなため

いろいろな意味で動けない現状です。そういう点では一つの決まりが決まった時点で

目安としてはできるのでしょうか? とはいえまだまだWeb上での音楽に関する

配信と著作、JASRACに関する支払いも非常にグレーな部分でもあります。


(以下参考)

日本音楽著作権協会(JASRAC)は22日、インターネット上のCMに

使用する音楽の著作権使用料について、インターネットの配信事業者

などでつくる「ネットワーク音楽著作権連絡協議会」と合意したと発表した。


著作権の使用料率は広告の契約方式に応じ、
(1〉CMにアクセスされるごとに広告主が支払う広告料の5%
(2〉CMの月間広告料の7%――の2方式が設定され、
いずれも最低使用料は月額5000円となる。

従来までは、ルールが整備されていなかったため、

一律月額5000円の暫定料金に設定されていた。

この使用料率は、今年4月1日にさかのぼって適用される。



最後の一文がせこいね。

1PV≠1円

テーマ:

Web広告ではよく


インプレッション保障型


成果報酬型


期間販売


といった感じで販売方法や掲載方式もいくつかある。



で、Web広告に関しては昔は1PV or 1インプレッション(表示される回数) = 1円~ 

という金銭感覚が相場だった。



が、はっきりいって、PV数なんてあくまで目安であって

お店で言えば、前を通りかかる人の数みたいなもの。



お店の前を通り過ぎる人がみなそこで何かを買うかといったら、んなこたぁない。



それと一緒でWeb広告はまずその成果を疑わなくてはいけない。


当然それは広告に何を求めるか? という部分にもかかわってくるのだが

シビアな成果を問うのであれば、大手Webサイトの数百万バナーよりも

アフィリエイトや他のWeb企画に金をつっこんだ方が得策です。



Webバナーを購入するときは


■自社商品とユーザー層のマーケティングを行う


■成果報酬がわかる調査システムを作っておく


■商品購入までの導線(フロー)を作る


■クリエイティブを作る



あとは検証しながらクリエイティブを変えたり、取り組みを変えたりしながら進めていきます。


あと、これ実は自分の商品とWebサイトがマッチングしてるよな~とか思いつつも

やってみたら成果がでなかったと思ったらば、その商品は合わないということに。



そのほか気をつける点といえば、前は効果があったんだけど、

今となっては効果が薄くなってきている。


という場合は、市場が変わってきている場合もあるが、

Webサイトの内容も変わってきている場合もあります。


そのときは再びマーケティングが必要になるわけで。



と、まぁWeb広告もわりと現実の世界と変わらず、

いや、変化の速度ではもっとはやく、雑誌とは比べ物にならないほど早いかもしれないすね。