2005年12月25日配信の投資セミナーより号外情報より。

投資に関する人気セラーリストの情報です。

ご参考までに。



 ★┓【大 賞】
┗┛──────────────────────────────→
  『 超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術 』
 http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=198&c=9784798009513

  ~読者の方より~
  「自分の生活スタイルや性格にあっていました」
  「この一冊でバリュー投資の基礎からわかりました」
  「キャッシュリッチ企業、所有有価証券に着目する方法が役立った」

★┓【準 大 賞】
┗┛──────────────────────────────→
『 私はこうして投資を学んだ 』
 
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=198&c=9784775990148

~読者の方より~
「自分に適した市場選択・投資スタイルの決定に大きく影響を与えられた」

★┓【特 別 賞】
┗┛──────────────────────────────→
『 大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代 』
 
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=198&c=9784532351564

~読者の方より~
「経済の流れがこの本の通りに動いている気がしてならない」

★┓【特 別 賞】
┗┛──────────────────────────────→
『 現役大学教授がこっそり教える株式投資必勝ゼミ 』
 
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=198&c=9784569642796

~読者の方より~
「この本の銘柄検索は目からウロコでした。すべてがヤフーなどポー
タルサイトに掲載されている業績データだからです」
「スクリーニングの条件でリスクを軽減できる点がすばらしい」


 ※ブルベア大賞とは?
 この1年間に発売された製品・サービスの中から、実際の投資に役立った
 と評価された製品を表彰。トレーダーズショップをご利用のお客様、トレ
 ーダーズショップ選考チームからの各票により、優秀製品には大賞、準大
 賞、特別賞が贈られます。昨年の発表後には、各受賞製品にトレーダーズ
 ショップ特製受賞マークをつけて出荷しました。

[ ブルベア大賞2004 受賞製品]
http://www.tradersshop.com/bin/mainfrm?a=198&p=topics/bullbearaward2004

AD

先日、財務管理に関する講座を受講してたときのこと。


いやー、

これがめんどくせぇ用語がとっかえひっかえ出てくる出てくる。



わざと難しい用語を羅列する専門書って、本当専門書だなぁーと感じたし、

教える人も、本当に専門な人なんだなーって思いました。

(まぁ当たり前か。。。そういう講座ではなかったしな)



簿記や経理の方、

お金に関する専門家になりたい人は、そういった知識や用語習得は

必修科目かもしれませんが、


ここで言うお金に関する最低限の知恵を得るってことは、


= 専門知識を習得することではないこと


に直接的に結びつくわけではないのであしからず。



大事なのは、お金との関係を上手くコントロールすることと、


そのお金や用語が何を意味するのか?


どう解決できるのか? を習得することにあります。



当然、覚えなくてはいけない用語などは出てくるかとは思いますが、

いきなりそこから入って、うげ! というよりは、


ゆるーくいきながら、そのつど覚えていけばいいと思っていますから、

あせらずゆっくりと突き進みましょう。

AD

金銭的に成功できるか、


うまくコントロールするかは、


自分がお金に関してどのようなことを信じているか、

記憶しているかに左右されます。



ここではその間違った認識や、

誤解されやすい認識をあげていきたいと思います。




◆金銭的に間違った認識 その①


~収入が増えれば金銭的に解決する~


月収が7万増えれば、5万のときよりも少しは余裕になる・・・という考え方は

一見理にかなっているかもしれません。


しかし、高収入の人であれども、散財している人や、

毎月、ひたすらローンの返済に追われている人は多く見かけます。



彼らは結局のところ、収入に見合った支出を繰り返すだけで

収入と支出を把握していないだけでなく

自分の中での金銭感覚が

アバウトなままな放置しているケースが多いのです。




◆解決策のためのその①


まずこういったケースを解決する場合、

当然ですが、支出が収入を超えないことが大事です。



お金がもっと必要であるということは、

問題そのものではなく兆候です。


人は収入が上がったり、

ほかから収入を得ることが

金銭的問題を解決してくれると思いがちです。



しかし、実際には収入を増やすよりも

支出をコントロールすることの方がはるかに重要であって、

かつ効果も期待できるのです。


どんなに働いたり、キャッシュを手に入れたところで、

収入以内の支出をしてしまうようでは意味がありません。



支出をコントロールすること。



まずはそれこそが、富を得るための第一歩なのであります。









AD

資産と負債の意味を知る

テーマ:

さてさて、


自分に投資するの意味が分かったら

次は資産と負債の違いに目を傾けてみましょう。


よく家や車は資産だ! 


おっしゃられる方がいらっしゃいますが、


もうご存知かと思いますが、それは間違いとなりますよね。



ざっくり言って、資産とは(持ち物ベースで考えると)

お金を生み出してくれるものでなければ資産とは呼べません。



毎月あなたのポケットからお金をとっていくものであれば、

それは到底資産とは呼べないのです。

あらゆる分野において人は


自分の人生を自分でコントロールしていると感じているとき

もっとも幸福を感じられるといわれています。


これは特にお金の分野では間違いないようです。



逆に、



あらゆることにおいて自分がコントロールできない状況に陥ると、


そこにストレスが発生するということもおおよそ誠だそうです。



つまりは、マネーマネジメントを身に着けるということは、



お金にコントロールされず、

   自分でお金をコントロールする知恵を身につける



ということでもあるのです。



そしてこの考えは、


お金のために働くのではなく、

     自分のためにお金に働いてもらう知恵を身につける



という、「金持ち父さん~」の著書でおなじみの

ロバート・キヨサキ氏の言葉の意味でもあるのです。



単純に言えば

お金とは生きていくうえで一生かかわってくるもの。


それを上手にコントロールして、ストレスレスな生活を楽しみましょう!


という教えなのかもしれません。



これは悩みや不安解消方法にも

似たようなものでもあるかもしれないすね。

マネーマネジメント(いわゆるお金を節約することや

貯める方法といった管理の仕方)は、


いわゆるより健康になるための手法や

美の追求配慮などとと似たような考え方です。



よりステキな自分になりたい!


より健全で健康な生き方をしたい!


そう考えたい人には必要不可欠の手段の一つとなります。



どうやらマネーマネジメントは収入の少ない人や、

借金を抱えている人だけだと多くの人が考えているようですが、

それは誤解です。



健康に関する知識が必要なのは病気の人だけ?


美やファッションの知識を追求するのはモデルや女優さんだけ?



そうではないですよね。例えばエクササイズ、

食生活への配慮、その他健康のための習慣は


病気を治すのに役立つという

事後対策の手段や手法を知ると同時に、


健康な肉体を維持するためや、健康になるための

事前予防の手段や手法を知ることができます。



それと同様マネージメントを学ぶということは、

お金に関する事後対策、事後予防を知り、

行動できるということになるのです。



具体的には

不健康な経済的状況を好転させるのに役立つだけでなく、

健全な経済状態を維持、

さらに良好な経済状態へと運ぶことも可能になるのです。



そしてそれは決してむずかしいことではなく、

誰にでも知ろうと思えばできるし、とりくめることなのです。



健康になるために専門的な化学や生物の

偏差値が必要ないのと同様、


経済的に健康になるために

専門的な数学や会計学の知識は必要ないのですよ。



そんな感じで、気軽に、楽しみながら学ぶことで

自分の範囲内でマネーマネジメントができるようになるのです。

お金マネジメント

テーマ:

人生豊かに過ごしたいのであれば、


資産を購入するよりも、投資を始めるよりも


まずは自分のお金をマネージメントできることを


学ぶ必要があります。



アメリカでも、日本でも、

離婚する原因の多くの要素にお金、金銭感覚、

経済価値観が絡んでいる場合がとても多いのです。



会社が破綻する原因も、


人生ストレスの原因も


いろんな部分でお金にコントロールされて


知らず知らずのうちにいろいろな

部分にそのストレスが侵食していることが多いのです。



そうならないためにも!


まずはしっかりとお金に関する常識と、

間違った常識などを知り、

お金に関する知識からを一緒に学んでいきたいと思います。