今回は、四年前にも展示した
「鈴と車輪のメッセージ」
「諦観禀空」
カットイラストに加え、
『夢幻のミーナ』カットイラストをメインに展示しました。

{2880707E-6011-4387-B0D7-07FD5F6D8168}
「鈴と車輪のメッセージ」

{377DE4C6-2DE6-493C-B249-53C2F61AE104}
「諦観禀空」(右側の3枚)

{1DF8052A-4391-4B28-AB59-C079389CB6C9}
『夢幻のミーナ』正面撮り忘れました。右側の奥です。


そして執筆中の
『LITTLE WITCH SORCERY』
『BORDER TONE』
も予告として展示。

{7B65430B-3CD1-4336-A2CC-5D1AA6E48209}
矢印の小さいのが『LITTLE WITCH SORCERY』

{E662FC78-7046-4145-B7FF-4BB9B43D325B}
小さ……。


{CE05203F-608D-498F-9DCF-DA9B3011B0C6}
『BORDER TONE』×「Fairy tale」


『BORDER〜』については、主人公たちのイメージモデルにしているフルート&ギターユニット「Fairy tale」と併せて展示。念願のコラボです。

※Fairy taleについてはレポ③でご紹介します。

他にも少し、特にストーリーを持たないイラストなども展示。

それぞれの作品についての説明書きがあれば良かったというのが反省点です。私がしゃべり続けるより、もっとゆったり、自分のペースでご覧いただけた方が良かったなと。

しかし実は、作ったんです。
でも、忘れてしもうたんです。
他にも忘れものありました。
あんなに時間かけたのに無念……
ワスレモノ、ダメ、ゼッタイ。


{7F0D475C-9013-4C15-9E91-E720427A435C}
紙々「おかえり! 展示会どうだった?」

_| ̄|○

_| ̄|○  ブラジルのみなさーん


ところで、並べて見ると結構点数描いていたことに気づきました。せっかく描いたのだから、もっと日の目を見せてやらねばと思いました。

クリエイターなら誰でもそうとは思うのですが、自分の言葉やイラストには愛着があり、何のフィルターも通さずに実物を見ていただけると嬉しいものですね。

鉛筆で描く線の柔らかさは、実物を見ることでその味わいをもっと楽しんでいただけると思います。音楽ライブのように、これからもぜひ直にご覧いただければと思います。

そのための機会を増やしていく、それが私の努力するべきところではないかと、今後の活動指針がきちんと定まっていくのを感じました。

楽しさだけでなく、一つの基準ができたので、実りある初回でした。ここから徐々に展示会としての質を追及し、内容も充実させていきます。
もちろん新たな作品を増やして☆

しかし色々、やってみたい企画を思いついてしまって困っちゃいますね。想像だけは一丁前です。


ではでは、次回がレポのラストです☆


龍  九尾
AD