成功の定義

テーマ:

本日はこの本の話である。

ビジョナリー・ピープル/ジェリー・ポラス
¥1,995
Amazon.co.jp



ビジョナリーな人たちが多く共通して考える「成功の定義」。

それは、

個人的な充実感と変わらない人間関係を与えてくれる。

そして自分たちが住んでいるこの世界で、

自分にしかできない成果をあげさせてくれる。

そんな生活や仕事に包まれている状態。

だという。


また、彼らはそれらを永続的に続けるためには

少なくとも3つの本質的な要素の整合性が取れている状態を保つことが重要だという。

それは以下の3つである。


1 自分なりに定義した意義

2 想像力のある思考スタイル

3 効果的な行動スタイル


また、これにレバレッジ・シンキング の考え方を加えると、

そこに自分なりの仕組みつくりがあり、

それを実行する行動力が伴ってこそ

実現していることは言うまでもないだろう。



また、この大きく分けた3つは

細かく分類すると、7つの習慣  で語られている内容だったり

ベンジャミンフランクリンが語っている成功の定義に行き着くのか? 

というのはもはやしょうがないところなのか? と思うふしはあるが、

根本的なところはやはりそこか ということも予測できなくもない。


ではわれわれ凡人はどうするべきか?

それを追求しつつ、また気づいたら書き込んで生きたいと思う。
AD

よく過去に読んだ本を再度読み返すといろいろな発見があるといいます。


が、これって本当で、それはいろいろな意味で成長したために

新しい発見があるともいえるでしょう。


で、実際そういう出来事に出会ったのと同時に新たなる発見があったので記しておきたい。


今回実際に経験した本は「ザ・プロフィット」である。

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか/エイドリアン・J・スライウォツキー
¥1,680
Amazon.co.jp

本書はストーリー形式で話がつづられており、

20通りもの収益モデルについて書かれている本である。


で、そいつを3年ぐらい前に読んだんだけど、

そのときはこの本が「ふーん」ぐらいで読み飛ばして、

さらにはぶっちゃけ面白くない本として処分してしまった。



それでとある本を読んだところ、

この本は内容を習得するのに参考書を交えるとおよそ1年かかるのだそうだ。


とそれを見て感じて手にとって読み直してみると、

まぁやっぱり退屈だし自分にとっては正直つらい内容だし、中身に興味はあるんだけれども

自分にとってはそれを読破するモチベーションが保てませんでした。



要は何がいいたいかといいますと、

同じ活字300ページであっても、それを習得できる、身にするまでの期間ってのは

読む人の知識や理解力などにも左右されると思うのですが

異なるってことですね。


最近は速読やれバレッジリーディングなどでガーっと読むスタイルも多々にあり

その速さで読む量は確実に増えているであろうけれども

それがいったいなんだったのか? はよくある話。


これは300ページだから大体3時間ぐらいで読めるな。はいいけれども

その感覚ですべての書籍を習得しようとすると、そうはいかないぞっという話です。



それに気づいたとき、やはりビジネス書を読む、特に成功を目的として

成功本を読む際には、読むこと事態を目的としては時間の無駄になりがちであって

その方法は決して得策ではないってことだなぁと再認識させられました。


私はその傾向が多かったのです。


結局のところ、熟読する必要はないけれども

重要かつ自分にとって必要なエッセンスを抜き出す、

書き出す、実践する、読み返す、身にする。


それを繰り返すことが大事なんだなぁということですね。

AD

成功って何だろう?

テーマ:

しばらくご無沙汰しておりましたが、毎日ぼんやりと生活をしておりました。

とはいえ人生の転機を迎えつつ、初の育児に悪戦苦闘しながら

今後のことを考えておりました。


結果としてあれからどうなったか?


実際成功と呼べるにはほど遠い位置に着地しており、

給与体系としては依然としてかわっておりません。

むしろ住む部屋は広くなったものの家賃は上がり、

扶養家族も増えたために出費は高くなったのが現実です。


毎日が矢のように過ぎ去り、勉強に打ち込む時間は以前よりも減りました。


で、今になったしだいでございます。


さてここからが本題であります。

ここ数年間、ブログを書き始めてからもそうですが、

ずっと成功を夢見ていろんなことに試してきましたし、試しております。


が、自分の中で納得できる「成功」という部分はとうていたどり着いてもいなければ

じゃぁ成功ってなんなんだろうか? そんなものあるのか? 

みたいな疑心暗鬼にさえもなる始末であります。


とはいえそこにたどり着けない原因はいくつか発見できたのも事実でした。

畳水練とは良く言うたもので、成功本を読み漁っても、

それを実現できたのは一部の仕事でのみであり、

また、そのジャンルも大変偏ったことであったことも事実でした。


それに気づいたのが実は昨日です。

それに気づかせてくれたのも成功本と呼ばれる類の一つでした。



「成功」とは何か?


それを考えている人、それにしがみつきすぎて疲れた人、

挫折した人。いっぱいいると思います。


ゴールデンルールにのっとれば、成功本を読んで成功する人はわずか1%なんだとか。


でもこれは100人に1人成功したとすればそれはそれですげー事だし、

会社の従業員数で考えるとそういうものだろうか。と納得もできるような数値だとも

感じました。


が、そんなことではなくて、成功って何だろう? ってずっと考えた結果、

自分なりに思いついたところがあったので書いてみたいと思います。


私みたいにいろいろと試行錯誤をしたものの、まだそこにたどり着いていない

たどり着けずに人生いやになった人にとって参考になれば幸いです。


成功って、自分の心の価値観に納得できることだと思うんですよ。


ざっくり言うと、

今の自分

周囲の環境と比較した自分(人や環境、給料や仕事内容、恋人がいるかいないか、知識、ルックス、体型などなど)

将来の自分


この3つを主観、客観的に見て満足できているかの度合い、

それが高ければ成功、低ければ不成功 となるのではないかと思いました。


特に成功の度合いって何で計られるかというのも疑問だけど、

たいていでは毎月の収入、将来のキャッシュフロー、知識、職歴やクライアント数? 

みたいなものが多く、これからはこれこれこいう時代で、なんとかかんとか。


そこに振り回されすぎると本当に疲れる。

オレも疲れた。


当然豊かに生きるにはそれも大事だし、人それぞれ価値観が違うので

これまた当然、いろいろな成功の捕らえ方はあると思います。

が、自分の中での成功って何だろうって考えたとき、

そこに行き着いた気がしました。


年収1000万円であっても自分が満たされなければ

それはとてもじゃないけど成功したー! なんて喜べないし、満足なんてとてもできない。

やはり人生とはバランスと計画性、そして心のゆとりが大事なんじゃないかなと。


そして、欲が出てきたときに、じゃぁどうやってそれを手に入れようか。

それを手に入れたら誰が幸せになるだろうか?

そしてどうやって周囲に還元しようか?


そこを考えて行動して、そして達成できたら

それが最高の成功であって幸せなんじゃないかなって思うんですよね。


まぁそれでも残念ながら世の中金であることは間違いないけれども、

お金は目的を達成するための手段でもあるし、

物事やサービスを違う形で表す尺度でもあると思う。


歌手や野球選手は1億円などを得ているけれども、

それだけの夢や希望を与えれているし、

ドライな言い方をすれば最高の集客商品になりえるから、それだけの価値はあるんだよね。


人ってきっとどういう表現方法であれ、

それぐらいの価値は見出せるってことだよね。

それってすごいことだよね。


今は毎月納得できない金額しかもらえてないかもしれないけれど、

自分なりの成功ってなんだろうを考えていくことで、

それはお金という形かもしれないし、

また違う形かもしれないけれど返ってくると思います。


毎日がつらいかもしれないけれど、気を抜いてやっていこう。

そうそう、気を抜いてやっていこう。
AD

ダイナマイトモチベーション

テーマ:
石井 裕之
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

ダイエットをしようと思ってもできないのはなぜか?


禁煙をしようと思ってもできないのはなぜか?


元旦に掲げた目標、数日は実行したけれどもすぐに熱がさめて、

結果としてやらないのはなぜか?



それは、心にひそむ、メかニズムが潜んでいるからだそうだ。


その名は、現状維持メカニズム。


人には必ずその現状維持メカニズムがある。



それに気づけるか、気づかないかで次の行動が変わってくるのだと

本書は語っている。



感情維持の秘訣とは?


目標を実行に移す秘訣とは?


それは、第一歩踏み出す勇気と、もう一つのエッセンスに隠されていた。



本著を読むことで

感情論ではなく、人間のメカニズムを知ることで

新たなる第一歩が踏み出せるきっかけにはなれると思います。

大前研一氏のメルマガより。


実際先日韓国に行ったときも、

この少子化に対して結構深刻に考えていた方がいました。


Webの視点から見てみますと、

ご存知のとおり、韓国は2002年以降、

国がブロードバンド、オンラインコンテンツに関しての

訴求を促しています。


結果として、わずか数年間で

オンラインゲームという分野ではノウハウ、

タイトル数、市場も含めて世界トップクラスになりました。


そしてその市場を作り出した、作り出しているのは

20代後半~35ぐらいが旬。


そしてそれを支えているのは、

市場を占めているのが青少年(小学5年生~高校2年生)と

成人(20代~40代)小学生~20代で

日本と違って若い人に多く親しまれています。


さらに、韓国では女性自身が活躍する場も多く、

仕事自身に価値を見出し、

生きがいを求めている人も多いと聞きます。


が、韓国は日本に比べて給料が安いわりには

(物価も安いものを選べば安くすませられるが)、

土地、家賃は日本とそう変わらないのです。


さらにいえば、韓国は大受験国家。

そう考えればほぼ日本と世情は似ているところも多いです。



そういう時代背景もあり、

韓国はますます晩婚化する懸念も少なくないと感じています。


結果としてオンラインゲームで見た場合、

市場も当然シュリンクし、

クリエイトする人も少なくなる傾向もなくはないのかなと。


まぁそれは極端な話ではありますし、

韓国はオンラインゲームよりも

もっと違う文化やモノが生まれる可能性は多いにアリなので

一概にはいえないのですが、小さな市場からみてもそういう

予測や、不安視している人もいることから、

なかなか軽い問題と捉えられないところはございます。



以下引用。というかコピペ。

●少子化問題は、日本よりも韓国の方が深刻


韓国の少子化が進んでおり、それに伴って
2040年代には潜在経済成長率は、
0.74%まで低下する見通しになるとのこと。


この構造そのものは、
日本も韓国も同じですが、実は韓国の場合には、
日本よりもさらに深刻な状況だと言えます。


日本の場合、働く女性のプロフェッショナル化という
社会の進歩に対して、
男性側の社会通念にも変化が見受けられます。



例えば、女性の平均結婚年齢は
約28歳(2005年人口動態調査)まで伸びていますし、
30~34歳の女性の約32%(2005年国勢調査)が未婚という
数字を見ても、社会通念として「女性の晩婚化」が
受け入れられてきていると見てよいでしょう。



韓国でも日本と同様、
女性のプロフェッショナル化が進み、
多くの女性がビジネスの世界で活躍しています。


しかし、韓国では日本とは違って
「男性による女性観」が古いままの社会通念として、
ほとんど変化していないと私は思います。



極端な言い方をすれば、
「女性は26歳を過ぎたら、結婚対象ではない」
というような考え方をする男性が
多いとさえ感じることがあります。



一方、韓国の女性は非常に賢く、
女性が活躍する社会にしっかり適合し、
どんどん時代を切り拓いています。


古い社会通念を捨てきれない男性に
反発しているように思えるほど、
韓国の女性は強くなってきていると思います。



しかし、皮肉なことですが、
それが結果として、婚姻率の低下と少子化に
拍車をかけているのではないかと思います。



こうした女性の社会進出という「社会の進歩」に、
男性の女性観という「社会通念」が
追いついていないのが、
この問題の最大の原因だと私は思います。



社会通念といった意識の問題は、
一朝一夕に変化することは望めないでしょう。



今後の韓国の成長・発展を考えると、
少子化の問題は、日本以上に深刻な問題として受け止めて、
対策を講じる必要があると思います。

「Google Book Search」、一部書籍の無償配布を開始


Googleは米国時間8月30日、

書籍をスキャンして作成したPDFファイルの提供を

Google Book Searchで開始したことを発表した。


ファイルは無償でダウンロードおよびプリントすることができる。


これらの書籍は、検索開始前にGoogle Book Search

ホームページで「Full view books(書籍全表示)」オプションを

選べば見つけ出せる。


検索結果ページで書籍を選ぶと、

ページの右上にダウンロードボタンが表示される。


PDFで提供される書籍はパブリックドメイン限定で、

個人利用が対象になる。



Google Book Searchでは、1人のユーザーが1セッションで

見ることのできる著作権物の量を制限しているが、

それでもGoogleは同プロジェクトを巡って非難されてきた



同プロジェクトでは、オンライン検索を可能にするために、

その多くが著作権で保護されている作品の全体をスキャン

しなくてはならない。

動画共有サイト利用者は3割、 6割がYouTubeを利用--gooリサーチ調査
ネットユーザーの3割以上が動画共有サイトを利用しており、
未利用者でも約3割が今後の利用意向を示す。

NTTレゾナントと三菱総合研究所がgooリサーチで行った
「第4回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査」(8月30日発表)は、
動画共有サイトの利用実態を調査した。


調査結果によると、有効回答者のうち30.7%が
動画共有サイトを利用した経験があり、
未利用者でも約3割に今後の利用意向があった。
また、動画共有サイト利用者のうち7割が
満足していると答えている。


利用サイトでは「YouTube」が最も多く、6割を占めた。
また、ブログ利用者は、ブログ未利用者に比べ動画
共有サイトの利用経験率が高いという結果となった。


動画共有サイト利用者のうち、
週1回以上アクセスするというユーザーは4割を占めており、
利用者の利用頻度は高い傾向にある。

動画共有サイトを利用する機会として
最も多かったのは「ひまな時にアクセスしている」で、
過半数を占めた。

一方、5割弱のユーザーが「ブログやネット上のニュースなどで、
興味のある動画が紹介されている場合にアクセスする」を挙げた。


調査はgooリサーチ登録モニターおよび
gooユーザーを対象に行ったもので、
インターネット利用ユーザーのブロードバンドコンテンツの
利用状況について、最新の実態を把握することを目的と
した定点調査。有効回答者数は4万717名であった。


というわけでくだらない動画をどうぞ。

本日のメルマガより。


今日はあの大前研一さんから教えてもらったことを紹介します。
年1回、大前研一さんがビジネスの知恵を深めるため

おすすめする国に行き様々なビジネスの勉強をするのですが、


その時に、飛行機の中での過ごし方について教えてもらったことです。


飛行機の中で何をしていますか?

その旅行のときに大前研一さんが

どんな行動をしているのかを眺めていると・・・

驚くべきことに今読んでいる雑誌を

ビリビリと破いているではありませんか!


大前研一さんいわく、


雑誌の広告をみると

その国で何が今主に売られて、

流行っているかがわかると・・・


そして、

興味がある広告は破いて持っていけと・・

広告をみるのにほとんど英語力や

その他の国の言葉がわかる必要はありません。

写真でほとんどがイメージがつくからです。


破って持ち歩き、

何度も何度も見返すようにして学びます。


一流の人がどんな学び方、

インプットの仕方をしているかを知ることは極めて重要です。

一流の人がどんな学び方をしているかを盗んでみて下さい。

必ず大きな気づきがあります。


by 山口 俊晴【ビジョネット】

時をかける少女

テーマ:

時をかける少女

【公式サイト】

http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/


正直なめてた。が、見てみたらめちゃおもしろかった。


そもそも原作はもちろん、映画もそう。

ジュブナイル系は大好きな人間としては

この作品は現代的な雰囲気も懐かしさもあってとても気持ちがいいものだった。


透き通った清涼感あるBGMも心地よく、おだやかな物語にぴったりでした。

サントラ, 吉田潔
時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック

今回アニメの件では、原作の主人公「芳山和子」が、叔母として登場する点。

未来から来た初恋の人との別れの後、芳山和子はどんな人生を歩んできたのか? 


彼女が新ヒロインの紺野真琴に授ける一言一言に重みがあり、

原作を知っている人ならば、新ヒロインの紺野真琴に向ける視点が

より感慨深いものになることだと思われます。


大人も楽しめる本作。オススメの一作です。

同名のコミックの中、この本はオススメしません。

琴音 らんまる, 筒井 康隆, 貞本 義行, 「時をかける少女」製作委員会
時をかける少女―TOKIKAKE

【時をかける少女】

原作度 ★★★☆

感動度 ★★★★☆

劇場度 ★★★

音楽   ★★★★