数多くの反響を各方面で呼んでいる(僕のつたないBlogも含めて)
藤田晋社長の講演会。


そこで語られたなかでも一番ひっかかったキーワードは
「考えすぎる人は暇な人なんだと思います」という言葉でした。


この考え、まさしく僕もそうですが、
「ガーン!」と脳天をたたきつけられるような言葉でした。


おそらくこれは考えることと目標を持つこと、と同時に、
行動するためのモチベーションとその考え方の意識改革を
しなくてはということなのでしょう。



現時点ではその答えを僕自身が見出すことは難しいですが、
藤田晋社長の講演会のことをもう一度思い返しつつ
彼の著書を再度読み返してヒントを探ってみたいと思います。


これは、「やりたいことが見つからない」と嘆いている人にも
いいヒントにはなるのではと思いますので、
しばらくこのテーマについて僕自身も考えてみたいと思います。



でも、僕はこの講演会を受けてから、
すでにペースアップでリファイン事業を進めようと動き始めました。


とりあえず現時点での僕は、
「やりたいことが見つからない」のであれば
「やりたいことを作り出す方向」で目標を掲げ、

中期目標とやることを逆算しつつ課題をブレイクスルー。

数をこなし、がむしゃらに走りたいと思います。


AD

藤田晋社長の言葉 その2

テーマ:

「今後のインターネット広告での展開はどのようなことを考えていらっしゃるのでしょうか?」


という質問に対して藤田社長はこうお答えしました。


「あんまり将来将来を見るのもよくないと思います。

 大事なのは、半歩先を見て(考えて)、今を行動すること」



時に人は考えて考えて進むことをやめ、

気づいたら時間だけが無常に過ぎ去っていたということは多々ございます。


それだけならまだしも、悪循環の考えにはまり、

次にまた同じ行動を繰り返してしまうということもあるんですね。


この悪魔のスパイラル、

実は将来将来と、未来を見すぎる人がよく陥るのだとか。



「結局将来を語ったところで、常に時代は変化しますから、

 結局また将来を見直さなければいけない。 そう考えると、

 将来のために考えて語ったりすることは時間の無駄になることもあります。」と藤田社長。



この言葉を受けて、僕がモットーとしている「習うより慣れろ」の信念は

起業家を目指している方、もしくは今のベンチャー企業の

経営者には必要なことなのかもしれないですね。



いや、決してそれだけではなく、僕らに必要な考えなのだと思います。


AD

藤田晋氏の言葉

テーマ:

以前書かせていただいた話の続きです。


個人的に一番衝撃を受けたのが
「若いうちに考えすぎる人は暇な証拠なんです」というお言葉でした。


「今の自分を支えるモチベーションは何ですか?」 という質問に対し

「21世紀を代表する会社を作る」という回答は、

夢の大きさがとことん前に突き動かす理由のひとつにもなっているんだなぁと感じました。


規模は小さいのですが、

僕も上京してきたときは、経験も学歴も人脈もお金もなかったのですが

絶対に編集者になるんだ! って思ってましたし、実際なりました。



なんというか、その思っていることが強いと、

本気でなれるんだろうなってことはこれで再認識させられたと同時に、

そのスケールが大きければ大きいほど、自分も成長できるんでしょうし、

なにもりもうだうだと悩んでいないで実行力とスピードが伴うのかな? とも思いました。


バイタリティもそういうことでつくのでしょうね。

いやはや、藤田社長、恐るべし! であります。

AD