勉強するには2種類ある。


自分が率先してやる勉強と


受身でやる勉強だ。



前者はやる勉強で、後者はやらされている勉強だ。



はっきりいって、

やらされている勉強ほど意味のないものはない。


とはいえ多少なりとも知識や経験にはなるので

すべてが無駄! とは言いませんけどね当然。

まぁそういうだらだらに流されるぐらいのようであれば

ある程度のところでその分野には見切りをつけつつ、

自分がやりたいことを見つける努力に時間を費やすほうがいいぞ。



やりたいことが見つからないのであれば、



今までに勉強を通して得たことを見直してみて、

一番打ち込めそうなことや、

はたまたそこで得た「なぜ、なに?」という疑問をもって

自ら新たなことにチャレンジしてみるのもいいと思う。



とりあえずこんな勉強くその役にもたちそうにもねーと思ったのならば


まずは


「これはなんのためにやっているのだろう?」


「これはなんの役にたつのだろうか?」


という疑問を持とう。



はっきり言えば、

勉強するということは人生の選択肢を増やすことだ。



たとえば英語の勉強を野球の素振りとたとえよう。



さてその「素振り」、


ただなんとなく毎日100本振っている野球選手と、

目標をもって50本「素振り」をしている野球選手

どっちが成長すると思う?



目標なき素振り、やらせている素振り練習なんぞ

つまらない以外の何ものでもないし、

そもそもピッチャーになりたいんだ! と気づいた人は

おそらく素振りではなく投球練習に身を投じるだろうし

そちらのほうが断然効率もいい。


というか、投手を目指す人にとっては

素振りする時間はもったいないとも思うようになるだろう。



ここでは英語を素振りというたとえで置き換えたが、

勉強とはオールラウンドにいろいろなものを含めて勉強といえるだろう。



あともう一つ。

勉強の中には仕方なくやらされるものも

必ず存在することを忘れてはならない。



植物が光合成を行うの二酸化炭素、光、(水)が必要なように

なにかを達成するためにいくつかの要素を求められるときもあるだろう。


入試などがとてもいい例だろう。




勉強すること。


それはいくつになってもできる。


そしてそれは自分の選択肢を広げるための一つの手段だ。



やらされるんじゃなく、利用しよう。

AD

その仕事やめる前に・・・

テーマ:

最近、転職転職転職ブーム?


そんなこっちゃオレにとっちゃーどうでもいいことですが、

考えている人はまぁ深刻でしょうと。


しかし、ちょっと転職するでもやめるにしても、ちょっと考えようと。



何も考えてないで転職するなり

考えなしに今いる職場を去る人に長続きはしないと思いますので

その辺は十分考慮されたし。



まずは自分の中で なぜやめるのか? 何がしたいのか? 

を再度思い直すことが大事だと思うわけだ。


やめる理由は見つかれども、何がしたいのか? が見つからずに

ただ今の環境がいやだという人は大勢いると思うのだ。



そうしたときにまずやることは2つほど。


①入社するときのキモチと考えを思い直す。

何がやりたくて、何があこがれてここに入ったのか?

惰性か? 夢の通過点か? 

何かを学ぶためか? 会社を利用して何かを達成するためか?



②自分の命があと1ヵ月、いや3ヶ月あるとすればなにをしたい?

会社の話抜きで考えよう。

あんたが一番したいこと、するべきこと、

友達や家族、愛する人に対して残す自分の足跡はどんなものにしたい?


そこを考え抜いて思いついた結果を行動するとき、

それは今の会社でもできるか? できないか?

しておいたほうがいいのか? しておいても何もかわらないのか?

後悔はしないか? 思い残しはないか?




やめるのは簡単。


入るのは難しい。


お金も稼ぐのは難しい


使うのは簡単。



苦労するのは一緒。



短期で見るのと長期的に見るのとでは、

そのときのいろいろな「ひずみ」の大きさ、感じ方はぜんぜん違ってくる。



あなたの築いてきた職務経歴書、それは誰のため? 何のため?



一番理想的なのは、その職務経歴書は、誰のためでもなく、

自分の幸せのために働かせるのが一番。


そうだろう?

AD

本当の資産とは……

テーマ:

お金持ちがもっている最強の資産。


それは何かというと


投資する元でのお金でもなく、不動産でもなく、

莫大なキャッシュフローを持っているものでもない。


たしかにそれらが資産であるという見方もできる。



が、ここで書きたいことは、そんなものを持ってなくても

資産を持ち続けるためのコツをつかみ、

自分の中で資産を持つためのエッセンスを作り出すことにある。



自分の頭脳を育てるということだ。



お金を使って大きなお金を稼ぐことも、

お金をもっていないところから

お金を稼ぎ出す方法を考え出すことも、


投資することも株を買うことも先物取引をすることも


それらで稼ぎ出す人、

持ち続けられる人とは「頭脳」という資産を持っている。


そしてその「頭脳」という資産の器に、

どんな武器を持っているか。持ち続けようと努力するか。



それがあなたなりのさらなる資産を作り出すきっかけとなる。



ここでは、そんなあなた中の資産を大きくするための

きっかけになればいいと思っている。

AD

学ぶ力を身に着ける

テーマ:

<学ぶ力を身に着ける>

 

本日新人研修を終えたばかりの学生とお会いしました。
慶応卒の22歳。
スーツ姿がういういしぃ。


今日はいろいろと会社内の役割と事業について聞きまわりつつ
細かい仕事を集め、一心不乱に取り組んでいた。


彼はもともと学生時代にベンチャーを立ち上げた会社を
2社回っており、そこでバイトをしていたんだとか。


自慢ではないが、僕が今かかわっている仕事の会社は
おせじにも上司の面倒見がいいとはいいがたい。
どちらかというと、いつも手持ち無沙汰の人がいるぐらいで、
そんなところに配属された彼は初日から腐らないかと心配していたのだ。


しかし、その心配事とは裏腹に、彼は次から次へと何かを探しては
調べ物をし、自ら何かを書面にしたためているのでした。


何をしているのか聞いてみたところ、


「いやぁ、僕がいままでやってきたことが、
 ここでどういかるかを調べているんです。
 こんな企画とかどうですかね?」

 

と、どこかコイツはおかしいんじゃないか? 
と思うぐらいの適応力というかやる気を見せているのを見て
驚かされたわけであります。


これは僕の考え方でもあるのですが
「ベンチャーって基本は仕事はないんです。
 昔から仕事は自分で作り出すもんだと思っているんですよ。」

と彼は言いました。

 


なるほど、

こいつは大丈夫だ。

 


一昔の企業や、コテコテの役所タイプの企業では
考えられないケースであるが、
ひょっとすると今の意欲の高い人っていうのは
ここまでの学ぼうとする力と、
仕事クリエイト力があるのだろうか? とふと感じました。

 


先日お会いした22歳の女子大生しかり、
本日の22歳の新入社員しかり。

 


いまどき珍しいワカゾーであると思うものの、
実のところ、そんなことはなく、

 

一方ではニートの増加、一方ではすでに起業家を目指して
考えて生きているタイプが多いのを見ても、
これは近い将来はっきりとした大金持ちとその差が出てくるのでは
という、将来像の片鱗を見せられているような気がしました。

 

「クリエイトな仕事をしたい」と語る人が多い世の中で
自ら仕事を作り出す人たち、
作り出したいために考えている人たちがいます。


そういう点では、彼らも一種のクリエイターではないでしょうか。
なにもものを作ることばかりがクリエイターではないのは
みなさんご存知のとおりですが、学び、考え、
そこから自分の思い、やりたいこと、やるべきことを作り出す。

 

それこそ僕ら、起業(and企業家)を目指す人たちが身に着けたい
学ぶ力なのであります。

なぜセンスを磨くのか?

テーマ:

なぜセンスを磨くのか?


それはね……、

 

 

「ボウヤだからさ」

 

 


嘘です。

一番の理由は、「お金を稼ぐことを楽しくするため」です。


それは、すなわち仕事を楽しむということ、
そのための手段が分かるということ、
自分を表現する手法や、自分の生かすフィールドを見つける

ということにもつながります。


人生の7割が約仕事と取り組むという上で
やっぱりこの仕事の部分を楽しみながら、お金を多く稼げたら
なんて楽しいことではないだろうか? と思ったり、思わなかったり。

 

 

最終的にはその仕事に対する意識を変え、
リスクを全てハンドリングできる考えと技術
その他大勢から抜け出し、稼ぎ力を身につけられれば、
それほど楽しいことはないのでは? と考えるわけです。


人間食うためには仕事をしてお金を稼ぐ。
人は、そのアプローチと取り組みの違いで
手取りが変わり、仕事に対する意識が変わり
生き方が変わってきます。


人生を有意義に、楽しむためにも
センスを磨くと生きることが楽しくなりますよ。

 

さぁ~みんなでセンスアップしましょう!

 

センスを磨く

テーマ:

今日は23才の若き経営者を目指す大学生とお話をしました。
彼女はベンチャー企業でバイトをしながら
大学で学業に勤しむ好青年(とはいいませんが)。


わずか45分ほどの会話でしたが、
これから何をしていきたいか? 
IPO、BtoBからBtoCへと今やっている事業を展開したい、といった
そんじょそこらの新社会人顔負けのビジョンと
今の会社のあり方に対する危機意識を持っていました。


いやー、その頃僕は、ゲーム雑誌の編集者してました。
あとゲームばっかりしてました。

やれやれ。


それはさておき、とはいえ彼女は起業経験はないという部分に対して
若干ですが、社会に対する意識と経営に関して興味があったようです。
大学卒業後は、力を試す意味でも就職活動に力を入れてみたいと
力説していました。


それでもやっぱり最終的には起業家として独立し、
事業を起こしたいとか。

ただ、
『事業を続けていく自信と、経営を続けていく自信』
『何を事業にすればいいのか分からない』
ということが見つからないそうで、それが唯一の悩みだそうです。


確かに、
実際のところ、企業になるにあたって、
「何を事業を始めるか」
「何を事業にしてお金を稼げばいいのかが分からない」
ということを理由に事業に踏み切れない
とおっしゃる方がたくさんいらっしゃるんですね。


これは何も事業に限ったことではなく、企画もそうですね。
「新企画を考えろ!」 といわれても、
「え~急に言われても~」となりますよね。

 

そうなんです、企画はふっと思いつくことはあっても、
その起業の濃さ、質、発展のさせかた、昇華の仕方は
毎日の積み重ね、すなわち毎日考えながら、センスを磨くことが
必要となってくるんですね。


企画や事業が一朝一夕で浮かぶのであれば正直苦労はしません。
それと同様に、企業家魂に火をつけるのも、
毎日の積み重ねが必要なのです。


じゃぁいったいそれら、起業家魂にしろ、新企画にしろ
事業のアイディアにしろ、どうやってそれらを生み出すセンスや
アイディア脳を培うか? というと、考えることが第一。

……とはいえ、それだけじゃぁアバウトすぎますので
具体的にいえば、本をとにかくたくさん読むこと、触れることです。

 

漫画、雑誌、書籍、小説……ジャンルは問いません。
ただ、可能であればやはりビジネス関連書籍と好きな分野に
ターゲットを絞り、かつ考えながらひたっすら読み漁ることが、
いいと思います。

 

これは使える! と思ったネタはすぐにメモするなりして
しっかりと抑えておくことが大事です。

 

そうすることで、
自分が好きなことに対しての専門性を高めるということと、
センスを磨くことの一番の近道となります。


図書館にいくのもよし。
購入するのもよし。

とにかく本をたくさん読みましょう。
そして、自分があこがれる存在、すなわち師匠と呼べる人に
たくさん会いましょう。


さらには、それらを語れる友達を作りましょう。
人間一人で頑張るということはなかなかに苦労し、大変です。

けれども、『ライバル』と書いて『友』と呼ぶ。

そんな青春コミックばりの友達を持つことも、より前向きに、
より競争心が芽生え、より成長速度は速くなるでしょう。

 

あとは何よりその友達も企業家になれば、
起業家ネットワークみたいなこともできるので、
これまたお得なんですねー。いろいろと仕事もやりやすくなります。


そんなこんなで、センスを磨くにはまずは本をたくさん読むことと、
新聞を読んでおくことです。

余裕があれば、ニュースサイトを循環したり、
あとはblogや日記を書くこともオススメいたします。

やってはいけないこと

テーマ:

<やってはいけないこと>


企業家魂ルネッサンスプログラムを取り組むにあたり、
『やるべきこと』と『やってはいけないこと』があります。

難しいことではありません。

 

基本は活躍しているスポーツ選手を見習っていきましょう。
前向きに、パワフルに。
そして夢を持って努力を続けることが大事です。

 

自分を常に客観的な視点でみることは不可能なので、
自分を客観的に見てくれる良きアドバイザーとなる方の声を
聞き入れることが必要になってきます。

 

謙虚さと素直さを持ち、前向きに取り組んでいけば
おのずと道は開けてくると思うのです。

 

『やっていくべきこと』に関しては後ほど書きたいと思いますが、
ここでは、まずざ~っと『やってはいけないこと』を
挙げたいと思います。

 


【やってはいけないこと】

 

◆愚痴は極力避ける
 これを続けていると習慣となります。
 自分を奮い立たせる人、元気な人は、
 必ず前向きなセルフコントロールを行っています。


◆人前で他人の悪口は決して言わない
 これは聞いている人もいい思いはしません。
 基本的に、自分がやられて嫌なことはやめることが健全です。


◆怒りを覚えたときは一呼吸し、「間」を置く
 怒りを開放させることによって失うべきものは多々あります。
 一方的に理不尽なことがあったとしても、
 怒りを開放する前に一呼吸おき、冷静になりましょう。


◆身体をすぐ壊さない 
 風邪を引いたり、体調を壊してしまっては元も子もありません。
 仕事が忙しかったりして、その忙しさから開放されたと同時に
 体調を崩す人はそれこそ差し引き人生の無駄遣いにつながります。
 緊張感が途切れても身体を壊さないよう


◆お金がないと口にし決して言わない
 そうすることでお金は離れていきます。
 お金は大事にし、お金を有効に使いましょう。


◆自分に対する投資を勘違いしない
 無駄使いすることが決して自分に投資することとは限りません。
 その辺、履き違えないように注意しましょう。


◆マイナス思考の人とは付き合わない
 自分の人生を前向きで、明るく生きたいのであれば
 常にマイナス思考の人とは距離をおくことが大事です。
 人は環境にそまり、人に流されやすい傾向があります。
 それが、恋人や親族、家族であればなおさらです。


 どうしてもマイナス思考の人と会わなければいけないときは、
 極力マイナスな会話に発展するのを心がける努力をしましょう。
 

 

余談ですが、これ以外にも、僕が心がけていることは、

 

◆ガンダム話しかしない女性と付き合わない
 見ていない僕としてはなんのことやら分からないし。

 

◆たとえ話に「ガンダムでたとえると~」とか言う人と付き合わない。
 たとえられても余計分からないし。

 

◆人生論が全て「スラムダンク」(まだ許せます)
 ガンダムに比べれば許せますが、何度も話されると正直つらいし。

 というか、もっと簡単な比較はないのか? っていうか逆に使ってやる。

 

◆ヒステリーな人とは付き合わない
 声の周波数が限りなく嫌。

 

 

とかありますけど、別に気にしないでね(なぜかフレンドリー)。

【考え方とステップアップ方法】

 

人はよく、何かを始めたい、何をすればいいのかわからない 
という最大の原因に、何から取り組めばいいのかわからないという
ことが大きくあげられます。


また、一流の○○になるにはどうすればいいのか? という質問に対して
どう取り組めばいいのか? が分からないという意見もよく聞きます。


けれども、課題の取り組み方、課題の発見の仕方、
問題の取り組み方、問題の発見の仕方は、
トレーニングしだいで必ず身につけられますから心配は無用です。

 

ここでそのトレーニング方法とトレーニングメニューにそいながら

最終目標となる起業家魂をルネッサンスさせていきましょう。

 

 

そうすれば

 

◆いつでも、どこにいっても自分らしく、
 自分の満足いく人生を送るために力を身につけること

 

◆物事や現象について自分なりに考察を深め、
 あるひとつの結論を導き出せるようになること。 
 そして、それを他人にわかるように伝えるられるようになること。

 

◆価格競争にも負けない、揺るがない付加価値を武器にする知識、
 考え、視点を考えだすベース、プロセスの土台を作り出すこと

 

◆目の前にある問題を、解決に向かって取り組みポジティブさを身に着ける

 

 

などのスキルがきっと身につくことでしょう。