PPTを効率よく作成 その②

テーマ:

さてさっそくですが、
PPTを作る際にやることがある!


当たり前のことですが、
いきなり1P1P丁寧に作っていこうと思わずに、
まずは大枠(目次)を決めることがなにごとも大事だ。



これは事業計画を立てるときや
目標を立てるときもおおよそ同じだと感じてます。


雑誌や書籍を考えるとよく分かるかとおもいますが、
本は制作する上で
台割(目次)というものを作るのですよ。


PPTの制作は慣れるまでに
時間がめちゃかかるとは思いますが、
時間がかかるばかりでいつまで
経ってもあがってこないのが一番意味がない。




そこで、



まずはやるべきことは全体像がどうなるか?
という骨格の作成だ。


企画書やネタ上げの際の
提出資料も基本は一緒。



さぁやっぞ! やっぞ!(マジャ風に



<<PPTを効率よく作るテクニック ~基本骨子作成編~>


①◆
まずPPTに記載しなくてはいけないことを
箇条書きでいいからテキストレベルで列挙。

例)
今度のハリーポッターの
最新作映画についての紹介プレゼン資料を用意するとする。
で、まず本作について打ち出したいことをとにかく書き出す。


    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


②◆
①であげた項目をどうPPTにしていくかの順番を決める。
まずはざっくりと①であげた項目を集合体に分ける。

例)
本作全体の世界観、登場人物、物語の流れ、周辺情報 などなど。


    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




③◆
②で分けた集合体を大カテゴリー、
中カテゴリー、小カテゴリーなどに分ける。
(この時点で細かく分けすぎないこと。
 分けすぎると混乱を招きやすいためだ)


例)
大カテゴリー【全体の世界観】
中カテゴリー【最新作の舞台or場所】
小カテゴリー【舞台or場所の細かい紹介】
          ▼           
          
とか分けていく。分かりづらいものはその他に飛ばす。
あとあとまとめられるところが出てくるかもしれないしね。



    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


④◆
③でまとめたカテゴリーと集合体を、
今度はどう見せたらいいかと目次にしてみる。

できればこの時点で、
PPTを欲する人や、
知人などに見せてみて一度ヒヤリングするのが望ましい。


この時点でこういうのが足りない!


あったほうがいい!


この集合体はここにまとめたほうがよくない?


などの問題点などが分かるためだ。  



    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




⑤◆
目次ができたらPPTに実際に落とし込む。

といった感じ。



なおPPTの作る際、
全体⇒細かくドレスアップすることが大事。


いきなり1Pづつ丁寧に作っていったら
途中で飽きやすいし再調整が面倒くさいから。


ここでもやっぱり基本は同じで、
全体骨子から作り上げ、
細かく枝葉をつけていくのが望ましいのですなぁ。



あとはもう時間との勝負。


納期に間に合うよう、
もしくは早くあげることを目的としているのであれば、
できる限り早く仕上げること。



あとはケースバイケースではあるが、



一筆入魂で
ぎりぎり時間いっぱい使って納期ぎりぎりにあげるよりも



早めにアップ! 
→ 確認 
→ 部分修正&クオリティアップ > 納期までの時間


といった、繰り返し繰り返しのVerUP作成スタイルの方が
望まれることが多い。



特にWebベースやデジタル作業は特に
「早めにアップ→確認→修正→終了!」といったことが多く、
一発OK! ということはほとんどない。


それゆえ、いかに早い段階でアップし、
確認、修正反映、終了というスキームを
いかに早くするかが大事なのだ。



その作業を効率よくするスタイルは
全体骨子から作り、
細かく落としていくことを先に行うことで
考えていることを整理しやすく
形にもしやすいということです。



あくまでオレのスタイルで恐縮ですが、
参考までにということでございます。



お粗末様でした。


AD

PPTの作り方 その①

テーマ:

おつかれちゃん。


最近、新人にパワーポイント(PPT)の
作り方を教えているikeです。

ぶっちゃけ


こんなもの、
ただの時間くう以外のなにものでもないんですが、


どうしても必要なこともあるので、
作成スキルを身につけておいても損はないかなと。


あとは、そういったときに困らないよう作り方を
教えている最中であります。


これがスムーズにできるようになれば、
公式サイト制作時での見せ方や、
PRポイントを視覚的に簡潔に伝えられることもあるのですな。


あとは上司が資料を確認するときも手間が省ける。


ってやっぱPPT必要あんじゃん?


いえいえ、


何事もモノは時と使いようですよ。



はっきりいえば、
PPTの制作に時間を取られて
ロスタイムを生み出しまくっているようであれば
作っても意味がないということだ。


すげードライなことを言えば、


PPTを作るだけのメリットが
あるものだけPPTにすればいいだけのこと。
時間がかかるばかりでいつまで経っても



あがってこないのが一番意味がないのでね。


何事も。


ってことで、


次回はPPT制作のコツを書きたいと思います。


え? 次回かよ?

AD

ブレイクスルー

テーマ:

<ブレイクスルー>


さてブレイクスルーの具体例を挙げていきましょう。

問題や、将来像ってのは料理と一緒で、
段取りとメニューと作り方さえわかれば、
あとは気合と根性とやる気と、

元気があればなんでもできる。

いや、ある程度はなんでもできるにしよう。


さぁさぁブレイクスルーです。
今回は問題解決のためのブレイクスルーを上げてみます。


たとえば問題が起こったとします。
するとその原因はナンなのか? をバラバラに分解するのです。
ただそれだけ。

たとえば、


◆問題テーマ
【ある映画の興行収入が芳しくない。。。とする】
▼ 
▼ブレイクスルーします。

▼原因1……配役がミスマッチ
▼原因2……シナリオがいけてない
▼原因3……BGMがいけてない
▼原因4……監督がいけてない
▼原因5……チケットの値段が高い
▼原因6……上映期間が短い
▼原因7……単館上映だった
▼原因8……プロモーションが少ない
▼原因9……テーマやタイトルが分かりにくい
▼原因10……制作発表から完成までの時間が掛かりすぎた
▼原因11……やらせCMがあまりにもやらせすぎた

などなど、上げればキリがないわけですが、
これと同様、上手くいった場合にもその要因を
ブレイクスルーできるはずです。


用は1つの大きなテーマを細かいものへと落とし込むというわけです。
簡単簡単。


それで、1つひとつをどのようにして解決していくかを考えて
対策を練ればいいわけですね。


これ、自分の知識を保管する上でも本の読み方にも
応用できるやりかたなので覚えておいて損はないです。
というか、これができないと人生豊かに生きれんです。


悩んでばっか。そんなの嫌ですからね。


そんなこんなで、ブレイクスルーを取り入れることで、
大テーマを中テーマに、中テーマを小テーマへと消化させられるのです。
ようは目標に向かって小さな階段を設けてあげることで、
地道に登っていけばいいというだけの話でございます。

AD

問題をぶっこわす

テーマ:

おつかれちゃ~ん。


ではそろそろ実践と行きたいところで、

やりたいことをやるために
まずは抱えている問題をピックアポーしていきましょう。


時にして人は「やりたいこと」と「今やるべきこと」が
ごっちゃになってまして、その両方を一気にやろうとして
いきなり高いハードルを目の前に設けてしまいがちです。


ということで、まずはその問題を解決するためには
問題をぶっこわす必要があるんですね。

俗に言う、ブレイクスルーというやつです。


このブレイクスルーってやつは、問題解決はもちろんですが、
将来何かを始めたい、ここに登り詰めたい! というときも役に立ちます。


そのブレイクスルーの具体例は次のページで。

一行が与える影響

テーマ:
一瞬の洞察が時に一生の経験に値するように


ある本の一行が時に一生の経験に値する


インパクトを与えることがあります。



これを通常偶然と呼ぶわけですが、

この偶然の数を増やすためには

それなりの経験の数を増やせばいいというわけであります。




本をたくさんよむ、

映画をたくさん見る

人に多く会う

音楽をたくさん聴く

いろいろなことにチャレンジしてみる



同じことを繰り返しているばかりでは

なにも新しいものは

なかなか生まれないし

巡り会うことは難しい。




だからこそたまには違うことに触れてみるってことは


なかなか斬新ですばらしい発見がある、かも。


ということであります。





アクションしないで後悔するよりも、


アクションして後悔したほうがいい。


いや、そもそも動いたあとに後悔なんてしないだろう。
動かなければ結果がでない。



結果がでなければそれをフィードバックして
次への一手が打つことはできない。



恋愛も、仕事も、どちらに転んだとしても

それをきっかけに前進が必ずできる。


落ち込むのも時間が解決してくれるもの。


ではその落ち込む時間と、前向きになれるタイミング。




その時間をいかにして短縮できるか?

はたまた、結果が出た瞬間から考えぬいて

いかにして改善していくか?



そう、それこそが本当のアクションなのです。



「自分の感じ方に自信が持てない場合は沈黙していなさい」
 という先人の言葉がございます。




考え無き行動や、考え無き言動はなるべく避けることです。


自分の将来や、夢・希望に対しての誇張は大いにありですが、


人を巻き込む考え無き行動や、考え無き言動はただのホラに
なりかねません。



「話したことを後悔することがあっても、
   沈黙していたことを後悔したことをない」

         パブリリアス・サイラス



パフォーマンスであおる場合はしっかりとしたビジョンと計画をもち、
かつリスクを考慮した上で行うことは大いにありでございます。


それと同時に、

黙って黙々と下積みをし、「よしいける!」と確信してから

パフォーマンスを起こす。


その二通りのパターンがやり方としてあると思うわけであります。





一歩先行く、「行動」とは、まさに「考動」のこと。


動いて後悔するというのも、格好はいいかもしれないが、

やはりできることならば後悔は少ない方が望ましい。



どんな選択をしたにせよ、
ここでつかんだ幸福も、
ここで逃した幸福も、


いつかはその幸福を越える
幸福にめぐり合えるのかもしれない。



まだまだ人生の船出はこれからだ。


歳をとっても いくつになっても。



評価と結果

テーマ:
人生結果が全て。

とはよく言われるものだ。

けれども、その結果に結びつけるための
ストーリーを求めている人が多くいることも忘れてはいけないのだ。


結果が出せる人に自信を持っている人は
ときにこの部分がおざなりになってしまいがちでもあるのです。


テストで言えば点数。

試合で言えば勝ち負け。

ビジネスで言えば数字


ってのが一番分かりやすいでしょうか。



でも、ことビジネスに関しては

一筋なわではいかず、特に数字として仕事の結果、

評価が現れにくい仕事に

携わっている人がいることも忘れてはいけないのです。



それが、広報と、パブリシティ担当のお仕事です。


彼らは、企業の存続、株価の影響、

トラブルの解決、

記者、お店、メディアとのコミュニケーション

お客様の声の窓口


などなどたくさんの重要な役割を担っているにも関わらず、


その評価、結果はとても分かりにくいお仕事なのであります。



プレスリリースを書いた数


記者、幹部とのコミュニケーションの数


など、アバウトな部分での働きぶりは分かりますが、


プロジェクトディレクター、プロデューサーなどに比べれば

それはそれはとても評価もされにくく、

結果の判断も下しにくい、下されにくいお仕事でもあるのです。



けれども、その責任は大、


な部分もなかなか大変な部分でもあるのです。




そんな、広報やパブリシティたちが、
他のプロジェクト、会社の売り上げ、その他もろもろの
結果を出すための橋渡し役をしている、ということも


ぜひともプロジェクトリーダーの方や

マネージメントの方は気を配っていただきたところですねー。

ワンナイトサバイバル

テーマ:
ニートだろうが、


意識なきミートだろうが


どうでもよろしぃ。



やりたいことがあったら迷わず進め。



ススメば目の前に道が開けるから。




そしてこれからどうするべきかを考えよ。

①まず第一に、やりたいことは何か?

それが見つかれば迷わず進むべし。



②やりたことが見つからない場合はどうするよ?


延々とその答えを探す毎日ですが、
日々見つけた小さな発見を記載していきたいので
書き綴ります。



そもそも、人の生き方ってのは大きく分けて2つだと思う。

ひとつ、

A■
いわゆる専門「技能(スキル)・知識」で生きる道。
外国語が堪能、PCマスター、法務、法律、医師、技術職などなど。


そしてもう1つが

B■
「行動力・思考力」で生きる道。
いわゆる、今はやりの「コンピテンシー」ってやつだ。

具体的に言えば、リーダーシップ力、
論理的思考力、情報収集力、コミュニケーション力などをいうそうだ。



ここで考えたいのが、Aの方が具体的に言ってしまえば、
職業、技術免許、資格 といった形でとにかく視認しやすく
かつ納得性や説得力があるものだ。


それに加えてBのスキルははっきりいって評価のしようがなっかなかない。
と同時に、アピールするにはこれまた人一倍の工夫が必要である。


だから自分は何になりたいのか? 何がやりたいのか? と考えたときに
情報に振り回されている目的なき若者たちは特に迷いに迷うわけだ。


別に自分がこういきたい! 

こういうことがやりたい!


というのは何も職業や、資格に収まる必要はまったくないことを
覚えておいてほしいのだ。


別に資格も学歴も経験がなくてもBのスキルを磨くことで

十二分に今携わっている仕事も

今の環境も、そしてこれからの生き方に対しても


自分が満足できるライフスタイルを形成可能なのだ。



なにも、

安定するなら公務員

いっぱい稼ぐならば弁護士


と、職業・スキル=枠 にわざわざ自分を当てはめる必要は全然ないのだ。


すんげーシュート力があるフォワードがいても、
足が遅くてボールが回ってこないのであれば
フィールドで活躍できないのと同様、


特殊スキルや資格を持っていても、
行動力や思考力、部下の統率力、情報収集力などがなければ
結局は宝の持ち腐れである。


MBAだの博士号だのなんだのかんだの言うけれど、
そんなん無くても売り上げ上げてるやつはいるし、


東大中退しても世間をブイブイ言わしている人もおられる。


結局のところ、特に今のご時勢を生き抜くには、
AよりもBの生き方が重要であるということを忘れてはいけないのだ。



別に資格がなければ人生楽しめないってことはねぇ。
「行動力・思考力」で生きる道、
楽しく満足生きる道もあることを覚えておこう。



自分をわざわざ理想の職業にあてはめることはナンセンスである。



医師免許を仮面ライダーがいてもいいだろうし、

お金を管理できるゴールキーパーがいてもいいだろう?



大事なことは、自分の興味のあることに徹底的に打ち込む行動力と、
それをベースにして考える思考力である。



視界を広げるには最低限それらがなくてはできないこと。


1つのこと、それは決して形や資格、職業でなくてもいい。
結果でなくてもいいのだ。


永遠普遍のものでいいから、



「コンピテンシー」ってやつを磨いてだな、


現代を楽しくサバイバルしようじゃないか。

はじめの一歩

テーマ:
現状を脱却したいと考えること。


それが未来を変えるための第一歩である。


今に絶望を覚えること。


それは前進を阻むイチ要素である。



現状に甘んじている。



そんな環境から脱却したい!



何かを始めたい! けどどうすれば?




そんな気持ちのときは、目先の1つひとつにこだわることが必要だ。

肩をはる必要はぜんぜんない。


肩を張る。つまり、「頑なに張る」必要は返って
理想と現実のギャップを生み出す可能性が高く
モチベーションを保ち続けるための努力に終始苦労してしまいがちだ。


なので、目標をとにかく%でもいいのでブレイクスルーしてみて


1日1日を1%づつ進めばいいのだ。



すると、やがては100%近づくことができるだろうし、


なにより達成感があるだろうから続けることができる。


だからとにかくその1%を勝ち取るために、
細かいことでもいいから目先の価値にこだわっていくのだ。



それがやがて過半数を超え、
フジテレビの獲得へとつながっていく。



……、タイムリーだなぁ、この話。